面接と言えば質疑応答方式がこれまで主流でしたが、だんだんとプレゼン方式の面接が増えてきています。

現職でプレゼンに慣れている人でなければ、なかなかとっつきにくいと感じるのではないでしょうか。

ここでは、面接でプレゼンを行う際にどのようなことに気を付けたらよいのかをまとめました。

転職でのプレゼン面接の対策方法

ポイント

転職の面接でプレゼンを行うことになった場合は、どういった能力が問われるのでしょうか。

また、どのようなことに注意して準備をすればよいでしょうか。

まずはプレゼン面接について基本を押さえつつ、具体的にどのように準備をしたらよいか見ていきましょう。

プレゼン面接の基本

まずは基本を押さえておきましょう。

プレゼン面接とはどのようなものなのでしょうか。

制限時間や形式、題材はどんなものがあるか調べてみました。

制限時間や形式

砂時計

制限時間は企業やプレゼン内容によって様々ですが、数分単位で指定され、事前にはっきりと提示されることが多いです。

2~5分程度の場合は、伝えられる内容もそれほど多くありません。

いかにコンパクトにわかりやすく、要点を押さえて伝えられるかがポイントとなります。

逆に10分以上になると、かなりボリュームのある説明をしなければなりません。

その場合には、一本調子にならないよう話に緩急をつけたり、ストーリー性を持たせる必要があります。

形式は発表用のパソコンと表示用のディスプレイやプロジェクターを用いて行うのが一般的でしょう。

中にはタブレットを使用したり、ホワイトボードなどを使う会社もあります。

プレゼンのあとに質疑応答を行う企業も多いです。

お題

プレゼンの題材は様々ですが、一般的なものは「自己PR」や「新商品の提案」、「既存商品のPRなどです。

「自己PR」の場合は、自分の強みをよりアピールしやすいと言えます。

自分の武器は何なのか、それを入社後にどのように活かしていくのかしっかりと伝えましょう。

「新商品の提案」や「既存商品のPR」の場合は、単に商品を売り込むだけでは不十分です。

そのプレゼンを通して、自分のアイデアや話術など、仕事の上で武器になる部分を見せていきます。

いずれも題材そのものより、その題材を通して「魅力をアピールする力」が問われています。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

プレゼン面接は何を見られている?

面接

従来のインタビュー形式の面接では、面接官が質問した内容だけで応募者の個性や考え方を理解しなければなりません。

しかし、プレゼン面接ではその内容から応募者の考え方や能力、個性を詳しく伺い知ることができます。

例えば同じ題材でプレゼン資料を作っても、仕上がりは人によって様々です。

スライドはシンプルでほとんど口で説明する人もいれば、図表やイラストが多く見ごたえのある資料を作る人もいます。

プレゼンさせることで、どんな能力があるのか、どこに注力しているかなど、その個性を見ているのです。

問われる能力

プレゼン面接ではどのような能力が必要になるのでしょうか。

普段の面接とは異なるのでしょうか。

事前にしっかりとポイントを掴んでおきましょう。

論理的な考え方をしているか

考える女性

プレゼン面接では、論理的な考え方や伝え方ができているかどうかが問われます。

ある主張をする際にその根拠となる部分を分かりやすく説明し、「なるほど」と思ってもらえるような説得力が必要です。

プレゼンで自分の主張に説得力を与えるためには、論理的な組み立てが必要となります。

論理的な組み立てについては、後述する「PREP法」のような論法を使うのが一般的でわかりやすいでしょう。

主張の根拠が無理やりのこじつけだったり、あまりに主観的で賛同を得られない場合は論理的ではないと判断されていまいます。

表現力はあるか

手のひらにパソコンのイメージ図

淡々と事実を伝えるだけでは、魅力のあるプレゼンにはなりません。

ストーリーを作り、驚きや魅力を感じさせることができれば、聞いている人の心を動かすことができます。

そのため、伝えたいことを正確に伝える表現力があるかどうかが問われるのです。

表現力には、言葉の選び方、話し方、話の進め方、表情や身振り手振りなど、様々なものが含まれます。

内容が同じでも、表現力によってプレゼンの効果は大きく変わるのです。

プレゼン能力があるか

プレゼンをすることで相手に何か考えの変化を起こさせたり、自分の話に納得してもらったりするためには技術が必要です。

プレゼン能力とは、「内容が印象に残るか」「話に説得力があるか」「時間通りに終わるか」といった技術によって決まります。

具体的には、インパクトのあるアプローチ、論理的な組み立て、話し方や時間配分の技術が必要になります。

これらは練習することで上達していきます。不安がある場合は前もってたくさん練習を積んでおきましょう。

 

ワンポイント
プレゼン面接では、論理的な考え方ができ、それを人に伝えることができるかどうかが問われます。

資料の作り方

プレゼンの資料はただ情報を詰め込めばいいわけではありません。

見ている人に「言いたいことが伝わる」ように工夫が必要です。

どのような点に注意して資料を作ればいいのか確認していきましょう。

構成を念入りに

タブレットと資料

プレゼンの資料で大切なのは構成です。

どんなことを主張したいのか、一番伝えたいことは何かというところから構成を組み立てていきましょう。

論理的な構成になっているかどうかは非常に重要です。

誰が聞いても納得できるような、論理的で筋道の通った構成にしましょう。

全体的なボリュームを考え、自分の話すスピードも考慮して、制限時間内に終わるような構成にするのがポイントです。

重要な部分をまず残し、時間が余ったり足りなくなったりする場合は、詳細を説明する部分で微調整するとよいでしょう。

スライドはシンプルに

シンプル、植物

プレゼンで使用するスライドはできる限りシンプルにすることを心がけましょう。

全てのことを伝えようとして、情報を詰め込みすぎてしまうのはNGです。

細かい文字でたくさん説明が書かれていたり、不要な装飾が多かったりすると、重要なポイントが伝わりづらくなってしまいます。

1枚のスライドには要点を1点に絞り、一目見て伝えたいことがわかるように工夫しましょう。

また、アニメーション効果を使用して強調したい部分を目立たせることもできますが、使い過ぎるとうるさい印象になります。

ここぞという重要なポイントに絞って使用するのが良いでしょう。

文字以外にも図を使う

グラフデータ

資料が文字だけだと、どうしても読み解くのに集中力が必要ですし、わかりづらい印象になってしまいます。

文字以外にも図や表を用いることで、文字だけの場合よりも、伝えたいことが直感的に伝わる資料になります。

例えば概念的な部分や頭でイメージしづらい部分は、フローチャートや図形を使うとよいでしょう。

数字が出てきたらグラフにしてみると伝えたいポイントを視覚的に強調できます。

図や表はついついカラフルにたくさん装飾してしまいがちですが、それでは見づらくなってしまい逆効果です。

重要な情報だけが目立つように工夫し、全体的にすっきりとした印象になるよう工夫しましょう。

文字の大きさ

文字の大きさは大きすぎても小さすぎても見づらくなってしまいます。

全体のバランスを考えて、すっきりと見やすく、少し大きめの文字を使いましょう。

18pt~24pt程度ならバランスがよくおすすめです。

画面が文字でいっぱいにならないように、余白も考えて文字を配置していきます。

資料を作っている最中は文字が大きく感じるかもしれませんが、画面で見ると意外に小さく見えるので注意しましょう。

 

ワンポイント
プレゼン資料は主張がしっかりと伝わる構成が重要です。スライドは見やすくシンプルにまとめましょう。

プレゼン面接で自己PRを使用

資料を見せる女性

プレゼン形式で面接を行う場合は、いかに自己PRを盛り込むかが採用のカギになります。

どのように自分の強みをアピールすればよいでしょうか。

また、題材が「自己PR」でなかった場合はどうしたらよいのでしょう。

以下で具体例を挙げて説明していきます。

結論は最初に

結論を最初に述べることで、こちらが何を伝えたいのかを明らかにすることができます。

それにより、これから何についての話をしようとしているのか、面接官がしっかりと理解することができるのです。

最初に言いたいことが伝わらないと、面接官は話の内容をどのように受け取ってよいのか判断に迷ってしまいます。

その状態が長く続くと、「結局何が言いたいのかわからない」「伝える能力がない」と判断されてしまう危険性があります。

まずは一番伝えたいことを結論として最初にはっきりと明示しましょう。

根拠を述べる

結論を述べた後には、その結論を裏付ける根拠を具体的に述べましょう。

自分が主張したい結論に納得してもらえるかどうかは、根拠に説得力があるかどうかで決まります。

根拠は自分の主観ができるだけ入らないように数値やデータで述べることで説得力が増します。

独りよがりにならないよう、可能であれば第三者に見てもらうことで客観性を保ちましょう。

仕事でどのように活かせるかを述べる

外を歩く女性

面接でプレゼンを行う場合、最終的なゴールは面接官に「うちの会社に来てもらいたい」と思ってもらうことです。

そのためには、プレゼンで仕事に生かせるスキルをアピールすることが重要です。

プレゼンの題材が「自己PR」の場合は、比較的やりやすいでしょう。

自分の強みをただアピールするだけではなく、それがその会社の中でどのように活かせるか、具体例を挙げて説明しましょう。

プレゼンの題材が「商品のPR」や「新たな提案」だった場合は、その売り込み方で自分の魅力を表現することになります。

プレゼン自体の完成度以外にも、論理的な考え方やデータの集め方、説得力のある表現の仕方など、様々な観点があります。

自分の強みを生かせる、オリジナリティのあるプレゼン資料や発表の仕方を模索してみましょう。

興味を持ってもらう

通常の面接と異なり、プレゼン面接ではある程度自由に構成を決めることができます。

その中でありきたりな説明だけをするのではなく、自分に興味を持ってもらえるような工夫をしてみましょう。

例えば自分自身の人柄が分かるようなエピソードを各所に散りばめれば、親近感を持ってもらうことができます。

あるいは、資料を作る際のバランスや配色でセンスの良さを表現することもできるでしょう。

自由度が高い分、少しの工夫で内容がぐっと魅力的になるのがプレゼンの醍醐味でもあります。

ぜひいろいろなことを試しながら、楽しんで資料作りに取り組んでみましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

プレゼン面接のポイント

正解がない分、どんなに準備しても不安な部分が残ってしまいがちなプレゼン面接。

ここでは、魅力的なプレゼンをするためのいくつかのポイントをご紹介します。

ポイントを押さえて、プレゼン面接を成功に導きましょう。

PREP法

論理的

プレゼン面接ではPREPという論法を用いて話をすることで、論理的に持論を展開することができます。

PREP法とは、「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(例)」「Point(結論)」という筋道で説明を組み立てる方法です。

最初に結論を述べ、次にその理由を説明し、その次に具体例を挙げ、最後にもう一度結論を述べることで説得力が増します。

PREP法はシンプルですが論理的に話を進められるため、プレゼンだけではなく様々なところで活用することができます。

この機会にぜひ練習して使いこなせるようにしておきましょう。

視線・声・姿勢

プレゼンをしていると、視線は画面や手元の資料をじっと見てしまいがちです。

しかし可能であれば、大事なポイントでは面接官の目を見て話すことで話に説得力が出ます。

話し方は抑揚をつけて、大事なところはゆっくりと話すなど、強弱をつけるようにしましょう。

特に、緊張すると早口になってしまう人は要注意です。

ゆっくりと聞き取りやすい話し方で話せるように練習しておきましょう。

話す際の姿勢も大切です。

しっかりと背筋を伸ばし、適度にジェスチャーを交えながら堂々と話しましょう。

 

ワンポイント
プレゼン面接ではPREP法を用いて論理的に展開しましょう。視線、声、姿勢にも気を配り、堂々と臨みましょう。

転職でのプレゼン面接の注意点

注意の札

プレゼン面接では通常の面接と比べ、一人で話し続ける状態となります。

そのため、話し方に癖がある場合は面接官に与える悪印象も強くなってしまいます。

例えば「えー」や「まあ」など意味のないつなぎ言葉を使ってしまう、頻繁に顔や紙を触ってしまう、という人は要注意です。

実際に自分でプレゼンの練習をしているところを誰かに見てもらうか、録画して自分で見返してみましょう。

話を聞きづらくさせるような癖が見つかったら、たくさん練習して改善していきましょう。

 

ワンポイント
プレゼン面接にも面接練習が必要です。誰かに見てもらうか録画して見直し、気になる癖は直しておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職,計画,相談

初めてのプレゼン面接ではわからないことも多く、どこから手を付けていいのか途方に暮れることもあるでしょう。

また、資料作りまではできても、一人で発表の練習をするのに苦労することもあります。

転職の面接で分からないことがある場合は、ぜひ転職エージェントに相談してみましょう。

転職のプロであるキャリアアドバイザーが、面接の準備や不明点の相談など、様々な転職の悩みに対してアドバイスをしてくれます。

また、そのほかにも応募先の選定や相手企業との日程調整もサポートしてくれる力強い味方です。

転職エージェントは企業側から報酬を受け取る方式のため、求職者は無料で利用することができます。

転職準備で悩むことがあったら、気軽に相談してみましょう。
 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

グーサインの女性

面接でプレゼンを行う際は、論理的な考え方や主張したいことを伝える表現力が見られます。

準備をする際は、主張したいことが明確に伝わるような構成にこだわり、シンプルにわかりやすく伝えましょう。

その際に、自分の強みや魅力をしっかりアピールできるよう、オリジナリティの出し方を工夫してみることが重要です。

資料ができたら本番までにしっかりと練習して、聞き取りやすい話し方やジェスチャーなどの技術も磨いておくとよいでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら