「他の応募者がいるから安心!」と、つい油断してしまうのが集団面接です。

転職の選考でも実施されることがある集団面接では、個人面接以上に事前準備によって大きな差がつきます。

一人一人に割り振られる時間が少ない中で、どのように振る舞えば面接官の印象に残れるでしょうか。

本記事では、グループ面接の特徴や効果的に伝わる話し方、正しい準備の仕方を解説していきます。

集団面接で回答時間が短くてもアピールする方法を解説

 

女性 面接応募者多数の中で実施される集団面接では、一人当たりに与えられる回答時間がおよそ30秒から1分と少ないのが特徴です。

必死にアピールしようという意気込みが余って、自分の順番で喋り過ぎてしまうのには十分注意しましょう。

「周りのことを考えられない」「話を簡潔にまとめる力が無い」などマイナスの評価を受けてしまうこともあります。

では限られた時間の中で、最大限に自分の良い印象を面接官に残すにはどのように振る舞えば良いでしょうか

目立ち過ぎず、埋もれ過ぎない。そんなグループ面接におけるアピール方法のコツをご紹介しましょう。

集団面接の特徴は?

面接

グループ面接ではマナーや他の応募者への配慮など様々なことに気を遣う必要があり、個人面接とは違った難しさがあります。

特に初めての場合は、しっかり自分をアピール出来ずに終わってしまうこともあり得るでしょう。

ここでは、どのようなポイントに注意すべきか考える前に集団面接の特徴をおさらいしておきます。

他の応募者の影響を受けやすい

単独で質問に答える個人面接とは違い、他の就活生の話を一緒に聞き、自分の話も全員に聞かれるのが集団面接です。

常に「比較されている」と感じる状況下で、他の就活生の回答や面接室の空気感に流されてしまうのはどうしても避けられません。

前の回答に合わせて方向修正が必要であったり、自分が用意していた回答を先に言われてしまうこともあります。

自分の前の回答者がとても優秀なために、プレッシャーを感じて縮こまってしまうパターンもあるでしょう。

場慣れしていない人にとっては、それだけでも普段の力を出せない原因となってしまうのです。

突然回答の順番が変わったりする

「他の就活生の回答中に内容を考えられるから、順番が後ろだと有利!」という考えは、残念ですが当たっていません。

今まで規則性があるように思えた回答の順番が、突然変えられることはよく発生するのです。

他にも、答えがまとまった人から順番に就活生の方から挙手をして回答をする方式が取られる場合もあります。

しっかり準備をしていないと、突然の指名で頭が真っ白になってしまうことでしょう。

 

ワンポイント
集団面接では、想定外のことに冷静に対処する力が求められます。

集団面接で面接官が見ていることは

面接

複数の就活生を同時に審査するグループ面接において、面接官はどんなポイントを見ているのでしょうか。

一般にグループ面接は選考の初期段階で実施されることが多いため、通過した先には個人面接が待っています。

もう一度会いたいと思われるように、面接官がチェックしているポイントを押さえて正しく準備しましょう。

マナーや身だしなみ

スーツの男女

入退室時のマナーや元気な挨拶が出来ているか、清潔感のある髪型や服装か、背筋が曲がっていないか。

どれも社会人としては当たり前の礼儀ですが、面接官が一番初めに評価をするのはマナーや身だしなみです。

これが出来ていないだけで、どんなに話の内容が良くても落とされてしまうこともあります。

これらのマナーはグループ面接の時だけでなく、個人面接や入社後にも求められる基本的な礼儀です。

改めて確認して、必ず身に着けておきましょう。

コミュニケーション能力

次に面接官が見るポイントは、コミュニケーション能力です。

これは単に自分と面接官とのやり取りだけではなく、集団の中でのコミュニケーションも評価対象となります。

コミュニケーションとは話す力だけではありません。

自分の順番以外の時に「他の就活生の話を聞く姿勢」も、チェックされるポイントとなるのです。

例えば軽く相づちを打ちながら聞くなど、常に全員の話に耳を傾けている印象を面接官に与えると効果的です。

自分が話している間だけが評価対象ではないので、集中力を決して無くさないように注意しましょう。

柔軟な対応ができるか

他の就活生の影響を受けてしまう集団面接では、その場の空気に合わせた柔軟な対応が求められます。

自分だけがスポットライトを浴びる個人面接とは違い、他の就活生が作る空気の中で予想外のことがしばしば発生します。

そのような状況下において、就活生が臨機応変な対応でどのように乗り切るのかを面接官は見たいのです。

ここでの立ち振る舞いが、社会の現場でも柔軟に問題解決していく力があるのかを判断する材料になります。

準備したアピールだけに縛られずに、冷静に周りを見て対応出来るように心構えをしておきたいところです。

集団面接で気をつけるべきポイント

マルとバツ

ここまでで、グループ面接の特徴や面接官が見ているポイントをご紹介しました。

それを踏まえて、どのようなことに意識をすれば面接官に好印象を与えられるのか具体的に考えていきましょう。

簡潔に話そう

自分の回答時間が限られている集団面接では、いかに効果的に自分をアピールするかを考えるのはまず重要なことでしょう。

しかし、肝心なのは「いかに簡潔に」それを伝えるかということです。

一人一人の持ち時間が制限されている中でまとまりの無い長い話をしてしまうと、他の就活生にも迷惑が掛かります。

「独りよがり」「自己中心的」といった悪い評価を下されないように、少ない時間でも分かりやすく伝わる回答をする必要があります。

具体的な方法としては、結論から話すように意識しましょう。

これは「ロジカルトーク」と呼ばれる話し方で、話の主旨が相手に伝わりやすくビジネスの場面では常識的に使われています。

あらかじめ聞かれそうな質問をリストアップしておき、短くまとめて回答出来るように準備しておきましょう。

第一印象が重要

第一印象

自分の話す時間が少ないグループ面接においては、第一印象でいかに良い評価を受けるかが非常に重要です。

第一印象は、出会ってから最初の10秒で決定すると言われています。

入室時のマナー・挨拶時の表情・第一声など、面接開始直後の時点である程度の評価が定まってしまうのです。

第一印象も重要なアピールポイントの一つですので、面接前に改めて確認する習慣をつけましょう。

他の応募者の意見に流されない

グループ面接において、他の就活生からの影響を受けてしまうのはある程度避けられません。

それでも、大勢いる応募者の中で面接官の印象に残るためには、自分の意思を貫くことも重要です。

例えば自分の前の回答者に秀逸な回答を披露されると、自分の意見に不安を感じてしまうこともあるでしょう。

そんな時も、決して他人に合わせたりせず自信をもって自分の意見を答えましょう。

空気を読んで合わせる柔軟性も必要ですが、自分の中の芯がぶれてしまうと話の説得力が無くなってしまいます。

 

ワンポイント
他の応募者への配慮も重要ですが、影響を受けすぎないように注意しましょう。

集団面接でよくある質問を紹介

自己紹介する女性

ここまでくれば、グループ面接に臨むに当たって必要なことが見えてきましたね。

最も大事なのは「事前の準備」でしょう。

自分のマナーや身だしなみを整えておくことはもちろん、自分の意見をしっかり準備しておけば予期せぬ状況にも動じずに対応出来ます。

下記では、グループ面接において特に聞かれることが多い質問と回答例をご紹介します。

自己紹介

グループ面接以外に、個人面接でもほぼ確実に聞かれる最初の質問が自己紹介(自己PR)です。

ここでも本当に伝えたいポイントを絞って話すように心がけましょう。

特に新卒の採用試験とは違い、転職の場合は「どのような活躍が出来るのか」をより具体的に伝える力が求められます。

実績の数字や、会社に残した成果などがあれば効果的です。

<回答例>

○○と申します。よろしくお願いいたします。

前職では薬品関係の会社でルートセールスを担当しておりました。

こちらからの積極的な提案を心がけており、特に意識していたのは受け身にならないような仕事です。

その成果で、昨年の売り上げ目標は180%の達成率を記録し社内で表彰を受けることが出来ました。

提案営業力を生かし、御社の営業部でマネージャーを目指して励みたいと思っています。

志望動機

志望動機もかなり高い頻度で聞かれる定番の質問です。主旨が伝わりやすいように結論から話すロジカルトークを意識しましょう。

「競合他社ではなく、なぜうちなのか。」「しっかりと会社や仕事の内容を調べ理解して応募してきているのか。」

そんなポイントを面接官は知りたがっています。

企業研究を時間を掛けて行った上で、「御社でなければならない理由」を情熱をもって伝えると好印象です。

<回答例>

幅広い商材を扱う中で、お客様一人一人に合わせた、より効果的な提案をしたいと考えたからです。

前職では取り扱う商材の幅が狭く、選択肢が限られている中での提案をしてきました。

そのような提案ではお客様のニーズに対して本当に適した問題解決が出来ず、口惜しさを感じる場面もありました。

一定の分野に縛られず特に幅広い商材を取り扱う御社でなら、よりお客様に寄り添った解決が出来るのではと考え志望しています。

前職で身に着けたヒアリング力を生かして、引き出しの多い営業として実績を作りたいと思っています。

強みと弱み

長所 短所

もう一つ頻出の質問が、強みと弱みを聞かれる内容でしょう。

特に強みとして伝えた方が良いとされているのは、「問題解決力」・「提案力」といったような業種や職種に関らず生かせる能力です。

これも具体的な実績の数字などの「根拠」を併せて伝えると説得力が出ます。

また弱みについては、自分のことをどれくらい客観視出来ているのかというポイントを面接官は見ています。

足りていない部分を素直に認めた上で、「改善するためにこのような努力をしている」という内容も盛り込みましょう。

<回答例>

私の強みは、お客様の問題を引き出すヒアリング力です。

前職の経験では、相手の心を開かせるために先ずは自分から心を最大限に開くことを意識しました。

その結果、多くのお客様から担当の指名を受けることが出来、人柄も評価していただけました。

弱みは、新規開拓営業の力が不足していることです。

前職の経験のような固定のお客様との関係を深める営業とは違い、より幅広い業界の人と短い時間で関係を作る力が必要だと考えています。

タクシーでは積極的に運転手に話しかけたりと、普段の生活の中で雑談力を磨いています。

集団面接の入室や退室のマナー

お辞儀する女性

第一印象も重要なアピールポイントであることは前述の通りですが、入室時や退室時にどのようなマナーがあるのでしょうか。

ここでは具体的な入退室マナーをおさらいしておきましょう。しっかり振る舞えば面接官に好印象を与えられるチャンスでもあります。

入室時のマナー

①ドアノック:先頭の場合、ドアは必ず3回ノックしましょう。

②入室:「どうぞ」と聞こえたらドアを開けて、その場で「失礼します」と一礼してから部屋に入ります。

最後尾の場合は、面接官にお尻を向けないように注意しながら、両手でドアを閉めましょう。

③着席:椅子の前(もしくは横)に立ち、全員の入室が終わるまで待機します。

「お座りください」と言われたら、「失礼します」と一礼をして着席をしましょう。

退室時のマナー

①起立:椅子の横に全員が立ったのを確認したら、「本日はありがとうございました」と頭を下げてお礼を伝えます。

②退室前の挨拶:ドアの前についたらもう一度面接官の方を見て「失礼します」と一礼をします。

③退室:一呼吸おいたら、ドアを開けて静かに部屋を出ましょう。ドアが勝手に閉まる時は、次の人が出るまで手で押さえておくのがマナーです。

集団面接の注意点

ポイント

グループ面接では、複数の就活生と一緒に面接を受けることになります。

ライバルでもありますが、他の応募者にも気を遣えるように動ければその良い印象は面接官にも残ります。

特に集団面接では「協調性」も評価される重要なポイントです。

面接官に対してはもちろん、他の就活生に対しても礼儀を忘れないように注意しましょう。

 

ワンポイント
面接官への配慮だけでなく、他の応募者への礼儀も評価対象になります。

集団面接での逆質問のポイント

ポイント

面接も終盤に差し掛かったころ、「最後に何か質問はありますか」と問いかけられることが一般に多くあります。

逆質問と呼ばれるこの問いかけも、短い面接時間の中では審査の対象となりますので油断は禁物です。

この質問の内容を受けて面接官は会社への入社意欲や志望度をチェックしています。

しっかり企業研究をした上で気の利いた質問が出来れば、良い印象を面接官に与えられるでしょう。

ポイントはホームページ上などで簡単に調べられる内容を質問しないことです。

会社のことを調べていないと自白するようなものなので、志望度が低いと評価されてしまいます。

また、グループ面接では他の応募者と質問が被らないようにしなければいけません。

自分の意見も盛り込んだ個性のある質問内容を4~5つ程度準備しておけば、本番で焦らずに済むでしょう。

 

ワンポイント
逆質問も重要なアピールチャンスです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ノートパソコンを見る女性

グループ面接では、個人面接とは違い事前にどれだけ準備したかの差が出てしまいます。

大切なのは事前に質問の回答をまとめておくことと、それを簡潔に話す練習です。

特に他の就活生の影響を受けてしまいやすい集団面接では、回答内容を作るだけでなくそれをアウトプットする(話す)練習が最重要です。

そうはいっても、回答をまとめる時間が無かったり練習する相手がいないなど準備を進める難しさもあることでしょう。

そんな悩みがある時には、転職エージェントに相談することをお勧めします。

志望企業からされそうな質問に対する適切な回答をアドバイスしてもらえる上に、模擬面接も個別対応してくれるので話す練習も存分に可能です。

これらのサービスは無料で展開されているものが多いですので、事前準備の第一歩と思って一度登録してみると良いでしょう。

まとめ

ビルの前の女性

集団面接の持つ、個人面接とは違った難しさを解説してきました。

他の就活生をライバルだと意識しすぎず、柔軟に対応出来るように準備したいですね。

短い時間の中で最大限に、且つ「つつましく」アピール出来れば必ず面接官の目に留まることでしょう。

ここで身に着けたマナーや簡潔な話し方は、必ず今後の人生でも役立ってきます。

時には転職エージェントと一緒に悩みながら、万全の準備を整えましょう!

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら