グローバル社会である現在、海外への進出を決める企業が後を絶ちません。同時に海外営業に手を挙げる希望者も多いのです。

こちらでは海外営業への転職事情など海外営業の将来性もふまえて、詳しく解説しています。

女性の海外営業に於ける役割や、転職を有利にする方法についてもお話ししています。参考にして下さい。

海外営業の将来性を解説

将来性

海外営業とは国内企業が顧客である海外の企業や代理店に対して、マーケティングや商談などを行う営業職をいいます。

国内メーカーの海外進出はめざましく、さまざまな国で多くの海外営業職が求められています

海外営業はまず海外に拠点のある企業に就職した上で、各国に赴任するか頻繁に出張してクライアントと商談を行います。

どちらにしても国内での営業とは違うスキルが必要となる業種といえるでしょう。

女性が海外で力を発揮できるという意味でも、男女の区別なく海外営業は注目されています。

将来性はある?

市場を海外に求める企業は多く海外営業への期待は高まるばかりです。将来性もやりがいもある職種です。

すでに市場開拓されている国だけでなく、これから拓けるであろう国への進出もあり海外営業はますます求められるでしょう。

世界を相手に働くというとスマートでかっこ良いイメージがあり、転職希望者も多いのですが内容はシビアです。

まず営業の相手は外国人で言葉が通じません。通常の会話に不足はなくても仕事の細かなニュアンスが伝わりにくいのです。

国によっては人の力よりも機械・コンピューターの力に重点を置く企業も少なくありません。

AIが業務を奪う?

大国ではマンパワーが主流ではない場合が多く、名刺交換をして心の機微を探りながらの営業が受け入れられにくいのが実情です。

AIが業務の主流となりすべてが機会で処理されていく様子は、まるでAIがすべての業務を奪うのではないかと思う程です。

そんな状況だからこそ我が国の細やかな営業力が、少しずつ認められているのも頷けます。

PLCの終焉

グラフ

また世界はPLC…産業用制御機器で自動制御されているようなものです。コンピューター社会といっても過言ではありません。

PLCが終焉をむかえるということはないでしょうが、機械ですからどのような事態が起きるか予測はつきません。

またすべてを機械に任せてしまい、人間の力は不要というのはどこか寒々しい感じがします。

結局人対人である

結局仕事をする上で必要なのは人の力ではないでしょうか。営業を通してその人を信頼し、人対人の繋がりを作るのが海外営業です。

これが海外営業に課せられる問題です。いかに相手に自分の提案をわかってもらえるか、信用してもらえるかということです。

言葉の壁を越え、少しずつ理解してもらい信頼関係を築くことが出来れば、海外営業ほどやりがいのある仕事はありません。

求人需要は増える?

国内企業が海外へ進出し、世界的にマーケティングを行う以上海外営業の求人需要も増えると考えます。

新卒者の場合は国内企業へ就職し、営業の基礎を学んだ後に認められれば海外赴任し海外営業を行うことが可能です。

転職者の場合、営業職というキャリアがあり尚且つ充分なスキルがあるならチャンスを与えられる機会は多いでしょう。

海外営業は男女の差がなく、女性であっても実力とやる気次第では充分に活躍できる職種となります。

海外営業への転職を希望するのなら、豊富な知識と海外営業にも強い転職エージェントの力を借りるのとよいでしょう。

海外営業の主な仕事

信頼関係

海外営業の主な仕事内容は、国内メーカーの商品を海外の顧客である企業と商談し販売することです。

その他にもマーケティングや市場開拓など。さまざまな仕事をこなす必要があるのも海外営業といえるでしょう。

取引企業のある国は先進国だけと限りません。途上国での営業の場合には言葉や民族意識の違いなども考慮しなくてはいけません。

さまざまな場所にあった営業力が必要となります。そこに海外営業の面白さと難しさがあるのです。

海外営業の現状を知ろう

モチベーションの文字、人型のピクトグラム、セーターを着た女性

海外営業の難しさは先進国だけでなく、あらゆる国へとその場所を広げていることにあるとお話ししました。

会話一つ取ってみても、細かなニュアンスはやはり伝わり難くなってしまいます。途上国での長期滞在も必要となります。

ただ海外で仕事ができて楽しそう、という気持ちで海外営業への転職を考えるのは早計です。

もちろん海外のあらゆる場所で充分に力を発揮できるというやりがいは、海外営業だからこそ得られるものでもあります。

海外市場へ進出する企業の増加

お話ししてきたように海外市場へ進出する国内企業は年々増加しています。大企業だけでなく中小企業の進出も増えています。

当然海外営業職としてたくさんの人が活躍しています。また海外営業へ転職希望する人も多くなっているのです。

広く世界へ仕事の場を求め自分の力を試したいと考え、海外営業への転職をその足掛かりとする人も多いです。

海外営業は国内の営業と営業を行うという点では同じなのですが、営業対象がまったく異なるので求められるスキルが違います。

海外営業にはどのような人が適任か、またスキルや資格が必要なのか確認していきましょう。

評価される人材とは

面接

海外営業で第一に必要なのは英語力です。もちろん赴任先によりその国の言葉が話せるに越したことはありません。

ただ共通語として英語は必須です。TOEICは少なくとも700点以上は必要です。通常の会話で不自由が無いことが前提です。

赴任先の言語が話せればそれだけ有利になります。中国語や韓国語などが話せるのも転職には大きなプラス要因となるでしょう。

海外営業に必要な資格が特にあるわけではありませんが、持っていると断然有利なのは貿易実務検定のB級程度です。

貿易実務検定で得られるスキルは、貿易に関してのみでなくマーケティングや商談まで幅広い内容となっています。

グローバルで勝負する営業の利点

営業職につくのなら、海外で充分に力を発揮したい。グローバルに働きたいと海外営業を選ぶ転職希望者は多いです。

自分の持っている資格やスキルを充分に発揮できるのが海外営業の利点です。幅広く自分なりに計画をたて動けるのも魅力です。

まったくの白紙状態から、少しずつ自分の考えや思いが受け入れられ形となっていく喜びは何ものにもかえられないものです。

生活も思考も違う海外の人との商談は大変なだけに、分かり合え商談が成功した時にはより達成感が得られるというのも利点です。

 

ワンポイント
 海外営業の現状をふまえ評価される人材を目指しましょう。

転職する人が多い職種

転職希望者多い

海外営業を希望し転職する人が選ぶ職種にはどのようなものがあるのでしょうか。

海外へ進出している国内メーカーが圧倒的ですが、女性なら保険会社の海外営業への転職も多いです。

キャリアやスキルを発揮できる職種への転職を考える人は多くその職種もさまざまです。

語学力や国際的な知識で勝負したい人は、特にスキルを活かした職種への転職を希望し各国で活躍しています。

海外営業は、自社製品や商品を広く海外の顧客に知ってもらい使ってもらうというのが主な仕事です。

海外に拠点を持つ企業は多いです。自分に合う業界を選ぶのも海外営業で力を発揮する上では必要でしょう。

企業を離れ一旦海外へ語学留学後、現地採用で海外営業職に就く人もいます。現地での生活基盤があれば転職はよりスムーズです。

海外営業のよくある転職理由

ビジネスパーソンのチーム

海外営業への転職理由はお話ししてきたように、自分の持つスキルを有意義に使いたいというものが多いのです。

せっかく資格を取ったのだからそれを活用したい、語学を仕事に活かしたいなどが転職の大きな理由です。

在籍企業は海外に活躍する拠点がないため転職を考える人が多いのです。もう少し詳しく内容を確認していきましょう。

キャリアアップしたい

今在籍している企業に不服がある訳ではないけれど、取得した資格を最大限活かせる企業で、自分のキャリアを上げたい。

ひいてはキャリアを上げることで、キャリアパスでの最終目標に着実に向かっていきたいという人もいます。

新規事業へチャレンジしたい

転職

企業の中には初めて海外進出を計画し、あたらな事業を始める会社もあります。

そういった企業へ転職し新規事業へチャレンジして自分の力を発揮したい、と新しい事業への意気込みを語る人もいます。

海外営業では、スキルを活かしキャリアアップしたいという前向きなチャレンジ精神が転職の理由となる事が多いのです。

海外企業に転職したい

転職の理由に、海外企業への転職を希望したいというものもあります。海外企業の場合は求められるスキルも当然違ってきます。

国内企業から海外営業へ出向くのではなく、海外企業の場合クライアントは海外及び日本の企業や代理店となります。

元々の企業も外資系、営業相手も外国という場合もあります。例えば語学力も通常以上のスキルを求められることが多いのです。

 

ワンポイント
 海外営業への転職理由を明確にし目標に向かうことが大切です。

転職を有利にする対策

転職有利

国内企業の海外営業も海外企業での仕事も注目すべき職種ですが、転職にはしっかりとした対策をたて臨みましょう。

転職を有利に進めるためには、しっかりと準備をする必要があります。海外営業は通常業務と違うので転職が難しいのです。

ただはっきりとした資格やスキルがある場合、転職にも当然有利となります。資格などあらかじめ取得しておくようにしましょう。

今まで携わってきた企業での業績も転職では大きなアピールポイントとなります。

自分のキャリアについてしっかりと話すことで、これからこの企業にどれだけ貢献できるかを転職先に知らせることができます。

具体的な成果を述べよう

転職希望先には、今まで自分が携わった仕事内について出来る範囲で具体的に話し、どのような成果を上げたのかを伝えましょう。

特に海外営業など特別なスキルが必要な職種においては、即戦力になるかどうかも採用の重要な鍵となります。

もちろん取得している資格や得意な言語があればしっかりと伝えることです。アピールできることはすべて出し切りましょう。

転職の理由をよく考えよう

漠然と海外営業がやってみたいから、では転職理由として弱いです。はっきりとこういう理由でと伝えなくてはいけません。

海外営業をしてどのような貢献ができるのか、どのような事をしたくて海外営業職を選んだのかをよく考えて纏めておきましょう。

海外営業は特殊な職種です。大半を海外で過ごすことになる可能性は大きいです。それなりの覚悟を持つ必要があります。

自分がどれだけの覚悟で海外営業の道に進むのか、大げさでなく熱意をしっかりと伝えることが大切なのです。

 

ワンポイント
海外営業への転職を有利にするには過去の成果を具体的にアピールしましょう。

海外営業のキャリアパス

キャリアアップの文字、ピクトグラム

 

海外営業への転職は、よほどの理由があり成功したいという強い意識がなくては難しいと考えます。

転職をキャリアアップのために希望するという人は多いですが、できればキャリアパスを頭におくようにしてください。

こういう道順を経て最終的にはこうなりたい。成功までの段階をきちんと説明できる人を企業は応援します。

企業の中にはキャリアパス制度を設けて、最終的にどうなりたいのかを意思表示できる人材を求めている会社もあるほどです。

個人個人の目標を大事にし、その目標に向かって着実に進めるようにサポートする制度で、年収も段階ごとにアップします。

やる気のある人にはどんどん目標に向かってもらい、成功して欲しいと考えているのです。

それだけにやりがいも大きいです。

 

ワンポイント
 海外営業でのキャリアパスを頭に描いて目標を定めましょう。

海外営業には資格が必要?

悩む女性

海外営業への転職はかなり難しいとお話ししましたが、特別な資格が必ず必要かというとそうでもないのです。

海外営業に必須の英会話などの語学力ですが、商談には日常会話レベルではなくかなり高度な語学力が必要です。

TOEICでは企業によって必要とする点数以上が求められます。語学に関する資格は持っていればそれだけ強みにはなります。

貿易実務検定は取得していれば海外営業には役立つ資格ですが、この資格が無ければ海外営業ができないという訳ではありません。

ただ営業職としてのキャリアを積んでいることは強みです。英語以外の語学に堪能なことも海外営業では特に有利となるでしょう。

転職相談は転職エージェントに相談しよう

面接を受ける女性

海外営業についてお話ししてきましたが、キャリアアップのために転職しグローバルに活躍したい人にはやりがいのある仕事です。

もちろん女性の進出もめざましい職種です。男女の区別なく海外での活躍が期待できる業種でもあります。

ただ海外営業への転職は特殊なだけに難しいのが実情です。海外営業への転職を希望しているなら、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントはさまざまな角度から、転職のアドバイスをしています。ぜひ活用して下さい。

まとめ

海外営業

国内企業の海外進出が多くなり、それにともないやりがいを求め海外営業への転職を希望する人が増えてきました。

女性の海外営業は女性特有の雰囲気が求められる場合もあり、グローバルに働く意欲のある人はおすすめです。

海外営業は、海外のクライアントや代理店と商談取引をする仕事で、日常会話レベル以上の語学力は必須です。

国内企業で海外に拠点を持つ会社に営業職として転職しその後海外営業となるか、現地採用され海外営業となる場合もあります。

海外営業への転職は簡単ではありませんが、転職理由をしっかりと伝え熱意を示すことが大切なのです。

転職活動には、海外営業に豊富な知識を持つ転職エージェントの力を借りることも一つの道です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら