転職活動を始めよう。そう心に決めたのはいいけれど情報をどう集めるべきか分からない。そんな経験はないでしょうか。

求人情報は専門誌や転職サイトに掲載されています。ただその数は膨大で質も様々。情報収集は非効率的な作業になりがちです。

そこで今回の記事では転職の効率的な情報収集術を解説します。

情報収集で意識すべきポイント、情報の活かし方や情報源のメリット・デメリットにも触れますので、ぜひ参考にしてください。

転職の効率的な情報収集術を解説

笑顔

条件にピッタリな会社だったのに、情報収集の仕方がまずかったせいで気付くのが遅れて応募の機会を逃してしまった。

そんな転職活動に付き物の失敗を回避したいなら、効果的かつ効率的な情報収集を心がける必要があります。

転職のための効率的な情報収集術に欠かせないものは3つ。

詳細な自己分析・自分に合った情報収集手段の選定・情報量の上限の設定です。

これらを意識しないまま情報収集を進めると状況はたちまち泥沼化。せっかくの時間を無駄にしてしまいかねません。

何のためにどんな方法でどれくらいの情報を集めるか。そんなブレない軸をまず作って、計画的に情報収集を行いましょう。

同じ考え方と手法は就職後の仕事にも大いに活かせます。

情報収集で意識すべきポイント

転職エージェント

この項目では情報収集で意識すべきポイント3つを深掘りして解説します。

意識すべきポイントは詳細な自己分析・自分に合った情報収集手段の選定・情報量の上限の設定でした。

効率的な情報収集の鍵となるこれらのポイントをしっかりと押さえ、スピーディで計画性に富んだ転職活動を展開しましょう。

必要な情報は何かを考えよう

考える

転職のための情報収集で意識すべきポイントの1つ目は、必要な情報は何かを考えることです。

これは自分が何を求めているのかを詳しく知るということ。何を得たいかきちんと見定めてから探すことを始めましょう。

飛び込んでみたい業界や挑戦したい職種、住んでみたい地域や手にしたいサラリーの下限など、人によって転職の条件は様々。

それらの条件で絞り込みをかけずに漫然と情報収集を始めては、本来いらなかったはずの情報まで入手してしまいます。

それら不要な情報の精査と判断にかかる時間は無駄でしかありません。

必要な情報をどこで集めるのか決めよう

考える

転職のための情報収集で意識すべきポイントの2つ目は、必要な情報をどこで集めるか決めることです。

数ある情報収集手段の中から自分に一番合っているものを選んで用いましょう。

雑誌やWEBサイトなど、私たちが情報収集のために選びうる手段は枚挙に暇がありません。

それらの手段にはそれぞれ違った特徴があります。雑誌なら一覧性に優れている点、WEBサイトなら即時性の高さなどです。

一方で、働きながらの転職活動なのでまとまった時間が取り辛いなど、人によって様々な制限があることでしょう。

そのため、より自分に相応しい手段を選んで集中的に使うことが効率的な情報収集の鍵となります。

情報の「量」を意識しよう

真剣

転職のための情報収集で注意すべきポイントの3つ目は、情報の「量」を意識することです。

これは上限を決めずに情報収集をするべきではないということに他なりません。

転職サイトを覗いたことのある方ならご存知の通り、多くのサイトは数万件から数十万件もの求人情報を取り扱っています。

たとえ業種やその他の条件でソートをかけても、場合によっては数百件もの候補がヒットすることさえ珍しくありません。

それらすべてに目を通し、自分に合った企業や仕事なのかを精査するのは大変。膨大な時間がかかってしまいます。

そんな事態を回避するため「見るのは上位10件だけ」など、入手する情報のボリュームには上限を設けておきましょう。

 

ワンポイント
膨大な情報を効率よく収集・利用しよう。

情報源「転職サイト」

スマホ

ネットで転職について検索するとたちまちヒットする多種多様な転職サイト

転職を希望する方の中には、すでに複数の転職サイトに登録を済ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この項目では、転職のための情報源としての転職サイトのメリットや注意点について解説します。

転職サイトのメリット

転職のための情報源としての転職サイト、そのメリットは利用者が自分のペースで主体的に情報収集できることです。

多くの転職サイトでは、必要な個人情報を最初に登録することで初めて詳細な情報の閲覧が可能となります。

その最初の利用登録を済ませれば後は本人の自由。いつでもサイトを訪れて必要な情報にアクセスできるのです。

不要な紹介や案内に煩わされることなく、自分のタイミングとペースで情報収集をしたい方にはうってつけの情報源でしょう。

転職サイトの利用時の注意点

転職サイトを利用する時には、何もかも自分で作業をしなければならない点に気をつける必要があります。

条件に合った求人情報の検索から理想的な履歴書の記入、効果的な面接対策まで、すべて自分で考えて行わなければなりません。

誰からのアドバイスももらえない状況は、競争率の高い企業を志望する時など、どちらかといえば不利に働く場合も多いもの。

その意味では、転職を何度か経験して手順や活動に慣れた人向けの情報源だといえるでしょう。

情報源「SNSや口コミ」

タブレットを見る画像

転職のための情報源としてTwitterやFacebookなどのSNSも非常に有効です。口コミという形で新鮮な情報が得られます。

特に転職を意識していなくても、手持ちの端末にこれらのアプリケーションをダウンロードしている方は多いことでしょう。

その意味で、利用開始のハードルが転職サイトよりも低いことが魅力の1つだといえます。

この項目ではSNSや口コミを転職のための情報源とする際のメリットや注意点について紹介します。

SNSや口コミのメリット

SNSや口コミを転職のための情報源とすることの大きなメリットは人材を募集している企業側と直に繋がれる点にあります。

今は企業側もSNSを有効利用する時代。「#転職」などのハッシュタグを付けて投稿すると企業側からDMが来る場合もあるのです。

また情報収集を無料でできることや、気になる企業の内情を社員の口コミなどからうかがい知れることも大きな利点。

世相を反映した手法として、SNSや口コミによる情報収集は今後も多く利用されていくことでしょう。

SNSや口コミを利用時の注意点

SNSは企業側と直に繋がれる点が大きなメリット。ただし第三者の介在がないことは非常に大きなデメリットでもあります。

仮に企業側から連絡をもらえたとしても、その企業が本当に自分に合っているかどうか、自己責任で判断しなければなりません。

そもそも連絡をくれた担当者が真実その企業の社員であるかどうかも不明。真贋を見極める責任もまた自分自身にあります。

肩書きを鵜呑みにして安易に相手を信用しないような、高いメディアリテラシーを備えた人向けの情報源だといえるでしょう。

 

ワンポイント
SNSや口コミの利用は自己責任で行おう。

情報源「転職フェア」

話し合い

転職フェアとは、転職希望者を対象とした複数の企業による合同企業説明会のこと。

参加無料で事前予約も必要としない場合が多く、気軽に参加できる所は転職希望者にとって大きな魅力だといえるでしょう。

それぞれのブースにいるのは当該企業の担当者なので、知りたいと思ったことを直に尋ねることもできます。

そんな転職フェアを情報源とすることのメリットや注意点について解説します。

転職フェアのメリット

転職フェアの大きなメリットは気になる企業の担当者と直に話ができること。

本来なら書類選考で落とされても仕方がないような企業に対してダイレクトに自己アピールすることももちろん可能です。

入退場自由な場合がほとんどなので、よりカジュアルな感覚で参加できることも魅力の1つだといえるでしょう。

転職の情報源として利用するなら非常に価値の高い情報が得られること請け合いの手段です。

転職フェアを利用時の注意点

転職のための情報源として転職フェアを利用する際の注意点は、時間的に非効率な場合がままあることです。

転職フェアの多くは基本的に入場自由。数多くの転職希望者が来場して混雑が発生し、参加の目的が果たし辛くなりがちです。

また人気の高い企業のブースの前には転職希望者が長蛇の列を作るもの。必然的に1人あたりの待ち時間は長くなります。

時間的な余裕のない方には向かない情報源だといえるでしょう。

情報源「転職エージェント」

交渉

転職エージェントは求職者の転職活動を多方面から支えてくれる頼もしい存在。

様々な業界・職種に精通している上、求職者それぞれに合わせたきめ細やかなサポートをしてくれます。

非常に頼りになる転職エージェントですが、情報源として利用する時はやはりメリットとデメリットがあるもの。

それぞれについて詳しく解説します。

転職エージェントのメリット

転職のための情報源として転職エージェントを利用する最大のメリットは、非公開求人情報の紹介を受けられることでしょう。

非公開求人情報は企業がエージェントだけに明かしている求人情報。企業側の様々な事情によって非公開とされています。

それら非公開求人情報と求職者との相性を転職エージェントのキャリアアドバイザーが見極め、個別に勧めてくれるのです。

転職のプロが全面的にサポートしてくれる、効率的な転職活動の最たるものといえるでしょう。

転職エージェントを利用時の注意点

転職のための情報源として転職エージェントを利用する際の注意点は、求職者が自由に求人情報にアクセスし辛いことです。

手厚いサポートが期待できる転職エージェントですが、得られる情報はキャリアアドバイザーからの紹介が中心になりがち。

求職者はどちらかというと受け身になってしまう傾向があります。

より主体性を持って転職活動にのぞみたいという方には向かない情報源だといえるでしょう。

 

ワンポイント
非公開求人情報を紹介してもらえるメリットは大きい。

集めた情報の活かし方

ポイント

情報は集めるよりも上手く使うことの方がずっと難しいとよく言われます。

転職活動においてもそれは同じ。探そうと思えばネットで多くの情報を得られますが、それをより良く使うには工夫が必要です。

それでは、集めた情報をどのように活かせばより理想に近い転職を果たすことができるでしょうか。

この項目ではそのためのポイントを2つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

自己分析で現状把握をしよう

転職活動にあたって集めた情報をより良く活かす方法の1つ目は、自己分析による現状把握のために用いること。

企業がどのような人材を求めているか、どんな方針の元でどういった仕事をしているかなど、得られる情報は数多くあります。

それらの情報と自己分析とを突き合わせ、自分に足りないものや強みを再確認するのです。

自分の今の立ち位置を知ることによって、より効率的で効果的な転職活動を展開できます。

集めた情報の整理をしよう

転職活動にあたって集めた情報をより良く活かす方法の2つ目は、それら集めた情報の整理をすることです。

収集した情報をただファイルに溜め込んでいても仕方がありません。分類し、整理して、より扱いやすくしましょう。

そうしておくことで、情報はよりアクセスしやすく使いやすいものとなり、効率的な転職活動に寄与するものとなるでしょう。

転職を成功させるための自分に合った情報収集術を身につけよう

ポイント

転職を成功させるための情報収集術は1つではありません。

人それぞれ置かれた状況が違い、めいめい適した情報源がある。その意味で、情報収集術は人によって千差万別だといえます。

どのような収集術が自分に適しているのかは、自分自身で探して判断するしかありません。

自分に適した情報収集術を見つけて、より効率的な転職活動を進めるようにしましょう。

 

ワンポイント
自分に合った情報収集術を自分で見つけよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職活動をどう進めればいいかは簡単な問題ではありません。

何しろ人それぞれ置かれた状況が違いますし、理想の将来も違っています。

なので、おのずと最適な情報収集術も変わってくるのです。

自分に一番合った情報収集術が何なのか分からない時、頼りになるのが転職エージェント

転職エージェントは転職のプロなので、転職にまつわるどんな疑問や不安も解決してくれることでしょう。

非公開求人情報など有益な情報も数多く握っているので、一度は転職エージェントに相談為てみることをおすすめします。

まとめ

ポイント

いかがだったでしょうか。

今回は転職のための効率的な情報収集術に関する解説の他、情報収集で意識すべき点や情報の活かし方について紹介しました。

人によって最適な情報収集術は違います。もしも迷ったら、その時はぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは転職のプロです。転職にまつわる不安や疑問に関して、質問して答えてもらえないことはまずありません。

転職エージェントに登録して、より効率的で効果的な情報収集を行いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら