転職を考える際に少しでも良い条件で新しい会社に就職したいと考える方は多いです。

どのように転職活動をすれば満足のいく条件で働けるのかその方法が分からず不安に思う方がいらっしゃるかもしれません。

この記事では正規雇用を目指して転職を考えている女性に条件交渉の方法を解説しています。

条件交渉のタイミングや採用担当者に悪い印象を与えないためのポイントも紹介しますので是非参考にしてください。

女性の転職に役立つ条件交渉術を解説

交渉

転職を希望する女性にとって「仕事内容」「年収」「休日や残業手当などの待遇」など気になる条件は多いです。

そうした条件について企業側と話し合うのが条件交渉です。

交渉をスムーズに行うことで希望する条件で働ける可能性が上がります。

そのためにも転職時にこれは絶対聞いておきたい条件を確認しておきましょう。

 

ワンポイント
自分が聞いておきたい条件を確認しよう。

転職時に交渉する条件は何?

ポイント

転職時に交渉する条件を見ていきましょう。

年収

お金

年収に関しては「前職給与を考慮の上、当社規定により優遇」など求人時に提示されている場合が多いです。

条件交渉する際は具体的な金額を提示してもらいましょう。

その会社に採用されたら実際にいくら貰えるのかを聞いてください。

「月々の給与額は前職に比べてアップするのか」「年収は以前より下がることはないか」確認しておきましょう。

賞与に関しては企業側の業績によって変動します。

「今年は賞与の支給対象となるのか」「昨年の賞与の支給実績はあるのかどうか」といった質問にとどめておく方が無難です。

交渉の前には希望する待遇を考慮してください。

そのうえで具体的な年収額を聞き、自分が希望する年収と条件が合うのかどうか伝えましょう。

入社日

スケジュール

入社日に関しても解説していきます。

転職活動をする女性の多くが内定を貰ってから現在の職場に退職の意志を伝えることになるでしょう。

退職日が決定したら転職先の企業に退職日や入社可能日を伝えます。

もし退職日が決まっていない場合はあやふやな情報を伝えることは控えましょう。

退職日と入社可能日を適当に伝えるのはNGです。

求人を出す企業側は内定した人にできるだけ早く入社して働いて欲しいと考えています。

適当な日を伝えたうえでその約束を守れないとなると、働き出す前から企業側を困らせてしまう結果になってしまうでしょう。

企業側から提示された日程を見てスケジュール的に無理があると感じた場合は入社日の交渉を行ってください。

退職手続きや仕事の引継ぎなど退職時に発生する調整期間を念頭に置いて転職先の企業側と話し合います。

入社後のポジション

女性

入社後にどんな仕事をするのか・どんなポジションで仕事をするのかは特に気になる方もいらっしゃるかもしれません。

望んでいた仕事ではなかった・こんなポジションで仕事をしたくないと後悔しないようにしっかり確認しておく必要があります。

もし条件交渉で困りごとがありましたら転職エージェントにご相談ください。

休日や各種手当などの待遇面

資料

休日や各種手当などの待遇面も押さえておきたい条件のひとつです。

特に知っておきたいポイントは在籍社員の有給休暇取得率やひと月の平均休暇数になります。

手当に関しては「住宅手当」「通勤手当」「家族手当」など自分がどの手当の対象になるのかしっかり確認しておきましょう。

条件交渉のタイミングは?

会話

条件交渉のタイミングはいくつかあります。

内定が出る前

まだ内定の決定もされていない面接の場でいきなり入社後の条件交渉をするのはNGです。

採用担当者は「内定を出してもいないのに内定後の話をするのか?」と悪い印象を持ってしまうかもしれません。

内定が出る前は応募時やそれぞれの面接時に条件交渉をするのがベストです。

ただしこの場合でも自分の希望を企業側に伝える程度にとどめておきましょう。

内定が出た後

面接

内定が出た後はオファー面談で条件交渉をするのがベストタイミングです。

しかし内定が出て早々に「年収を前職よりも上げて欲しい」などといった条件交渉をするのはおすすめできません。

企業側に「お金のことばかり考えている人」だと思われてしまいせっかく内定が出たのに悪い印象を持たれてしまいます。

面談では企業側が入社後の条件内容について話を切り出すまで待ってください。

話が出たら「こういうところはどうなっているのでしょうか」と条件内容について尋ねてみましょう。

 

ワンポイント
条件交渉のタイミングは面接や内定後のオファー面談。

転職内定前に条件交渉する時の流れの例

女性

転職内定前の場合は応募時や一次面接時・二次面接・最終面接時に条件交渉をしましょう。

応募する時は企業側に提出する履歴書の「希望給与欄」に具体的な希望年収や相談したいことを記入します。

一次面接時時は残業や賞与などの待遇面などを確認し前職の給与がいくらだったかを説明しましょう。

そのうえで自分はどれぐらいの給与を希望するのか企業側に提示します。

二次面接・最終面接時にも希望給与額を提示し、希望する給与が貰えるのであれば内定を受ける可能性が高いことを伝えましょう。

 

ワンポイント
転職内定前の条件交渉は応募時や面接時で適切な条件の提示をしよう。

転職内定後に条件交渉する時の流れの例

ポイント

内定が決定しましたら採用通知から3日以内に内定受諾の返事を行いオファー面談を実施したいと企業側に依頼します。

採用通知とともに郵送される「労働条件通知書」に記載された勤務条件はオファー面談前や入社前に必ず確認しましょう。

オファー面談では企業側と勤務条件について再確認し希望条件を提示します。

その際交渉した条件の返答期限を設定しましょう。

 

ワンポイント
オファー面談では条件の返答期限を設定しましょう。

採用担当者に悪い印象を与えない条件交渉のポイント

笑顔で

採用担当者に悪い印象を与えないためのポイントも紹介します。

話し合いを意識しよう

話し合い

採用担当者と条件交渉する際に気持ちが焦ってしまうと自分の希望条件や主張ばかりを話してしまいます。

自分の希望条件を主張するのではなく、あくまで企業側に相談するスタンスを保って条件交渉するようにしましょう。

企業側に「自分の立場をわきまえて、きちんと交渉できる人」と感じてもらうことができます。

聞くべきところは聞いて話すべきところで話すことを意識してください。

採用担当者と話し合いをしているのだということを心がけましょう。

根拠のある交渉をすること

オッケー

採用担当者の「その条件を希望する理由」を問う質問に対する返答に迷う方もいらっしゃるかもしれません。

条件交渉に不慣れな方ほど給与や待遇面の根拠のない優遇を求めてしまいます。

交渉で大事なことは企業側とともに納得がいく結論を導き出すことです。

転職希望者が企業の提示する条件以上のものを求める際には根拠の提示も必要になります。

希望する条件に見合った人物であるという根拠がないと企業側も納得できず希望する条件は当然通りません。

必ず「自分は貴社に貢献することができる。そのためこの条件を認めて欲しい」と根拠のある条件交渉をしましょう。

条件交渉は優先順位をつけよう

ポイント

転職活動するにあたってなぜ転職しようと思ったのかを考えることは大切です。

転職希望者にはそれぞれ自分の希望条件があります。

ですが自分が希望する条件にピッタリ合う企業と巡り合うのはそう簡単なものではありません。

転職活動する方は「転職先の企業は希望が叶う、叶わない」というふうにそれぞれの企業を比較します。

そのうえで「自分が転職する際に何を重視するのか」という条件を絞り込んでいくことが多いです。

条件交渉する際も同様に自分が重視する条件の中で優先すべき順位をつけてみてください。

そうすることにより希望条件をスムーズに伝えられます。

条件交渉の際の注意点

注意

それでは条件交渉の注意点も見ていきましょう。

相場とかけ離れた年収を提示しない

資料

年収や給与アップを希望して転職する女性は多いです。

しかし単純にどれくらいの年収・給与が欲しいという考えだけでは企業側に希望条件を受け入れてもらえません。

あまりにも相場からかけ離れたものであれば企業側から「世間知らずな人だ」と悪い印象を抱かれてしまいます。

条件交渉の場で希望年収を提示する際は転職先の企業が属する業界や職種の求人情報を調べてください。

平均年収を知った上で現実的な希望年収を提示するようにしましょう。

履歴書に「貴社規定に従います」と記載するのは避けよう

女性

内定が決まったあとに履歴書へ「貴社規定に従います」と記載してはいけません。

転職する女性側が規定に従うと宣言したことで、企業側と条件交渉できなくなってしまうからです。

履歴書には印象を悪くしないためにも「応相談」と記載するようにしましょう。

転職の条件交渉をメールで行う場合

時間や距離の都合で条件交渉をメールで行う場合もあります。

その時になって慌てないようにポイントを確認しておきましょう。

転職の条件交渉をメールで行う場合について解説します。

メールの例やポイントも紹介しますので参考にしてください。

スマホ

オファー面談を実施しない会社もある

企業が内定者と雇用条件などを最終確認するオファー面談ですが実は実施しない会社もあるので注意が必要です。

実はオファー面談に法的決まりはなく企業がオファー面談を行う・行わないは自由に決められます。

企業によっては「労働条件通知書」の通知だけしてオファー面談を行わない場合もあるようです。

その場合最終面接までに企業と十分な意志の疎通を図っておくことが重要になります。

しっかりと意志の疎通ができていればオファー面談をしなくても安心して入社できます。

ただしオファー面談なしの場合でも、内定後には労働条件通知書を必ず受け取り内容を確認しておきましょう。

条件交渉メールの例とポイント

メール

内定後、直接交渉に行く時間がなかなか取れない人や住んでいる場所が遠いため直近で訪問することが難しい人もいます。

このような場合はメールで転職時の給与交渉を切り出しましょう。

転職先が未経験職種の場合は大幅に給料を上げてもらうことが困難です。

そのため前職の給与水準と転職先の仕事に対する熱意自分の価値を伝える文面を送ることがポイントになります。

メールの文には「年収のご再考をお願いしたく存じます」「年収〇〇万円を希望いたします」といった内容を盛り込みましょう。

既に職務経験がある転職先の場合は職務スキル経験価値を記載します。

それに加えて具体的に年収がいくら欲しいのか提示しましょう。

「ご提示いただいた月給〇〇万円を月給〇〇万円としてご検討いただけないでしょうか」という文を参考にしてください。

さらに具体的な職務スキルの経験と価値を記載してください。

転職先が遠くて直接給与交渉に伺えない場合の例文もご紹介します。

「遠方地に住んでいる関係上、メールにてお伝えする失礼をお許しください」といった文章を付け加えるのが良いでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

転職の悩みは転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。

転職活動をする際の不安や悩みを誰かに相談したいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

職場の同僚に相談した場合は思わぬところに情報が漏れてしまい波風が立ってしまう可能性があります。

友人や家族に相談する場合は情報が漏れるリスクは少ないですがどうしても個人の主観での会話となるでしょう。

個人の主観を元にした会話では建設的な意見や冷静な市場分析などのサポートが満足にはできません。

転職エージェントは転職のプロです。

業界や転職市場についての最新情報・転職のノウハウを豊富に持っています。

転職の悩みをプロ目線で聞いてアドバイスされたい女性には転職エージェントへの相談がオススメです。

まとめ

話し合い

給与交渉や給与を含めた待遇面の条件交渉は原則として内定後に行うものです。

条件交渉をするためにはいくつかのポイントがあります。

自分が希望する条件にはその待遇に見合った自分であるという根拠を示してください。

企業側に相談するスタンスを保って条件交渉をしましょう。

もし何か疑問があれば転職エージェントにご相談ください。

転職のプロである転職エージェントは転職に関する不安や悩みを一緒に解決してくれます。

不安や悩みを解決してより良い転職活動を行いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら