シングルマザーとして子どもを育てていくことを考えると、正社員として就職する方が生活を安定させやすいです。

また正社員であっても条件のよい会社に転職したいと考える人もいることでしょう。

そこで今回はシングルマザーが転職を成功させることに役立つ、履歴書の書き方を記入例を交えて解説します。

シングルマザーの履歴書の書き方を解説

4084540_m

シングルマザーに限らず履歴書や職務経歴書は、書類選考通過するうえで大事な応募書類です。

さらにシングルマザーの場合、子どものケガや病気などにより遅刻・早退・欠勤する可能性が高いと認識されています。

また残業ができないことが前提となると、既存社員の不満を呼ぶリスクが高まる点を面接官は懸念するものです。

そのため独身の女性あるいは既婚の女性と比べると、書類選考の段階で落とされる確率が上がることが予想されます。

そうしたシングルマザーに対する偏見に打ち勝ち、「この人と会ってみたい」と思わせる履歴書になっている必要があるのです。

そのため、以下の3つを満たした履歴書を書くことを忘れないようにしましょう。

ワンポイント

・マナーを守った履歴書を作成していること

・応募企業への入社の熱意が感じられること

・採用後に役立つ人材であると感じさせること

項目別履歴書の書き方

4101976_m

シングルマザーが書類選考を通過するためには、しっかりとマナーを守った履歴書が書けることが大前提です。

ここではマナーに即して履歴書を作成するうえで欠かせない、項目別の書き方について説明します。

写真

履歴書に貼付する写真は、必ず証明写真を使用しましょう。時々スナップ写真を切り取って貼っている人がいますがおすすめできません。

駅などで見かける証明写真の機械は人物の大きさや背景、仕上がりの明るさなどを計算してつくられています。

また履歴書に適したサイズを選択することもできるので、応募書類に適したものが手軽に用意できるので、カラー写真を撮影しましょう。

履歴書用の写真を撮影する際には必ずスーツを着用し、メイクはナチュラルに仕上がるように薄めにするのがポイントです。

職種にもよりますが、髪は黒またはダークブラウンといった、落ち着きが感じられる色にしておくと安心です。

学歴、職歴

4370977_m

履歴書では学歴と職歴を必ず記載しますが、1行目には「学歴」の文字を欄の中央にくるようにバランスよく書きます。

年号表記は和暦でも西暦でもかまいませんが、絶対に混在させてはいけません。

学歴を書き終わったら、次の欄の中央部分に「職歴」と記載し、これまでの正社員としての勤務経験を記載します。

職歴に記載する会社名は略すことなく、株式会社●●と正式名称で記入するのがルールです。

また入退社の年月日だけでなく、勤務先についての説明を書き添える方が心証がよくなります。

「■年■月 株式会社●●入社 小売業 従業員195名 入社後◎◎部に配属、事務業務を担当」などと記載しましょう。

学歴・職歴欄の具体的な書き方については、後で詳述します。

志望動機

企業が中途採用の選考を行うにあたり、履歴書の中で最も重視するのが志望動機です。

志望動機で必ず書かなければならないことは、応募企業に入社したいと思う熱意と入社後に役立つ人材であるという自己アピールです。

書き方のセオリーとしては、これまでの職務経歴と転職を志望した理由、入社の意気込みの順で文章を構成します。

これまでの職務経歴は、応募する企業あるいは職種に役立つ内容の方が有利です。

次に志望動機ですが、ここでは応募企業でなければならない理由を書く必要があります。

企業理念や扱っている製品やサービス、業界並びに職種など仕事を選ぶ基準は多種多様ですが、なぜその企業でなければならないかが需要です。

「正社員になりたい」「福利厚生が重質しているから」といった、自分本位の理由では採用担当者の気持ちを動かすことができません。

さらに企業研究により予想した応募企業が求める人物像に、自分がいかに近いのかを書き、役立つ人材であることをアピールします。

趣味、資格

履歴書には趣味や資格について、記載する項目も設けられています。

特に趣味は応募者の人となりを知るための手がかりになるので、注目している採用担当者は少なくありません。

「読書」や「映画鑑賞」が趣味の場合には、好きな作品名や感銘を受けたポイントを書き添えることで、人となりが伝わります。

また趣味のサークルなどに参加している場合は、その名称と簡単な説明を書き添えることをおすすめします。

資格欄については、「普通自動車第一種免許取得」を記載することは共通しますが、それ以外の資格は応募する求人に役立つものに絞ります。

世の中には様々なジャンルの資格を取得している資格マニアの人も多いですが、転職においては不利に働くリスクがあります。

資格を取得することが目的で、実務能力は低いと判断されるケースが少なくないからです。

PC関連の資格を記載する場合には、「Word、Excel、Acrobatの操作可能」など、実務レベルを書き添えるとよいでしょう。

現在勉強中のものがある場合には、「●●資格取得に向けて現在勉強中」あるいは「■月頃に取得予定」などと記載することをおすすめします。

本人希望欄

3810374_m

シングルマザーが履歴書を書く際に、一番気をつかうべき項目が「本人希望欄」です。

書類選考を通過することを考えると、「貴社の規定に従います」と記載するのが基本でしょう。

しかし入社後のことを考えると、保育園の送迎の問題で残業できる時間に制限がかかる可能性が高い女性も多いと予想されます。

履歴書には絶対に嘘を書いてはいけませんが、正直に勤務にあたって配慮してほしい事柄を記載し過ぎることはおすすめできません。

中途採用するにあたり、勤務制限が多いシングルマザーをわざわざ採用しようとは思わないものだからです。

「保育園のお迎えがあるため、残業は▲時までが希望です。しかし可能な限り調整を行い、対応させていただく所存です」と書きましょう。

シングルマザーが押さえておくべき履歴書のコツ

4370955_m

日本の母子家庭で貧困率が高い理由の一つに、非正規雇用で働くシングルマザーが多いことがあげられます。

シングルマザーが正社員として転職を果たしたいなら、書類選考通過できる履歴書に仕上げることが大事です。

ここではシングルマザーが押さえておくべき、履歴書における書き方のコツを2つ紹介します。

子どもがいても働ける環境があること

シングルマザーが履歴書の中で必ず触れておく必要があることに、「子どもがいても働ける環境があること」があげられます。

シングルマザーは一人で育てている都合上、子どもに何かあった時に休みをとる必要があると思い込んでいる採用担当者も少なくありません。

実際にはシングルマザーでも実家で生活をしているので、フルタイムで働ける人もいますし、友人などにサポートしてもらえる環境にある人もいます。

そうしたサポート体制があるシングルマザーは、他の社員と同様に働くことが可能なので、その点をしっかりアピールしましょう。

マイナスをカバーできる経歴や経験

1589221_m

シングルマザーの中には周囲にサポートしてくれる人がおらず、勤務時間に制限がかかる人も少なくありません。

しかし仕事をするにあたって時間の制約はあるものの、これまでの経歴を入社後に役立てられれば、内定するチャンスが十分にあります。

同業他社あるいは同職種での勤務経歴を入社後に生かせる場合には、それをしっかりアピールしておく方が有利です。

勤務時間が短くても成果をあげられると判断できれば、シングルマザーでも採用しようと思う企業はあります。

ワンポイント

・他の社員と同様に働くための環境があることを伝える

・応募職種の経歴をアピールすることで内定できるチャンスが広がる

シングルマザーが履歴書を書く時のポイント

3804155_m

シングルマザーが正社員転職を目指すなら確実に書類選考を通過して面接まで進めるよう、細部まで精査した履歴書を送付したいところです。

ここではシングルマザーが履歴書を作成するうえで、特に注意してほしいポイントを3つ紹介します。

学歴・職歴は細かく

学歴は最終学歴の1つ前の卒業年度から始め、最終学歴の入学と卒業を記載します。

卒業学歴が大学の場合は、学部・学科・コース・専攻も記載しましょう。中退した場合は「卒業」の代わりに「中途退学」と書きます。

学歴が中退の場合は「経済的理由により中途退学」など、理由も合わせて記載することをおすすめします。

これまで契約社員や派遣社員、パート・アルバイトとしての勤務経験がない場合は、原則的には記載しなくても問題ありません。

しかし同じ職場で長期間、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトとして勤務している場合には積極的に記入することをおすすめします。

契約社員として働いていた場合には、「■年■月 株式会社〇〇入社(契約社員)と記入するのが基本です。

派遣社員だった場合には、「■年■月 株式会社□□に派遣登録」「■年■月 株式会社△△に勤務」を記載しましょう。

パートやアルバイトとして勤務していた場合には、「■年■月 株式会社〇〇入社(パート社員)」と書きます。

パートやアルバイトの際に社会保険に加入していた時には、職歴欄にその旨を記載しておくことをおすすめします。

経歴は明確に

4022476_m

企業の採用担当者が中途採用の選考において重視するのは、入社後に役立つ就業経験を持っているか否かです。

そのため履歴書の職務経歴は、必ずチェックしています。職務経歴書を別添する場合にも、しっかり記載しましょう。

応募企業と同じ業界や職種で働いた経験がある場合には、職歴欄の中に「××の担当として、▼▼業務に従事」など具体的に記載します。

また志望動機や自己PRの中でもそうした経歴に触れ、しっかりアピールすることで面接まで進みやすくなるはずです。

空欄を作らない

シングルマザーに限らず転職のために送付する履歴書では、空欄を作らないのが大原則です。

用意されている項目によっては、記載が一文で済むところもありますが、それを活用することでアピールにつながります。

例えば自己PRにおいて「職場の方に迷惑をかけないようにがんばります」と書いただけで残りが空欄だと、定型文と思われるかもしれません。

しかし「子育て中ではありますが、過去の経験を生かして▼▼の業務では即戦力として貢献したいと考えています」と書けば、意欲が伝わります。

ワンポイント

面接まで進むためにも、履歴書の項目でしっかり自分をアピールしよう!

シングルマザー向け履歴書の記入例

1719631_m

シングルマザーは子どもがいることで勤務が安定しないと懸念される傾向が高いため、それを払拭する内容を記載するのがポイントです。

シングルマザーであっても休まず仕事ができることをアピールしたいなら、以下の記入例を参考にしてみてください。

・現在3歳の子どもがいますが、実家に戻り両親が同居しており体調を崩してもみてもらえるため、業務に支障はきたしません

・4月より子どもが小学校に入学し、就労環境が安定しました。子どもを養うためにも、よほどの事情がなければ休暇は申請しない所存です

・現在小学校5年生と2年生が体調を崩した場合を除いては、私用で職場にご迷惑をおかけすることなく就業できると考えています

仕事が決まらない理由

1726304_m

シングルマザーの中には長く転職活動を続けても、正社員採用されない人がいるのも事実です。

しかし仕事が決まらない理由は、シングルマザーであることだけではないかもしれません。

ここでは仕事が決まらない理由を3つ紹介します。

ブランクなどの経歴が邪魔する

子育てを機に専業主婦になった女性は、履歴書の職歴欄にブランクができてしまいます。

シングルマザーになったことで転職活動を始めると、このブランク期間の長さがマイナスに作用するのです。

中途採用は即戦力を求めて行われるものですから、企業は育成を前提としていません。

未経験転職の場合は業界を選ばなければ、よりハードルが高くなることが予想されます。

条件に当てはまる仕事が少ない

1862507_m

子育てのサポート体制がないシングルマザーの場合、子どもの年齢によっては勤務可能時間に制限が出てしまうケースがあります。

「飲食業なのに土日祝日は休みたい」「保育園のお迎えがあるので一切の産業ができない」などの条件が、応募できる求人を激減させます。

契約社員やパートであれば勤務にある程度融通がききますが、正社員で希望条件にかなうものを見つけるのは難しいと覚えておきましょう。

探し方が間違っている

応募する求人を探す際に求人誌や求人サイトだけを活用したり、一社を受けて落ちてから次を探したりしていると、就業は難しいです。

また年収や福利厚生を重視して求人を選り好みしていても、シングルマザーが正社員転職をするのは厳しいといわざるをえません。

女性の正社員転職に強い転職エージェントを活用するなど、求人の探し方を見直しましょう。

転職成功のために履歴書で伝えるべきポイント

1115393_m

シングルマザーが正社員転職を実現するためには、就業面で多少のマイナス面があっても採用したいと思わせる必要があります。

前述した通り社会人としてのマナーが身についており、応募者の意欲が高く、即戦力として役立つことを履歴書で伝えるのが基本です。

過去のどんな経験を生かせるので、入社後にどのように役立てるのかを、具体的に記載するよう意識しましょう。

すでに紹介した通り項目別にしっかりと記載すると共に、心を込めて丁寧に履歴書を書くことも大事なポイントです。

履歴書を書く際には以下の3つのルールを厳守してください。

ワンポイント

・誤字脱字があった場合には修正液を使わず、一から書き直す

・履歴書の文体は「ですます調」で統一する

・学校や会社の名前はすべて正式名称で書く

転職成功の可能性の高め方をチェック

3339381_m

職歴にブランクのあるシングルマザーが正社員転職を成功させるためには、まず職歴をつくるという方法もあります。

派遣会社に登録し目指す業界や職種の仕事の経験を積んだうえで、正社員転職を目指すのです。

派遣会社によっては紹介予定派遣といわれる、試用期間を設けて双方が合意すれば正社員採用される求人もあります。

また転職エージェントのサポートを受け、応募する職種に必要な資格取得を目指しながら求人を紹介してもらう方法もあります。

転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けることで、自分の適性や志向性を明確にすることで選択肢が広がる可能性もあります。

少しでも転職成功の可能性を高めるため、色々な方法を併用しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

1340979_m

近年は女性に特化したサービスを提供している、転職エージェントも少なくありません。

そうした転職エージェントを活用することで、シングルマザーでも満足できる求人に出会えるチャンスはあります。

また転職市場における自分の価値を知る機会にもなるので、地に足のついた活動が行えるようになるはずです。

応募書類の添削や面接指導も依頼できるうえ、無料で相談にのってもらえるので、まずは転職エージェントに登録しましょう。

まとめ

2508052_m

今回はシングルマザーが転職を成功させることに役立つ、履歴書の書き方を記入例を交えて解説しました。

シングルマザーは正社員転職のハードルが高いと思われがちですが、進め方によっては希望の就職を果たせる可能性はあります。

転職エージェントを活用し、自分も子どもも満足できる正社員転職を目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら