介護の営業職は、一般的な保険や小売業の営業職と異なる特徴があります。

そのため営業に苦手意識がある方でも挑戦しやすいのが魅力です。

そこでこの記事では、介護の営業の仕事内容について解説します。

合わせて向いている女性の特徴や役立つスキルについてもまとめました。

転職先の候補として検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。

介護の営業の仕事内容を解説

オフィスにいる女性

介護の営業といっても仕事内容は様々です。

例えば入居案内や施設の見学対応といった利用者に対する仕事や、病院・ケアマネージャーに対する仕事があります。

ただし、新規開拓のため個人宅へ訪問する飛び込み営業のようなことはほとんどありません。

また介護に関する専門的な資格は必須としていない求人会社が一般的です。

さらに働いている年代も幅広く、離職率の高い営業職の中では安定して続ける人が多い傾向にあります。

 

ワンポイント
 介護営業職は長く働き続けられるのが特徴

介護営業職の主な仕事内容を紹介

オフィスにいる女性

高齢化社会に合わせて民間の介護施設が増加している今日では、介護営業職の役割も重要性を増しています。

自分の所属する施設がどのような利用者を対象としていて、どんな魅力があるのか伝えることが求められているのです。

また営業相手は高齢者やその家族だけではなく、医療機関やケアマネージャーと会う機会も多いでしょう。

利用者を紹介してもらうための信頼関係を築くというのも重要な仕事です。

ここからは介護営業職の大まかな仕事内容をご紹介します。

地域住民への営業

介護椅子と高齢者

介護営業職の仕事としてまずあげられるのが、利用者候補である地域住民への営業です。

施設見学で来た方には、設備の案内や行っているサービス・料金を紹介します。

ときには電話で対応するケースもあるでしょう。

また集団を相手にした見学会を開催するケースもあります。

高齢者だけではなく、その家族に対しても丁寧な説明が必要です。

医療機関(病院)への営業について

病院の建物

医療機関を訪問する目的は、病院内に在籍する地域連携室の相談員に会うためです。

地域連携室では患者に様々なサポートを行っており、そのひとつとして退院後介護施設へ移動する手続きも行っています。

つまり地域連携室の相談員と信頼関係が築ければ、自社の施設を紹介してもらえるようになるのです。

そのためには定期的な訪問を心がけ、利用者のニーズや状況などの情報収集を欠かさないようにします。

そうすることでより需要のニーズに合った方法で、施設の良さをアピールできるのです。

ケアマネジャーへの営業

やさしい介護

ケアマネージャーに対しても、自社の施設を紹介してもらうために定期的な営業を行います。

ケアマネージャーは直接介護を受ける人と家族に接する機会が多いので、的確にニーズを把握していることが多いです。

また介護の知識についても豊富なため、信頼関係を築けていると頼りになります。

ニーズに合致した情報提供を行い、長期的なお付き合いをすることが大切です。

そうすることでケアマネージャーが総合的に判断し、介護事業者・利用者共に納得できるかたちで紹介してもらえます。

地域包括支援センターへの営業

センターのクリスマス

地域包括支援センターに対しても、自社施設を紹介してもらえるために訪問します。

地域包括支援センターは、介護をはじめ地域住民からの様々な疑問に答える身近な窓口です。

そのため住民の声が届きやすく、具体的な需要のニーズを把握しています。

介護営業職は定期的に訪問することで情報を集め、信頼関係を築くのが目的です。

その結果、新規顧客開拓のきっかけをつくることができるでしょう。

介護営業職は闇雲に飛び込み営業をしない

ビジネスウーマン

介護営業職は他の営業職と異なり、闇雲な飛び込み営業は行いません。

なぜなら単純に非効率的だからです。

飛び込み営業先が介護を必要としている世帯だとは限らず、むしろレアなケースといえるでしょう。

介護を必要としている人を探すのであれば、病院や地域包括支援センターへ訪問します。

これらの営業先は日頃から定期的に訪問していることが多いため、交渉もスムーズです。

 

ワンポイント
 介護営業職は飛び込み営業が不要

一日のスケジュールを紹介

予定表

ここからは介護営業職が行っている、とある一日のスケジュールをご紹介します。

まず8時50分に出勤し、パソコンでのメールチェックと引継ぎ事項の確認です。

その後午前中は来局された方への施設案内や、電話対応を行います。

12時半からは1時間の休憩を取り、午後からは担当者と施設の広告に関しての打ち合わせです。

また病院や地域包括支援センターを訪問し、顧客がいれば紹介してもらえるよう営業します。

そして17時半に帰社し、報告書を作成したら大体18時に退勤です。

介護営業職の職場

エプロンを着た女性

介護営業職の職場は、基本的に所属する介護施設です。

施設内では介護士やケアマネージャーなど、それぞれの役割を持った人たちが働いています。

新規顧客を獲得した後実際に利用者のサポートを行うのは介護士たちなので、施設内では常に連携を取ることが大切です。

ちなみに介護営業職の部類として、福祉用具専門相談員という職種もあります。

福祉用具専門相談員は福祉用具の販売店に所属し、ケアマネージャーに対してレンタルや販売の営業を行う仕事です。

 

ワンポイント
 基本的な職場は自分が所属する介護施設

介護営業職の給与は?

計算機を持つ女性

介護営業職の給与は、大体月20~30万円程度が多い傾向です。

年収にすると300~350万円程度が平均といえるでしょう。

基本的に営業職でよくあるような大規模なインセンティブは稀で、爆発的に収入が増える機会は少ないです。

ただし比較的安定した収入が得られるので、20代から50代まで幅広い年代が活躍しています。

ここからは給与面について詳しく見ていきましょう。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査には載っていない

調査書

厚生労働省が毎年行う賃金構造基本統計調査は、給与の統計データとして参考になりますが介護営業職は載っていません。

そのため目安となるような数字がなく、会社によって給与は大きく異なってくるのが現状です。

より多くの求人情報をチェックすることで、大体の平均額が見えてくるでしょう。

ちなみに介護業界へ民間企業が参入してからの期間は、大体20年程度です。

他業種に比べ年数が浅いのも給与がわかりにくい一因ですが、介護のニーズは高く今後のベースアップが期待されています。

成果次第で高い給与を得ることも

お金を手に持つ女性

収入アップの機会が少ないといわれてきた介護営業職ですが、中にはインセンティブがある求人も増えてきています。

そのためインセンティブ期間中に成果が良ければ、月給に上乗せした金額を手に入れることも可能です。

また大半の会社は年2回の賞与を出しており、これまでの実績を元に評価が出されます。

評価が高ければ上乗せした金額がもらえるうえに、昇給スピードも早まるチャンスです。

求人をチェックするときは、応募前に成果がしっかり反映される給与体系の会社を選ぶといいでしょう。

疑問に思ったらエージェントに相談を

パソコンを操作する女性

給与面で疑問に感じたときは、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは日々多くの会社の情報収集を行っているので、鮮度の高い情報が得られます。

また転職エージェントを通じて求人企業に応募した場合、エージェントが間に立って相談・交渉してもらうことが可能です。

疑問が簡単に解決する可能性もあるので、ぜひ活用してみましょう。

介護の営業職に向いている人は?

スマホを使う女性

介護営業職は高齢者の方から介護の知識が豊富な方まで様々な人と接するため、他の営業職とは異なる特徴があります。

営業相手によって話を使い分けるスキルが必要といえるでしょう。

また介護と聞くと専門職というイメージがありますが、営業職に関しては基本的に必須の資格はありません。

そのため他業種からも挑戦しやすい一方で、どの仕事でも同じように介護営業職でも向き不向きはあります。

ここでは介護営業職に向いている人の特徴についてまとめました。

介護経験がある

食事の介護をする女性

営業相手は利用者を除き介護の知識を持っている人が多いため、介護の経験があると強みになります。

特にケアマネージャーは介護経験者であることが多く、現場で働いてきたからこその知識が豊富です。

自分が所属する施設の魅力を的確に把握して効果的に伝えるためにも、介護の経験が活かせるでしょう。

より具体的な話をすることで、相手との信頼関係も築きやすくなります。

ただし必ずしも介護の経験がなければ不利というわけではないので、あくまでもプラス要素として考えてください。

車の運転が得意

車の運転席

営業職という仕事柄移動する機会は多く、営業先へ向かうときは基本を使用します。

そのため車の運転が得意な人は介護営業職に向いているといえるでしょう。

施設がある市町村内での移動が主になるので、日頃から安全運転できているかどうかも重要といえます。

現時点で車の運転に不安がある方は、走りやすい場所で練習しておくのがおすすめです。

車の運転は数をこなせば慣れてくるので、現状が苦手であったとしても諦める必要はありません。

利用者の話をしっかり聞ける

笑顔の老夫婦

介護営業職は一方的に営業するのではなく、利用者の話をしっかり聞けるかどうかが重要なポイントです。

利用者やその家族がどのようなサービスを必要としているか把握することで、適切な営業が行えます。

また利用者の中には、要点が上手く伝えられない方も少なくありません。

そんなときでも相手を急かさず、落ち着いた気持ちで対応できる方がこの仕事に向いています。

利用者への気配りを忘れないことが、信頼感を得られる秘訣です。

 

ワンポイント
 介護営業職に向いているのは運転スキルや相手への対応力

役立つスキルをチェック

女性とアイデア

資格が不要で転職しやすい介護営業職ですが、持っていると役に立つスキルは知っておくと有利です。

今までの経験で得たスキルがあれば、応募した際の面接でも大きなアピール要素になります。

特に他業種からの転職であれば、何を活かせるのか考えてみることが大切です。

そこでここからは、役に立つ主なスキルを3つご紹介します。

介護営業職で求められている部分でもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーション能力

5W1Hのイメージ

他の一般職と同様に、介護営業職でもコミュニケーション能力は非常に重要です。

営業相手は利用者となる高齢者や専門知識がある方まで理解力の差があるので、状況によって対応方法が変わります。

相手の話を聞いてニーズを把握し、適切なアプローチができると成功に繋がりやすいでしょう。

また介護業界はチームプレイが必須であり、営業職も例外ではありません。

入居後の利用者に関する施設内での連携をはじめ、ときには外部の専門職や事業所に相談するケースも多々あります。

ブログやSNSの知識

書斎のデスク

ブログやSNSの知識も、営業に繋がるスキルのひとつです。

所属する施設をアピールする方法として、ネット広告を検討する会社も増えています。

利用者の家族が目にするきっかけとして、効果的なアピールに繋がるのです。

また求人会社によっては、PCスキルを重視しているケースもあります。

合わせてWordやExcelなどのスキルがあると強みになるでしょう。

車の運転スキル

車のダッシュボード

求人情報では車の運転免許を必須としている会社が多いため、車の運転スキルはあった方が転職しやすいです。

ちなみに必要とされている多くは普通免許で、AT車限定でも問題ありません。

車移動の多い仕事なので、車の運転にも慣れておいた方がいいでしょう。

特に免許取得後運転する機会が少ないペーパードライバーの方は、何回か練習しておくのがおすすめです。

運転免許を持っていない方は、求人情報の資格欄を必ずチェックするようにしてください。

転職のことなら転職エージェントに相談しよう

パソコンを操作する女性

転職のことなら、まずは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

介護営業職といっても福祉用具専門相談員のような種類もあるので、自分の求めている情報をより分けなければいけません。

転職エージェントなら必要な情報を随時紹介してもらえます。

また自分の強みを客観的に評価してもらえるので、他業種から転職する際にも頼りになるでしょう。

効率的な転職活動ができるため、ぜひ活用してみてください。

まとめ

男女の社会人

介護営業職は介護業界ならではの特色があり、営業に苦手意識がある方でも挑戦しやすい仕事です。

決まった場所への訪問が多く、信頼関係を築くことで効率的な営業に繋がります。

また利用者やその家族に対しては、わかりやすく丁寧な説明を心がけるといった配慮が大切です。

コミュニケーション力や運転スキルなどがあれば、専門的な資格がなくても挑戦できるのが介護営業職の魅力でもあります。

不安な時は転職エージェントを活用しながら、ぜひ転職を検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら