転職活動をするにあたって避けられない過程に「面接」があります。

面接ではさまざまな質問がされますが、面接で聞かれる質問はある程度パターン化しているものもあるため、事前の対策が可能です。

しかし、時には全く対策していなかった想定外の質問がされることもあります。

そのようなときはうまく答えられず、混乱してしまう可能性があります。

想定外の質問をされる可能性があると知っておくだけでも有利です。

ですがこの記事ではさらに一歩進んで、想定外の質問をされたときの対処法を紹介します。

転職活動中の女性にぜひ読んでいただきたいです。

Contents

女性が面接で想定外の質問がきた時の対処法を解説

腕を組むビジネスウーマン

女性が面接で想定外の質問をされた場合、どのような対処法をとるべきかを解説します。

とはいえ、想定外の質問がくるとパニックになってしまい、事前に考えていた対処法が飛んでしまう可能性もあります。

大切なのは、面接までの間になるべくたくさん、どのように対処するかをイメージトレーニングすることです。

そうすればたとえパニックになってしまっても、イメージトレーニングの成果を出せる可能性が高いからです。

どのような質問が飛んでくるかはそのときにならないとわからないので、答え方ではなく対処の仕方について考えておくようにしましょう。

 

ワンポイント
事前に面接のイメージトレーニングをしておくことが大切。

面接で質問に答えられないと落ちる?

想定外の質問が飛んできた時に不安なのが、答えられなかったことによる合否への影響です。

まずは面接で質問に答えられないと落ちてしまうのか、そちらを解説します。

「答えられない=不採用」ではない

結論から言うと、質問に答えられないことが必ずしも不採用になるわけではありません

もちろん質問に答えることは大切ですが、それが結果に直結するとは限らないのです。

後述しますが、面接で質問を投げかける理由は、回答の内容を求めるからではなく咄嗟の対応力を見るためということもあります。

よって、答えられない質問がきたとはいえ諦める必要はないのです。

質問への対応を評価している場合もある

4527529_m

答えにくい質問が飛んできた場合、大抵は面接官側もその質問が答えにくいということを理解しています。

その上で質問をするのは、想定外の事態に遭遇したときの対応力を見たいからといえます。

企業で働く以上、想定外の事態に遭遇する可能性はゼロではありません。

そのため、咄嗟の対応力というのは企業側としても重視しているポイントです。

しかし簡単に確認できるものではありません。

そこで、転職者側にとって想定外と思われるような質問を投げかけることで、その対応を見るのです。

想定外の質問の答えが思いつかない時のNG行動

77873_m

想定外の質問をされるとパニックになってしまいます。

ですがそんなときであってもしてはいけない行動がありますので、そちらを解説します。

沈黙してしまう

質問されて沈黙してしまうのは、絶対にしてはいけないことです。

咄嗟のことで頭が回らなくなってしまうことはありえますが、質問に対して無言で返すのはいけません。

とはいえ、何を話していいかわからず言葉を発することができないという事態は有り得ます。

このような状況を阻止するためには、常日頃からなるべく質問にはすぐ返すように訓練しておくことが大切です。

質問されて沈黙してしまうということがないようにしましょう。

ウソや誤った情報を話してしまう

沈黙がだめだからといって、ウソをついたり誤りを伝えたりすることもいけません。

あくまで誠実に正しい情報のみを伝えることです。

面接官は幾度の面接を重ねてきたプロですので、ウソをついているときはなんとなくわかるものです。

ウソをついたと認識されてしまうと、評価が下がることにつながります。

例え想定外の質問であっても、ウソや誤りは話さないようにしましょう。

諦めて適当に回答する

悩む女性

どう答えて良いかわからないからといって適当な回答をするのもいけません。

そのような態度は面接官に伝わるものです。

想定外の質問でパニックになって答えに窮してしまうと、諦めたくなってしまうかもしれません。

ですが諦めずに誠実に向き合うことが、面接突破に繋がります。

考えることを放棄せず、しっかり思考をしたうえで回答するようにすることが大切です。

想定外の質問におすすめの行動

ポイント

想定外の質問をされた場合にパニックにならないよう、対策を知っておくと良いです。

続いては、想定外の質問をされたときにおすすめの行動を解説します。

答えられる範囲で答えよう

想定外の質問の多くは、回答の対策をしておらず答えにくいものです。

ですが回答することを諦めず、答えられる範囲で回答をしましょう。

どんな質問であっても、自分の知識や経験を引っ張り出せば答えのヒントとなる情報はあるはずです。

完全な回答とはならないにせよ、できる範囲で答えることで誠意を見せることができます。

答えられる範囲で誠実に回答するようにしましょう。

正直にわからない意思を伝えよう

いくら知識や経験を漁っても、答えられない質問があるかもしれません。

そのようなときは素直にわからないという意思を伝えることも大切です。

ですが、わからないからといって開き直ったかのように伝えるのはいけません。

大切なのは、必死に考えたけれど自分の頭では回答が出せなかったと伝えることです。

質問に答えようという意思はあったものの、残念ながら力及ばずであったことを、誠意を持って伝えることが大切です。

面接で回答がうまくできない人がやるべき対策

英文事務、女性、業務

想定外の質問に限らず、面接が苦手で上手く回答できない人はいます。

そこで、そのような人がやるべき対策について解説します。

第三者を相手に面接練習をしよう

面接練習として効果的なのが、第三者を相手に面接練習をすることです。

一人で面接練習をするよりも臨場感が出るため、本番のような気持ちで練習をすることができます。

可能であれば、本当の面接のようにいろいろな質問をしてもらうと良いです。

回答の練習をした定番の質問から、聞かれるかもわからないような想定外の質問までいろいろしてもらうと効果的です。

なるべく協力的な人にお願いして、本番のような面接練習をしましょう。

回答の暗記をしない

質問への回答を考えることは大切ですが、回答の暗記はしないほうが良いです。

というのも、全ての回答を完璧に覚えることは難しいですし、丸暗記しようとすると忘れてしまったときのパニックに繋がってしまいます。

質問への回答を覚えようとするならば、ポイントを絞って覚えるようにするべきです。

一字一句丸暗記するのではなく、回答の肝となる部分のみを暗記します。

実際に面接で回答する際には、その肝部分に肉付けしていく形で回答をします。

そうすれば覚える量が少なく済みますし、ポイントに絞ることで忘れにくいので、パニックになりにくいです。

 

ワンポイント
適切な面接対策をして万全の体勢で面接に挑もう

面接で出された想定外の質問例をご紹介

自己紹介する女性

この世界では、これまでに数え切れないぐらいたくさんの面接がされてきました。

そのため想定外の質問例というものもたくさん存在します。そんな想定外の質問について、一部を紹介します。

弊社の企業理念を要約してください

想定外度でいうとやや低めですが、聞かれると焦ってしまう質問です。

企業の面接を受ける以上、企業理念には必ず目を通すべきです。しかし要約となると、深い理解が必要なため難しいといえます。

自身の情報について答える質問でもないため、ここまでの対策はしない人が多いでしょう。

聞かれる可能性としては低いためあまり重点的に対策するべき部分でもなく、難しいところです。

聞かれると焦ってしまう部分ですが、冷静に、できる範囲で答えるようにしましょう。

弊社の悪いところを指摘してください

企業へ面接にいって、その企業の悪いところを指摘するというのは考えにくい事態です。

しかし実際にこのような質問をされた事例は少なくありません。

聞かれたことに答えられるよう回答対策を練りますが、会社側へ指摘をするということまでは通常考えないです。

実際、正直に指摘するべきか曖昧に濁すかも悩ましい部分です。

このような質問は、面接の空気や企業の性質を見て答えるようにします。

宝くじで3億円が当たったらどうしますか

考える女性

企業で働くこととは一切関係のなさそうな質問をされることもあります。

この質問はその最たる例です。

このような一見無関係そうな質問は、転職者の価値観や考え方を見るための質問であることが多いです。

どんな質問にも必ず意図はあります。

面接官の求める答えがわからない場合は、正直かつ誠実に答えるようにしましょう。

今この瞬間に地震が起きたらどうしますか

これも仕事とは無関係に見える質問です。

このような場合、回答内容の正しさというよりも、咄嗟の判断力を見られていると思ったほうが良いです。

想定外の事態で冷静さを保っていられるかというのは、企業側が見定めておきたいと思っているポイントといえます。

答えにくい質問というのは、簡単に作ることができる想定外の事態です。

多少パニックになってしまうのは仕方ないですが、なるべく慌てず、冷静に答えを作るようにすることが面接突破のカギとなります。

 

ワンポイント
想定外の質問については冷静に、正直かつ誠実に答えよう

想定外の質問の評価に繋がる回答のポイント

ファイルを持つ女性

想定外の質問は、ある意味では自身の対応力をアピールできる場面でもあります。

そこで、想定外の質問を評価に繋げられるような回答のポイントを紹介します。

大切なのが、冷静・正直・誠実の3点です。

先述してきましたが、想定外の事態で冷静に対応できるかというのを企業側は重視します。

対応力を見るために想定外の質問をするといっても過言ではありません。

そのため、頭の中ではパニックになってしまったとしても、努めて冷静さを保つようにしましょう。

また、質問への回答が正直かつ誠実なものであるかも大切です。

焦っているからとはいえウソをついたり誤りを言ったりしてはいけません。そのようなものは企業にばれてしまいます。

さらに、開き直った適当な回答も企業への印象を悪くします。

上手い答えが出ないからといって、回答を曲げてはいけません。

あくまで面接ということを忘れずに、真摯に答えることが必要です。

 

ワンポイント
冷静さを保ち、正直かつ誠実な回答をしよう。

想定外の質問がきても回答できるように面接対策をしよう

指を差す女性

想定外の質問は内容の予想ができませんし、そもそも本当にされるかどうかもわかりません。

ですが、面接を良い結果で終わらせるためには想定外の質問への対策も必要です。

質問内容がわからない以上、回答を練ることはできません。

大切なのは、想定外の質問をされても、冷静に正しく答えることができるということです。

そのためには慌てないための対策や、正直で誠実な回答をするための練習をすることが必要です。

想定外の質問がきても回答ができるように練習をしておき、万全な状態で面接に挑みましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

接客をする女性

想定外の質問に対する答え方や対策方法など、転職活動には何かと悩みがつきものです。

そこで、転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

転職エージェントはこれまで数え切れないぐらいの転職者のサポートをしてきた、いわば転職のプロです。

面接対策はもちろん、転職者の悩み相談にも数多く乗ってきています。

また、面接でされる質問についても精通しているので、想定外の質問への対処法も掴んでいます。

無料で転職相談ができる転職エージェントを使わない手はありません。

転職に関して悩みがあれば、転職エージェントに相談するようにしましょう。

まとめ

転職面接ではたくさんの質問がされます。

志望動機や将来像など定番の質問については対策しやすいですが、想定外の質問はその場で答えを作る必要があるものです。

想定外の事態というパニック状態で的確な回答を作り上げるのは難しいことです。

上手く答えられない可能性だって有り得ます。

しかし大切なのは、冷静さを保ちしっかりと回答することです。

回答内容ではなく対処法を見られていると思えば、少しは気が楽になるでしょう。

また、常日頃から冷静で正直かつ誠実な回答をするよう心がけておくことが、面接対策にも繋がります。

想定外の質問にも慌てず答えられることが良い評価となりますので、諦めずに答えるようにし、日頃から対策をとるようにしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら