毎月の残業や人間関係、職場環境などにストレスを抱えるたびに思い浮かべる「転職」という言葉。

転職に失敗する可能性も考えるとなかなか前に進めない人も多いのではないでしょうか。

今回はJターン転職に焦点をあてて、Jターン向きの女性の特徴やJターンのメリットとデメリットを紹介します。

Jターン転職について知りたい方、少しでも転職の成功確率を上げ今より良い環境に身を置きたい方は是非参考にしてください。

Contents

Jターン転職を成功させる方法を解説

Jターン転職は地方から都会に就職した人が、地元近隣の地方等へ就職し移り住む転職を指します。

居住の拠点を変える転職ですので 失敗は絶対に避けたいものです。

想像していた会社と違った、入社してみたら実はブラック企業だったということは絶対に避けましょう。

Jターン転職を成功させるためには以下のポイントを抑えておく必要があります。

これからJターン転職を検討している人は是非参考にしてみてください。

地域の情報収集をしっかり行う

ビジネスウーマン

今の住まいから離れた場所に転職するということは、気軽に現地にいくことはできません。

事前にJターン先の情報を十分に仕入れておくことが重要になります。

Jターン就職の場合その地域に友人がいない限り知り合いのいない場所に飛び込むことになります。

その点も踏まえインターネット等を通じてしっかり情報収集を行い、誤った情報に惑わされないよう気を付けましょう。

面接などで事前にその地域を訪れる機会があれば、面接だけして帰宅するのではなく地域を散策する時間も設けましょう。

地域の不動産屋に移住の相談ついでに地域の情報を積極的に聞くのもお勧めです。

転職する志望動機を明確にする

考える女性

いくら転職を強く希望していても企業の採用面接に受からなければ意味がありません。

面接に合格するためには、志望動機を明確にしておくことが大切です。

Jターン転職の場合、面接官は何故都会から地方への転職を希望するのかも知りたいと考えます。

なぜJターン転職を選び、転職後は何を成し遂げたいのかも明確にするようにしましょう。

引越しなどの雑務は余裕を持って行う

パソコンを使う女性

Jターン転職は引越しを伴う大掛かりな転職活動です。

拠点を実家にする場合は問題ありませんが、そうでない場合は転職活動と同時に引っ越しの計画を立てる必要があります。

現地の情報をしっかりと集めた後に、移住先の条件やエリアを明確にし、希望の住居に移住できるよう手配するようにしましょう。

引越しが決まった際は住民票の手続きや各種書類の手続きも伴いますので、時間に余裕をもって準備することが大切です。

転職が決まったらスムーズに引っ越しができるよう計画的なスケージュール管理を意識してください。

時間に余裕を持って計画的に行うことがJターン転職成功の秘訣の1つです。

地方転職に強いエージェントを利用する

ビジネス女性

転職をする際に私たちの力になってくれるのがエージェントです。

しかし転職エージェントといっても地域に強いエージェントや都心就職に強いエージェントなど様々です。

転職エージェントを間違えると希望の仕事を紹介してもらえないこともあります。

地方転職をするなら地方求人情報を網羅している地方転職エージェントに相談することがおすすめです。

面接に行ったら思っていた企業と違ったというのは交通費や時間的にも大きな無駄となります。

そのようなことを避けるためにも地域情報に強いエージェントを選ぶようにしましょう。

 

ワンポイント

Jターン転職をする人にとって地方移住は出戻りではなく人生を豊かにするための手段です。

転職を成功させて理想の未来を手に入れましょう。

 

Jターン転職を選択する理由は?

働く女性

一般的に転職をする理由は現状の仕事内容や賃金形態、職場内人間関係への不満が原因と考えられています。

その中でもJターン転職を選択する人は都会の生活に不満を抱えていたり、もともと地方の生活が好きな気質の人が多いです。

近年では働き方の多様化により都会より地方での業務を希望する人が増えてきたのも事実です。

地方には都会では得られない豊かさや魅力があります。

せっかくJターン転職をするのであれば自分が居心地良いと感じる地域で転職を成功させましょう。

Jターンに向いている女性の特徴

これまでJターン転職を成功させる方法について解説してきました。

では、Jターン転職に向いている女性はどのような特徴を抱えているのでしょうか。

以下の特徴を参考に自身がJターン転職に向いているかを判断してみましょう。

都会の生活にストレスを感じている人

疲れた女性

1つ目は都会の生活にストレスを感じている人です。

性別で見ると男性より女性の方が10%ほどストレスを抱える人が多いという研究結果が出ています。

日々の満員電車や休日に必ず起きる渋滞など、都会ならではの問題にストレスを抱える人はJターン転職に向いているでしょう。

地方から上京した女子にとって都会の生活は孤独から始ります。

知り合いや友人、家族も少ない都会で、仕事のストレスや生活のストレスを感じやすいのは当たり前です。

都会へ来てはじめて地方の良さに気づくのもJターン転職が増える理由の1つかもしれません。

地方出身で親が地方にいる人

老夫婦

2つ目は出身地の地方に親がいる場合です。

都会で仕事をしていても年齢を重ねると親の体調不良や介護などで地元への帰還を意識しないといけない人も多いでしょう。

また将来の結婚やライフプランを考えた時に多くの女性はできれば両親のそばで家庭を築きたいと考えるものです。

育児や家庭環境を優先させた将来を考えたときにJターン転職をする人も多いのが現状です。

年収が下がっても好きな仕事を地方でしたい人

空気をすう女性

3つ目は年収が少し下がってでも好きな仕事を地方でしたい人です。

地方に転職するとどうしても年収は下がってしまう傾向にあります。

それでも地方の方がメリットを感じやすく多少給料が下がっても地方に転職したいという方は向いていると言えます。

年収は下がっても地方の物価や家賃は都会より安いので生活は豊かになる人も多いのではないでしょうか。

好きな仕事にこだわりたい女性で地方が好きな人はJターン転職も検討してみてください。

 

ワンポイント
自分がJターン転職にむいていると思った人は、まずは地方求人を見て自分にあった企業を探しましょう。

 

Jターン転職のメリット

ところで都会を離れ地方で働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではJターン転職のメリットについて紹介します。

帰省の費用や負担が減る

コストダウンブロック

1つ目のメリットは帰省時の費用や負担が減ることです。

都会から地方に帰省するとなると、毎回の交通費や数日分の荷物など、家族が多ければ多いほど負担がかかります。

しかし、Jターン転職で地方に移住すれば帰省時の負担はかなり少なくなります。

また実家の近くに転職することで家族の交流が取りやすくなるというメリットもあります。

両親の協力を得やすい

赤ちゃんとママ

2つ目のメリットは両親や家族の協力を得やすいということです。

都心の子育は両親に頼ることが難しく、仕事に家事との両立は負担はかなり大きくなります。

しかし実家の近くに住居を設けることで両親の協力を得ることができ子育ての負担も軽減します。

両親からしても娘の協力を得ることができ、お互いに支えあう一石二鳥のメリットが実現可能です。

物価が安く生活しやすい

電卓とノート

3つ目のメリットは都心よりも物価が安く、生活がしやすいということです。

地方は都心に比べると物価が安く、家計の負担を減らしながら生活することができます。

食費や日用品はもちろん、家賃や駐車料金も都心よりかなりコストを抑えることができます。

都心の生活費に悩みを抱えている人はJターン転職を考える十分なメリットのひとつになります。

 

ワンポイント
Jターン転職のメリットで自分の理想の未来を実現しましょう。

 

Jターン転職のデメリット

もちろんJターン転職はメリットばかりではありません。

転職後に「こんなはずじゃなかった」とならないためにもデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

「地元」ではないこと

花と家のブロック

1つ目のデメリットは地元ではないということです。

「土地柄」という言葉があるように地域ごとにそれぞれの特徴があります。

Jターン転職は地元に戻るわけではないため、 転職した先の地域が自分に合わない可能性も考えられます。

事前調査を十分にしても、地域のすべてを知ること出来ません。

移住後の不満をなるべく少なくするためにも、デメリットとなる要素も想定して情報収集をするようにしましょう。

都会より求人数が少ないこと

面談する女性

2つ目のデメリットは都会に比べると求人数が少ないということです。

地方は都会に比べて求人数が少ないことから、転職を考えても自分の希望する企業が見つからない可能性があります。

Jターン転職で引っ越しをする際は地方に移住後に転職先を探すのではなく転職が決まってから移住するようにしましょう。

地方の求人情報は地方の転職エージェントが情報を豊富に持っているため、地方エージェントを上手に活用してください。

 

ワンポイント

デメリットを最小限に押さえることがJターン転職成功の秘訣です。

メリットもデメリットもしっかりと想定して準備をするようにしましょう。

 

Jターン転職をするおすすめの方法は?

ここではJターン転職をする際のおすすめ方法を紹介します。

以下の項目を参考にJターン転職の準備を始めてみましょう。

地方自治体のHPをチェックしてイベントに参加しよう

案内する女性営業

1つ目は希望する移住先の地方自治体のHPを随時チェックして積極的にイベントに参加することです。

移住先の地域のことを知るためにもイベントには積極的に参加するのがおすすめです。

特に小さな地域であればあるほど、イベントを重要視している可能性が高いので視察の意味でも参加しておきましょう。

この参加経験が移住後の生活にも役立つことは間違いありません。

転職エージェントを活用しよう

ビジネス女性

2つ目は転職エージェントを活用することです。

Jターン就職を成功させるためには自分にあった地域や仕事を探すことが最も重要です。

そのためには地域情報に強い転職エージェントを活用しない手はありません。

一人で悩まず転職エージェントに相談することがJターン就職を成功させるひとつの鍵となります。

Jターン転職を成功させるためのポイント

Jターン就職を成功させるためにはいくつかテクニックがあります。

以下のポイントを押さえて転職を成功させましょう。

帰省のタイミングと合わせる

本を読む女性の画像

Jターン転職を成功させるためには帰省のタイミングと合わせることがポイントです。

帰省のタイミングに合わせることによって交通費や荷物を抑えることができます。

何度も地方に行くのは体力的にも精神的にも消耗してしまうので上手く帰省のタイミングに合わせましょう。

実家から面接先地方へ出向くことで、転職後の実家との距離感を測れることもできます。

また転職先地方近隣に滞在している方が地方の生活情報を得やすいため、帰省したタイミングで移住準備を進めると効率的です。

交通費を出してくれる企業を選ぼう

改札にいる女性

2つ目のテクニックは交通費を出してくれる企業を選ぶことです。

Jターン転職の場合、 移動の交通費負担が大きいことが生活に大きな負担をもたらします。

ですから、交通費を支給してくれる企業を選ぶことをおすすめします。

交通費支給が難しい場合は、Web面接などを提案してなるべく自分の負担を減らす工夫をしましょう。

転職を成功させるためには自身のセルフコントロールも大切です。

常に健康的な状態で面接に臨むためにも効率的な転職活動を意識しましょう。

Jターンの事例をチェック

では実際にJターン転職で成功した人の事例を確認してみましょう。

今回は2人の女性からJターン成功者の事例を紹介します。

  • Aさん(女性)の事例(佐賀県で生まれ育つ→東京で就職→隣の福岡県にJターン転職)
  • Bさん(女性)の事例(三重県で生まれ育つ→東京で就職→隣の愛知県にJターン就職)

Jターン事例(Aさん)

手を広げる女性

Aさんの場合、佐賀県から東京に就職しJターン転職で隣の福岡県に転職しました。

元々は地元転職が希望でしたが、佐賀県では希望するIT企業が少なく福岡県での就職に至りました。

<Aさんが語るJターン転職のメリット>

  • 地元の友達と遊べる
  • 友達の結婚式に気軽に行くことができる
  • おじいちゃんやおばあちゃんなど家族に会いにいきやすい

このようなメリットが特徴的です。

<デメリット>

  • あくまで地元ではない

Aさんは完璧な移住先を求めても仕方ないということで、デメリットよりもメリットが大きいJターン転職を選びました。

Jターン事例(Bさん)

ビニールハウスと女性

Bさんの場合、三重県から東京に就職し、Jターン転職で愛知県に就職しました。

東京は物価が高く満員電車もストレスで、自分の生活スタイルに合わなかったため転職しました。

<Bさんが語るJターン就職のメリット>

  • 都心よりも物価が安く住居費も安いため生活がしやすい
  • 満員電車に乗ることがなくなりストレスが少なくなった

デメリットについては今のところ感じていないそうです。

 

ワンポイント

上記のようにJターン転職で成功した良い例はたくさんあります。

Jターン転職のメリットとデメリットをしっかりと比較して現状より良い生活を手に入れましょう。

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内女性

現在Jターン転職を考えている人は転職エージェントに相談してみましょう。

1人で悩んでる時間は非常にもったいないです。

転職エージェントなら転職のプロがあなたの希望に沿った企業を紹介してくれるので必然的に成功確率も上がります。

またエージェントから詳細情報を事前に得ることで転職後の失敗を避けることができるのです。

転職エージェントに相談することは無料なので積極的に相談することをおすすめします。

まとめ

深呼吸をする女性

Jターン転職を成功させるポイントはつかめましたか。

進学や就職を機に多くの人が都会での生活に足を踏み入れます。

しかし都会の環境が全員に合うことは決してなく、ストレスや不安を抱える人がいるのは当然のことです。

地方への転職は満員電車の代わりに車通勤だったり、給料が下がり生活費も下がるなど都会の生活と大きな違いをもたらします。

メリットとデメリットをしっかりと把握した上で地方転職のメリットが多いと感じた人はJターン転職にチャレンジしてみましょう。

近年では地方移住というワードがトレンドになるくらい地方を拠点とする生活スタイルが好まれる傾向にあります。

ワークライフバランスを実現するためにも、ぜひJターン転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら