医療関係の仕事は医師と看護師だけだと世間一般には思われがちです。

しかしその影では実に多くの医療機関で働く人たちが関わっています。

その1つがドクターズクラーク(医療事務作業補助者)です。

果たしてどのようなお仕事をされている人たちなのでしょうか?

今回はそんなドクターズクラークの仕事内容をその転職方法と絡めて解説します。

女性がなるための方法や向いている人の特徴・やりがいも合わせて紹介するので参考にしてください。

ドクターズクラークの仕事内容

ドクターズクラーク

ドクターズクラークと医師の事務業務をサポートする人たちのことです。

ここでは具体的な仕事内容について詳しく解説して行きましょう。

そもそも何をやるの?

医療の事務業務といわれてもなかなかピンとこない人は多いのではないでしょうか。

一般的には医師と看護師と患者さんだけで成立している業務だと思われがちです。

しかし実際は目に見えないだけで、とても多くの事務作業があります。

電子カルテの代行入力や医師の診察結果や指示の入力を行なわなけれなりません。

医療事務というと実に多くの書類を作成する必要があるのです。

  • 病院書式の診断書
  • 自賠責保険の診断書
  • 介護保険の主治医意見書
  • 傷病手当金支給請求書

これらはごく一部の例ですが、様々な書類作成を行うことが彼らの業務です。

一言で医療事務といってもその内容は多岐にわたることがご理解いただけたのではないでしょうか。

業務内容は

ドクターズクラークの業務内容は診療報酬の施設基準によって以下の4つに分類されます。

  1. 医療文書の作成代行
  2. 診療記録の代行入力
  3. 医療の質を向上させる事務作業
  4. 行政への事務処理対応

表舞台に立つ医者と看護師の裏方としてできるサポートを遂行します。

しかし全ての仕事はあくまでも医者の指示がなければ動くことができません。

看護師をはじめとする他の役職のスタッフの指示で動くことは不可能です。

外来と病棟に分かれる

病院

ドクターズクラークの業務は「外来クラーク」と「病棟クラーク」に二分されます。

外来クラークは名前の通り外来診察に伴う事務業務です。

外から通院して来た患者さんの医療文書作成の補助やカルテの代行入力を行います。

他にも次回の通院予定の案内や検査の案内なども兼ねているお仕事です。

一方の病棟クラークは入院中の患者さんに対する事務作業を専門的に行います。

医療文書の作成はもちろん入退院の管理や転院に際しての紹介状送付まで担当するのです。

また病棟における他科との情報伝達が仕事内容に含まれる場合もあります。

 

ワンポイント
・医療クラークは主に4つの事務業務を抱えている
・外来と病棟に二分され、医師からの指示なしでは動けない

主な仕事内容

上記でドクターズクラークは主に4つの業務を抱えていると書きました。

ここではその4つの業務をさらに深堀りしましょう。

医療についての文書作成

文書

まず1つ目の医療文書の代行作成ですが、主に以下の書類を担当しています。

  • 医師が出した診断書や処方箋などの書類代行作成
  • 患者さんの診療・入院・手術などの予約入力
  • 入院に必要な手続きや患者さん及びご家族への説明
  • 各種保険の証明書などの作成代行

