転職をしたら今までの健康保険証は会社へ返却することになります。

もし手元に健康保険証がない時期に病院で受診や通院となった場合についての対応を紹介します。

また、通院時の諸注意やその後の対処方法などについても解説する、退職時での健康保険証についての特集です。

Contents

転職時に保険証がない期間に病院へ行く時の対応は

聴診器の画像

転職をする際に細心の注意を払いたいことの1つが、健康保険証の取り扱いについてです。

健康保険証は各会社にて所属する社員に発行されます。

しかし転職を境にして退職するとなった場合には、今まで使っていた健康保険証を返却する義務があるのです。

もしも前職での健康保険証が使えなくなった時期に、病気やけがで通院することになったらどうすればよいのでしょうか?

今回は、健康保険証の失効に当たって、どのような措置をすればスムーズにいくのかを解説していきます。

不安定な転職目前の時期にて、健康保険証を所持していない時の対応について特集しました。

退職すると保険証はどうなるの?

薬調合の画像

医療保険には国民健康保険・社会保険などいくつかの種類があります。勤務先がどのような保険に対応しているのかで違うのです。

一般的な企業に勤めている人には、各種健康保険組合に加入が自動的に行なわれ、一切の手続きを会社がしてくれています。

そのため保険証は会社を通じて支給されるはずです。

しかし転職なども含めた理由で退職をするとなったら、退職日の翌日よりに社会保険の資格が喪失されます。

保険証も退職と同時に返却しなければなりません。

保険証がない場合通院はどうしたらいいの?

病院のベッドの画像

退職と同時に健康保険証は返却となるので、その後の対応については別に考えなくてはなりません。

しかし病気やけがはいつ起きるか分からないものです。

転職先が決まっていない時期に、もし病気で通院ということになったら、保険証が手元にないことでどのような措置がされるのでしょうか?

では、保険証を所持していない時期での、医療機関利用の詳細を解説していきましょう。

全額負担すれば通院可能

転職先が決まらないまま退職してしまった場合などは、すでに保険証が手元にありません。

また、転職先企業での入社手続きを行い、新しい保険証が発行されるのには1週間から3週間かかります。

もしその間のブランクの時期に医療機関で受診や通院となったら、どう対処すればいのでしょうか?

病院自体は、受診しに来た患者が保険証を持っていないからと、診療を断ることはありません。

ただし問題は一時的に治療費を全額立て替え払いで対処しなくてはならないのです。

つまり、今までは3割負担で済んでいた医療費を全額自己負担をしておく必要が出てきます。

その後、新しい健康保険証を受理したら病院に持っていき差し引いて返金してもらうことができます。

「健康保険被保険者資格証明書」を会社から借りることも

応接室の画像

もし健康保険証が手元にないとしても、同等な対処をしてもらえる方法があります。

健康保険証を返却した代わりに、健康保険被保険者資格証明書を発行してもらえば医療機関で対応できるのです。

もし転職席が決定しているのであれば、新しい会社に申し出て健康保険証が届くまでの代用として使用できる証明書です。

一般的な健康保険証と同様に3割負担での受診ができます。

健康保険被保険者資格証明書の発行方法は、 転職先の会社か最寄りの年金事務所に相談する方法の2通りあります。

ワンポイント
まずは全額負担し後から精算してもらえる

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

医療費を全額支払っても申請すれば自費負担分が返金される

個室の画像

転職中などで健康保険証を所持していない時期に医療行為を受けた場合は全額負担になります。

医療費の全額負担はかなり高額になってしまいます。

ただし、その際の負担した代金は新しい健康保険証を受領後に精算して返金してもらえます。

その際には必要な手続きがあります。では、さらに具体的な内容を解説していきましょう。

払い戻しに必要なものは?

全額負担した医療費は新しい健康保険証を受け取った後で返金ができます。

もし精算して負担分の返金を希望するのであれば、必ずその手続きを行ないましょう。

手続き方法としては転職先の会社に相談するか、協会けんぽや健康保険組合に問い合わせ、健康保険療養費支給申請書を提出すれば完了です。

または、通院しているほとんどの医療機関でも承ってくれるでしょう。

病院に払い戻しの条件を必ず確認をする

調合の画像

払い戻しをするための条件や方法などは、実際に治療を受けた医療機関で詳しく聞いて確認しておきましょう。

その医療機関で一括して処理してくれればとくに問題はありません。

しかし、協会けんぽ・健康保険組合を通じて返金要請をするのであれば、負担した代金の証明が必要です。

通常、健康保険療養費支給申請書に必要事項を記入して提出する際には、支払った領収書やレシートが必要となります。

病院からもらった領収証は、この時に全額負担した証明になるため、紛失しないように保管をしておきましょう。

わからないことは転職エージェントに相談する

転職活動の途中では、早く新しい職場の内定を取ることが優先的な活動となります。

そのため、転職活動と直接関係のない細かい部分については、二の次になるのも仕方がないことでしょう。

健康保険証を返却して失効していることさえ忘れてしまいかねません。

実際に病気やけがになってみないと気がつかないものです。

もし、転職活動中に困ったことや悩みがあれば、転職エージェントを通じて相談をしてみることも方法の1つです。

保険証がない時の通院についての注意点

病院の画像

退職後に転職活動を続けていたり、タイミングが悪く健康保険証を持っていないとしたら、いざという時に困るものです。

通院が長引いている場合、通常では毎月最初の受診日には健康保険証を提示することになっています。

新しい健康保険証を良いタイミングで提示できれば問題ありません。

しかし、もし健康保険証がまだ発行されていない時の通院はどうすればいいのかについて解説します。

保険証の提出が遅れると返金できない場合がある

保険未加入などで健康保険証を所持していない場合は、医療費を全額支払いした後に手続きできます。

病院へ新しい健康保険証を持っていけば、負担分を差し引いた額を返金してもらえるでしょう。

ただし注意点があり、健康保険証の提出が受診日の翌月になると返金ができなくなることがあります。

詳しくは行きつけの病院に確認しておくことが大切です。

病院によって条件が違うこともある

ビルディングの画像

健康保険証がない時期の通院では一旦全額支払いをしますが、後に新しい健康保険証が発行されれば返金に応じてくれます。

その際は健保組合などに届け出するのが確実です。しかし通院中ならば、直接病院で応じてくれることがほとんどでしょう。

その点については、各医療機関での方針の違いがあるので、あらかじめ確認しておく必要があります。

保険証をもらったらすぐに手続きをする

転職後の新しい会社から健康保険証を発行してもらったら、速やかに払い戻しの手続きをしましょう。

先述してあるように、受診した翌月になってしまうと、払い戻しができなくなる場合がありますので、気をつけておきましょう。

いざという時のために手続きはきちんとしておく

転職がスムーズに行なえて新しい職場が決定しているのであれば、健康保険証も新しく発行されて手元に届きます。

一時的に通院などで全額負担したとしても、速やかな手続きを経ておけば返金されてきます。

しかし、もし転職が長引いて新しい職場が見つからない状態の期間は、そのままだと保険未加入になってしまいます。

必ず国民健康保険への加入手続きを済ませておきましょう。

ワンポイント
早めな対応をし速やかの手続きをすること

切り替え手続き後健康保険証は何日くらいで届くの?

タオルの画像

転職を境目にして健康保険証の切り替えの手続きをしますが、その前後や条件によってさまざまな対処方法もあります。

自分がどのようなケースに該当するのかをあらかじめ理解しておき、それに準じた手続きを経ておくと効率的に済みます。

通常では、新しい会社にて手続きを行った後に1週間から3週間前後で健康保険証が届きます。

ケース別の対処法

心電図を見る画像

以前の会社を退社してもすぐに新しい会社が決定していれば問題ありません。

しかし次の就職先が決定するまでに少し間があくなど、諸事情が発生しやすいのが転職です。

その場合の健康保険での対応にはいくつか選択肢があります。

各人の事情によって対処することになるので、ケース別にその対処法を理解しておきましょう。

退職日に受診したい場合

もしも職場の退職日当日に病院で受診をするという場合には、健康保険証の扱いはどうなるのでしょうか?

この場合は返却する直前の健康保険証を使うことができます。当日中ならば病院に持っていて提示できます。

後日、その健康保険証は郵送などで返却をしておくようにしましょう。

ただし翌日には資格失効するため、その後の継続手続きなどの措置を必ず行うことになります。

保険証をなくしてしまった場合

普段から健康保険証を使用する機会がなかった方によくありがちなケースとして、紛失に気づく場合です。

見つからなかった場合は、早急に会社に連絡をし指示を仰ぐようにしましょう。

紛失の原因は一概に言えませんが、屋外にて失くしたことも想定できます。

その場合は警察に紛失届を出す必要があるのです。

あるいは退職日まで1カ月以上の日数があるのなら、再発行してもらったほうが無難かもしれません。

まずは会社側の対応と指示の通りに行動しましょう。

扶養家族が受診したい場合

自分一人が対象であるだけではなく、家族がいる世帯主の場合はどのような措置になるのでしょうか?

実は、扶養者である本人だけではなく、配偶者や子どもといった被扶養者も退職翌日から健康保険証の失効がされてしまいます。

以前は家族全員で1枚の保険証が使えましたが、現在はカードで1人1枚交付という方式です。

退職に合わせて被扶養者全員のカードを返却することになるので、その点は先に配慮しておくようにしましょう。

転職先が決まっていない場合

転職先がまだ決まっていないような時には、保険未加入になってしまう恐れがあります。

そうなることを想定し、次の入社時までのブランク期間は、国民健康保険に加入しましょう。

国民健康保険の加入手続きの際は、退職後14日以内に行うのがルールとなっています。

もし14日以内に再就職ができれば、加入する必要はないのです。

しかし転職活動の状況次第で、しばらく掛りそうなこともあり得ます。

最寄りの市区町村役所にて、国民健康保険および国民年金への加入手続きを済ませておくことです。

ワンポイント
転職がまだ決定しないのなら国民健康保険に加入すること

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

退職後試用期間がある場合はどうなる?

待合室の画像

転職が決まった新しい会社では、まず試用期間からスタートするという場合があります。

試用期間の形態はさまざまですが、最長でも1年なのがほとんどです。

その間は健康保険の取り扱いがどうなるのか気になるところでしょう。

しかし、試用期間でもフルタイムで勤務する一般的社員であれば、必ず社会保険に加入してもらうのが決まりです。

新しい健康保険証が手元に届くことになるでしょう。

万が一、試用期間やアルバイト扱いなどで社会保険に加入しないという会社であれば、それは別な意味で問題があると解釈できます。

ワンポイント
試用期間中でも雇用契約しているため社会保険加入対象者である

転職での不安は転職エージェントに相談しよう

相談を受ける画像

転職活動を行うと、今まで当たり前だったことが一変します。

普段は気にも留めなかった制度や決まりにも、改めて目を通して適切な措置をする必要が出てきます。

新天地が決まったら決まったで、新しいことを受け入れる準備もしなくてはなりません。

もし些細な悩みや相談事があるのなら、転職エージェントに登録して活用してみましょう。

転職エージェントは転職に関する専門家です。さまざな転職の悩みに応えてくれるはずです。

転職に関するさまざまな相談について、担当アドバイザーから適切な指示がされることでしょう。

まとめ

カルテを書く画像

転職をしたら健康保険の切り替え手続きが必須です。

スムーズに転職が成功すれば面倒なことは一切ありません。

ところが、多少のブランクなどが生じるようなら国民健康保険に加入するよう心掛けましょう。

また、通常では転職先から健康保険証が発行されるのに平均2週間程度です。

その間に、病院へ通院することになったら、まずは速やかに会社に相談するとよいでしょう。

健康保険被保険者資格証明書を手続きしてくれるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら