代理店営業というとみなさんはどのような職業を思い浮かべますか?

一般的には広告代理店保険の代理店などが有名ではないかと思われます。

しかし実は他にも様々な業界・職種に代理店営業があることはなかなか知られていません。

そんな代理店営業に転職する際の志望動機はどんなものがあるのでしょうか?

今回の記事ではそこに関して志望動機を書く際の注意点や例文と共に解説します。

ポイントをしっかり知ることで面接で焦らなくて済むので是非参考にしてください。

代理店営業の志望動機の書き方を解説

執筆

代理店営業の志望動機を考える前にまず大事なことを考えなければなりません。

それは「なぜ自分で直接営業販売をしないのか?」ということです。

確かに直営業の方が利益率や客単価は高く商品の管理も目が届きやすいでしょう。

しかし直営業だと人件費や教育費など膨大なコストを割かなければなりません。

また近年問題になっている反社会的勢力による闇営業のリスクもあるのです。

そういうデメリットを代理店営業にすることで防ぐという効果があります。

そして何より代理店営業は市場を一気に拡大できるというメリットがあるのです。

まずこの仕組みを理解するところから代理店営業への転職が始まります。

代理店営業を知る

上記したように代理店営業には直営業にはない独自の魅力があります。

ここでは更に理解を深めるために代理店営業とは何か?について解説しましょう。

代理店営業の仕事内容

仕事内容

代理店営業の仕事は自社商品サービスの販売代理店の開拓やそのサポート業務です。

このシステムを用いているのは以下の業界・職種になります。

  • 広告業界(インターネット広告を含む)
  • IT業界(システム開発もしくはツール系)
  • 金融、保険業界
  • 食品メーカー
  • 工業機械メーカー

代理店営業の魅力は何といってもパートナー企業クライアントとの強い信頼関係にあります。

その上で注意しなければならないのはクライアントがきちんした営業をしてくれるかどうかです。

代理店側の気持ちをしっかり組んだ営業・販売をしてくれる会社には立派なキーマンがいます。

その一方で管理体制が甘くなかなか営業・販売に力を入れてくれない会社もあるのです。

その辺りはきちんと取引先との相性などを見極めて関係性を構築しなけれななりません。

しかし取引先と良好な関係を築くことができれば、ビジネスチャンスが大きく広がります。

取り扱う商品が保険や携帯電話などとても身近な社会インフラであることが多いのも魅力でしょう。

代理店営業の年収

年収

代理店営業の年収はお世辞にも他の営業職と比較して高いとはいえません

特に30代にはかなり伸び悩み、100万近くも差が開いてしまうこともあるのです。

理由は1人で担当できる代理店の数には限界があり、売上が伸びにくいことにあります。

つまり初期段階で大きく伸ばすとはよくてもそこから先の上昇が難しいのです。

自社の製品を直接販売しているわけではないため利益率が下がる傾向にあります。

そういう事情があるので本社に無許可で値段を下げて販売するということもあるのです。

こうした仕組みのデメリットが年収の低さと関係し、離職率が高いことと関係しています。

 

ワンポイント
企業との長期的関係を築けるが、年収という点で厳しい

代理店営業に求められる人物像

そんな厳しい実情がある代理店営業ですが、どのような人物像が求められるのでしょうか?

PCスキル

PC

まず具体的かつ実用的なスキルとして挙げられるのが一般的なPCスキルです。

代理店向営業は講習会やイベントを開くことも多く、資料や報告書を作る機会も多くあります。

そのためWord・Excel・PowerPointなど一通りのPCスキルや文書作成力が必要です。

また、普段から語彙力をしっかり身に付けて言葉を磨いておくといいでしょう。

販売店の営業に同行して一緒に顧客に会う場合にも活用できるものだからです。

ましてや今はどんな仕事もIT化が進んでいるので益々PCスキルは欠かせません。

課題解決能力

課題解決

2つ目に大事なのが営業職やコンサルタントに必要な課題解決能力です。

クライアントの抱える課題に耳を傾けて現状を冷静に分析する必要があります。

そしてその分析を基に改善案や解決策を素早く提示する力が求められるのです。

営業というと、マシンガントークのように口達者な人が得意そうなイメージがあるでしょう。

間違いではありませんが、それはあくまでも傾聴の姿勢が根底にあればこそです。

聞き上手は話し上手」という諺があるように、相手に寄り添う姿勢が必要とされます。

お客様から大事な情報や潜在意識で望むものを引き出せてこそ結果が出せるのです。

 

ワンポイント
・まずPCスキルの基礎能力が求められる
・クライアントの要望を聞き課題を解決する力こそが代理店には必要

代理店営業の志望動機を書く時のポイント

書く

それでは代理店営業の志望動機を書く時のポイントは何でしょうか?

応募した職種と企業を選んだ理由を明確にする

まずは基本中の基本ですが、応募職種と企業を選んだ理由を明確にしてください。

同じ代理店営業でも広告業界かIT業界か金融・保険業界かで大きく異なります。

代理店営業は直接の販売をしない特殊な営業職なので、その動機もやや特殊です。

だからこそまずは徹底した自己分析と企業研究が必要になります。

その企業の代理店営業でなければならない理由をしっかり詰めて考えましょう。

この根拠づけが明確になっていないと仮に採用されても入社後に苦労してしまいます。

前職の経験と関連づける

そして2つ目に前職の経験や実績と関連づけて志望動機を作成してください。

同じ代理店営業の転職であれば比較的簡単に動機付けができるでしょう。

コミュニケーションや課題解決能力などは大きなアピールポイントになります。

またIT業界で働いているとPCスキルも身につくので有利ではないでしょうか。

未経験から代理店営業に転職する場合は前職との共通点を探してください。

例えば人材サービスやコンサルティング業界で得た力は代理店営業に大きく役立ちます。

また同業種であった場合は商品への知識理解などが強みになるのです。

 

ワンポイント
・まず志望する業界と職種の理由を明確にする
・前職の経験やスキルで代理店営業に活かせるものを活用する

代理店営業の志望動機の例文を紹介

志望動機

それでは実際に代理店営業の志望動機の例文を紹介します。

これから代理店営業に転職したい方は参考にしてください。

例1

「私は以前○○業界の販促やプロモーション動画を手掛ける会社に勤めていました。

クライアントの業績向上に貢献でき最終的な売り上げは150%アップを達成したのです。

そこで貴社のような広告代理店でより幅広い広告物に携わりたいという思いが強くなりました。

他社にはないWeb広告の先進的な技術や方法論など新しい手法と環境に可能性を感じています。

前職で培った販促やプロモーション動画の経験を生かしより多くのお客様を豊かにします。」

同業界の転職として、前職の経験をしっかり反映させた見事な志望動機です。

150%アップという具体的な実績成果を出しているところも魅力的でしょう。

例2

「携帯電話を通じて多くの人の生活を豊かにするという貴社の理念に強く共感しました。

貴社が制作・販売なさった〇〇という商品広告に惹かれ実際に今も使用させて頂いています。

その魅力をブログで発信しているうちに多くの人がアクセスし、この商品の魅力を広げることができました。

この経験を活かして貴社の商品の魅力をもっと多くの人に届けたいと思うようになったのです。

貴社独自の広告ノウハウを習得しクライアントや貴社の業績向上に貢献いたします。」

未経験でありながらブログで商品の魅力を説明するという経験をうまく結びつけています。

志望動機としてはやや変則的ですが、商品紹介という点で共通点を見出している好例です。

例3

「私は前職でITコンサルタントとして実に多くの顧客と関わりました。

その中で多かった顧客の悩みは「業務をより効率化できる仕組み作り」だったのです。

その時に私が紹介したのが貴社が広告宣伝なさっていた〇〇というアプリソフトでした。

これまでにない画期的な仕組みに驚かされると同時に改善点なども見受けられたのです。

この経験を活かして貴社の商品の魅力をもっと高めて世に広げる形で売り上げ向上に貢献します。」

同業界のITコンサルタントからの転職という形で書かれた志望動機です。

商品の魅力と同時に改善点などにも触れ、更にそれを広げめるなど目標が明確になっています。

志望動機を書く時の注意点

それでは志望動機を書く時の注意点は何でしょうか?

構成を意識する

文章

まず志望動機を書く上で最も大切なのは構成を意識するということです。

具体的には以下の要素が挙げられます。

  • 志望する理由と具体的なエピソード
  • 前職から培った自分ができること・強み
  • なぜその会社でなければ実現できないこと
  • 最後の一文の締め方

これらの要素をきちんと満たすことで初めて採用担当者にアピールできる志望動機になります。

そして最も大切なのが最後の締め方をどうするかということです。

どれだけ素敵な志望動機を作ったとしても最後で決められなければ印象に残りません。

応募先の企業でどのように活躍するのかを明確にしてください。

漠然とした内容はNG

失敗

そして2つ目に漠然とした内容を書くのはNGなのでやめてください。

代理店営業の場合その多くは具体的な商品を扱う企業が多いです。

そのため志望動機においても具体性のある説明が求められます。

つまり商品説明の文章力を志望動機で試されているのです。

そのため漠然とした内容だと商品の魅力をうまく伝えられない人と見なされます。

書類審査で落とされないようにするためにも具体的に掘り下げましょう。

 

ワンポイント
とにかく具体的かつ構成がわかりやすい志望動機を書くこと

代理店営業の志望動機NG例を紹介

失敗

それでは上記の例とは逆に代理店営業の志望動機NG例を2つほど紹介します。

例1

「自分の夢を叶える為に貴社を志望しました。

貴社の提唱している新しい技術やビジネスモデルは業界の主流になると思っています。

そのノウハウをしっかり吸収し学んだ上で将来は独立して会社を立ち上げたいのです。

そのためにはここで勉強することもまた視野を広げることに繋がると思います。

入社した暁には貴社の事業に貢献しますのでよろしくお願いいたします。」

最もありがちな動機の1つが「夢を叶えるため」というものです。

この書き方だと転職先を通過点踏み台としか思っていないように見えます。

企業が求めるものはあくまでも長期にわたって働いてくれることです。

独立したいのであれば自分で会社を立ち上げればいいということになるでしょう。

例2

「前職で貴社のコンサルタントを担当した時にスカウトされたからです。

以前から貴社の商品には興味があり、もっと伸ばすようヒアリングをしていました。

その時に「弊社に来ませんか?」というお声がけを頂いたのです。

調べてみたところ勤務場所も近い上に給与などの待遇も素敵でした。

とてもいい条件だったので是非貴社の事業に貢献させていただきます。」

最も敬遠されるタイプの志望動機であり、こういうものを書いてはいけません。

スカウトされたことが事実でもそれは有効な志望動機にはならないのです。

また勤務場所や給与なども志望動機としては明らかなNGになってしまいます。

全体的に応募先の企業を見下しており、尊敬の念がまるで感じられません。

代理店営業の面接でよく聞かれること

面接

代理店営業の面接でよく聞かれることは様々ありますが、大体以下のような質問です。

  • 予想外の質問(例「じゃあこの広告に載っている商品の魅力を説明してくれる?」)
  • 発想力を試す質問(例「あなたが記者なら私にどんなインタビューをしますか?」)
  • 忍耐力や覚悟を問う質問(例「うちめちゃくちゃ大変だけど大丈夫か?」)

特に広告業界や保険業界などは業界の構造自体も特殊なので、ユニークな質問が多くなります。

その時にどれだけ柔軟性やセンスのある返しができるかが見られているのです。

従来の質問だけでは図れないような無茶振り質問が多くなるので気をつけてください。

逆にいえば、普段からそのように考える習慣・癖があるかどうかが問われているのです。

転職活動のお悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

このように代理店営業だけではなく転職活動もその中身は様々あります。

どうしても悩みが解決できない方は是非転職エージェントに相談してみてください。

プロならではの視点で様々なアドバイスや転職活動のノウハウをもらえます。

また代理店営業でも表には出回っていない非公開求人を紹介してくれることもあるのです。

転職活動の悩みをクリアにして是非とも理想のキャリアを実現しましょう。

まとめ

代理店営業

いかがでしたか?

今回は代理店営業に転職するときの志望動機の書き方を解説してきました。

代理店営業は非常に具体的な商品や形があるため、志望動機を作ること自体は難しくありません。

しかし「なぜその会社でなければならないのか?」を含め様々な質問に対する答えを考える必要があります。

一見簡単なようでいて突き詰めると実に奥深い世界であることに気づくのではないでしょうか。

改めて自分がその業界・職種を目指す意義を考え整理して万全の態勢で臨んでください。

本稿が代理店営業の転職活動のお役に立てば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら