離職期間を経験したことがある女性も多くいるでしょう。

結婚や出産、育児など人生の節目で離職を経験するケースも多いでしょう。

離職期間が長くなればなるほど復職への不安が募る女性も多くいます。

離職期間をブランクと捉えると不安が募るでしょう。

この記事では離職期間をキャリアブレイクと捉える考え方について解説します。

転職前のキャリアブレイクで成長・発展する方法を解説

履歴書と書類

離職後、新たな仕事を探して転職活動をしている人もいるでしょう。

離職からかなりの期間が経過していると仕事復帰することに抵抗を感じるかもしれません。

キャリアアップを考えている女性ならなおさらブランクがマイナスになると考えるでしょう。

しかし、ブランクは決してマイナスではありません。

転職活動をしながらしっかりと成長・発展していくことも可能です。

離職中に次のキャリア形成に向けてしっかりと勉強を続けていくことも大切になります。

復職を考えはじめたタイミングで自分の将来を見据えたキャリアプランを考えましょう。

離職期間はブランクではない!

子育て中の女性

離職期間をブランクと考える人もいるでしょう。

しかし最近ではブランクではなく「キャリアブレイク」という考え方が増えています。

この考え方は、法政大学大学院政策創造研究科の片岡亜紀子氏による研究によって定義されたものです。

『その後のキャリアにつながるよい経験ができたと本人が主観的に考えている離職期間』

これが定義となっています。

離職=キャリを中断するという考え方から、離職を肯定的に捉えるための考え方に方向転換することが大切です。

ベルギーではすでにこの考え方が取り入れられた政策が実行されています。

1985〜2001年の間に「キャリアブレイク制度」が実施され、ワークライフバランスのよい国としても上位をキープしています。

日本でも徐々にこの考え方が浸透しつつある点は注目すべき点でしょう。

キャリアブレイクを有意義に過ごす考え方

悩む女性

離職期間をキャリアブレイクと捉えるのは簡単なことではありません。

多くの女性が価値観の変換に戸惑い悩んでいるのが現状です。

それでもキャリアブレイクの考え方を少しずつ自分のなかに形成していくことが大切になります。

キャリアブレイクを有意義に過ごすことで離職中に価値観の変換を行うこともできるでしょう。

キャリアブレイクを有意義に過ごすためのポイントについて解説します。

キャリアは自分で作っていく

キャリアは会社が作ってくれるものではありません。

キャリアは自分が形成していくものです。

離職中であってもキャリア形成のためにできることはたくさんあります。

離職するとどうしてもマイナスの志向になってしまいがちです。

ただ、会社や仕事から離れることでこれまで気がつかなかった自分の考えや社会とのつながりに気がつくこともあるでしょう。

こうしたことをキャリア形成のひとつと捉えることもキャリアブレイクを有意義に過ごすポイントです。

会社で働くことだけがキャリア形成の方法ではありません。

キャリアはどんなときでも形成できると自覚することで意識を変えることができるでしょう。

挑戦する心を持つ

単語帳と文房具

キャリアブレイクを有意義に過ごすには常に挑戦する心を持つことも大切です。

資格を取得したり講座などに参加したりすることもひとつでしょう。

ただ、生活環境によっては大きなことにチャレンジするのは難しいケースもあるかもしれません。

大切なのは小さなことでも継続して続けていくことです。

何かを継続していくことは自信にもつながります。

自分から挑戦していくことで有意義なキャリアブレイクを過ごすことができるでしょう。

キャリアの中断を負い目に感じない

キャリアブレイクを有意義に過ごすためにとくに大切なのはキャリアの中断に負い目を感じないことです。

根本的な思考がネガティブなままではキャリアブレイクを有意義に過ごすことはできません。

キャリアを中断したと考えるのではなく、キャリア形成に向けた新たな挑戦ができる期間と捉えましょう。

離職期間をどのように過ごしたかによって転職先の幅を広げることができるかどうかが決まるといってもよいでしょう。

 

無料転職相談をしてキャリアブレイク期間を有意義に過ごそう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


キャリアブレイクで身につくスキルは?

パソコンとメモ用紙

キャリアブレイク期間に身につけることができるスキルは多岐に渡ります。

自分がどのようなキャリアを積みたいかによってこの期間をどう有効に活用するかを考えましょう。

ここでは資格以外で身につけることができるポータブルスキルについて解説します。

「大人力」(※←対人力ではないでしょうか?佐藤)

資格や仕事で活かされるスキルをテクニカルスキルと呼びます。

そこに分類されないメンタル面やコミュニケーションのためのスキルがポータブルスキルです。

ポータブルスキルのひとつが対人力です。

場の空気を読む力、決断する力、判断する力など。

大人として人間関係を円滑に進めていくためには仕事以外での交友関係をしっかり構築していくスキルが必要です。

キャリアブレイク中は職場を離れた生活環境のなかで人間関係を構築する機会が多くなるでしょう。

職場ではない環境でポーダブルスキルを磨くことで職場復帰した際の対人力向上にもつながります。

「生活者視点」

キャリアブレイクの最中は消費者として過ごす機会も増えるでしょう。

転職を視野に、商品やサービスを生活者視点で見てみるというのもよい経験です。

開発、提供する側から購入、利用する側に立つことで見えてくることもあるでしょう。

そこで気がついたことを次の仕事に活かすことができれば新たなキャリアにつながる可能性も出てきます。

職場を離れることで得られる新たな視点を楽しむことも必要です。

 

ワンポイント
キャリアブレイク期間中に学んだことが転職先で役立つことは多くあります。

キャリアブレイクの過ごし方

子育て中の女性

キャリアブレイクの期間中は何をして過ごせばよいのでしょうか。

基本的には普通の暮らしをすればよいでしょう。

ただ、そのなかにキャリア形成のための時間を少し盛り込むことでキャリアブレイクを有意義に過ごせるでしょう。

資格の勉強をしてみる

最も有効的なのは転職に関連した資格の勉強をすることです。

専門的な資格を身につけるには勉強時間を確保する必要があります。

そのため仕事をしながら勉強時間を確保することが難しい人ほどキャリアブレイク期間を有効に活用しましょう。

キャリアブレイク期間が長くなりそうな場合には最新の情報にアンテナを張っておくことも大切です。

とくにIT関連技術に関しては新しい技術が次々と開発されています。

キャリアプレイく期間中にパソコンスキルをアップさせておくことも転職を優位に進めるための手段です。

旅行にでかけてみる

飛行機

働いていると長期休暇を取ることも難しくなります。

そのためキャリアブレイク期間中に旅行に出かけるというのもひとつです。

いつもの生活圏から飛び出して知らない土地に出かけてみるのもよいでしょう。

遠出をしなくても身近なところに思いがけない出会いがあることもあります。

これまで出かけられなかったところに出向くことで価値観に変化が起こることもあるでしょう。

キャリアブランクを有効に活用して新しい場所に出かけてみましょう。

ボランティア活動に参加する

社会とのつながりを持っていたいと感じているならボランティア活動に参加するのもひとつです。

ボランティアと一言でいってもさまざまな種類があります。

教育、福祉、医療、生活環境など自分が携わってみたいボランティアを探してみましょう。

キャリアブランクがあけたときにどのような自分になっていたいかを考えて選ぶのもひとつです。

あえてこれまでの仕事と関係ない分野のボランティアに挑戦してみるのもよいでしょう。

ボランティア活動をするなかで新たな交友関係が生まれることもあります。

さまざまな人と接することでこれまでになかった発想や価値観を学ぶこともできるでしょう。

 

ワンポイント
キャリアブレイクをどう過ごすかも転職後に影響を与える大切なポイントです。

キャリアブレイクを活かす方法

働く女性

キャリアブレイクを単純に休職期間と捉えるか、自分を成長させる期間と捉えるかでその後のキャリアも変化します。

キャリアが中断されたとマイナスに考えて何もせずに過ごせば、復職の際に不安を感じるでしょう。

キャリアブレイクとして時間を有効に利用すれば転職先の幅を広げることも可能です。

復職のタイミングでどんなキャリアを目指したいのかをまず考えましょう。

こんな自分になりたいという夢に期限を設けることで目標とすることができます。

いつまでにこんなキャリアを形成したいという目標を決めたら、そこから逆算してスケジュールを立てましょう。

キャリアブレイク期間に行ったことが次の仕事への糧になると考えてさまざまなことにチャレンジしてみましょう。

 

無料転職相談をして離職後のキャリア形成を考えよう

 

キャリアブレイクを経験した強みは?

辞書とメガネ

キャリアブレイクを経験してから復職することでどのような効果があるのでしょうか。

キャリアブレイクを経験することで得られる強みについて解説します。

「社会に関わりを持った経験」

仕事一筋で生きることもひとつです。

ただ、キャリアの途中で一度一人の人間として社会と関わってみることも大切な経験になります。

キャリアと関係のない環境のなかで社会と関わりを持つことはその後のキャリア形成にも役立ちます。

仕事に対する考え方が変化したりキャリアに対する価値観が変化したりすることもあるでしょう。

一人の人間として社会と関わることで人脈を広げることもできます。

そこから新たな仕事につながることもあるでしょう。

「語学力」

キャリアブレイクの間に語学を勉強するのもよいでしょう。

グローバル社会にあって職場でも語学力が求められる時代です。

英語だけでなく中国語や韓国語などさまざまな語学を学ぶことで仕事の幅を広げることもできるでしょう。

転職を検討しているならなおさら語学力を身につけておくことがおすすめです。

転職の求人では語学力を求められるケースも多くあります。

面接でも話せる言語が多いことは有利です。

キャリアブレイクの期間に新しい言語を学んでみましょう。

「多様な価値観と柔軟性」

CAREERの文字

キャリアブレイク中にはさまざまな体験をしてみることをおすすめします。

これまで興味があったけれど時間がなくてできなかったことなどにチャレンジしてみましょう。

外に出ることで多くの人と縁します。

人と触れ合うことで多様な価値観を知ることができるでしょう。

また多様な人と接することで柔軟性を身につけることもできます。

多様な価値観や柔軟性は仕事をする上で重要なスキルです。

 

ワンポイント
キャリアブレイクを経験することで転職の際にアピールできる強みを増やすことができます。
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


キャリアブレイクの体験談

パソコンの前で悩む女性

キャリアブレイクを実際に体験した女性の声をみてみましょう。

離職期間が長くてもキャリアブレイクと捉え、有効的に過ごした女性のキャリア形成の実例です。

離職期間10年で再就職

大学卒業後、メーカー広報に勤務し係長まで昇進。

29歳のときに結婚を機に退職して、31歳で第一子を出産、35歳で第二子を出産。

離職当時はこのままずっと家事と育児に専念する日々なのだと覚悟を決めていました。

第一子妊娠中にキャリアブレイクの講座を受講したことがきっかけでキャリアを諦めたくないという想いになりました。

広報としてもう一度働きたいという気持ちでキャリアプランを立てることにしました。

次男が幼稚園に入れる年齢になったら復職するという目標をまず立てました。

それまでにパソコンの資格と語学の資格を取るという具体的な目標も同時に立てました。

実際に復職までに両方の資格を取得することができました。

キャリアブランクは10年でしたが、資格を取得したことで自信を持って復職することができました。

キャリアブレイク期間の子育てが仕事に活きた

28歳のとき、妊娠をきっかけに離職しました。

専門商社で営業事務をしていましたが、第一子、第二子、第三子を出産して復職したのは12年後でした。

12年の経過すると事務の処理方法なども変わっていくため当初は復職する気はありませんでした。

ただ、家事と子育てに専念するなかで徐々に社会とのつながりをもう一度持ちたいと思うようになりました。

子育て中は子育てサークルや幼稚園の役員などに積極的に参加して社会とのつながりを断たないように心がけました。

そのなかで、多くの人と関わりいろいろな価値観や考え方に触れることができました。

とくに幼稚園の役員ではいろいろな生活環境、いろいろな考えの人と協力して物事を成し遂げることの難しさを感じました。

こうした経験を経て、対人力を強めることができたと感じています。

復職してからは子育て中に学んだ人間関係を築く方法が営業サポーターとしてとても役立っています。

 

ワンポイント
キャリアブレイクを経験した人の話を参考に自分のキャリアブレイクを有意義に過ごす計画を立ててみましょう。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

悩む女性

離職してから再就職するまでの期間が長い場合、元の仕事と同じ仕事につけるか不安に感じることもあるでしょう。

転職活動を進めるにも何からはじめればよいかわからずなかなか1歩が踏み出せないこともあります。

そのような場合には、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは離職してから期間が長い人でも安心して利用することができます。

いずれ復職することを希望している場合は、キャリアブレイク期間に転職エージェントを利用してもよいでしょう。

キャリアブレイク期間に何をしておけばよいのかを相談してみましょう。

転職エージェントとしっかりつながっておけば、いざ転職する際にも安心です。

 

無料転職相談をして転職エージェントを活用しよう

 

まとめ

スマホと履歴書

離職期間が長くなると復職することをためらう人も多くなるでしょう。

離職期間をブランクと捉えてしまうと、新たに仕事を初めてもイチからのスタートになると感じるからです。

離職期間をキャリアブレイクと捉えることで、復職への1歩が踏み出しやすくなります。

キャリア形成をしたいけれど事情で離職しなければならないという人もいるでしょう。

離職をキャリアの中断を捉えずにブレイク期間と捉えてポジティブな時間を過ごしましょう。

転職を検討しはじめたら転職エージェントに相談して、キャリアブレイク期間のことを含めて新しい職場を探しましょう。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。