転職活動をしていると、試験内容に「TAP適性検査」と記載がある場合があります。

ですがTAP適性検査がどのようなものなのか、どのように対策すればよいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

でも、転職を決めたからにはTAP適性検査も必ず突破したいものです。

この記事では、転職活動に力を入れている人向けにTAP適性検査の突破方法や例題について解説していきます。

TAP適性検査を受ける方は必見です。

女性の転職での「TAP適性検査」の突破方法を解説

人差し指を立てる女性

転職者の採用試験において、企業側は適性検査を実施するところが多くあります。

適性検査を実施するからには、企業側にも何か考えがあるはずです。

そのため、ないがしろにせず適性検査の対策もしっかりと行いましょう。

これは男性に限ったことではなく、女性もしっかりとした対策が必要です。

次項より、さまざまな角度からTAP適性検査の突破方法を解説していきます。

TAP適性検査は知らない人が多い?

はてなマークの女性

もちろん適性検査は知っているけれど、TAP適性検査となると以外と知らない人が多いようです。

ですが、さまざまな企業でこのTAP適性検査が導入されはじめています。

この検査を知らない人が多いために経験した知人が周りにはおらず、情報量が少ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのため、事前にしっかりと下調べをして対策を打つことが大切なのです。

TAP適性検査の特徴

オフィスでパソコン

TAP適性検査の対策を打つためには、まず特徴をつかむことから始めます。

さっそく、その特徴について解説していきます。

出題は「数理」がメイン

有名な適性検査の中でも、TAP適性検査は数理の問題が多く出題されます

TAP適性検査は基本的に能力問題と性格検査で構成されており、能力問題では言語・数理・倫理が出題されます。

そのなかで数理がメインなため文系出身の方や数理が苦手な方の場合は、対策なしだと突破することが厳しくなるでしょう。

検査の難易度は高め

TAP適性検査は他の適性検査のなかでも難易度が高めだといわれています。

そのため、他の適性検査よりも心構えが必要だといえるでしょう。

出題される問題のレベルは、大学レベルです。

理数系出身の方でも、長く理数の問題から離れている場合には軽んじで受けることは避けてください。

逆に企業側からは高い数理の学力を試されている可能性があるため、要注意です。

早い採点も特徴

TAP適性検査は、早い採点が特徴です。そのため、選考をスムーズに進めるのにはとても優れた適性検査です。

特にWEB版ですと、検査が終了後すぐに企業側は結果を閲覧できます。

そのため、面接時までに結果が出ていることもあり、面接官に持たれる印象にも関わってくるといえるでしょう。

その場合には、適性検査の結果がさらに重要になってくるのです。

 

ワンポイント
TAP適性検査は、数理がメインで難易度が高く採点もスピーディーなのが特徴です。そのため適性検査を重要視している企業が導入している可能性が高いといえるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

TAP適性検査の出題内容を知ろう

指をさす女性

TAP適性検査の出題内容は基本的に3つのタイプに分かれています。1つづつ確認していきましょう。

「総合タイプ」

まず1つ目は総合タイプです。

このタイプは能力問題・性格検査の2つの内容となっており、他のタイプのなかでも出題数が一番多くなっています。

そのため所要時間も60分と長く設定されており、長丁場を覚悟する必要があるでしょう。

能力問題の内容は先ほども少し触れましたが、言語・数理・倫理の3つで構成されており、数理がメインです。

そして性格検査は、職務バイタリティー・職務適性・不調和傾向・対人的側面・行動的側面の5つで構成されています。

60分と長い試験時間ですが、問題数が多いのでじっくり考えて解答する余裕がない点には注意しましょう。

「性格タイプ」

ひらめき、女性

2つ目は性格タイプです。こちらは能力問題の出題はなく性格検査のみになっています。

このタイプは所要時間が15分と短く、総合タイプなど他のものより負担低いといえるでしょう。

逆にいうと性格検査の結果が思わしくなくても、能力問題がないためカバーできないと言い換えることができます。

性格検査の結果も採用基準にしている企業もありますので、気を抜かずに取り組むことが大切です。

「短縮タイプ」

3つ目は短縮タイプです。このタイプは、総合タイプと同様に能力問題と性格検査があります。

しかし、総合タイプの所要時間が60分に対して短縮タイプの所要時間は30分です。

能力問題は言語・数理・倫理の3つで構成されますが、性格検査の内容が職務バイタリティーのみになります。

総合タイプと比べ短い時間ではありますが、能力問題があるため事前勉強が楽になることはないでしょう。

オプションがある場合も

ファイルを持つ女性

TAP適性検査は、大きく分けると総合タイプ・性格タイプ・短縮タイプの3つの柱で構成されています。

ですが、企業側の判断でオプションが追加されていることもあります。

追加できるのは、英語・事務適性・情報処理・オリジナルの4つの内容です。

オリジナルというのは企業独自の問題になります。そのため、対策は非常に難しくなります。

もし気になる場合は、企業の採用担当者に追加オプションの有無やオリジナルの出題内容を確認しても良いでしょう。

 

ワンポイント
TAP適性検査は、総合タイプ・性格タイプ・短縮タイプに分かれいます。そして、オプションで追加問題や企業オリジナル問題がある可能性があります。

TAP適性検査の受験方法は?

はてなマークをもつ女性

TAP適性検査の受験方法はタイプによっても異なりますが、基本的にはWeb受験かマークシート形式です。

細かく説明すると、総合タイプと性格タイプではWeb受験とマークシート形式があります。

そして短縮タイプはマークシート形式のみとなっています。

また、Web受験の場合には会社外でも実施することが可能です。

そのため、企業より指示があった場合には家や指定会場で実施することもあります。

TAP適性検査の対策法をご紹介

TAP適性検査の内容が分かりましたが、それではどのような対策方法があるのでしょうか。

この項目では、具体的な対策法をご紹介していきます。

能力問題を中心に対策しよう

TAP適性検査の難易度が高いと言われている理由は能力問題の難しさです。

そのため能力問題を中心に対策を講じましょう。

問題集も出回っていますので、購入したり譲ってもらうなどして入手して勉強することをおすすめします。

また、性格検査についても対策することはもちろん大切です。

例えば、回答に一貫性がない場合には結果にそのように出てしまい、あまり良い印象を持たれません。

そのため事前に自己分析をしっかりとしておきましょう。

また、企業が求めている人物像を意識しすぎて嘘の回答をしてはいけません。

後で自分の首を絞めることになりかねない為です。

試験範囲の公式を確認しよう

指し棒を持つ女性

TAP適性検査の数理では公式を必要とする問題が多く出ますので、公式を暗記しておくことが事前勉強の最低ラインです。

問題集を使用して繰り返し問題を解くことはもちろん重要なことですが、公式が分からなければ意味がありません。

そのため、先に出題範囲で必要になる公式を確認しましょう。

そうすることで、効率よく勉強をすることができます。

昔は解けた問題でも公式を忘れてしまっている可能性があります。

本番で焦って時間を取られ、他の問題を解く時間がなくなると圧倒的に不利になりますので油断は禁物です。

同じ問題を繰り返し解こう

出題範囲の公式を覚えたら、次は出題形式に慣れるようにしましょう。

なぜなら学力はあっても出題形式に慣れていないばっかりに、実力を発揮できないという事態を避けるためです。

そのためには、何度も何度も繰り返し同じ問題を解くことが大切なのです。

出題形式に慣れてきたら、次の問題の練習に進むようにしましょう。

試験には制限時間があり問題数も多い為、1問1問に時間をかけることができません。

問題の解き方を覚えこむことで、本番でも素早く解くことができます。

 

ワンポイント
TAP適性検査の比重が多い能力テストの数理は、公式が必要な問題ばかりです。まずは公式を覚えてから問題集に取り組みましょう。

TAP適性検査で出題される例題をチェック

人差し指を出す女性

それでは、TAP適性検査で実際にはどのような問題が出題されるのでしょうか。この項目では出題される例題をご紹介します。

例題1

【問題】

福岡を「IVLVPLB」と表わす場合、名古屋はなんと表すことができるか求めよ。

【以下解説・解答】

福岡はアルファベット表記でHUKUOKAとなります。

そして「IVLVPLB」はHUKUOKAのアルファベットを1つづつ進めたアルファベットです。

そうすると、名古屋はNAGOYAのアルファベットを1つづつ進めると「OBHPZB」になることが分かります。

よって「OBHPZB」が答えです。

例題2

【問題】

2進数の10011111は、16進数ではいくつか求めよ。

【以下解説・解答】

2進数を4ケタずつに分け、それぞれ10進数に変換します。

そして、さらに10進数から16進数に変換することで求めることができます。よって答えは「9F」です。

例題3

【問題】

周囲の長さが48cm、縦と横の長さの比が3:5である場合の長方形の面積を求めよ。

【以下解説・解答】

縦の長さをX、横の長さをYと置き換え、2X+2Y=48とします。

そうするとX:Y=3:5となり、3Y=5Xと置きかえることができますので、この連立方程式を解きます。

するとX=9、Y=15とすることができますので、面積は9×15の135c㎡と求めることができます。

例題4

【問題】

①10人のアルバイトからリーダー・サブリーダーを決めるのは何通り考えられるか求めよ。

②「い、ろ、は、に」を並び替え4文字をつくる場合、何通り考えられるか求めよ。

③1,2,3,4,5を並び替えて3桁の整数を作る場合は何通り考えられるか求めよ。

【以下解説・解答】

①10×9=90通り

②4!=4×3×2×1=24通り

③5×4×3=60通り

 

ワンポイント
この例題はほんの一部です。受ける企業に出題範囲を確認してどんどん問題を解いていきましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

TAP適性検査の対策方法や例題をチェックして合格を目指そう

ポーズをとる女性

これまでTAP適性検査の対策方法や例題をご紹介してきましたが、それらを十分にチェックして合格をめざしましょう。

そうすることで、適性検査の本番で焦ることなく自分の力を発揮することができます。

また、自信がない場合でも対策を万全にすれば突破の可能性はもちろん出てくるものです。

諦めずに頑張った人を企業側も望んでいるでしょう。

この検査が自分の明るい未来をつかみ取るチャンスかもしれませんので、非頑張ってみてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オッケーサインを出す女性

自分に合った企業に転職したいけれど、漠然とどのように転職活動をして良いかわからない方もいらっしゃると思います。

また、優良な企業を見つける自信がないという場合もあるのではないでしょうか。

そのように転職活動の方法に不安があるときには、頼れる手段があります。

それは、転職のプロである転職エージェントを活用する方法です。

転職エージェントは非公開求人情報を持っていたり、求人を出している企業に詳しいため心強い味方になります。

そして、転職を成功させるためのノウハウや自分をアピールするコツなど、さまざまな相談にも乗ることができます。

不安や分からないことがあれば、一人で悩まず転職エージェントをうまく利用してプロのアドバイスをもらいましょう。

まとめ

ペンとノート

他の適性検査とは少し違い、レベルが高いとされているのが「TAP適性検査」です。

さらに知名度が低いがゆえに、対策方法も難しいので、心して向き合う必要があります。

出題内容については、数理がメインであるため数理の対策には一番力を入れるべきでしょう。

そして性格検査でも一貫した回答が必要ですので、事前に自己分析を忘れずに行ってください。

また、企業が求めている人物像を確認して性格検査を受けると良いですが、嘘をついて回答をしてはいけません。

仮に入社できたとしてしても、自分を偽るのは苦しいものです。

この記事で紹介した対策方法を実践して、是非あなたの明るい未来のために頑張ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら