人間が生活していく上で重要な三大要素である「衣食住」。

不動産業界はその内の1つ「」を担う人々の生活に欠かせない仕事です。

中でも様々な建築物件を取り扱う不動産営業職は大事な役割を担っています。

果たして不動産営業への未経験からの転職は可能なのでしょうか?

今回は不動産営業に転職したい女性への転職方法を具体的に解説します。

仕事内容の魅力や向いている人の特徴も併せて紹介しますので参考にしてください。

女性が未経験から不動産営業を目指せるか解説

不動産

結論からいえば女性が未経験から不動産を目指すことは十分に可能です。

しかし求められるハードルが高い上に覚えなければならないことが多くなります。

後述しますが、不動産業界で働く際には以下の知識が必要です。

  1. 法律に関する知識
  2. 金融に関する知識
  3. 建築に関する知識

ただ単に物件の魅力を説明できるとか営業経験があるとかだけではこなせません。

まず法律に詳しくなければ不動産登記など手続きや仲介の面で苦労します。

また消費者にとっては大きな買い物なので住宅ローン・固定資産税などお金の知識も必要でしょう。

そして何より建築材料や建築様式など建物の知識も習得しなければならないのです。

他の営業職にはない魅力がある分求められるハードルもそれだけ高くなります。

不動産営業の仕事内容とは

それでは不動産営業の仕事内容について具体的に解説しましょう。

不動産販売

不動産販売

不動産販売の仕事は文字通り自社で保有しているビル住宅などの販売です。

一般的にイメージされる不動産営業の仕事といえばこの不動産販売ではないでしょうか。

こちらはとにかく積極的に営業側が自ら営業活動を行い働きかける必要があります。

月々のノルマが課せられる厳しい仕事ですが、契約成立すれば高い報酬が得られるのです。

やりがいや達成感はありますが、高額商品の販売なので成約までが大変でしょう。

多くの場合ノルマ達成のハードルの高さできつくなり離職するのです。

不動産賃貸仲介

未経験

不動産賃貸仲介は賃貸物件に入居したい人と大家・管理会社不動産の賃貸を仲介する仕事です。

ひとり暮らしを始める大学生や社会人はこの業務を行う営業マンと接する機会があります。

物件紹介のみならず内見の付き添いや契約まで不動産賃貸仲介の営業担当者が一貫して行うのです。

不動産売買との違いはお客様のニーズに応じて提案する形の受動的な営業だということでしょう。

月々のノルマを課されることもあまりないので無理のない形で仕事ができます。

不動産販売仲介

仲介

不動産販売仲介は個人並びに企業が保有している不動産の買い手を探す仕事です。

不動産販売との違いは自社物件を販売するわけではないということでしょう。

すなわち不動産の売り手と買い手をマッチングさせる人材紹介のお仕事です。

あくまでも「仲介」なので無理な飛び込み営業を行うことはありません。

しかし販売に際してきちんと売り手と買い手の間に立って契約までスムーズに運びます。

月々のノルマがある訳ではないので営業のスタイルは賃貸仲介とほぼ同じでしょう。

 

ワンポイント
・不動産販売は非常に厳しい月々のノルマが課される
・賃貸仲介と販売仲介は最後まで責任を持って行う必要がある

不動産営業に向いている人の特徴は?

このように不動産営業といってもその業務内容は多岐に渡ります。

そんな不動産営業に向いている人の特徴はどのような人でしょうか?

コミュニケーションが得意な人

コミュニケーション

まず営業職の基礎基本であるコミュニケーション能力が高い人です。

コミュニケーション能力というと話し上手な人がイメージされますがそうではありません。

ここでいうコミュニケーション能力とは「聞き上手」かつ「課題解決能力」のある人です。

不動産を販売するにしてもまずは顧客の興味関心や悩みをきちんと聞く必要があります。

その上でお客様の悩みを解決できる物件を紹介しなければならないのです。

そのためには物件の魅力を説明する力は勿論のこと柔軟な発想に基づく提案力が欠かせません。

タフな人

2つ目に精神と肉体の双方においてタフな人である必要があります。

上記したように不動産販売では月々のノルマを達成しなければなりません。

そのため成約ミスが多かったりすると上司や同僚から強い叱責を食らいます。

また飛び込み営業も多いので足腰の強さやあちこち動き回る体力が必要です。

そうした社内外の圧力に揺らがない芯の強さがこの仕事には求められます。

それに加えて必要な資格取得や膨大知識の習得も必要なのです。

目標達成のためなら時間と労力を惜しまない根気強い人こそこの仕事には向いています。

社会の変化に敏感な人

そして3つ目が社会の変化に敏感、すなわち情報収集を常に怠らない人です。

不動産業界を取り巻く環境は日進月歩で変化しています。

駅前の商業施設の建築や新しい海外向けのビジネス展開など様々な情報が必要です。

また不動産の場合投資もあるので常に建物の株価の流れを予想する必要があります。

そうした業界のトレンドはお客様にとって非常に有益な情報です。

その情報があるかないかで不動産営業の仕事の質は大きく変化します。

あくまでもビジネスは情報合戦であるということを肝に銘じてください。

 

ワンポイント
・お客様のニーズを満たす物件を提案できる人
・社内外の圧力に揺らがない強い精神力と体力のある人
・最新のトレンドを掴みお客様に有益な情報を提供できる人

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

不動産営業の未経験転職を有利にするには?

転職

それでは不動産営業の未経験転職はどうすれば有利に進むのでしょうか?

有利な資格

まず1つ目が不動産営業に転職する上での有利な資格です。

上記したように不動産業界で働くには法律・金融・建築の知識が欠かせません。

中でもおすすめなのが「宅地建物取引士(宅建)」と「ファイナンシャルプランナー」です。

宅建に関しては入社後会社の方針で取得するように支持されることもあるでしょう。

しかしそれを入社前に事前に取得しておくと、それだけでも大きな違いになります。

また金融の知識の証明としてファイナンシャルプランナーもあるといいのではないでしょうか。

不動産はあらゆる買い物の中でも特に巨額が動くものであり、税金その他の手続きがかかります。

また海外ビジネスも視野に入れるのであれば、TOEICTOEFLなど語学の資格もあるといいでしょう。

今までの経験

そして2つ目に現職前職で積んできたスキル経験もまた必要です。

異業種でも営業を担当していた場合はその時の実績が大きな影響を与えます。

課題解決能力という意味ではコンサルティング業の経験も未経験転職に役立つでしょう。

他にも今はIT化の流れを受けて不動産テックという新しいビジネスがあります。

そのためIT業界に勤めていたという方でもその方向性を生かした営業が可能です。

たとえ不動産業界や営業職が未経験であったとしても前職の経験を活かす方法はあります。

転職活動もまた8割は情報戦なので転職に有利な情報を掴んで勝負してください。

 

ワンポイント
・宅建やファイナンシャルプランナーなど業界に関連する資格があるといい
・たとえ未経験であっても前職の経験を活かす方法はある

不動産営業の魅力

不動産営業の魅力ははたしてどこにあるのでしょうか?

大きな金額が動く

巨額

何度か述べていますが、大きな金額が動くことが魅力の1つです。

新築物件でも中古物件でもビルでも非常に高い買い物です。

条件や設定次第では億単位のお金が動くのでビジネスの規模が大きいものになります。

お客様は住宅ローンを組むので長期で返済していくことになるのです。

また不動産投資の場合は1回の取引で数億円が動くことは日常茶飯事になります。

販売の成約のハードルが非常に高いですが、その分達成した時の喜びは何物にも代えられません。

成果に応じたリターンが得られやすい

女性

2つ目の魅力がインセンティブ(成果報酬)であり、大きなリターンが得られやすいのです。

不動産営業の給与は一般的に歩合制の割合がかなり高く設定されています。

そのため賃貸・売買の成約時に得られる「仲介手数料」の一部が直接自分の手元に還元されるのです。

実力主義の世界なので契約さえ取れれば年齢・学歴・勤務年数は関係ありません。

そのため営業能力が高い人だと若くして巨額の富を得ることも夢ではないのです。

資格や知識に対するコストはかかりますが、その分のリターンがきっちり回収できます。

そのため20代女性であっても出世するチャンスが沢山あるのです。

自然と専門知識が身につく

そして3つ目に営業を行っていく中で自然と専門知識が身につくことでしょう。

不動産業界で働くと法律・金融・建築の知識がまとめて得られるというメリットがあります。

そこで得た知識や経験は別の業界や職種に行っても大きく役立つのではないでしょうか。

たとえば家を購入したくなった時にどの物件がいいのかを客観的に判断して購入できます。

また税金をはじめとするお金の問題で困った時に法律と金融の知識が役立つのです。

学ぶことは大量にありますが、他の業界と比べてもたくさんの知識・知恵が得られます。

不動産投資も勉強して知っておくと不労所得を若くして作ることもできるのです。

 

ワンポイント
・巨額が動く瞬間を身近に経験できる
・成果に対する報酬が大きい
・生活していく上で必要な知識が大量に得られる

不動産営業で大変なこと

このように不動産営業にはとても大きな魅力がありますが、一方で大変なこともあります。

上記したメリットの裏にあるこのお仕事の苦労は何でしょうか?

ノルマが厳しい

ノルマ

何度か述べていますが、不動産営業はとにかく月々のノルマがきついことで有名です。

それもその筈で1度に何千万〜何億という単位の巨額が動く大きな買い物だからです。

お客様も失敗しないように買い物をしなければならないので慎重に選びます。

そのため1件成約するだけでも大きなリターンが得られますが、その1件が簡単ではありません。

営業職の中でも難易度が非常に高く、未達成が続くととにかく上司から激怒されます。

しまいには自己都合の退職に追い込まれて会社に居づらくなってしまうのです。

つまり精神面がタフな人でなければ務まらず精神疾患を患う人も少なくありません。

それが毎日毎月のように続くので離職率も必然的に高くなるのです。

クレーム対応が必要な場合もある

そして2つ目にどうしてもクレーム対応が必要な場合があるということです。

不動産営業はお客様と契約を成立させればそれで終わりというわけではありません。

購入後のアフターケアやクレームが入った時の対応もしなければならないのです。

当然建築会社とお客様との関係性もしっかり取り持たなければなりません。

たとえば耐震工事がきちんとできていない物件だとそういうクレームが起こります。

またマンションやアパートの賃貸契約の際には訳あり物件でクレームがつくことがあるのです。

そういうトラブルとしっかり向き合う必要があるため社内外共に圧力がかかります

だからこそ余計に肉体と精神の双方において強くなければこの仕事は務まらないのです。

不動産営業のその後のキャリアについて

キャリア

不動産営業として転職した後にはどのようなキャリアが考えられるのでしょうか?

いくつかありますが、具体的には以下の例が挙げられます。

  • 全く異なる業界へ営業職として転職
  • より待遇のいい競合他社へ転職
  • 社内で出世を目指す
  • 不動産投資で不労所得を作って投資家になる

これらのキャリアが考えられますが、全く違う業界への転職が最も可能性が高いでしょう。

不動産営業は完全実力主義の世界なので稼げる人と稼げない人が二極化します。

そして多くの人がそのきつさに耐えられなくなって辞めていってしまうのが現実です。

1番賢い選択は不動産投資で投資家になることですが、こちらはハイリスクハイリターンです。

しかし成果さえ残せば打たれ強くなり他の業界でも通用するビジネスパーソンになれます。

それだけ達成感・やりがいのある仕事には違いありません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

不動産営業の未経験求人の探し方は?

不動産

それでは不動産営業の未経験求人はどのように探せばいいのでしょうか?

色々方法はありますが、具体的には以下の3つです。

  1. 大手の転職サイトに登録して公開求人を探す
  2. 不動産業界に特化した転職サイトで探す
  3. 転職エージェントに登録して非公開求人を紹介してもらう

他にも不動産業界に勤める知人の縁で入るという手段もあります。

その中でも特におすすめなのはやはり転職エージェントへの登録ではないでしょうか。

応募者の市場価値を基に最適な不動産営業の非公開求人を紹介してくれます。

またブラックな不動産会社に引っかかるリスクも大幅に下がるので心配ありません。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

不動産営業への転職に限らず転職活動を行うと様々な悩みがあるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが先ほど紹介した転職エージェントに相談することです。

非公開求人の紹介だけではなく転職活動のアドバイスもしてくれます。

また未経験であっても企業と話がしやすいように仲介してくれるのです。

応募書類や面接対策など戦略も一緒に考えてくれますので何かと心強いでしょう。

まとめ

不動産販売

いかがでしたでしょうか?

今回は不動産営業に未経験で女性が転職する方法を解説してきました。

不動産営業の特徴をまとめると「ハイリスクハイリターン」です。

大きなリスクを払う代わりに大きなリターンを得ることができます。

求められるハードルは高いですが、その分達成感ややりがいもあるのです。

向上心や意欲が高く成長を望む方は転職を検討してみてはいかがでしょうか。

本稿が不動産営業への転職活動に役立てば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら