不動産営業は女性に人気の職種の1つです。

企業によっては営業未経験でも採用しているところがあります。

今回は不動産営業を目指す女性に耳よりな企業選びのポイントや転職を成功させるコツについて紹介します。

Contents

不動産営業の女性求人の探し方を解説

資料を見る女性

不動産営業といっても居住用物件の売買や賃貸契約、投資用物件の売買そして戸建ての売買など様々です。

働き方も顧客先へ出向いての営業や不動産屋に訪ねてきた顧客の営業など企業や職種によって営業スタイルも変わります。

女性が不動産営業を目指すのであれば、まずはどんな業務形態の不動産営業をしたいかを明確にすることが大切です。

居住用物件の販売や投資用物件の販売は高収入が目指せるメリットがありますが、比較的忙しく残業も多い傾向にあります。

一方来店型のカウンター営業は年収はそこそこでスケジュール管理がしやすいメリットがあります。

家庭を持つ女性の多くは仕事と家庭を両立させたい人が多いので来店型の不動産営業を好む傾向にあります。

不動産営業の求人を目にしたらまずは仕事内容をしっかり確認し自分の理想の働き方ができそうな企業を選びましょう。

不動産営業の主な仕事内容を求人例からチェック

ここでは不動産営業の主な業務内容を求人例から確認してみましょう。

同じ不動産営業でも業務内容は多岐にわたるので自分にあった営業スタイルを探せるようにしましょう。

居住用不動産売買営業の求人例

ポイント

  • 雇用形態:正社員
  • 給与:月35万円~(未経験月25万円~※1年の使用期間あり)
  • 勤務時間:9:00~18:00
  • 勤務地:採用後決定(都内23区営業所)
  • 休日:完全週休2日制(水曜日・日曜日)

【仕事内容】

居住用リノベーション不動産の販売営業です。

HPや折り込みチラシをみて問い合わせのあった顧客や現場見学会に参加した顧客をターゲットに販売。

契約から物件引き渡し後の訪問フォローまで担当します。

【求める人材】

不動産経験者優遇

未経験者歓迎

女性歓迎

稼ぎたい営業意欲のある人、柔軟に対応できる人。

月残業50時間程度。

上記のような求人は未経験から不動産営業を目指す人には必見の求人情報です。

女性歓迎と記載があるため女性でも働きやすい職場である可能性も高いです。

正社員雇用で休みも保障されているので残業に抵抗がなく働ける女性にはおすすめの求人といえるでしょう。

投資用不動産売買営業の求人例

不動産営業女性

  • 雇用形態:業務委託
  • 給与:完全歩合制(販売利益額の50%)
  • 勤務時間:自由
  • 勤務地:自由(最低週1日は東京にあるオフィスへ出社することを推奨)

【仕事内容】

投資用不動産の販売業務。

フルコミッション制でノルマはありません。

投資用ポータルサイトに物件情報を記載して反響を待ちます。

問い合わせのあった顧客と面談し物件の説明や融資の説明を行います。

物件管理や賃貸客付についての説明や収益の見通しも案内してください。

不動産業界未経験の人も研修体制が整っているので安心してください。

【求める人材】

学歴・不動産業界経験不問不動産営業経験者優遇営業的思考で契約を取る意欲が高い人。

そして物件案内~鍵の受け渡しまでできる人。将来独立を考えている人にもお勧めです。

上記の求人はハイリスクハイリターンを求める人に向いている求人です。

完全歩合制のため自由度が高いというメリットはありますが、販売しないとお給料が入らない仕組みです。

営業に自信がある人でがつがつ働ける人に向いている求人だといえるでしょう。

業務用不動産売買営業の求人例

家とお金

  • 雇用形態:正社員
  • 給与:月給23万~
  • 勤務地:要相談
  • 勤務時間:8:40~17:00(休憩60分)
  • 休暇:完全週休2日制(土・日)

【仕事内容】

法人メインの不動産営業です。

各種不動産情報や自社のHPより問い合わせのあった顧客にたいして不動産の売却や購入の提案営業をします。

法人顧客8割:個人顧客2割で既存顧客がほどんどですので飛び込みや新規開拓業務はほぼありません。

残業もは月10時間程度です。

【求める人材】

不動産業界での経験を活かしキャリアアップを目指す人を歓迎します。

上記の求人は土日休みが希望で不動産業界で働きたい人にお勧めです。

給料はあまり高くありませんが、反響型集客方法であることと残業時間が少ないことから働きやすい職場だと想定できます。

不動産営業の求人の企業選びのポイントをチェック

これまで紹介したように不動産営業の求人内容は企業によって異なります。

転職を成功させるためには企業選びからしっかりと行う事が大切です。

ここでは自分にあった企業選びのポイントを項目別に確認していきましょう。

不動産求人の仕事内容は会社によって違う

不動産模型を持つ女性

まず前提として不動産求人の仕事ないようは企業によって幅広く異なることを認識しましょう。

扱う物件から営業方法まで多岐にわたるのが不動産業界の特徴です。

自分にあった働き方を選ぶためにも具体的にどのような選択肢があるかを知っておくことが大切です。

例えば勤務地も来店型営業は固定の勤務地ですが訪問型営業は担当エリアを訪問する必要があります。

また担当業務が物件の販売なのか賃貸契約なのかによっても難易度が大きく変わります。

大手企業か中小企業かによっても福利厚生や給与体系に大きな違いがでるのも特徴です。

営業手法も来店型と訪問型、反響営業型など様々です。

自分の理想の働き方を実現するためにも不動産求人の詳細はしっかりと読み込んで判断するようにしましょう。

給料体系をチェックしよう

お金とミニチュアの人々

給与体系も企業選びでチェックすべき重要なポイントです。

不動産業界は歩合給をつける会社も少なくありませんので固定給なのか歩合給なのかをしっかりと確認しましょう。

固定給+歩合給をつけてくれる会社は安定した給料と成果報酬ボーナスも狙えるため安定して稼ぎたい人にはおすすめです。

平均年齢と営業手法をチェック

オフィスにいる女性

企業の平均年齢と営業手法も確認すべきポイントの1つです。

平均年齢が低い会社は給料がよくても離職率が高いことや、若手の人に向いている営業手法であることが考えられます。

企業の平均年齢が低いと企業自体が立ち上げまもない企業の可能性もあります。

安定思考の人には向いていませんが、実力があれば昇進しやすかったり会社の立ち上げに深く関われるメリットなどもあります。

一方平均年齢が高めの会社は安定して長期的に働ける企業である可能性が高いです。

しかし大手や安定というメリットがある反面給料が上がりずらいなどのデメリットもあります。

項目別に優先順位を決めて自分に1番あっている企業を見つけることを意識しましょう。

 

ワンポイント

多岐にわたる不動産業だからこそさまざまな働き方が選択できます。

自分の理想に近い企業を見つけて転職を成功させましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

不動産求人の探し方

不動産業界は多くの求人を出しているため、求人の探し方も多岐にわたります。

ここでは一般的に人気な不動産求人の探し方を紹介します。

ハローワーク

グーサインの女性

会社を退職した際に多くの人が利用するのがハローワークです。

ハローワークは失業給付金の手続きだけでなく様々な求人紹介も行っています。

転職サイトにのっていない求人が探せる可能性も高いので、幅広い選択肢を持ちたい人はハローワークも上手に活用しましょう。

転職サイト

パソコンを使う女性

転職サイトは様々な求人情報をネットで公開しているリクナビNEXTやdodaなどのサイトのことです。

転職希望者が自ら求人情報を検索して応募することができます。

自分の希望や経歴スキルを登録しておくと企業側からスカウトメールが届くこともあります。

企業と応募者のマッチングをWebサイト経由で行うため、訪問型転職活動が苦手な人にはお勧めです。

しかし公開される求人に偏りがあったり、ブラック企業の求人が混ざっている可能性もあるので注意が必要です。

転職活動をするなら転職サイトの利用とエージェントの活用の2本柱で進めることをおすすめします。

転職エージェント

挨拶する女性

転職エージェントに登録して仕事を紹介してもらうというのも1つの方法です。

エージェントを利用すると自分で求人を探す手間が省けるというメリットがあります。

自分の希望を事前に伝えることで、希望に近い求人をいくつか紹介してもらえるため非常に効率よく転職活動ができます。

特に女性向けの転職エージェントは女性向けの求人を多く把握しているのでより魅力的な求人と出会える確立が高まります。

他にも書類作成や面接のサポートを受けられるメリットもあるのでこれから転職する人は登録してみましょう。

不動産営業のやりがいとは

ガッツポーズする女性

不動産営業で得られるやりがいとして代表的なのは以下のポイントです。

  • 顧客から感謝される
  • 不動産の知識が身につく
  • お金を稼げる
  • 人脈が広がる

不動産は人の人生に関わる大きな買い物です。顧客から感謝されることが多いと営業マンとして非常にやりがいを感じて働けます。

また不動産の専門知識が身についたり、売上に伴い高収入を目指せることもやりがいです。

また多くの顧客を相手にすることから人脈が広がることも不動産営業を楽しむ秘訣の1つです。

不動産営業の転職に役立つ資格

不動産営業は不動産に特化した営業ですので専門性を求められます。

企業でも不動産販売に伴い宅地建物取引士の資格保持者を雇用していないといけないなど条件があるほどです。

スムーズに不動産業界への転職を目指すのであれば資格の取得も視野にいれて準備することが大切です。

以下では不動産営業に役立つ資格を紹介しますので参考にしてみてください。

宅地建物取引士

宅建の勉強

「宅建」という名称でも知られるこの資格は不動産業で働くのであればとっておくと有利な資格です。

宅地建物取引業法について定められた国家資格です。

不動産業ではこの資格保持者を一定数雇用する義務があることから資格を持っていると転職で有利に働きます。

また資格手当として年収があがる材料にもなるので非常に人気の資格です。

試験は「一般社団法人不動産適正取引推進機構」が年1度実施する試験のため1回で合格を目指せるよう十分に準備するようにしましょう。

不動産コンサルティング技能士

家と聴診器

不動産コンサルティング技能試験は既に不動産業に従事している人に求められる少し難易度の高い資格です。

受験資格も宅建の保持者や不動産鑑定士資格登録者そして一級建築士資格登録者など限定されております。

出題範囲も広く不動産業務に関する総合的な知識と提案力を認定する資格のため取得するメリットは大きいです。

将来不動産業務管理者を目指す人や不動産関連特定投資運用業を目指す人に必要な資格でもあります。

まずは宅建から取得し、その後も不動産業に深く関わりたい人は是非取得を目指しましょう。

 

ワンポイント

資格の取得は必須ではありませんが保持していることで様々なメリットを得られます。

これから不動産業界を目指す人は資格の取得も視野にいれて転職準備をすすめましょう。

 

不動産営業の転職を成功させるコツ

不動産営業の転職を成功させるためには以下の項目を意識して転職準備をすすめてください。

人気職種でもあるため十分な準備が必要です。

まずは企業選びのポイントを参考に自分に合う不動産営業職を探しましょう。

企業の情報収集をしよう

ノートパソコンを持った女性

転職を成功させる秘訣の1つは多くの求人情報の中から自分に合った企業を探し出すスキルを身に着けることです。

まずは企業の情報収集や企業研究に力をいれ、自分の希望に合うかどうか見定めましょう。

企業の提示する求人情報は基本的な業務内容や勤怠情報、福利厚生について記載がありますが、デメリットは掲載されていません。

求人情報だけを信じるのではなく、客観的な企業研究から企業を総合的に判断する力が大切です。

自分の強みが何かを考えよう

ガッツポーズの女性

不動産営業は人気の職種でもあるため自分の強みを明確に伝えられないと採用に至りません。

面接官に採用したいと思わせる自己PRを準備することが大切です。

例えば営業に求められるスキルはコミュニケーション力、提案力そしてタイムマネージメント力など様々です。

企業の求める人物像をしっかりと把握して、それに近い内容で自己PRをすることを意識しましょう。

また自分の強みをただ伝えるだけでなく具体的なエピソードを添えて伝えることで信憑性が高まります。

面接官の興味を惹くためにも自分なりの自己PRエピソードを確立しましょう。

 

ワンポイント

やりがいは人それぞれですが、不動産営業は対人面や収入面など幅広くやりがいを感じる業界です。

まずは働きながら自分なりのやりがいをみつけましょう。

不動産営業への転職事例をご紹介

案内をする女性

ここでは不動産営業への転職事例を紹介します。

不動産業も多岐にわたるため以下事例が全てではありませんが参考にしてみてください。

どんな職歴の人でも目指せる職種ですので目標を明確にもって転職活動を行いましょう。

CASE① /30代前半・女性

公園をあるくビジネス女性

大手食品メーカーの営業からマンション販売の営業へ転職

【採用時に評価されたポイント】

  • 顧客から高い評価を得るコミュニケーション力
  • 柔軟性

【転職後のメリット】

  • 年収100万円UP
  • 不動産知識の獲得

【転職後のデメリット】

  • 休日が土日祝から平日休みへ変更

CASE② /20代後半・女性

説明する女性

営業事務から不動産仲介の来店型営業へ転職

【採用時に評価されたポイント】

  • 社内外での調整力
  • 的確な判断力

【転職後のメリット】

  • 年収200万円UP
  • 不動産知識の獲得
  • 営業スキルの獲得
  • 整ったライフワークバランス

【転職後のデメリット】

  • 時間外労働増

 

ワンポイント

どんな転職をしてもメリットとデメリットが存在するものです。

優先順位を決めて転職後のデメリットを最小限に抑えることが転職成功の秘訣となります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネス女性

転職の悩みや疑問は転職エージェントを活用して解決することをおすすめします。

転職エージェントに登録すると履歴書の添削から面接対策まで応募先企業に合格するためのアドバイスを得られます。

1人で転職するよりも効率あがりスムーズな転職を成功させることが可能です。

まだ転職エージェントを利用したことがない人は是非この機会に登録してみてください。

まとめ

家とツール

女性の不動産営業への転職の方法やポイントは明確になりましたか。

不動産営業は自立して高収入を目指したい女性に大変人気の仕事です。

また不動産は生活に欠かせないものですので、不動産の知識があることで自身の生活に活かすこともできます。

営業未経験の人も営業職を目指すのであれば不動産営業を選択肢に入れてみてください。

不動産営業で実績をつくれば他のどの業種の営業への転換もしやすくなります。

キャリアアップを目指す上でも非常に役立つ職種の1つですので、求人を見つけたら内容まで確認してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら