化学メーカーは日常生活に必要なものをつくっている業界の1つです。

そんな化学メーカーの営業に転職をしたいという女性も多いのではないでしょうか。

今回はそんな化学メーカーの営業の志望動機の書き方についてご紹介します。

化学メーカーの営業の志望動機の書き方を解説

女性とビックリマーク

転職活動ではまず応募する企業に履歴書・職務経歴書を提出します。

そして書類選考を通過した応募者が面接など次のステップに進むことができるのです。

つまり書類選考を通過するための対策が大切ということですね。

採用担当者から「この応募者に会いたい」「話を聞いてみたい」と思われるような履歴書・職務経歴書を書きましょう。

履歴書・職務経歴書はしっかりとチェックされていますが中でも志望動機が重要です。

この志望動機が採用担当者の興味を引くものなら印象に残るはずです。

化学メーカーの営業に転職したいのであればその企業のことをよく知っておく必要があります。

志望動機の書き方のポイントや注意点を押さえて採用担当者の印象に残る履歴書・職務経歴書を書きましょう。

化学メーカーの営業の主な仕事は?

考える女性

志望動機を書く時に大切なのがその業界について知っておくということです。

化学メーカーの営業に転職したいのであれば、まずは化学メーカーについて知っておきましょう。

天然ガスや石油といった原材料からモノづくりを行う企業を化学メーカーといいます。

化学メーカーの中はこちらの3種類にわけられます。

  • 総合化学メーカー:原材料の取得から製品の開発・販売まで行う企業
  • 誘導品メーカー:原材料から製品化に必要な部品をつくる企業
  • 電子材料メーカー:半導体やディスプレイなどの電子材料をつくる企業

こちらの3つが化学メーカーの主な内容です。

それでは化学メーカーの営業はどのような仕事をするのでしょうか。

化学メーカーの仕事は自社製品を顧客に売ることですが他業種の営業とは異なる点があります。

それは顧客が個人ではなく法人がメインになるということです。

また化学メーカーの営業は既存顧客との取引が多いという特徴を知っておきましょう。

既存顧客に自社製品を販売しながら開発を行っていくのです。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

化学メーカーの営業に求められる人物像をチェック

接客をする女性

化学メーカーの営業にはどのような人が向いているのでしょうか。

先ほどお伝えした仕事内容を踏まえて化学メーカーの営業に求められる人物像をチェックしていきましょう。

コミュニケーション能力が高い人

他の営業職と同じく化学メーカーの営業もコミュニケーション能力が高い人が求められます。

顧客が求めるものをヒアリングしそれに合ったものを提案する必要があります。

また化学メーカーの営業の特徴の1つに既存顧客への営業が多いというものがあります。

既存顧客だからといって気を抜かずに丁寧・親切な対応をしなければなりません。

学習意欲が高い人

パソコンを操作する手

顧客に自社製品を紹介したり質問に回答するためには知識が必要です。

化学メーカーで扱うものは日々進化してくためその情報を知っておく必要があるでしょう。

そのため化学メーカーの営業は学習意欲が高い人が求められるのです。

顧客に質問されて答えられなければ信用を失いかねません。

そうならないためにも化学素材や製品についての知識を深めていきましょう。

 

ワンポイント
 化学メーカーの営業の仕事にはコミュニケーション能力と学習意欲の高さが必要。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


化学メーカーの営業の志望動機を書く時のポイント

履歴書と虫眼鏡

転職を希望する時に志望動機をどのように書けばいいか悩む女性も多いのではないでしょうか。

ここでは化学メーカーの営業の志望動機を書く時のポイントをご紹介します。

営業職の中でも人気の化学メーカーなので、ポイントを押さえて目を引く志望動機を書いてくださいね。

なぜ化学メーカーなのか明確にしよう

WHYの文字と虫眼鏡

化学メーカーだけでなく営業職が活躍する場は他業界にわたります。

そのためなぜ化学メーカーなのかを明確にする必要があります。

自分がやりたいことや化学メーカーへの興味など理由があるでしょう。

その理由をしっかりと企業に伝えるようにしてください。

営業の仕事をしたいという内容では伝わりにくいです。

なぜ化学メーカーなのかという理由を具体的にアピールしましょう。

なぜその企業なのか具体的に説明しよう

企業への志望度が伝わるかが転職成功のポイントの1つです。

そのため数ある化学メーカーの中でなぜその企業なのかを説明する必要があります。

企業の経営理念・研究内容・製品の魅力などを知っておきましょう。

なぜその企業がいいのかを具体的に説明することで志望度が伝わりやすくなるでしょう。

入社後どう活躍したいのかをアピールしよう

志望動機の中で入社後に自分がどう活躍するのかを伝えましょう。

これは企業にどのような貢献ができるかのアピールにもつながります。

転職で採用担当者にアピールするためには入社後のイメージをもってもらうことが大切です。

あなたが入社したらどのような活躍・貢献が期待できるかをイメージしてもらいましょう。

 

ワンポイント
 化学メーカーの営業の志望動機は「なぜ」が明確に伝わる内容を心がけよう。

化学メーカーの営業の志望動機の例文をご紹介

ノートを見せて紹介する女性

ここでは化学メーカーの営業の志望動機の例文をご紹介します。

先ほどお伝えした志望動機を書く時のポイントを元に見ていきましょう。

化学メーカーを志望する理由を伝える

「私は日本のモノづくりの技術の高さに魅力を感じています。

化学メーカーは完成品ではなく素材や部品をつくるところです。

モノづくりに欠かせない素材や部品の魅力を届ける仕事をしたいと思い化学メーカーへの転職を考えました」

営業の仕事は化学メーカー以外にも様々な業種があります。

その中でもなぜ化学メーカーを志望するのかを伝えましょう。

企業への志望度をアピールする

「御社の社員教育や理念に共感し志望しました。

日々進化する知識や技術に対応するため定期的に研修を行うと伺いました。

営業の仕事も顧客満足度を上げるために最新の知識が必要だと思います。

企業全体でその知識をつけていこうというところに安心感があります」

企業への志望動機はその企業ならではのことをあげるといいでしょう。

そうすることで、なぜその企業がいいのかを伝えることができます。

企業への貢献や活躍について伝える

「私は前職では主に製造の仕事に関わってきました。

モノづくりに関わることはもちろん好きですが、それを多くの人に知ってもらいたいと思うようになりました。

元々人と接することが好きでコミュニケーションには自信があります。

コミュニケーション能力を活かして多くの方に御社の素材を知ってもらえるよう貢献する所存です」

自分の経験や長所をアピールすることも大切です。

その経験から入社したらどのような活躍ができるかをアピールしましょう。

入社後のイメージができるということは採用担当者にとってもプラス評価につながる可能性があります。

化学メーカーの営業の志望動機を書く時の注意点

注意事項

先ほど志望動機を書く時のポイントをご紹介しました。

ここでは化学メーカーの営業の志望動機を書く時の注意点をご紹介します。

注意点も押さえて採用担当者に伝わる志望動機を書いてくださいね。

漠然とした理由は「他社でもいい」と思われる

漠然とした理由は採用担当者からの印象が薄いだけでなくマイナスになる可能性があります。

「その理由なら他社でもいいのでは?」と思われてしまうでしょう。

また「他の企業にも同じことをいっているのでは?」と思われては印象が良くないですね。

そのため志望動機は具体的に書く必要があるのです。

「経営理念に共感しました」は詳細を伝えよう

志望動機に「御社の経営理念に共感しました」と書く人もいるのではないでしょうか。

しかしこれだけではアピールが足りず志望度が伝わりにくくなってしまいます。

採用担当者が知りたいのは「どういうところに」「どうして」共感したかということです。

ここを詳細に書かなければ、本当に共感したのか?内容を理解しているのか?と疑われることもあるでしょう。

そのため経営理念のどういった部分に共感したのかを具体的に伝えるようにしてください。

経営理念に対する自分の考えや経験を交えるのもいいでしょう。

競合他社との差別化を図るために企業研究をしよう

パソコンで調べる女性

転職で大切なことの中には企業研究があります。

化学メーカーの転職も同じく企業研究をして競合他社との差別化を図りましょう。

例えば「〇〇のシェア1位」「御社にしかない技術がある」といったことです。

企業研究をすることでより志望動機が明確になることもあります。

また採用担当者にも志望度が伝わりやすくなるでしょう。

 

無料転職相談をして転職を成功に導こう

 

化学メーカーの営業の志望動機のNG例

NG

化学メーカーの営業の志望動機のNG例をご紹介します。

志望度が伝わりにくいと採用担当者に興味をもってもらうことはできません。

自分の志望動機がNG例のようになっていないかチェックしてみてください。

どの企業にも当てはまること

「私は御社の製品に魅力を感じて応募しました。

入社したら御社の製品を少しでも多くの顧客に手に取っていただけるようにがんばります」

こちらの例文では具体的にどの製品のことで、どのようなところに魅力を感じているのかがわかりません。

採用担当者はこの志望動機を読んでも「この応募者に会ってみたい」とはならないでしょう。

そのため競合他社など他の企業にも同じことがいえると思われてしまうことも。

企業としてはもっと具体的な内容を知りたいのです。

自己アピールが弱い

「化学メーカーは未経験ですが前職では営業の仕事をしていました。

営業職としての経験を活かして御社に貢献したいと思っています」

未経験で化学メーカーに転職したいという女性もいるでしょう。

化学メーカーが未経験であっても営業の経験があれば心強いですね。

しかしせっかくアピールできる経験があっても伝えなければ意味がありません。

もっと経験を掘り下げることで入社後にどのような貢献ができるのかアピールすることができるでしょう。

 

ワンポイント
 志望時はどの企業でも当てはまる・アピールが足りないとならないように気をつけよう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


化学メーカーの面接でよく聞かれること

面接の様子

書類選考を通過したら次はついに面接です。

面接でも志望動機を聞かれることが多いので答えられるように準備しておきましょう。

また自己アピールや企業にどのような貢献ができるかもよくある質問の1つです。

その他に面接でどのようなことを聞かれるのかをご紹介します。

  • 「化学業界の課題は何だと思いますか?」
  • 「苦手な相手と話さなければならない時に心がけることは?」
  • 「5年後、10年後にあなたはどのようになっていると思いますか?」

化学メーカーとはいっても研究職ではないので専門的な知識がなくても転職できます。

しかし化学メーカーへの興味があるという部分では基礎的な知識や動向を知っておく必要はあるでしょう。

そのため営業でも化学業界に関する考えを聞かれる可能性があることを知っておいてください。

また営業職なのでコミュニケーションに関する質問をされることもあります。

化学メーカーの営業はすぐに結果が出るというものではありません。

数年から10年後に結果が出ることも少なくないのです。

そのため応募者が将来をどのように考えているのかや、長期的に先を見る力を知るための質問もあるでしょう。

 

ワンポイント
 化学メーカーの面接では基礎的な知識を問われることがあるので準備しておこう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

悩む女性

履歴書・職務経歴書でどのように志望度をアピールするかが化学メーカーの営業の転職成功の第一歩です。

書類選考を通過するためには採用担当者の興味を引く履歴書・職務経歴書を作成しましょう。

しかし具体的にどのように書けばいいか悩む女性も多いのではないでしょうか。

書いてみたもののこれでいいの?ちゃんと伝わっている?と不安になることもあるはず。

そんな時は転職相談に登録して転職エージェントに相談してください。

転職エージェントは書類選考に必要な履歴書・職務経歴書の作成のサポートも行います。

不安や悩みを転職エージェントに相談しながら成功を目指しましょう。

 

無料転職相談をして転職の不安を解消しよう

 

まとめ

オフィス、女性

今回は化学メーカーの営業の志望動機の書き方についてご紹介しました。

化学メーカーの営業の仕事は個人ではなく法人を顧客とすることが多いです。

原料から素材・部品をつくり製品化する総合化学メーカーもあれば素材・部品の製造に特化した企業もあります。

応募する企業がどのようなタイプの化学メーカーなのかを調べておきましょう。

また数ある化学メーカーの中でなぜその企業に応募したのかを明確に伝える必要があります。

志望動機は具体的に書くことで採用担当者に伝わりやすくなるのです。

転職活動で悩みや不安があれば転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながら転職を成功させましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!