転職活動は様々な環境、年代の社会人がするものです。

その中でも主婦の転職活動は家庭の事情に左右されることが多いものです。

今回は、主婦の転職活動で面接当日に子供が体調不良になった時の対処法を解説します。

Contents

面接の日に子供が体調不良になった時の対処法

子供のおくすり手帳

転職活動において最大の難関ともいえる面接は、当日までに様々な対策を立てていくのが一般的です。

そんな面接を控えているママさんにとって、子供の体調や怪我は心配の種のひとつです。

もし面接当日に子供が体調不良になってしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。

対処法としては以下の手段が挙げられます。

  • 正直に子供が体調不良であることを伝え、面接日を振り替えてもらう
  • 子供ではなく自分が体調不良だと伝え、面接日を振り替えてもらう

これらの理由を、早めに電話で直接伝えます。メールは先方が見ていない場合があるので避けましょう。

どちらにせよ、体調不良であることを正直に伝えるようにしましょう。

面接は書類選考を通過して設定されることが多いものです。

子育て中のママさんであることを先方も承知のうえで面接を設定している筈です。

正直に理由を伝えていやな顔をされるのであれば、もし採用されたとしても子育てに対する理解を得られないでしょう。

勇気を出して正直な理由を伝えた方が、自分にとっても先方にとっても良いのです。

どうしても伝える勇気が出ない時は、自分が体調不良であり、周囲にうつす心配があると話します。

大切なのは、これらの理由を伝えたうえで、面接日を調整して欲しいと先方に依頼することです。

子供が体調不良になったからといって、面接自体を諦める必要はありません。

また、体調不良の子供を置き去りにして無理やり面接に行く必要もないのです。

子育てを応援したり、理解しようとする企業は増えてきています。

子供の病気で面接をキャンセルしても合否に影響する?

選考結果通知の紙

もし面接当日に子供が病気になり、面接をキャンセルした場合は合否に影響するのでしょうか。

これは一概にこうだと結論を出せません。判断基準は企業によるのです。

ですが、面接をキャンセルしたとしても、別日に調整が出来ればチャンスは等しく与えられています。

最近は子育てに理解のある企業が多いので、速やかに連絡を入れてさえいれば面接日を調整してくれます。

多くの企業は子供の病気を理由に面接をキャンセルしても合否に影響がないといえるでしょう。

しかし、面接日の調整を受け入れてもらえないケースもないとはいい切れません。

子供の病気を理由に面接をキャンセルをするなら、採用後も同じ理由で欠勤すると考えられてしまうこともあります。

しかし、子供の病気を認めてくれない企業に子育て中のママさんが勤めてもつらくなるだけです。

面接日の再調整が出来ず、子供の病気という理由に難色を示す場合は子育てしながら働ける企業ではありません。

素直に理由を伝えることで、先方だけでなくママさん自身も転職先を見極めることができます。

また、面接日程の調整ができたとしても、調整された日に再びキャンセルすることのないようにしましょう。

その日は子供が病気になっても看病してくれる人を確保しておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
 子供の体調不良で面接をキャンセルしても、速やかに連絡すれば合否に影響はありません。

面接のドタキャンはよくない

ドタキャンの文字

いくら理由があっても、面接を無断欠席したり、土壇場で辞退することは良い印象を持たれません。

面接開始時間を過ぎ、先方から連絡がきた際に辞退することを伝えるなど言語道断です。

やむを得ない理由で面接に行けなくなった場合は、できるだけ速やかな連絡が必要となります。

ここでは、面接を辞退をする時に必要なことについて解説します。

面接辞退はメールでいい?

スマホを持つ女性

メールは手軽な連絡手段ですが、面接を辞退する際の連絡手段としては適していません。

先方が忙しい場合、メールを見ていない可能性もあり、後のトラブルにも発展します。

面接辞退は出来る限り電話で直接伝えるようにしましょう。

面接日を調整して貰いたい時はその旨もあわせて依頼します。

咳や喉の痛みで声が出ない場合や、日中どうしても電話連絡が出来ない場合のみメールを使うようにします。

面接を辞退したら不採用になる?

体調不良や身内の不幸といったやむを得ない理由で面接を辞退した場合、合否に影響はでるのでしょうか。

速やかに電話連絡を入れて面接日を別日に調整していれば、その可能性はほとんどないと言って良いでしょう。

しかし、企業にもあらかじめ決まったスケジュールや都合があります。

調整が出来ない場合もあるので、辞退する際はそのことを前提に日程の調整を依頼しましょう。

調整した面接日前に他の応募者の採用が決まるケースもあります。

また、調整した面接日に再びキャンセルをしてしまうと、企業からの信用度も下がります。

別日に面接日を設定して貰えたら、その日は必ず行けるように自分で事前準備をしておきましょう。

面接キャンセルのポイント

やむを得ず面接をキャンセルする際のポイントは以下の通りです。

  • キャンセルすることが確定した時点ですぐに電話連絡をする
  • 電話連絡をする際は忙しい時間帯(始業時、就業間際など)を避ける
  • 社会人として無断欠席は絶対にしない
  • キャンセル理由を簡潔に伝え、日程の調整を依頼する場合は自分から切り出す

どれも社会人としては守るべきマナーなので、特別難しいことではありません。

こういった連絡や調整が苦手だという場合は、まず転職エージェントを通して企業に応募しましょう。

転職エージェントが紹介してくれた求人に応募し、面接をキャンセルする場合はまず転職エージェントに連絡をします。

その後、転職エージェントから企業へキャンセルの連絡と再調整の依頼が行くので、自分で連絡する手間が省けます。

ただしこの方法は面接時間まで余裕があることを前提にしたものです。

面接時間ぎりぎりにキャンセルをしなければならない場合は先に自分で先方へ連絡を入れてください。

その後、転職エージェントに面接をキャンセルした旨を伝えるようにします。

 

ワンポイント
 面接のドタキャンはNGです。辞退する場合はビジネスマナーを守りましょう。

子供の病気で面接キャンセルする場合の連絡方法

赤ちゃんの熱を測る女性

子供が病気になり、面接をキャンセルする場合は必ず先方へ電話連絡をします。

前日からキャンセルしなければならない状況であれば、忙しい時間帯を避けて連絡をしましょう。

当日に面接時間が迫っている場合は時間を見ている余裕がありません。すぐに連絡をします。

なぜキャンセルをするのかという理由と、キャンセルに対する謝罪を伝えるようにしましょう。

また、日程を再調整したい場合は日時を指定するのではなく、まず再調整が可能かどうかの伺いをたてます。

もし転職エージェントを介して面接が決まった企業であれば、まず転職エージェントに連絡を入れましょう。

転職エージェントから企業へキャンセルの連絡を入れ、日程の再調整を図ります。

ここで注意して頂きたいのが、このキャンセルが二度、三度と続けば合否に影響を及ぼすということです。

日程の調整に関しては、必ず行ける日を設定するようにします。

万が一、子供が病気になったとしてもサポートをしてくれる人・サービスを利用できるように準備しておきましょう。

体調不良でも行く選択をした例

内服薬と体温計

体調不良といっても程度があります。

微熱など動ける程度の体調不良なら、面接に行こうと選択するケースもあるでしょう。

ここではそんな体調不良でも面接へ行く選択をしたケースについて解説します。

なぜ選択したのか

体調不良でも面接へ行こうと決断するのはどんなケースなのでしょうか。

大企業や有名企業での面接を控えている、もしくは遠方での面接を控えている場合が多いようです。

大企業や有名企業には応募者が殺到します。書類選考を勝ち抜いて面接に進めるのはごく一部です。

そのごく一部に選ばれたのにキャンセルをしてしまっては、日程の調整ができるかもわかりません。

一度きりのチャンスを逃したくないという思いが強く、面接へいく決断をするようです。

遠方での面接も、交通費をかけて行くので同じような理由となります。

強行突破して面接に行った場合

多少の体調不良であれば解熱剤や咳止めを飲んで面接に参加する応募者もいます。

そういった場合は必ずマスクの着用をしておきましょう。先方へうつさないように配慮してください。

マスクを外すように指示があった時のみマスクを外します。

喉の痛みで声が出にくい場合は、面接開始時に声が出にくい旨を先に面接官へ伝えておくと良いでしょう。

無理に面接に参加するのはNG

バツマークをつくるスーツの男性

いくら軽症とはいえ、やはり体調不良の時に面接に参加するのは基本的にNGです。

いまは軽症でも無理をすれば体調が悪化しますし、何より周囲に風邪をうつす可能性があります。

体調管理もひとつの面接対策です。

面接日が決まったら、体調不良にならないよう自分で気を付けることがまず必要といえます。

 

ワンポイント
 体調不良の場合はよっぽどの理由がない限り、面接へ行くのはNGです。

面接キャンセルするときの例文

スマホをもって悩む女性

やむを得ない理由で面接をキャンセルする際は電話連絡が基本です。

そこで、電話連絡をした時にどのような内容を伝えるべきか例文を紹介します。

面接の日程調整を依頼する場合

「お忙しいところ恐れ入ります。

先日御社へ応募させていただいた、□□と申します。

〇月×日の■時に御社の面接のお約束をいただいておりましたが、△△により伺うことが難しくなりました。

直前のご連絡となってしまい、大変申し訳ございません。

もし可能でしたら、後日改めて面接の機会をいただけませんでしょうか。

(許可が出てから)ありがとうございます。

この度はお忙しい中、ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。」

面接を辞退する場合

「お忙しいところ恐れ入ります。

先日御社へ応募させていただいた、□□と申します。

〇月×日の■時に御社の面接のお約束をいただいておりましたが、△△により伺うことが難しくなりました。

つきましては、今回の面接を辞退させていただきたく、ご連絡差し上げました。

お忙しい中、貴重なお時間を割いていただいていたにも関わらず、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。」

このように、まず面接をキャンセルする理由を伝えてからどうしたいのかを伝えましょう。

その際、必ずキャンセルすることに対する謝罪をすることがポイントです。

面接で「子供の発熱時」について聞かれた時のポイント

赤ちゃんの熱を測る女性

転職活動をするママさんにとっての悩みとして、子供の発熱時についての質問があります。

もし面接で子供の発熱に関する質問をされた場合、どう答えるのが良いのでしょうか。

質問例

面接官から転職面接においてママさんへ投げかけられる質問には以下のような例があります。

「小さなお子さんがいますが大丈夫ですか?」

「子供が熱を出したらどうしますか?」

「子供が病気になった時、面倒を見てくれる人はいますか?」

このような質問をされた時、どう答えるべきか悩むママさんは多いでしょう。

回答のポイント

「子供が熱を出した場合」に関する質問に対して、子供と仕事どちらを優先すべきか悩むことも多いでしょう。

ここで大切なのは、自分の周りでサポートしてくれる人やサービスがあることをアピールすることです。

配偶者や家族を頼れる、自治体のサービスを利用できる、など具体的な案を提示しましょう。

そのうえで、応募企業先の子育て中の社員はどうしているのか逆質問してみるのも一つの手段です。

逆質問に対する面接官の回答次第では、子育てに対する理解のない企業であることが露呈する可能性もあります。

聞かれなければ言わなくていい

口に人差し指をあてる女性

子供の体調不良は突然発生するものです。

その対策方法を考えることも大切ですが、面接時に質問されなければ自分から無理に言わなくても大丈夫です。

そもそも子育てに理解のある企業であれば、そういったことが起こることも理解しています。

質問されない限りは、なぜその仕事をしたいのかなど、基本的な質問に対する明確な回答をしていきましょう。

体調不良にならないようにできること

子供の体調不良が起こらないようにするには、母子ともに体調管理をし、健康的な生活を心がけることです。

外から帰った時は手洗いうがい、食事はなるべく栄養のあるものを食べる、ママさんは疲れを溜めこまないなどです。

それでも突然体調不良は起こるものなので、そうなった場合でも仕事へ行けるよう、周囲にサポートを頼みましょう。

また、そういった場合に利用できるサービスについても調べておくことをおすすめします。

 

ワンポイント
子供の発熱に関する質問には出来る限り具体案を示しましょう。

子供の体調不良でキャンセルする時に意識すべきこと

マスクをした子供と母親

もし子供の体調不良で面接をキャンセルすることになった場合、意識すべきことにはどんなことがあるのでしょうか。

ママさんにとって大切なポイントがいくつかあるので紹介します。

仕事と子供のどちらを優先するかは迷う

仕事をしなければ子供を養えませんが、子供を置き去りにして仕事をするべきなのかと迷うことがあります。

無理をして仕事へ行っても、子供の体調が悪化してしまっては大変です。

たとえ迷ったとしても、正直に子供を優先すると答えても良いでしょう。

その代わり、自分が体調不良にならないように気を付けることが大切です。

面接においても、子供の看病を優先するようにしながら、再調整した日程には必ず行けるよう準備をしましょう。

子供を優先したからといって不採用になる企業であれば、ママさんにとって良い環境ではない筈です。

子育てに理解ある会社は増えている

女性の手、赤ちゃんの絵

少子化が進む日本で、子育てに理解のある企業というのは増えてきています。

子育てをしながら働くママさんに対する理解やサポート制度がある企業は、子供の体調不良に関する質問をしません。

子供が体調不良になるということを理解しながら、それでも働いて欲しいと考えているからです。

子供の体調不良に関する質問ひとつでその企業が子育てにどのくらい理解があるかがわかるのです。

また、求人情報や企業ホームページに子育てに関するサポート体制について記載している企業もあります。

こういった企業をうまく探せない時は、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントであれば、子育てに関するサポート体制や理解のある企業の紹介も可能です。

また、転職エージェントを通した転職活動は様々な手間を省いたうえで転職サポートを受けられます。

子育てに忙しいママさんにはおすすめの手段です。

正直に話して自分に合う会社を探そう

もし面接で子供の体調不良に関する質問をされた場合は、誤魔化さずに正直な回答を伝えます。

子供を優先する答えを拒む企業であれば、子育てに理解がないと考えて良いでしょう。

子育てをするママさんの転職活動は困難に満ちています。

そんなママさんの事情を理解し、受け入れてくれる企業こそ、働くにふさわしい企業といえるでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコンを触る赤ん坊

子育てをしながらの転職活動は時間も余裕もなく、難しいものです。

そんな時に利用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントは希望条件に合う企業や、ママさんの事情を汲み取れる企業を探してくれます。

また、応募書類の添削や面接の対策といった転職サポートも充実しているのがおすすめポイントです。

子供の体調不良で面接がキャンセルになっても、転職エージェントを通して日程の再調整ができます。

なかなか転職先が見つからずに困っているママさんにこそ利用して欲しい転職活動方法です。

まとめ

手をつなぐ娘と母親

転職活動において面接は避けて通れない道です。

そんな面接を子供の体調不良でキャンセルする際の対策方法を解説してきました。

一度キャンセルをしても、日程の調整をすればチャンスはめぐってきます。

一人で転職活動がうまくいかない時は、転職エージェントに相談して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら