介護の営業職は、一般的な保険や小売業の営業職と異なる特徴があります。

そのため営業に苦手意識がある方でも挑戦しやすいのが魅力です。

そこでこの記事では、介護の営業の仕事内容について解説します。

合わせて向いている女性の特徴や役立つスキルについてもまとめました。

転職先の候補として検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。

介護の営業の仕事内容を解説

オフィスにいる女性

介護の営業といっても仕事内容は様々です。

例えば入居案内や施設の見学対応といった利用者に対する仕事や、病院・ケアマネージャーに対する仕事があります。

ただし、新規開拓のため個人宅へ訪問する飛び込み営業のようなことはほとんどありません。

また介護に関する専門的な資格は必須としていない求人会社が一般的です。

さらに働いている年代も幅広く、離職率の高い営業職の中では安定して続ける人が多い傾向にあります。

 

ワンポイント
 介護営業職は長く働き続けられるのが特徴

介護営業職の主な仕事内容を紹介

オフィスにいる女性

高齢化社会に合わせて民間の介護施設が増加している今日では、介護営業職の役割も重要性を増しています。

自分の所属する施設がどのような利用者を対象としていて、どんな魅力があるのか伝えることが求められているのです。

また営業相手は高齢者やその家族だけではなく、医療機関やケアマネージャーと会う機会も多いでしょう。

利用者を紹介してもらうための信頼関係を築くというのも重要な仕事です。

ここからは介護営業職の大まかな仕事内容をご紹介します。

地域住民への営業

介護椅子と高齢者

介護営業職の仕事としてまずあげられるのが、利用者候補である地域住民への営業です。

施設見学で来た方には、設備の案内や行っているサービス・料金を紹介します。

ときには電話で対応するケースもあるでしょう。

また集団を相手にした見学会を開催するケースもあります。

高齢者だけではなく、その家族に対しても丁寧な説明が必要です。

医療機関(病院)への営業について

病院の建物

医療機関を訪問する目的は、病院内に在籍する地域連携室の相談員に会うためです。

地域連携室では患者に様々なサポートを行っており、そのひとつとして退院後介護施設へ移動する手続きも行っています。

つまり地域連携室の相談員と信頼関係が築ければ、自社の施設を紹介してもらえるようになるのです。

そのためには定期的な訪問を心がけ、利用者のニーズや状況などの情報収集を欠かさないようにします。

そうすることでより需要のニーズに合った方法で、施設の良さをアピールできるのです。

ケアマネジャーへの営業

やさしい介護

ケアマネージャーに対しても、自社の施設を紹介してもらうために定期的な営業を行います。

ケアマネージャーは直接介護を受ける人と家族に接する機会が多いので、的確にニーズを把握していることが多いです。

また介護の知識についても豊富なため、信頼関係を築けていると頼りになります。

ニーズに合致した情報提供を行い、長期的なお付き合いをすることが大切です。

そうすることでケアマネージャーが総合的に判断し、介護事業者・利用者共に納得できるかたちで紹介してもらえます。

地域包括支援センターへの営業

センターのクリスマス

地域包括支援センターに対しても、自社施設を紹介してもらえるために訪問します。

地域包括支援センターは、介護をはじめ地域住民からの様々な疑問に答える身近な窓口です。

そのため住民の声が届きやすく、具体的な需要のニーズを把握しています。

介護営業職は定期的に訪問することで情報を集め、信頼関係を築くのが目的です。

その結果、新規顧客開拓のきっかけをつくることができるでしょう。

 

無料転職相談をして理想の転職を見つけよう

 

介護営業職は闇雲に飛び込み営業をしない

ビジネスウーマン

介護営業職は他の営業職と異なり、闇雲な飛び込み営業は行いません。

なぜなら単純に非効率的だからです。

飛び込み営業先が介護を必要としている世帯だとは限らず、むしろレアなケースといえるでしょう。

介護を必要としている人を探すのであれば、病院や地域包括支援センターへ訪問します。

これらの営業先は日頃から定期的に訪問していることが多いため、交渉もスムーズです。

 

ワンポイント
 介護営業職は飛び込み営業が不要
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


一日のスケジュールを紹介

予定表

ここからは介護営業職が行っている、とある一日のスケジュールをご紹介します。

まず8時50分に出勤し、パソコンでのメールチェックと引継ぎ事項の確認です。

その後午前中は来局された方への施設案内や、電話対応を行います。

12時半からは1時間の休憩を取り、午後からは担当者と施設の広告に関しての打ち合わせです。

また病院や地域包括支援センターを訪問し、顧客がいれば紹介してもらえるよう営業します。

そして17時半に帰社し、報告書を作成したら大体18時に退勤です。

 

無料転職相談をして理想の転職を見つけよう

 

介護営業職の職場

エプロンを着た女性

介護営業職の職場は、基本的に所属する介護施設です。

施設内では介護士やケアマネージャーなど、それぞれの役割を持った人たちが働いています。

新規顧客を獲得した後実際に利用者のサポートを行うのは介護士たちなので、施設内では常に連携を取ることが大切です。

ちなみに介護営業職の部類として、福祉用具専門相談員という職種もあります。

福祉用具専門相談員は福祉用具の販売店に所属し、ケアマネージャーに対してレンタルや販売の営業を行う仕事です。

 

ワンポイント
 基本的な職場は自分が所属する介護施設

介護営業職の給与は?

計算機を持つ女性

介護営業職の給与は、大体月20~30万円程度が多い傾向です。

年収にすると300~350万円程度が平均といえるでしょう。

基本的に営業職でよくあるような大規模なインセンティブは稀で、爆発的に収入が増える機会は少ないです。

ただし比較的安定した収入が得られるので、20代から50代まで幅広い年代が活躍しています。

ここからは給与面について詳しく見ていきましょう。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査には載っていない

調査書

厚生労働省が毎年行う賃金構造基本統計調査は、給与の統計データとして参考になりますが介護営業職は載っていません。

そのため目安となるような数字がなく、会社によって給与は大きく異なってくるのが現状です。

より多くの求人情報をチェックすることで、大体の平均額が見えてくるでしょう。

ちなみに介護業界へ民間企業が参入してからの期間は、大体20年程度です。

他業種に比べ年数が浅いのも給与がわかりにくい一因ですが、介護のニーズは高く今後のベースアップが期待されています。

成果次第で高い給与を得ることも

お金を手に持つ女性

収入アップの機会が少ないといわれてきた介護営業職ですが、中にはインセンティブがある求人も増えてきています。

そのためインセンティブ期間中に成果が良ければ、月給に上乗せした金額を手に入れることも可能です。

また大半の会社は年2回の賞与を出しており、これまでの実績を元に評価が出されます。

評価が高ければ上乗せした金額がもらえるうえに、昇給スピードも早まるチャンスです。

求人をチェックするときは、応募前に成果がしっかり反映される給与体系の会社を選ぶといいでしょう。

疑問に思ったらエージェントに相談を

パソコンを操作する女性

給与面で疑問に感じたときは、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは日々多くの会社の情報収集を行っているので、鮮度の高い情報が得られます。

また転職エージェントを通じて求人企業に応募した場合、エージェントが間に立って相談・交渉してもらうことが可能です。

疑問が簡単に解決する可能性もあるので、ぜひ活用してみましょう。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

介護の営業職に向いている人は?

スマホを使う女性

介護営業職は高齢者の方から介護の知識が豊富な方まで様々な人と接するため、他の営業職とは異なる特徴があります。

営業相手によって話を使い分けるスキルが必要といえるでしょう。

また介護と聞くと専門職というイメージがありますが、営業職に関しては基本的に必須の資格はありません。

そのため他業種からも挑戦しやすい一方で、どの仕事でも同じように介護営業職でも向き不向きはあります。

ここでは介護営業職に向いている人の特徴についてまとめました。

介護経験がある

食事の介護をする女性

営業相手は利用者を除き介護の知識を持っている人が多いため、介護の経験があると強みになります。

特にケアマネージャーは介護経験者であることが多く、現場で働いてきたからこその知識が豊富です。

自分が所属する施設の魅力を的確に把握して効果的に伝えるためにも、介護の経験が活かせるでしょう。

より具体的な話をすることで、相手との信頼関係も築きやすくなります。

ただし必ずしも介護の経験がなければ不利というわけではないので、あくまでもプラス要素として考えてください。

車の運転が得意

車の運転席

営業職という仕事柄移動する機会は多く、営業先へ向かうときは基本を使用します。

そのため車の運転が得意な人は介護営業職に向いているといえるでしょう。

施設がある市町村内での移動が主になるので、日頃から安全運転できているかどうかも重要といえます。

現時点で車の運転に不安がある方は、走りやすい場所で練習しておくのがおすすめです。

車の運転は数をこなせば慣れてくるので、現状が苦手であったとしても諦める必要はありません。

利用者の話をしっかり聞ける

笑顔の老夫婦

介護営業職は一方的に営業するのではなく、利用者の話をしっかり聞けるかどうかが重要なポイントです。

利用者やその家族がどのようなサービスを必要としているか把握することで、適切な営業が行えます。

また利用者の中には、要点が上手く伝えられない方も少なくありません。

そんなときでも相手を急かさず、落ち着いた気持ちで対応できる方がこの仕事に向いています。

利用者への気配りを忘れないことが、信頼感を得られる秘訣です。

 

ワンポイント
 介護営業職に向いているのは運転スキルや相手への対応力
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


役立つスキルをチェック

女性とアイデア

資格が不要で転職しやすい介護営業職ですが、持っていると役に立つスキルは知っておくと有利です。

今までの経験で得たスキルがあれば、応募した際の面接でも大きなアピール要素になります。

特に他業種からの転職であれば、何を活かせるのか考えてみることが大切です。

そこでここからは、役に立つ主なスキルを3つご紹介します。

介護営業職で求められている部分でもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーション能力

5W1Hのイメージ

他の一般職と同様に、介護営業職でもコミュニケーション能力は非常に重要です。

営業相手は利用者となる高齢者や専門知識がある方まで理解力の差があるので、状況によって対応方法が変わります。

相手の話を聞いてニーズを把握し、適切なアプローチができると成功に繋がりやすいでしょう。

また介護業界はチームプレイが必須であり、営業職も例外ではありません。

入居後の利用者に関する施設内での連携をはじめ、ときには外部の専門職や事業所に相談するケースも多々あります。

ブログやSNSの知識

書斎のデスク

ブログやSNSの知識も、営業に繋がるスキルのひとつです。

所属する施設をアピールする方法として、ネット広告を検討する会社も増えています。

利用者の家族が目にするきっかけとして、効果的なアピールに繋がるのです。

また求人会社によっては、PCスキルを重視しているケースもあります。

合わせてWordやExcelなどのスキルがあると強みになるでしょう。

車の運転スキル

車のダッシュボード

求人情報では車の運転免許を必須としている会社が多いため、車の運転スキルはあった方が転職しやすいです。

ちなみに必要とされている多くは普通免許で、AT車限定でも問題ありません。

車移動の多い仕事なので、車の運転にも慣れておいた方がいいでしょう。

特に免許取得後運転する機会が少ないペーパードライバーの方は、何回か練習しておくのがおすすめです。

運転免許を持っていない方は、求人情報の資格欄を必ずチェックするようにしてください。

転職のことなら転職エージェントに相談しよう

パソコンを操作する女性

転職のことなら、まずは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

介護営業職といっても福祉用具専門相談員のような種類もあるので、自分の求めている情報をより分けなければいけません。

転職エージェントなら必要な情報を随時紹介してもらえます。

また自分の強みを客観的に評価してもらえるので、他業種から転職する際にも頼りになるでしょう。

効率的な転職活動ができるため、ぜひ活用してみてください。

まとめ

男女の社会人

介護営業職は介護業界ならではの特色があり、営業に苦手意識がある方でも挑戦しやすい仕事です。

決まった場所への訪問が多く、信頼関係を築くことで効率的な営業に繋がります。

また利用者やその家族に対しては、わかりやすく丁寧な説明を心がけるといった配慮が大切です。

コミュニケーション力や運転スキルなどがあれば、専門的な資格がなくても挑戦できるのが介護営業職の魅力でもあります。

不安な時は転職エージェントを活用しながら、ぜひ転職を検討してみてください。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。