転職を考える理由は人それぞれですが、多くの人は自分が転職しようと思っている職種が自分に適しているのか気になってしまいます。

特に、企画営業は多くのスキルが必要だというイメージが強く、企画営業を目指す人は自分に合っているのか不安になってしまうことでしょう。

今回は企画営業に向いている人の特徴を紹介していきます。求められるスキルや適性も紹介してくので自分に当てはめながらご覧ください。

企画営業に向いている人の特徴

企画企画営業ではアイディアを生み出す力とそれをPRする力が求められます。

また、現状の問題点を解決していくこと、より良くなるよう改善していくことが大切です。

他の職種と比べると多くのスキルを求められますが、どういった人が企画営業に向いているのでしょうか?

企画営業に向いている人の特徴を詳しく紹介していきます。

より多くの項目に当てはまる人は企画営業に向いていると言えるため、ぜひチェックしてみてください。

アンテナを広く持っている人

企画営業に必要な情報収集をするためには、多くの情報を入手する能力が必要となってきます。

そのため、広いアンテナを持っている人は企画営業に向いていると言えます。

また、アンテナを広く持っていることでクライアントの要望にも応じやすくなるでしょう。

アンテナが広ければ広いほど多くの情報を入手することができ、様々なタイプの要望に応えることができるのです。

流行に敏感な人や交友関係が広く情報を手に入れるスピードが速い人は、企画営業に向いています。

情報分析が好きな人

情報

企画営業ではクライアントにアイディアを提案する前に、クライアントとその周辺の情報分析をします。

クライアントの情報だけではクライアントが求めているものを見つけられないこともあるでしょう。

しかし、クライアントの周囲の情報も合わせて分析していくことによって、クライアントの理想の提案をすることができるのです。

情報分析が好きな人は企画営業に向いています。

コミュニケーションが得意

コミュニケーションが得意なのも、企画営業に向いている人の特徴です。

企画営業の仕事はクライアントとやり取りをするだけではありません。社内の人とスムーズにやり取りをする必要があるのです。

そのため、コミュニケーション能力は企画営業に必須の条件でもあるでしょう。

初めて話す人とでもうまく会話を盛り上げることができたり、誰とでもすぐに仲良くなれるタイプの人はコミュニケーションが得意だといえます。

アイディアがたくさん出せる

アイディア

企画営業の仕事では、アイディアを提案することを求められます。

商品を開発するためのアイディアだけでなく、販売戦略のためのアイディアも必要となってくるでしょう。

また、クライアントに合ったアイディアを提案していく必要があるので、より多くのアイディアが出せると企画営業として結果を残すことができます。

一つの戦略だけで新商品を開発し、クライアントの心を掴むことは難しいもの。

たくさんのアイディアの良いところを集めることで、よりよいアイディアが生まれるのです。

行動・提案力がある

行動力や提案力がある人も企画営業に向いていると言えるでしょう。

どんなに魅力的なアイディアを思いついたとしても、それを提案することができなければ意味がありません。

自分の中に閉じ込めているアイディアは成功へとは繋がらないのです。提案する力は企画営業に必須のスキルでもあります。

また、新規開拓では次々に新しい人と出会います。行動力がある人ほど多くの人と関わることができ新規顧客を獲得しやすくなるでしょう。

ニーズ把握が上手な人

取り引き

営業企画は営業職ではありますが、ただ商品を売ればいいという訳ではありません。

自社商品を販売することも業務の一つですが、重要なのはそこからクライアントの要望を叶えていくということです。

他社にはない商品を思いつくような柔軟な発想力があれば、クライアントの心を掴むこともできます。

また、新しい商品を作ればいいという訳ではなく、クライアントのニーズに合わせて柔軟に対応していくことが重要です。

クライアントの要望にあった提案をすることが、新しい商品やシステムの開発へと繋がっていきます。

そして、それは企画営業として会社に利益をもたらすことになります。

新しいことを考えるのが得意な人

新しいことを考えるのが得意な人は企画営業に向いています。なぜなら、企画営業とは新しいことを考えていく仕事だからです。

既存の仕事も業務内容に含まれますが、企画営業の仕事の楽しいところと言えば、自分の考えた新しいアイディアが採用されるということです。

「どうすればもっといいサービスを提供できるのか」「どのように改善すればヒット商品を作れるのか」

など常に新しいことを考え、それを実現していくのが企画営業です。

同じ作業を繰り返しすることよりも新しいことに挑戦することの方が好きな人は企画営業に向いています。

 

無料転職相談をして企画営業に向いているかチェックしよう

 

企画営業に求められるスキルや適性は

疑問符

企画営業に転職しようと思っている人の多くが気になるのが、求められるスキルや適性です。

必要な資格などがあるのであれば、転職前に取得して転職をスムーズに進めたいことでしょう。

企画営業で必須とされている資格などはありませんが、持っていると重宝するスキルはあります。

ここからは、企画営業で求められるスキルや適性を紹介していきます。

パワーポイントなどPCスキル

企画営業はコミュニケーションがメインのためPCスキルは不要だと思われがちです。

社内コンペやクライアントへの提案の際にはプレゼンを行います。プレゼンの際はパワーポイントを使用することがほとんどです。

どんなに良い企画を思いついたとしてもそれを人に説明できなければ意味がありません。

パワーポイントを使いこなすことができれば、自分のアイディアを上手く他人に伝えることができるのです。

必須ではありませんがPCスキルは企画営業の仕事の役に立ちます。

ビジネスマナー

ビジネスマナー

ビジネスマナーは企画営業で求められるスキルの一つです。

見た目がだらしない人と清潔な人であれば、当然清潔な人に仕事を任せたいと思います。

また、敬語を使わない人と正しい敬語を使える人であれば、敬語を使っている人の方が信頼できます。

信頼関係が大切である企画営業では、ビジネスマナーを持っていることが求められるのは当然です。

面接の際に見られるポイントでもあるため、企画営業に転職したい人はビジネスマナーをきちんと身につけましょう。

自動車免許

企画営業はクライアントの元を訪れる際など社用車で移動することが多くなります。

首都圏であれば電車などを利用することもありますが、新規開拓の際は社用車で遠方に行くこともあるでしょう。

知らない道を走ることにもなるので、運転技術も持ち合わせているとより良いですね。

また、地方であればクライアントと会社までの距離があるため、普通自動車免許は必須条件であることが多いです。

基本的にはAT限定可となっていますが、応募前にしっかりとチェックする必要があります。

将来的に企画営業への転職を考えている人は早めに免許を取得しておきましょう。

 

ワンポイント
企画営業で求められるスキルは3つ
・PCスキル
・ビジネスマナー
・自動車免許

企画営業の主な仕事

営業

企画営業の主な仕事は新規開拓と企業訪問です。

新規開拓では新たなクライアントを見つけるために、自社の商品やサービスを持って営業へ行きます。

そして、契約を貰うことが全てではなく、大切なのはその後です。

企業訪問を定期的に行い、クライアントが今欲しいと思っていることを聞き出していくのです。

聞き出したクライアントの情報を元に提案をし、新しい商品やサービスを提供します。

商品を売る営業の仕事と開発をする企画の仕事が合わさったのが企画営業です。

 

ワンポイント
企画営業の仕事は「新規開拓」と「企業訪問」

企画営業のやりがい

やりがい

他の職種と比べると仕事の量が多くて大変だと思われがちな企画営業。しかし、企画営業はやりがいのある仕事です。

中には、営業職や企画職で満足できずに企画営業へと転職する人もいます。では、企画営業のやりがいについて紹介していきます。

目標を達成した時の達成感

企画営業のやりがいは目標を達成した時の達成感です。

一つの企画を成功させるためにはクライアントのニーズを把握して、新しい提案を考えるなど多くの工程があります。

目標も短期間で達成できるものではなく、多くの時間を費やしていることでしょう。

そのため、達成感は他の職業と比べて大きくなります。何かをやりとげたいという気持ちを持っている人に企画営業はぴったりです。

また、初めて目標を達成した時は自分の成長を身を持って感じることができるでしょう。

営業だけでなく調査や分析などの幅広い経験が積める

キャリアウーマン

企画営業では営業以外に市場調査や情報分析などの多くの経験を積むことができます。

同じ年数仕事をした場合、他の職種よりも多くの経験を積めるのがメリットです。

自分のスキルアップをしたいと思っている人は、多くの経験が積めることにやりがいを感じることでしょう。

また、将来キャリアアップを目指す人にとっては、他の職種にも活かすことのできる企画営業の仕事はメリットでしかありません。

企画・調査・営業といった幅広い経験を積み成長することで、企画営業の仕事に対してやりがいを感じることができます。

 

ワンポイント
企画営業のやりがいは達成感が強く多くの経験を積めること

企画営業の仕事の厳しさ

厳しい

多くの職業がありますがどの仕事も楽ではありません。企画営業は業務内容が多いことから、労働時間が長くなってしまいがちです。

残業をすることも多くプライベートを犠牲にしてしまうこともあるでしょう。

また、結果を求められる仕事のためプレッシャーを感じやすくなります。

結果はすぐに出る場合もあれば、中々思うような結果を出せないこともあるので根気が必要な仕事でもあります。

締め切り前やプレゼン前などは準備に追われて忙しく、休む暇がないこともあります。

仕事に対して前向きな気持ちを持てない人は、その忙しさが辛く感じてしまうでしょう。

 

ワンポイント
企画営業の厳しいところは
・労働時間が長いこと
・プレッシャーが強いこと
・結果を求められること
・休む暇やプライベートがなくなること

企画営業のキャリアパス

キャリア

企画営業では多くの業務を受け持ち職務能力を高めることができるため、転職する際の価値は高くなります。

たくさんの経験を積んでいることからキャリアアップの幅も広くなることでしょう。

企画営業は将来的にキャリアアップを期待できる職種です。企業であればプロジェクトリーダーや責任者などを目指すことが可能です。

また、企画営業でスキルアップすることによって独立といった道も見えてくるでしょう。

 

無料転職相談をしてキャリアアップを目指そう

 

企画営業になるには?

企画

企画営業になるための明確な実績や資格はありませんが、多くの企業は経験を求めます。

営業経験があったり、企画経験があったりすると採用されやすくなります。

また、企業の中には営業・企画経験者であることが応募条件となっていることもあります。未経験から目指すことは難しい職種です。

しかし、中小企業の中には未経験者を歓迎している企業もあります。

企画営業は実力があれば結果を出せる職種でもあるため、自己PRで採用側の心を掴むことのできる人であれば企画営業として期待されることでしょう。

業種によって必要となる知識は異なってくるため、自分が応募する企業の業種を事前に学んでおくと印象はよくなります。

 

無料転職相談をして企画営業に転職しよう

 

転職相談は転職エージェントを活用しよう

転職

未経験から挑戦するのには難易度の高い企画営業。応募することをためらってしまう人もいることでしょう。

しかし、転職のプロのアドバイスを受けることによって、転職をスムーズに進めることができます。

転職のプロである転職エージェントに相談することによって、自分のアピールするべきポイントを知ることができます。

また、採用担当者の心を掴むコツを教えてもらうこともできるので、転職に悩んだら転職エージェントを活用していきましょう。

まとめ

チャレンジ

他の職種と比べると業務内容も多く大変なことも多い企画営業ですが、達成感を感じやすい職種でもあります。

キャリアアップを目指しやすい職種にもなるので、将来性を期待できることでしょう。

また、難易度が高いことから転職でも悩みも多くなりがち。

そういう時は一人で抱え込むのではなく、転職エージェントを上手く利用していくのがおすすめです。

転職エージェントのアドバイスを参考に、採用者の心を掴みましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら