退職をした日付と転職して新しく入社した日付の決定には、十分に気をつけておく必要があります。

退職日と入社日の間に空白期間がある場合に、どのようなことを注意したらよいのでしょうか?

保険や年金などのさまざまな手続きについて解説していきます。

退職日と入社日が空く場合の注意点

パソコンとノートの画像

転職活動といえば、内定をもらうことに集中して行動をします。

やがて、内定が出て落ち着いた頃になったら、いつ現職を辞めるのかを決めなくてはなりません。

転職が決定した場合に、退職日と転職先の入社日についてはしっかり調整しておくことが重要です。

とくに退職日と入社日の間に空白期間があると、場合によってはいくつかのデメリットが生じてしまいます。

今回は転職後の入社日の調整について、社会保険などの各種手続きを中心に解説していきます。

退職日の決定は慎重に考えよう

スマホとパソコンの画像

転職活動が無事に終わっていよいよ新しい会社へ入社という時期には、退職日と入社日との関係性をはっきりさせておく必要があります。

つまり、いつどのようなタイミングで退職日を決めれば、スムーズに転職先へ移行できるのかを慎重に考えなくてはなりません。

例えば、前職での有給消化なども含めて退職日がはっきり決まったとします。

その後同じ月内に新しい職場への入社日も決まっているのであれば、ほぼ問題なくさまざまな手続きが完了できるはずです。

しかし、退職日を過ぎてからしばらく日数が経過しているような場合は、空白期間が発生しています。

その間の年金などの手続きがあやふやな状態だと、その後にリスクが生じることもあるからです。

無料転職相談をして転職を実現させよう

年金に空白期間ができるとどうなる?

ノートの画像

それまでは前職にて厚生年金に加入していた人がほとんどだったはずです。

しかし、転職が1ヶ月以内に完了していない場合は、一時的にも個人事業主・フリーランスと同じ扱いになります。

なかなか転職先が決まっていない期間が長かったという人も含め、国民年金・国民健康保険への切り替えをしておく必要があるのです。

では、空白期間が長かった場合にどうなるのかを解説していきましょう。

保険料は?

手続きの画像

もし国民年金・国民健康保険への加入に切り替えていない状態で空白期間が長いと、医療費用がかかる場合に保険が適用されません。

つまり、社会保険や国民健康保険に加入することで負担を軽くしていた医療費用を全額負担することになってしまいます。

全額負担はかなり高額になるので気をつけましょう。

また、年金未加入期間が長いと、老後に受け取れる年金の額に影響が出てしまい、万金で受け取ることが不可能になることもあります。

給料の手取りは?

退職日と入社日との間に空白期間があると、給与の手取り額が変化する場合があります。

これは住民税のシステムとの関係で発生する可能性があるのです。住民税の支払い方法は普通徴収・特別徴収の2種類があります。

普通徴収とは直接役所に納付書で支払います。

特別徴収は給与天引きで会社が支払うので、一般的な会社員はこの方法で行われているはずです。

ただし、特別徴収は退職の時期やタイミング次第で、最後の給与から数ヶ月分を一括控除されてしまうというデメリットがあります。

退職した最終月の手取りがかなり安くなてしまうこともあり得るのです。

注意してほしいのは、1月から4月の間で退職した場合です。

どうしても住民税の天引き上のきまりで、この期間をまとめて納めなくてはなりません。

詳しいことは、前職での会計に詳しい人物に確認しておくことが大切です。

ワンポイント
年金に空白期間があると満額で年金がもらえなくなることがある
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


退職後の健康保険の手続きについて

データの画像

企業で働く正社員の多くは社会保険に加入しています。会社と折半しながら、保険料を毎月給与から引かれているのが通常です。

もし退職したら、健康保険の資格は退職日翌日から喪失します。

そのため退職した翌日からは、普段利用していた健康保険が使えなくなるのです。

例えば、歯科医などに通院している最中だとしてら、改めて健康保険の手続きが要ります。

では、退職後にはどのような手続きを経て健康保険を維持すればよいのでしょうか?

退職日の翌日から働く場合は安心

最も理想的な流れは、退職翌日より転職先に入社して勤務するという方法です。

この場合では、厚生年金保険にそのまま継続して加入している状態とされます。

各種手続きについては前職・転職先の会社がすべて行うため、自ら出向く手間なども一切ありません。

また、退職した翌日からは厚生年金保険の資格喪失にはなりますが、1ヶ月の間で転職していれば、厚生年金保険などの空白期間が生じません。

できれば、退職日から1ヶ月以内に、新しい職場へ入社することをおすすめします。

入社日まで日が空く場合は手続きが必要

もし退職後に空白となる離職期間が1ヶ月を越えてある場合は、国民年金・国民健康保険への切り替えの手続きが必要です。

健康保険の手続きをし忘れた状態では、医療保険にまったく加入していないことになります。

病気やケガなどで受診・通院・入院をすることになるとしたら、治療費全額自己負担をしなくてはならないのです。

無料転職相談をして新しい生き方を始めよう

退職後自分でする手続きを紹介

会議室の画像

退職後にすぐ入社日が決まっていれば、特に自ら手続きをする必要はありません。

転職先企業にて引継いで厚生年金・社会保険が適応されます。

しかし、転職先が決まらない状態や長期休暇などで空白期間が長くなるのであれば別です。

退職後の各種保険・税金の手続きは自分で行わなければなりません。ここでは自分で行う手続きの詳細について解説していきましょう。

国民健康保険に加入する場合の手続き

前職を辞めた翌日から健康保険が失効されます。そこで退職時に「健康保険被保険者資格喪失証明書」を受け取ることになります。

次の新しい会社へ早期に入社すれば、会社側で手続き代行してくれるので問題はありません。

ところが1日でも空白があれば、国民健康保険へ加入手続きを自分で行う必要が出てきます。

届け出る場所は市区町村の役所にある国民健康保険窓口です。退職日より14日以内に用紙に記入し提出します。

その際は健康保険被保険者資格喪失証明書・印鑑を忘れずに持参しましょう。

また保険料を自動振り替えにする場合には、銀行の通帳と銀行印も必要となります。

任意継続で加入する場合の手続き

パソコンの画像

通常ならば退職をすると社会保険が失効されてしまいます。

しかし、ある一定条件を満たした場合には退社後も最長2年間は社会保険を継続できます。

任意継続の条件としては、失効以前に2カ月以上の社会保険加入歴があることと、退職後20以内であることです。

届け出先としては、協会けんぽの都道府県支部にて請け負っています。

任意継続被保険者資格取得申出書に必要事項を記入して提出すれば完了です。

もし在職中に手続きをするのであれば会社側で代行できる場合もあります。事前に確かめてみましょう。

被扶養者になる場合の手続き

もし配偶者や親・子供といった扶養家族が健康保険に加入していれば、そこへ扶養家族として追加で加入ができます。

再就職をしない場合や低所得であれば被扶養者として手続きをすることも可能です。

条件としては、同居している場合は、年収130万円未満で被保険者の年齢より低ければ対象になります。

また同居していない場合は、年収が130万円未満で、被保険者からの援助額より低いことが条件です。

社会保険に加入している家族が自分の勤務先に申請すれば手続きができます。

ワンポイント
退職後にブランクがある場合は国民健康保険へ自分で加入すること

退職後の年金・所得税・住民税について

電卓の画像

退職後に空白期間がある場合には、健康保険の他にもさまざまな税金などについても変更手続きをすることになります。

その中でも代表的なのは、年金・所得税・住民税です。ではそれらの具体的なその後の対処方法について解説していきましょう。

年金の手続き

退職したら翌日より厚生年金や共済年金などの資格が失効となります。その後はいつ転職先に入社するかによりけりです。

スムーズに退職翌日に入社日となれば会社で手続きを続投してくれます。

ところが、そうではない場合は国民年金へ切り替える必要が出てくるのです。

国民年金の手続きは本人が行ないます。退職日より14日以内に最寄りの役所へ伺うようにしましょう。

所得税の手続き

小銭と電卓の画像

一般的な企業に勤めていれば、所得税は前払い方式として給与から天引きされています。

年初に1年間の収入を想定しながら、一定の税率で毎月分割しているシステムです。

もし退職した場合には、転職をいつしたのかで異なります。

年内に再就職していれば、年末調整を会社が手続きするので、用紙記入と提出に従えば問題ありません。

また、年内に再就職しなかった場合、自身で確定申告を行うことになります。

住民税の手続き

住民税は後払い式の税金です。前年1月から12月の1年間の所得を下にし、翌年の6月から翌々年5月の期間で納めることがルールです。

退職したとしても、前年所得に対する支払いが発生します。

また、先述にもあるように1月から4月の間で退職した場合には、まとめて最後の給与から差し引かれてしまいます。

退職時の給与の手取りが減ってしまうということを覚えておきましょう。

無料転職相談をして新しい仕事を始めよう

退職日と入社日の調整方法について

陽に向かう女性の画像

転職活動をする際に気になるのは、現職をいつ退職日にし、新天地の入社日を決定させるかということです。

円滑に滞りなく転職を成功させるためには、退職日と入社日のタイミングと、各種手続きのことも考慮し調整する必要があります。

では、どのようなことをポイントにしたらよいのでしょうか?

余裕をもって退職を申し出る

まず退職の申し出は、必ず余裕を持って早めに伝えるようにしましょう。

その時期については、就業規則などに定められているはずです。

引き継ぎなど退職に向けた作業のことも想定されています。一般的には、退職希望日より1ヶ月前に申し出るのが常識です。

その際は、直属の上司に申し出るようにしましょう。

選考段階で入社可能日を聞かれた場合の答え方

転職のタイミングは、退職日と入社日との調整をしながら、会社と自分にとって最適な日程を決めるべきでしょう。

もし応募先企業より、入社時・可能日について質問されたら、現職との関連性を考慮しながら具体的な日程を示すのがマナーです。

一般的には、在職中ならば内定後1カ月半から2カ月後くらいを目安にするのが標準です。

本音では、転職先企業もできるだけ早く来てほしいと考えているでしょう。

そのため、入社時期をあまり先延ばしにすると意欲が低い人物と思われるかもしれません。

引き継ぎなどでやむを得えない理由がある場合は事情を説明しておきましょう。

不安な場合は転職エージェントに相談する

もし退職日と入社日の都合上で問題点や不安がある場合には、転職エージェントに登録して相談してもよいでしょう。

それに転職エージェントに紹介されて内定が出た企業であれば、企業と応募者の希望を上手にマッチングしてくれます。

もし入社時期についての変更が生じそうになったら、転職エージェントが企業間に立って調整を行ってくれます。

ワンポイント
転職活動後の退職手続きは速やかに対応すること
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


退職日と入社日の調整のポイントを押さえて無駄なく転職しよう

パソコンを打つ女性の画像

転職活を終えて退職日と入社日を決定する段階になると、移行するための手続きにかかる手間や時間についても考慮する必要があります。

とくに健康保険・年金に関する手続きはスムーズに行ないたいものです。

そのためにも、退職日と入社日との間のブランクがあまりないほうが無難だといえます。

もちろん、多少の休暇を取ってリフレッシュしてから新天地に臨もうというのもよいことです。

その場合でも、最低限の手続きだけは忘れずに行なっておくようにしましょう。

ワンポイント
退職日と入社日との間はなるべくブランクを出さないよう計画すること

転職での疑問は転職エージェントに相談しよう

ビルディングの画像

転職にはさまざまな手続きが入ってくるため、誰しも不安や悩みが浮上しがちです。

円滑な転職活動をしながらスムーズに成功させたいという人は、ぜひ転職エージェントに登録して活用することをおすすめします。

転職エージェントは転職についてのスペシャリストです。

求人案件のことだけではなく、転職前後に関わってくる各種手続きについてもアドバイスをしてくれます。

まとめ

タブレットを見る画像

転活動を始める時は、社内外にて手続きが多く発生します。なかなか慣れる対象ではないので、大変に感じるかもしれません。

しかし税金や年金などの重要な手続きとなるため、1つずつ確実に行うよう心掛けましょう。

もし問題があれば速やかに役所などに相談すれば、適切な指示をしてくれるはずです。

とにかく速やかに行動をするようにしましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!