女性が転職活動を行う際の、面接などに伺う時間のとり方に関する特集です。

もし有給休暇を使って企業面接に伺うとした場合について解説していきます。

平日になかなか時間が取れない時の対応策や、有給休暇の取得理由についても紹介しましょう。

Contents

転職活動の面接のための有給休暇取得をする方法を解説

パソコンの画像

女性が仕事をしながら転職活動をする場合、面接日時を決めるのに困ることがあります。

面接試験のために会社を休まなければならないことも考えらるからです。

そのような事情では心情的に休みが取りづらいという人もいることでしょう。

しかし平日でのスケジュール調整が困難な時にこそ、有給休暇を利用して休むことができるはずです。

在職中の転職活動は時間が取りづらい

仕事中の画像

できれば在職中に転職活動を始めて、途中でブランクが内容スムーズに転職をしたいと思う人は多いはずです。

そのほうが内定が取れないといった後々のリスクが少ないからです。

しかし在職中でありつつ他の会社に面接に行くというのは心苦しいという意見もあります。

また、平日は勤務中なので時間が取れない場合も考えられます。

土日などで面接を行なってくれる会社であればいいのですが、そうもいかない場合はどうすればよいのでしょうか?

在職中は転職活動を秘密にしたい人も多い

ノートの画像

できれば在職中での転職活動については、外部に知られたくないというのが本音ではないでしょうか?

そのためには、転職を考えていることも一切口外せずに、したたかに普段の仕事をこなす素振りをするものです。

では、有給休暇を取って面接をする際にはどのような点を気をつければよいのでしょうか?

有給取得理由に「転職活動」はNG

本来は有給休暇の取得については、労働者の権利として認められています。

そのため取得理由について会社へ報告する義務などないのです。

有給休暇を取って休むほうが、理由や言い訳を考えて意図的に休むよりも気持ちが楽ではないでしょうか?

しかし転職のために休むことを知らされたら、現職の会社としてはあまり気分は良くないはずです。

しかも噂がさまざまな方面に拡散されてしまう恐れがあります。

なるべくなら、転職予定の企業へ面接に行くことは、有給休暇の理由にせず誰にも言わないほうが無難でしょう。

もし転職できなければ人間関係が悪くなることも

社員の画像

日本は職業選択の自由が保障されているので、転職活動をするのは本人の意思として守られています。

しかし現職企業側の本音としては、社員に裏切られているようにも思えてしまうかもしれません。

そのまま転職活動でよい結果が得られれば退職して移行するだけです。

ところが、万が一転職に失敗したらそのまま残って仕事を続ける選択もあり得ます。

その場合、社内での自分の立場が危うくなる可能性も考えられるのです。

その後どのような待遇を受けるかも分からないでしょう。転職活動については、一切口にしないように心がけることです。

ワンポイント
転職活動をすることを職場で公言しないほうがよい

平日転職活動の時間が取れない場合はどうする?

パソコンを使う女性の画像

平日に有給休暇などが取得できて転職活動ができれば理想的です。

しかし仕事上のシフトの理由や家庭の事情などを含めて、平日に転職活動が行えないことも考えられます。

もし平日に時間が取れないような状況だとしたら、どのような対策を練ればよいのでしょうか?

ここでは、平日の転職活動ができない場合の対処方法について解説していきましょう。

日程調整をしてもらう

仕事の都合や現職の雰囲気などで、有給休暇が取れない事態にある人もいます。

平日はどうしても自分が抜けられない職場で、転職面接に行きたいのに行けないという悩みを抱える人も少なくありません。

だからといって転職活動そのものを諦めてしまうと、きっと後悔することになります。

このような都合があるのなら、応募する企業へ相談してみましょう。

応募先企業に現職が忙しいことを伝え、休日などに面接の設定ができないかを聞いてみるだけでも違ってきます。

中には希望に応じてくれる企業もたくさんあるはずです。

ただし応募先企業側の予定もあるので、先方の立場も重視した上で相談する姿勢が大切でしょう。

業務時間外に変更してもらう

平日の勤務時間内では面接に行けないことを伝え、日程調整もしくは時間調整が可能かを聞くことです。

多少遅くなっても夜に面接試験をしてくれそうなら、そこで調整が可能なこともあり得ます。

夕方以降であれば、逆に応募先企業のほうでも都合がよい場合も想定できるからです。

どちらにせよ、平日昼間は無理ということだけで終わらせてはなりません。

具体的な候補日・時間帯などをしっかり提示する姿勢を見せることが重要ではないでしょうか?

半休をとって対応する

スケジュール帳の画像

他にも職場で半休(午前・午後)を取得しながら転職活動をする方法も考えられます。

企業の就業規則の中にはフレックス制度を取り入れている場合があります。

その場合は午前中・午後以降などで半休を取れるはずです。

面接試験の日程に合わせてフレックス制度の半休を取得すれば、双方に気を使う必要もないはずです。

有給を取得する

転職活動を行う際は、複数の企業を並行しながら進めることも考えられます。

半休を何度も取得しては限界があるかもしれません。その場合は、もう思い切って、1日有休を取ってしまいましょう

その日にできる限り複数の面接を設定するというのも方法の1つです。

ただし1日に数社を順番に伺うことでの時間調整や心身的な疲労も覚悟しておく必要があります。

それらを自分なりにクリアできそうかどうか、よく考えてから行動をするようにしましょう。

面接日の変更をしたら採用率はどうなる?

ビルディングの画像

面接の日程を決めたのにやむなく変更せざるを得ない場合、応募先企業の気分を害してしまうのではと心配される人もいることでしょう。

しかし、面接も含めたビジネスシーンにおいて、日時変更というのは少なからず生じるものです。

そのため、変更したからとその人物を不採用にするということはあり得ません

ただしこれは1回のみ有効だと考えておくことです。

さすがに同じ会社の面接を3~4回も変更するとなったら、きっと企業側のほうから断ってくるでしょう。

また面接が1次・2次と進んで最終面接になった場合は注意してください。

おそらく、その会社の社長や重要なポジションの役職の人物と面接するはずです。

最終面接の日程調整が難航するとなったら、入社意欲を疑問視されます。

どの会社でも役職に就いている人は多忙です。再び日程を調整することは想像以上に難しいものだといえます。

ワンポイント
1度の面接日程変更により不採用になることはない

有給を取得したら複数の面接予定を入れるのもアリ

カレンダーの画像

先述にもあるように、有給休暇を転職活動に利用するのであれば、なるべく有効的に効率よく使えることが理想です。

面接試験を1社だけで済むのであればいいのですが、候補を何社も受ける可能性があります。

その度に有給休暇を使ってしまうのはもったいない話です。

そこで1日の有給休暇の中に、複数の面接試験の日程を組んでしまうほうが、集中して転職活動を終えることができます。

ただしその際の注意点は時間調整です。1社目の面接が予定通り終わればいいのですが、万が一遅れが生じるといったリスクもあり得ます。

そのため2社目以降の約束時間に間に合わなくなるといった予期せぬハプニングも考えられるからです。

その防止策は、無理に予定を押し込めず、移動時間なども配慮した余裕のあるスケジューリングを心がけましょう。

転職活動で何度も有給を取得するために

パソコンで調べる女性の画像

有給休暇を何回か使うことになりそうだという場合です。

最近頻繁に有給ばかり使うのは何か事情があるのかと、さすがに直属の上司から聞いてくる可能性があります。

有給休暇の取得に理由の説明は原則としてないのですが、あまり頻繁では心配されても当然です。

では、複数回の有給休暇を取得するためのコツを解説しましょう。

PTAへの出席が必要になったと伝えておく

有給休暇の取得理由をいちいち会社に説明する必要はありません。

それでも上司が何となく聞いてきた場合は、うまくかわす配慮として、それなりな言い訳をしておくほうが無難です。

その1つが、子供のPTAへの出席をせざるを得ないからといった内容を考えておき、聞かれた時にだけ伝えます。

もちろん嘘をついてしまうことに変わりはありません。

しかし、転職活動をすることを口外しないための策として、もっともらしい言い訳を事前に準備しておくほうがよいでしょう。

転職エージェントに相談しておく

有給休暇は、全ての労働者に与えられた権利です。

企業側はその申請を拒むことや理由の説明を強引に求めることはできないルールになっています。

もし上司が執拗に有給休暇の理由の説明を求めてくるようであれば、パワーハラスメントに該当するケースも考えられます。

詳しいことは、転職エージェントに登録して相談してみてもよいでしょう。転職に就いてのさまざまな悩みに応じてくれます。

ワンポイント
有給休暇を複数回取得するにはそれなりに理由も考えておくこと

使える有給取得理由

手帳の画像

有給休暇の取得に理由は必要ありません。有給休暇とは一定期間勤続した労働者が使って当然な権利だからです。

有給休暇を取得する時に理由を聞かれたら、私用のためだと言えばそれで済みます。

しかし、より上司を納得させる意味で理由を用意してくほうが安心です。

転職活動以外の有給取得理由を事前に考えとくことをおすすめします。

「私用」の例

とくに有給休暇の申請書があって理由を書く欄があるのなら、私用と一言記入しておけば済むことがあります。

通常はそれ以上の細かい事情を聞いてはならないのがルールですから、必要以上に自分から語らなくてもよいでしょう。

そのため、私用という含みのある言葉で片付けておきましょう。

「体調不良」の例

私事のためという理由の次に、よくあるのが体調不良・通院のためです。

体調が思わしくないので通院をするために有給休暇を申請することが珍しくありません。体調を理由にされたら上司も拒否はできません。

あまり難しい理由を考えたくないのであれば、シンプルに体調不良を訴えておくほうが無難にすみます。

「家族・家庭の事情」の例

子供の画像

親・子供のことで用事があるためという理由もよいでしょう。例えば、遠方から遥々親が来ることになったという内容にします。

あるいは子供の学校行事への参加をすることになったなど、家族に関係することを理由にするのも、有給休暇の取得に役立ちます。

運動会や授業参観といった行事はポピュラーです。有給休暇の理由として成立します。

「結婚式」「法事」の例

当日に結婚式が予定されている、あるいは法事があるといった冠婚葬祭のため理由も有給休暇として成立します。

冠婚葬祭は公的にも認められているものが多く、業務を休んででも出席すべき用事であるという常識が通用するからです。

観光総裁を理由にされたら 有給休暇の取得を断るような会社はあり得ません。

体調不良や親戚の葬式は限度がある

上述のように、さまざまな理由を考えて有給休暇を取得するための理由を後付けすることができます。

ただし注意しておくべき点があります。それは、限界がある理由は頻繁に使ってはならないことです。

例えば、親戚の葬儀や体調不良といったものは、めったにないから真実味がある内容です。

1回使用したらそう易々と使える理由ではないことを覚えておきましょう。

あくまでも転職活動のための有給休暇の取得理由ですので、1回だけのつもりとして感なが得ておくべきです。

ワンポイント
有給休暇を取る理由は私事や体調不良や通院としておくと都合がよい

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

テーブルの画像

もし転職に関するさまざまな悩みを抱えているとしたら、転職エージェントに登録して活用してみることをおすすめします。

転職エージェントは転職についての専門家です。転職活動を通じて浮上する悩みや不安・疑問点があれば速やかに解消したいと思うはずです。

そのためにも転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

オフィスの画像

転職活動をすることについて会社はなにもいわないにしても、いずれ退職されてしまうことを気にするのは本音です。

できれば少しでも長く所属して働いて欲しいと考えています。

そのような会社への配慮という意味でも、スムーズに転職活動を展開できることが理想です。

面接試験の日程を調整するのに、有給休暇を使うことは法的に何も問題はありません

むしろ休暇を与えることが会社の義務になってまいすので、それを上手に利用するようにしましょう。

くれぐれも後々のことも考えて、あまり関係者には口外しないまましたたかに活動したほうがよいでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら