Webライターの求人傾向を徹底調査!副業でどのくらい稼げる?在宅求人案件の内容や未経験からWebライターになる方法も解説

在宅で勤務できる「Webライター」という仕事。

言葉自体は聞いたことがあるけれど、どんな仕事なのか、どのくらい稼げるのか分からないと疑問を持っておられる方。

そもそも、何を書くのかも分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、副業としてのWebライターについて詳しく解説しています。

求人傾向や報酬、仕事内容や未経験からなる方法までチェックしていきましょう。

Webライターは副業を始めたい人におすすめ!その理由は?

女性

Webライターは、副業を始めたいと思っている人に非常におすすめの仕事です。

ここでは、なぜWebライターは副業におすすめなのか、その理由やWebライターの魅力について詳しくご紹介します。

在宅勤務ができる

まず、Webライターが副業としておすすめの理由として「在宅勤務ができる」というのが挙げられます。

Webライターは、ネット環境とパソコンがあれば仕事を行うことができ、出社を求められないケースが非常に多いです。

派遣やパートとなると、どこかへ出勤するのが当たり前。

しかし、本業で疲れている中どこかへ出勤して仕事をするというのは骨が折れます。

Webライターは在宅で行うことができるため、副業として気軽に始めたいという人に非常におすすめです。

求められるレベルはそこまで高くない

Webライターが副業としておすすめの理由として「求められる仕事のレベルがそこまで高くない」というのも挙げられます。

もちろん、新聞のライターや有名雑誌のライターとなると求められるレベルは非常に高いもの。

しかし、クラウドソーシングサービスで発注されている仕事のレベルはそこまで高くありません。

未経験者用に発注された仕事もあるので、どんな人でも気軽に始めることができます。

時間的・場所的な拘束がない

女性、PC

さらに、Webライターは、いつでも・どこでも仕事ができます

先ほど「在宅勤務ができる」というセクションでも触れた通り、ネット環境とパソコンさえあれば仕事可能なのが特徴。

自宅で行うことはもちろん、カフェや図書館で行うこともできます。

おしゃれなカフェで仕事をしたい、充実した日々を送りたいという人にピッタリでしょう。

また、Webライターとして働く場合「3記事を1週間後までに執筆する」という成果報酬制というケースが多いです。

何時から何時まで働かなければいけないという時間的な拘束もありません

「本業で疲れているから午後から仕事をしよう」、「今日は休みにしよう」などフレキシブルに対応することができます。

気軽に始めるのにピッタリな仕事だといえるでしょう。

いろいろなジャンルの仕事がある

ライティングというと、難しいイメージを持つ人もいるかもしれません。

そんな方でも安心です。クラウドソーシングサービス内では、様々なジャンルの仕事が発注されています。

女性の方向けであれば、コスメや美容、雑貨や育児などについての記事執筆案件。

「◯◯といった経験を持つ方」など、非常にマニアックな内容について執筆する仕事があることも。

自分の好きなことや趣味について執筆することができるため、副業にはぴったりな職業だといえるでしょう。

Webライターは副業としてどれくらい稼げる?

女性、カフェ

Webライターは働き方が非常に多様なため、一概に「いくら稼げる」と表現できない職業です。

企業の専属ライターとして働いている人がいる一方、クラウドソーシングサービスを利用している人もいるでしょう。

月収数万円~数百万円まで大きな差があります。

副業としてWebライターを始める人の多くは、クラウドソーシングサービスを利用しています。

その仕事の多くは「文字単価」が報酬の基準です。

「3000文字の記事を、1文字◯円で執筆する」といった仕事が多く、文字単価×執筆最低文字数が報酬として設定されています。

そして、文字単価として設定されている金額は0.5円程度のものが多いです。

執筆量によっても変動しますが、副業としてスキマ時間などで行うと数万円~10万円未満と認識しておくといいでしょう。

裏を返せば、副業としてゆるゆる行ったとしても、月数万円は手に入れることができるということです。

時間を有効活用することもできるため、本人次第で大きな差が生じるでしょう。

Webライターの在宅求人案件はどんなものがある?

パソコン、ネイル

Webライターの在宅求人案件としては、大きくクラウドソーシングサービス内でのものと、一般的な求人サイトのものの2種類があります。

ここでは、内容や報酬の違い、特徴について詳しく解説していきます。

クラウドソーシングサービス

未経験からWebライターとして仕事を始める場合、ほとんどの人がクラウドソーシングサービスを利用します。

その理由は「未経験可な仕事が多い」、「初めてでも取り組みやすいジャンルが多い」からです。

アウトドア、化粧やファッション、美容・コスメ、アニメや音楽の紹介など多岐にわたるジャンルの仕事が発注されています。

ただし、Webライターを本業にしてバリバリ稼ぎたいという場合はクラウドソーシングサービスはおすすめできません

手数料や継続案件、単価などを考慮すると、どうしても難しくなってきます。

クラウドソーシングサービスでのお仕事は、あくまで副業・お小遣い稼ぎとして捉えたほうが良いでしょう。

一般的な求人サイト

Indeedや求人ボックスなどの一般的な求人サイトでも、Webライターの仕事が発注されています。

一般的な求人サイトだと、フルタイムでの就業となることが多いです。

Webライターに関しては、業務委託という形で在宅勤務が可能な求人も多数あります。

文字単価0.7円・0.8円からというものが多く、週1日からOKという求人も見つけられるでしょう。

副業として行うことも十分にできるはずです。

執筆内容は、金融系からライフスタイルまで様々

とはいえ、クラウドソーシングサービスほど色々なジャンル・フランクなテーマはありません。

また、全くの未経験から働くことは難しく、ポートフォリオを提出する必要があります。

そのため、まずはクラウドソーシングサービス等で実績を重ね、ポートフォリオを作った後に応募すると良いでしょう。

Webライターに関わる仕事にはどんなものがある?どのくらい稼げる?

お金

Webライターの業務は、ライティングだけではありません。リライトや構成作成など、いろいろな仕事があります。

続いては、代表的な「リライト」と「構成作成」の業務内容、報酬について詳しく解説します。

リライト

Webライターとして行う業務として「リライト」というものがあります。

リライトというのは「再び執筆する」という意味。

つまり記事の修正や添削をする業務になります。

日本語として不自然な部分はないかチェックしたり、誤字脱字などをチェック。

どの部分をどのように直すべきなのか、ライターに指示を出したり、修正を行ったりするのが基本的な業務です。

1から記事を執筆するよりも、誰かが書いた記事を修正するほうが得意な人もいるでしょう。

日本語能力や丁寧に取り組む姿勢があれば、誰でも行うことができます。

ただし、報酬は1から記事を作るライターよりは少ない傾向にあるので注意しましょう。

構成作成

Webライターの仕事として、「構成作成」という業務もあります。

構成作成というのは、記事の骨子となる部分を考える仕事です。

実際に文章を書くわけではないので、業務負荷はそこまで重くないのが特徴です。

1件あたり、早い人は30分程度で作成できます。

構成作成は、記事のストーリーを考えるのが得意な人に向いています。

「あるキーワード・タイトルの記事が刺さるにはどういう流れにすべきか」を考えたいという人は、構成作成にチャレンジしてみてください。

報酬は、1件あたり500〜1,000円程度となっています。

30分程度で作成できるなら、副業でもしっかり稼ぐことができるでしょう。

Webライターは未経験からでもなれる?具体的な方法を解説!

パソコン、スケジュール、カレンダー、タブレット

Webライターは、未経験からでも始められる、副業にぴったりの仕事です。

ここでは、未経験からWebライターとして働くための具体的な方法についてご紹介します。

まずはクラウドワークスなどでポートフォリオを作る

未経験からWebライターになるためには、まず「クラウドワークス」や「ランサーズ」などで、記事を作ってみることが大切です。

クラウドソーシングサービスでは、ライティング未経験者向けの仕事が多く発注されています。

どんなに報酬が少なくても、まずは執筆することで実績、「ポートフォリオ(執筆した記事)」を作ることができます。

一度ポートフォリオを作ると、それがベースになって、次の仕事へと繋げることができます。

記事の質が高ければ文字単価が高い仕事を受注できるようになるため、収入も上げることができます。

初めてライティングを行う方は、まずはポートフォリオを作ってみてください。

徐々にスキルを上げて、良質なコンテンツを作るように心がける

パソコンを操作する女性

Webライターとしてのスキルは、「SEO」、「日本語として正しい文章」、「速筆」などいくつか存在します。

記事を執筆していく中で、そういったスキルを磨きながら、良質な記事を作るように心がけると、契約先で昇給してもらえたり、文字単価の高い仕事が受注できるようになります。

文字単価の高い仕事を受注するためには、ライティングスキルや実績をコツコツ積み上げていくしかないため、質にこだわりながら、記事をたくさん執筆していきましょう。

文字単価のレベルを上げて、企業の専属ライターにも応募してみる

Webライターとしてさらに稼ぎたい場合は、企業の専属ライターに応募してみるのもおすすめです。

クラウドソーシングサービス内で募集されている仕事でも良いですし、一般的な求人サイトで募集されている仕事に応募しても良いでしょう。

一般的な求人サイトで募集している仕事は、時給や固定給が高く設定されています。

クラウドソーシングサービスよりも求められるレベルが高くなる可能性があるといえるでしょう。

クラウドソーシングサービス内でも、充分稼げる案件が出ていることがあります。

未経験からWebライターを目指すのであれば、まずはクラウドソーシングサービス内で仕事を見つけると良いでしょう。

Webライターは初めての副業におすすめ!自宅で気軽に始めてみよう

パソコン、話し合い

ここまで、Webライターという職業について詳しく解説してきました。

Webライターは、自宅で気軽に始めることができるため、副業として非常におすすめです。

月数万円という副業レベルから、数十万〜数百万円といった本業レベルまで高められる仕事でもあります。

やりがいを持って取り組むことができるでしょう。

クラウドソーシングサービスでは、未経験者歓迎の仕事や、趣味や好きなことについて執筆する仕事も発注されています。

どんな方も気軽に始めることが可能です。

まずは、どんな仕事があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。