こうした病院内の事務作業は基本的にドクターズクラークが担当しています。

細かい段取りや日程の調節など様々な裏方の仕事をこなしているのです。

当然大型病院であればあるほど書類作成も多いため診察までの待ち時間も長くなります。

カルテ入力の代行

カルテ

2つ目に電子カルテを代行入力したり診断した際のカルテの記載代行をしたりします。

昔は電子カルテの記載や入力を医師や看護師が担当していました。

しかし患者さんの数が増えるに伴って医師と看護師だけでは追いつけなくなります。

また医師の場合は診察だけではなく手術なども業務の一環として行なわなければなりません。

つまり体力・精神力共にタフでなければできないというシビアな仕事なのです。

その負担をなるべく軽減し業務の効率化を図る目的があります。

おかげで医者と看護師が診察や治療に多くの時間を割くことができるのです。

医療の質を高めるサポート

3つ目に医療業務の質を高める様々なサポート業務もこなします。

具体的には以下の3種類に分けられるでしょう。

  1. 患者さんの治療・診療に関するデータの管理や整理
  2. 病院内におけるがん登録などの統計作成や調査
  3. 院内会議の資料や議事録の作成

医師や看護師が患者さんと向き合う時間をより多くするにはサポート体制が必要です。

様々なデータをプロファイリングしていくことで様々なケースファイルを作れます。

同じような症状の患者が現れた時などにその統計で取ったデータが役立つのです。

行政業務

そして4つ目に厚生労働省など様々な医療機関や公的機関とのやり取りです。

この仕事が1番大変であり、しっかり連携を取らなければなりません。

医療の現場ではいつ事故・過誤といったトラブルが起きてもおかしくないのです。

そういう予想される事故を防ぐためのインシデントレポートの作成を行います。

また感染症に関する情報の収集・検証・分析まで出さなければならないのです。

そしてその結果を報告するなど常に情報共有を徹底しなければなりません。

 

ワンポイント
常に病院内外との連携を図りながら動く仕事である

ドクターズクラークになるためには

それではドクターズクラークになるためにはどうすればいいのでしょうか?

ここでは必要な試験の難易度や内容・資格・能力などを解説します。

試験難易度

勉強

ドクターズクラークになるためにはいくつかの民間資格があります。

その難易度とともに記載してみましょう。

  • 医師事務作業補助技能認定試験(合格率は60%前後で難易度は「」)
  • 医療秘書技能検定試験(合格率は級別に異なり、1級が30%と難易度は「」)
  • 医師事務作業補助者実務能力認定試験(合格率は60~80%で難易度は「」)
  • メディカルセクレタリー認定試験(合格率・難易度ともに非公開なので不明
  • 医師事務作業補助業務実務能力認定試験(合格率は20%前後で難易度は「」)

このように資格毎に合格率も難易度も全く異なります。

一般的には医師事務作業補助技能認定試験医師事務作業補助者実務能力認定試験がおすすめです。

難易度もそんなに難しくはなく、試験対策さえしっかり行えば取得は簡単でしょう。

試験の内容

それでは試験内容ですが、ここでは医師事務作業補助技能認定試験を見てみましょう。

受験料は9,200円で自宅などでも受けられる簡単なシステムの試験です。

年6回行われるので何度でも受けられるのが強みで、試験内容はこちらになります。

学科試験は25問の択一式試験で時間は50分、内容は以下のものになります。

  • 医療関連法規
  • 医療保障制度
  • 医学一般
  • 薬学一般
  • 医療と診療録
  • 医師事務作業補助業務
  • 病院管理

そしてまた記述式4問60分の実技試験があり、両者の得点が70%以上で合格です。

基礎問題が中心で簡単なのできちんと対策を行えば資格取得は簡単でしょう。

必要な能力

能力

上記の資格以外にドクターズクラークに必要な能力を挙げてみます。

  1. 責任感(患者さんの命を預かっているという強い使命感が必須)
  2. コミュニケーション能力(様々なスタッフや医療機関とのホウレンソウ)
  3. 卓越したPCスキル(文書作成の入力ミスは一切しないこと)

こうしてみると、非常に高いスキルが求められる仕事です。

特に卓越したPCスキルは電子カルテを中心に必須の能力でしょう。

患者さんのデータに入力ミスが発生してはなりません。

非常に慎重かつ繊細な作業であることを自覚してください。

 

ワンポイント
・医師事務作業補助技能認定試験が一般的な資格である
・責任感・コミュニケーション能力・PCスキルの3つが必須スキルである

ドクターズクラークの就職先

転職

それではドクターズクラークの主な就職先や求人状況を見てみましょう。

医療機関

ドクターズクラークは実に多くの医療機関から求められている仕事です。

その為病院はもちろん薬局や医療研究など就職先は様々あります。

まだまだ歴史が浅く新しい仕事なので将来性も高いといえるでしょう。

需要に対して供給が追いついていないので、転職先の候補にも挙がっています。

きちんと転職の対策を行えば未経験からでも十分可能な仕事です。

医師や看護師という形でなくとも人の命に関われる素敵な職業でしょう。

求人状況

上記したようにまだまだ人手不足の仕事なので未経験からでも就職できます

しかし資格やスキル・経験があったほうがいいことには間違いありません。

上記の民間資格を1つ以上取得しておいた方が転職には有利でしょう。

また医療の専門学校や大学を卒業している方も知識がある分有利です。

まだまだ活躍の場がある職業なので是非挑戦してみてください。

年収

年収

ドクターズクラークの平均年収は150万円〜300万円となっています。

もしかすると想定年収よりも低いではないかという声もあるかもしれません。

これは正社員ばかりではなく非正規やパートタイムのものもあるためです。

また給料は病院の規模によっても大きく異なるので参考程度にしましょう。

一般企業でいえば大企業と中小企業による待遇の違いと似ています。

夜勤がシフトとして入っているところはより高額の給料が入るでしょう。

そのため生活リズムがどうしても不規則になりがちです。

ワークライフバランスを求める方にはあまりおすすめしません。

 

ワンポイント
需要は多いがまだまだ歴史が浅く安定感があるとはいえない

複数の資格があると有利?

資格

ドクターズクラークには上記したいくつかの民間資格があります。

それではその民間資格を複数持つと有利なのかというと、安易な肯定はできません

しかし、複数の資格があった方がより知識量を増やせることは間違いないでしょう。

特に医療秘書技能検定試験は級ごとに合格の難易度も異なります。

1級を持っておくと将来的にドクターズクラーク以外の業務も可能かもしれません。

しかしあくまでも目安としてのみ捉えておき、盲信は避けてください。

資格マニアにならないようスキルと経験を積むことに重点をおいてください。

ドクターズクラークのやりがい

感謝

ドクターズクラークのやりがいはなんといっても「人に感謝されること」に尽きます。

患者さんのみならず医師・看護師をはじめとする医療スタッフに貢献できるのです。

まさに「影の実力者」「縁の下の力持ち」という言葉が似合うのではないでしょうか。

医療の現場ではいつ想定外の事態が起こるかわからず、常に最悪の状況を想定する必要があります。

その最悪の状況をしっかり考えて動き未然に事故・過誤を防ぐことができるのです。

給与の少なさや勤務形態の不安定さを補ってあまりある魅力がこの仕事には詰まっています。

しかもそれで人の命を救い守ることができるのだからこれ以上のやりがいはないでしょう。

ドクターズクラークに向いている人

ドクター

これまでの説明も含めてドクターズクラークに向いている人の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 様々な人たちとのコミュニケーションが得意である
  • 人の命を守り救うことに強い使命感を持っている
  • 地道な事務作業を厭わずにこなすことができる
  • 昼夜を問わず働くことができる
  • 給与やライフワークバランスを犠牲にする覚悟がある
  • 医療分野に精通している

こうした特徴を持っている人たちはドクターズクラークにふさわしい人たちではないでしょうか。

決して楽な仕事ではありませんが、非常に高いスキルと経験を得ることができます。

命の最前線で医師や看護師とともに戦いたい人は是非転職を考えてみてください。

ドクターズクラークの今後の需要は?

チームワーク

ドクターズクラークは何度か述べましたが今後益々需要が高まるであろう職種です。

元々は医師がそれまで行っていた事務作業を代行する職員として2008年に創設されました。

今や100年は生きられるようになった人類ですが、その分医療を必要とする人も増加しています。

そうした人たちの期待に応えようとして医師と看護師の負担も益々大きくなるでしょう。

だからこそ今の時代にドクターズクラークという影武者のような職業が必要なのです。

まだ市場も広がりきっていないので転職するのであれば今が狙い目です。

競争倍率が高くなる前に転職して先行者利益を得ておいてください。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

エージェント

このようにドクターズクラークなど世の中には様々な仕事・職種があります。

まだまだ参加の余地がある職業が世の中に残っているかもしれません。

そうした職業を知りたい方は是非転職エージェントに相談してみてください。

まだ世間一般に認知されていない職業やビジネスの情報を提供してくれますよ。

また表には出回っていない非公開求人を秘密裏に紹介してくれるのです。

プロのアドバイザーの力を借りて素敵な転職活動にしてください。

まとめ

医療クラーク

いかがでしたか?

今回はドクターズクラークの仕事内容を具体的に解説してきました。

世の中にはまだまだ知られていない職業がたくさんあります。

ドクターズクラークはそんな仕事の1つではないでしょうか。

苦労はつきものですがその分やりがいもあり高度なスキルや経験が得られます。

何よりも医師や看護師でなくても人の命に携われるというのが素敵ではないでしょうか。

本稿が少しでもドクターズクラークへの転職に役立てば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら