転職活動を始めた時、書類作成を面倒に感じる人は多いことでしょう。

その中でも「自己PRをどう書いたらいいのか浮かばない」と悩んでいる人も多いはずです。

転職活動では自己PRをしっかり書けていないと「自分」という商品をアピールすることはできません。

そこで今回は自己PRの書き出しのポイント・注意点について解説をします。

例文やNGワードを参考に、自分のことをアピールできる自己PRを作っていきましょう。

Contents

自己PRの書き出しのポイント

就職活動開始

転職において、自己PRは自身の強みを採用担当者に知ってもらうことのできる絶好のチャンスです。

書く内容は決めていざ書こうと思っても、どのような書き出しで書いたらいいのか悩む人は多いことでしょう。

自分の強みを知ってもらうためにも、しっかりと自己PRの中身を読んでもらう工夫が必要です。

ところが書き出し次第では中身を読む前に採用担当者が興味を失ってしまう可能性もあり得ます。

そうなってしまえば書類審査で十分なアピールができないまま選考に落ちてしまうでしょう。

自己PRの書き出しはポイントを押さえることで採用担当者の興味を引くことができます。

ポイントを押さえて採用担当者に印象づける自己PRの書き出しを目指しましょう。

自己PRの書き出しの重要性

自己PRの書き出しは、採用担当者の興味を引くために重要なポイントです。

まずは自己PRの書き出しを注意しないとどんなことが起きるのか、考えてみましょう。

自己PRの書き出しで印象が下がる

書類を持つ男性、悩む

自己PRの書き出しは応募者への印象が決まる重要なポイントです。

例えば、自己PRの書き出しが何を伝えようとしているか先が見えないものだったとします。

普段の会話においても、本題とずれていたり必要無い情報が最初に含まれている話は分かりにくいものです。

書類であっても同様であり、最初に何が伝えたいのかはっきりしないのであればその先を知りたいと思えないでしょう。

要領を得ない書き出しの書類は、分かりにくい書類として印象が悪くなってしまうのです。

このように採用担当者の印象を下げないよう自己PRの書き出しに注意しましょう。

その後の自己PRを読んでもらえないことも

一度印象を下げた自己PRは、その後どんなに良いことが書いてあっても全部を読んでもらえません。

採用担当者は他の応募者の書類も読まなければならないため、一人ずつの書類にかけられる時間は限られています。

書き出しで印象に残らなければその応募書類はそのまま読み飛ばされてしまうでしょう。

だからこそ、自己PRの書き出しでは採用担当者の印象に残るアピールポイントを書くことが大切です。

印象に残る自己PRなら採用担当者に最後まで文章を読んでもらうことができます。

自己PRの書き出しでアピールポイントを書こう

強みをアピールする自己PRは採用担当者に最後まで読んでもらう必要があります。

そのためには、自己PRの書き出しにアピールポイントを書くことが大切です。

具体的にどのような書き方が良いのかを考えましょう。

自分が伝えたいことを簡潔に

ノートとパソコン

自己PRは自分の強みを採用担当者に伝える文章です。

しかし、アピールしたい強みがたくさんあると文章も長くなってしまいます。

また強みをたくさん書き連ねても、どれが一番のアピールポイントなのかが分かりにくい文章になってしまいます。

自己PRの書き出しには、まずは一番の強みや伝えたいことを簡潔に書きましょう。

何が一番伝えたいのかが採用担当者に一目で分かるため、印象に残る文章になります。

その後にその強みを裏付けるエピソードを書くことで採用担当者に好印象を持ってもらえるでしょう。

自信を持って言い切ろう

自己PRを書く際、自分の強みだとは思うけれど謙遜や遠慮をして言い切ることは避けている人もいるかもしれません。

しかし、自分に対して自信の無さそうな文章では採用担当者の興味を引くことはできないでしょう。

自分に自信が持てない人よりは、自信を持っている人の方が仕事への意欲も伝わります。

「自分」という商品に自信を持って自己PRを書くことが大切です。

仕事で自分の強みを活かしたエピソードを書いても、自信がない文章ではアピールはできません。

自分の強みに自信を持って書き出しに書き、「これまでこうした経験を積んだからこんなことができます」と続けましょう。

 

ワンポイント
自信を持って簡潔に言い切ることで前向きな印象を与えることができる。

自己PRの書き出しはありきたりな強みは避けよう

転職

自己PRの書き出しにアピールポイントを書くことで採用担当者の印象に残りやすくなります。

ですがありきたりな強みは避けるべきです。

結論として、ありきたりな強みでは、採用担当者の印象に残らないからです。

例えば「コミュニケーション」・「真面目」・「協調性」など、誰でもあてはまりそうな強みでは採用担当者の印象には残りません。

採用担当者は多くの応募の中から採用する数人程度を選ぶため、応募書類の時点で応募者をふるいにかけています。

応募書類の時点で他の応募者と似たようなありきたりな内容しか書けていなければ、その時点で採用担当者は興味を無くしてしまいます。

他の応募者の中に埋もれてしまわないよう採用担当者が続きを読みたいと感じる書き出しを書きましょう。

 

ワンポイント
他の応募者との差別化ができる強みを探そう。

自己PRの書き出し例文

採用担当者に最後まで自己PRを読んでもらうために、アピールポイントを簡潔にした文章はどのような書き方なのでしょうか。

自己PRの書き出しの例文として下記の文章を用意いたしましたので、ぜひ参考にしてください。

例文1:営業事務での自己PRの書き出し

パソコン作業をする女性

私の強みは、10名ほどの営業所で培った事務スキルです。

営業事務として働く中で、担当案件の書類作成のさらなる効率化を目指し、MOSの資格を取得しました。

Excelを使いこなすことで日々の業務にかかる時間を短縮できました。

さらに余裕ができた分、資料を分かりやすくまとめるなどの作業に時間をあて、誰もが使いやすい資料の作成を行っております。

今では営業事務の業務以外に、新人研修のExcelの講師として研修資料の作成や講義を行っています。

例文2:営業での自己PRの書き出し

打ち合わせをする女性

私は法人営業で培ったリサーチ力が強みです。

営業として自社商品だけではなく他社の動向にも注目し、常に業界やニーズの変化を敏感に捉えることを心がけております。

さらに業務以外で異業種コミュニティに参加し、自分の視野を広げる活動も行いました。

その行動が実を結び、部内でも月間の契約数で上位に食い込むことができました。

例文3:アパレル販売の自己PRの書き出し

アパレル販売で培った提案力が私の強みです。

新商品やサービスはまずは自分でそのサービスを受け、実際の良い点・悪い点を把握することを心がけています。

その情報を活かし、顧客目線を常に意識した提案を行ってきました。

お客様にもご好評いただき、その結果エリア内で売上数1位を獲得しました。

例文4:ヘルプデスクの自己PRの書き出し

私は前職でじゃヘルプデスクの仕事を経験し、顧客折衝力を向上させました。

お客様からのいただいた問い合わせの内容を正確に理解し、的確に回答することを常に心がけております。

その結果、お客様からのアンケートで「満足した」の回答を部署内で一番多くいただくことができました。

自己PRの書き出しの注意点と例

自己PRでは、書き出しが重要であることをお伝えしました。続いて自己PRの書き出しについて注意する点を紹介します。

嘘を書くのはNG

バツを出す女性

当たり前の話ではありますが、自己PRで嘘を書くのはNGです。

例えば、経験をしていない仕事のエピソードや実際の仕事の成果とは違うことを書くなどです。

またチームで行った業務を一人で行ったように書くのもやめましょう。

あまりにも応募書類とかけ離れた自己PRの場合、採用担当者に不審に思われてしまいます。

いくら選考を通過したいとはいえ、嘘を吐けばそれがバレた時に信頼を大きく損ねることになるでしょう。

また、万が一採用されたら嘘を吐き通さなければならなくなるために余計な苦労をするのは自分です。

嘘を吐かずに強みをしっかりアピールすることを意識して自己PRを作成しましょう。

マイナスイメージのものは避けよう

面接官

自分が強みだと思っているアピールポイントでも、表現によってはマイナスイメージになってしまうものもあります。

例えば「時間をかけて丁寧に仕事をする」ことが自分の強みの場合を考えてみましょう。

これを「マイペースに仕事をすることで、ミスを減らす」と書いたとします。

自分のペースで仕事をしているので、仕事が遅いのではないかという逆の側面の印象を相手に与えてしまう場合があります。

「考える時間がもったいないので、スピード感を持って対応する」と書くのもおすすめしません。

この場合は特に考えなく雑な仕事をしているのではないかという印象を持たれかねません。

採用担当者が読んだときにマイナスイメージを印象付ける表現にならないように注意しましょう。

自己PRの書き出しNG例

自己PRの書き出しとして、どんな文章がNGになるのかを考えてみましょう。

先ほどの、マイナスイメージとなる表現を使った例文では以下のようなものが挙げられます。

「私は営業スタッフを行っていました。見積書・提案書などを作成し、時間をかけ丁寧に行いました」

「エンジニアをしています。マイペースに仕事をすることにより、業務のミスを減らせることが私の強みです」

「アパレルの販売員として、スピード感を持って仕事をすることが私の強みです。これまでお客様をお待たせすることがありませんでした」

どの例文もアピールできていそうです。しかしどれも主観的なエピソードのためマイナスイメージとなります。

また、採用担当者によっては仕事の仕方に不安を持ってしまうエピソードになることも考えられます。

自己PRが思い浮かばない時は?

オフィス、考える女性

自己PRの書き出しのポイントを押さえられたとしても、本題の中身が思い浮かばないという悩みを抱えている方がいるかもしれません。

その場合は自分の仕事の内容を思い出す、自分の経験の棚卸しを行いましょう。

まずは出社から業務が終わるまでにさまざまな仕事を思い出してください。

毎日のルーティーンワーク・会議の準備・資料の作成を振り返りましょう。

不定期の仕事も忘れずに思い出し、全てノートに書き出してみてください。

日々の仕事の中で自分が注意していたことや経験から得られたこと、成長したことを思い出しましょう。

これらを全て書き出し、文字にすることで自分の強みやそれに繋がるエピソードがみえてきます。

 

ワンポイント
自分の強みを知るためには自己分析が重要。

自己PRで意識しておくこと

自己PRは自分のことを知らない採用担当者に強く印象を持たせることができるものです。

「自分」という商品を採用担当者に売り込むために、自己PRで意識したいポイントを解説します。

エピソードは具体的にしよう

リラックス

応募書類の1つである職務経歴書には「職歴」が書いてあります。

職歴としては事務や営業など他の人と被ることはあるでしょう。

しかし例えば一言で「事務」と書いていても、実際の業務内容は企業によって違うものです。

事務の業務内容は電話対応・スケジュール調整・書類作成・社内対応など様々ですが、どの程度担当していたのかは人それぞれ異なります。

自己PRはそうした書類上の「職歴」からは汲み取れない実際の経験と自分の強みを絡めて書きましょう。

具体的なエピソードによって自身の強みをビジネスの場でどう活かしていたのかをアピールできます。

もし前職の業務の中で身につけた強みならば、身につけるきっかけになった業務に絡めたエピソードを書くとよりアピールできるでしょう。

仕事にどう活かせるかアピール

事務作業をする女性

自己PRの文章の中に、具体的なエピソードで得た強みが、応募企業でどう活かせるかをアピールしましょう。

いくら印象的なエピソードでも、自分の強みがその企業で活かすことができなければ、意味はありません。

企業で活かせる強みを知るためには、求人情報や企業のホームページなどを参考にした応募企業についての徹底的な研究が必要です。

企業への理解が深まることで、その企業の中で強みを活かせるシーンがみえてくるでしょう。

また、具体的にどのような場面で強みを活かせるのかを述べることで、採用担当者が応募者の働く姿をイメージしやすくなります。

どのように働いてくれるのかが想像できることで好印象を持ってもらえるでしょう。

 

ワンポイント
強みを活かして働く姿がイメージできる自己PRを目指そう。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

相談

自己PRの書き方が分かっても、上手く書けなかったり書類選考に通過できないという人もいるでしょう。

そんな時は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは転職対策のサポートをしてくれる存在です。

面談をしながら、職歴や強みをまとめ、自己PRの書き方をサポートしてくれるでしょう。

また、自分に合った企業に転職できるように応募書類の添削も行うので頼りになります。

自己PRの書き方や自分の強みを発見するなどの転職対策には、転職エージェントを活用するのは効果的です。

自己PRは一人で考えるだけでなく第三者からのアドバイスをもらうことで、違った視点から強みを見つけることもできます。

転職エージェントをうまく活用しながら、自分の強みがアピールできる自己PRを完成させましょう。

まとめ

笑顔の女性

自分の強みを文章にするのは、非常に難しいことですが、自己PRは重要なアピールポイントであるのは間違いありません。

就職できる人数が限られている以上、他の応募者と同じ自己PRでは書類選考を通過するのは難しいのです。

今回解説した書き出しの書き方やNGの例文を参考にし、自分の強みをアピールする自己PRの作成を目指しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら