不動産業界の営業職はあらゆる営業職の中でも非常に規模が大きい職種といわれます。

一戸建ての物件からビル・賃貸まで大きなお金が絡む仕事です。

そのため収入も需要も高いので今後の将来性も高いのではないでしょうか。

今回は女性が不動産営業に転職するときの志望動機の書き方を解説します。

果たして志望動機を書くときに何を心がけてアピールすればいいのでしょうか?

具体的な仕事時内容や例文も合わせてポイントを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

不動産営業の志望動機の書き方を解説

資産

どの業界・企業でも志望動機は大切ですが、特に不動産営業では志望動機が鍵を握ります。

何故ならばノルマが非常に厳しく離職率も高いという現状があるからです。

だからこそ企業としては長きにわたって働いてくれるかどうかが気になります。

成果を出しただけ収入が得られる分求められるハードルも高いのです。

高収入ということはそれに見合うだけの働きをしなければならないことを意味します。

その覚悟と決意が見られるのがこの志望動機なのです。

不動産営業を知ろう

不動産営業を目指すためにはまず仕事内容から理解しなければなりません。

果たして不動産営業とはどんな仕事なのでしょうか?

不動産営業の仕事内容

不動産初心者

不動産営業には、主に3種類がありますので列挙してみましょう。

  1. 不動産賃貸仲介(賃貸マンション・アパートに入居したい人と管理会社との契約仲介)
  2. 不動産販売(自社で保有している住宅などの不動産を販売する仕事)
  3. 不動産販売仲介(個人や企業が保有している不動産の買い手を探す仕事)

分かりやすいのは不動産賃貸仲介辺りが挙げられるのではないでしょうか。

大学生や社会人がひとり暮らしを始める時に不動産賃貸仲介という形で関わります。

面白いのはB to B(法人向け)B to C(個人向け)が混在している仕事である点です。

一言で不動産営業といってもその業務は多岐に渡ります。

まず自分がどのタイプの営業スタイルが向いていそうかを考えてみてください。

不動産営業の年収

不動産

不動産営業の年収ですが、実は思っているほどの高収入は見込めません。

平均年収はおおよそ400万位ですが、あくまでも間を取った結果です。

案件の内容に左右されるため、稼げる人と稼げない人で完全に二極化します。

稼げる人は年収800万〜1000万行きますが、稼ぎが低いと200万〜300万が相場です。

特に中小企業だと基本給が低く設定されたりインセンティブがつかなかったりします。

そのためノルマが厳しい割に報酬がそれに見合っていないことから離職率も高いのです。

その為稼ぐためにはまずどの不動産会社に転職するかをしっかり見てください。

 

ワンポイント
一見華やかそうだが年収1000万以上稼げるのはごく一部である

不動産営業に求められる能力とは

スキル

そんな厳しい現実がある不動産営業に求められる能力とは何でしょうか?

コミュニケーション力と根気強さ

まず1つ目が営業職の基本であるコミュニーケーション力と根気強さです。

特に根気強さに関しては上記した通りノルマ達成が強く厳しく求められます。

社内でも社外でも強い圧力をかけられるので、それに耐えうる精神力が必要です。

顧客の年齢層も様々で若年層から高齢層まで十人十色相手にしなければなりません。

徹底した顧客のニーズの分析とそれに基づく提案力も必要になるでしょう。

その分大きなスキルや経験を身につけることができキャリア形成に大きく影響します。

資格や知識は必要?

不動産営業に関しては専門知識が多く、また必要な資格もあるので紹介しましょう。

まず必要な知識は以下の3種類です。

  1. 法律の知識(都市計画法・建築基準法・民法・税法・宅地建物取引業法など)
  2. 金融の知識(金利・住宅ローン・保険・固定資産税・不動産投資など)
  3. 建築の知識(新築・リフォーム・リノベーション・建築資材など)

そして資格としては以下のものを持つ必要があります。

  • 宅地建物取引士(宅建)
  • ファイナンシャルプランナー

特に宅建の資格は入社後に取得しなければならないとされる資格の1つです。

また大きな金額が絡む仕事なのでどうしてもお金の知識・教養は必要でしょう。

列挙しているように法律と建築の知識を大量に勉強しておかないと説明ができません。

求められるハードルが非常に高いことが知識や資格からもご理解頂けたのではないでしょうか。

 

ワンポイント
・コミュニケーション能力以上に精神力の強さが求められる
・専門知識とそれに伴う資格が必要なため相当にハードルが高い

不動産業界の志望動機の書き方のポイントは?

そんな不動産営業になるための志望動機の書き方はどうすればいいのでしょうか?

営業経験がある場合

営業経験がある

まず営業経験がある場合はそれだけでも大きな強みとなります。

まずは過去の実績を棚卸しして自分の経験や実績をきちんと整理してください。

この時には具体的な数字や成果物を提示すると大きなアピールポイントになるでしょう。

しかし異業種だった場合には前職とのつながりをきちんと提示する必要があります。

前職の営業と不動産営業の共通点と相違点をしっかり分析することが大事です。

面接でもこの点は聞かれやすいので、事前に回答を用意しておいてください。

不動産業界の経験がある場合

不動産業界の経験がある場合もまたその経験を志望動機に盛り込んでください。

企業側としても不動産業界で動いている人の方が未経験や異業種よりも信頼できます

また不動産業界で得た建築や法律・金融の知識をそのまま営業に活かせるのも利点です。

不動産業界の内情や営業の厳しさも近くで見て分かっていると判断されます。

あとはその不動産会社が求める人物像にしっかり合わせて理由を考えてください。

その会社でなければならない理由をきちんと述べましょう。

営業経験も業界経験もない場合

経験がない

営業経験も業界経験もない完全な未経験である場合はハードルが高くなります

金融業界や建築業界など不動産業界と関わる業界の場合はまだ何とか接点が作れるでしょう。

しかし全く関係ない業界・職種である場合はゼロから接点を作る必要があります。

まず不動産業界に関する知識や資格の取得に向けて努力していることを伝えましょう。

それでも難しい場合は転職エージェントに登録・相談してください。

非公開求人を紹介してくれたり志望動機を考える手助けをしてくれたりします。

 

ワンポイント
「なぜ不動産営業でなければならないのか?」を考えて理由を作ることが大事

不動産営業の志望動機の例文を紹介

未経験

それでは不動産営業の志望動機の例文を2つ紹介しますので参考にしてください。

例1

「前職では宅地建物取引士1級の資格を取得し個人向け不動産売買の仲介業務を担当しておりました。

常にお客様に真摯に寄り添い年間で◯◯億円の売り上げを出し営業所で1位となったのです。

今後は更に業務の幅を広げてビジネス層へ不動産を提案する業務がしたく貴社を志望しました。

前職で身につけた知識とスキル・実績を活かして貴社の売上に貢献していきます。」

同じ不動産営業職から転職する場合の志望動機のパターンがこちらです。

宅建1級や売り上げ〇〇億円など具体的な資格・成果が示されています。

個人向け営業から法人向け営業というキャリアパスも示されているのでイメージしやすいでしょう。

非常に専門性の高い業界なのでスキルや経験がある者が優先的に採用されます。

例2

「現職ではITコンサルタントとしてお客様が何を求めているかをヒアリングし、課題解決して参りました。

その結果以前担当したお客様の売り上げが大きく伸び〇〇%もの売り上げアップを果たしたのです。

その中で建築会社や不動産会社から営業の効率化を図る方法はないかという問い合わせが来ました。

この時の経験がきっかけでもっと不動産営業に興味を強く持ち、その過程で貴社の理念に共感したのです。

そのため現在宅地建物取引士の資格取得など勉強に取り組んでいます。

不動産テックをモットーにしている貴社の事業で是非前職の経験を活かして貢献します。」

営業職も不動産業界も全く経験していない場合の志望動機の例文です。

ITコンサルタントという一見無関係な仕事とのリンクをしっかり作っています。

また不動産テックという転職先の事業とIT業界のリンクまであるなど模範的な回答です。

志望動機を書く時の注意点

それでは志望動機を書く時の注意点はどこにあるのでしょうか?

上記の例を分析して見ていきましょう。

構成を意識する

未経験

1つ目にわかりやすい文章構成を意識して書いてください。

上記の例を分析すると、以下の要素が必要となります。

  1. 前職の経験をその成果と共に述べる
  2. その前職の経験と転職先の業務との繋がりを述べる
  3. なぜその会社でなければならないのかを述べる
  4. 最後の一文でどのように企業に貢献するのかを述べる

この構成と順番にするだけで企業側に伝わる志望動機になります。

とにかく志望動機は明確かつ具体的な文章にしてください。

また最後の一文も印象に残るようどのように会社に貢献するのかを述べましょう。

漠然とした内容はNG

未経験

そして2つ目に漠然とした内容や曖昧な志望動機はNGですので避けてください。

意欲や熱意だけでは不動産営業の厳しい業務をこなすことはできません。

きちんと具体的な数字や成果を出して結果にこだわれる人かどうかを見られています。

また不動産営業の為に必要な知識や資格の取得に向けて努力しているかどうかも大事です。

専門性が非常に高い職業なので根拠なき志望動機では即座に見透かされてしまいます。

書類の段階で落とされないように気をつけましょう。

 

ワンポイント
具体的な数字や成果を根拠にしての志望動機を作ることがとにかく大事

不動産業界の志望動機NG例を紹介

志望動機を作る

それでは不動産業界の志望動機NG例を紹介します。

例1

「私は現職で都市開発に関わり一人でも多くの人に豊かな暮らしを提供したいと考え貴社を志望しました。

実績こそ少ないですが、賃貸の営業で下積みをし都市開発の仕事も手掛けたいと考えています。

それに給与や福利厚生など待遇面も非常に良好かつ勤務地も現在地より近いのも魅力です。

とてもいい環境なので現職の経験を貴社の事業に活かして精一杯頑張ります。」

まさに「漠然とした内容」のオンパレードのような志望動機ではないでしょうか。

都市開発という具体的な仕事なので繋がりはありますが、具体的な実績がありません。

また待遇面や勤務地など明らかに志望動機に書いてはいけないものまで書いています。

そして最後の「頑張ります」もあまり好ましいアピールとはいえないでしょう。

社会人として大事なのは「利益を生み出すこと」であり頑張るのは当たり前です。

例2

「住宅の提供を通じて、人々の幸せを実現したいと思います。

私は昔から建築が好きで大学も建築学科を専門として卒業しました。

様々な提案を行いお客様の幸福の実現のお手伝いをしたいと考えています。

入社後は様々な資格や知識の取得を頑張りますので是非営業について教えてください。」

こちらの志望動機も具体性がまるでなく、強いていえば建築学科卒業が根拠になっています。

「〜したいと思います」「〜したいと考えています」も自信がないような語尾です。

また「人々の実現」「幸福の実現」も具体性がないですし、資格や知識の取得が入社後なのもいけません。

職場はあくまで「利益を生み出す」場所であって「勉強する」場所ではないのです。

このような学生気分が抜けていないような志望動機では書類審査で落とされてしまうでしょう。

不動産営業の面接でよく聞かれること

質問

不動産営業の面接で聞かれることはだいたい以下の通りです。

  • 営業職を志した理由(営業職が未経験の場合)
  • 不動産業界を志した理由(不動産業界が未経験の場合)
  • 営業としての強みと弱み(営業職経験者の場合)
  • 集客の方法や事業の改善案(不動産営業経験者の場合)

非常に専門性が高い職種故に聞かれる質問も高度なものが多いです。

中には営業職としての適性を見る為にコンサルティングに近い無茶振り質問もなされます。

会社側としてはそれくらいの高いスペックを持っている人かどうかを知りたいのです。

どんな質問が来るか分からないので自己分析と業界研究はしっかり行いましょう。

また不動産業界に関連する知識もしっかり勉強しておくといいのではないでしょうか。

転職のお悩みは転職エージェントに相談しよう

未経験

このように不動産営業は非常にハードルの高い仕事であり、目指すのは簡単ではありません。

また、志望動機以外にも転職活動そのものが初めての場合分からないことが多いでしょう。

そんな方は是非転職エージェントに相談して自分を客観的に評価してもらってください。

上記したように未経験の場合であってもうまくいくようにマッチングしてもらえます。

表に出回っていない非公開求人もたくさん紹介してもらえるので積極的に活用しましょう。

まとめ

不動産

いかがでしたか?

今回は女性が不動産営業に転職するときの志望動機の書き方を解説しました。

非常に専門性が高く離職率も高い不動産営業ですが、その分高いスキルと経験が得られます。

人間の衣食住のうちの「」に携わる仕事でもあるので今後ますます需要は高まるでしょう。

厳しいノルマや収入格差の現実を補ってなお余りある魅力がある仕事です。

本稿が少しでも不動産営業の志望動機の作成に役立てば幸いですので参考にしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら