個人情報の保護機密情報の管理など情報社会において情報の管理を行うことは重要になっています。

文書情報管理士は個人情報などの知識を保有しているため企業からの求人も多くあります。

この記事では文章情報管理士の求人の探し方について解説します。

文章情報管理士の将来性についても紹介しますので参考にしてください。

文書情報管理士の求人の探し方について解説

パソコンとペン

企業にとって情報管理の資格を保有している人材は重要です。

企業にとって情報は命ともいえます。

その情報を安全に管理できるスキルを保有している文章情報管理士の求人はインターネットでも探すことができます。

官公庁の書類管理の仕事から大手企業の事務まで幅広く求人が出されているのも特徴です。

インターネットだけでなく転職サイトに登録して転職エージェントから求人を紹介してもらうという方法も検討してみましょう。

文書情報管理士の求人情報から仕事内容をチェック

メモを取る女性

実際の求人から文章管理士の仕事内容についてみていきましょう。

在宅勤務可能な仕事などもあり子育て中でもチャレンジできる求人もあります。

未経験歓迎で官公庁の書類チェック

官公庁系の書類を確認するデスクワークの求人です。

勤務地:東京都

出勤日:シフト制(月〜日の週5日勤務)

勤務時間:9時から18時

時給:1500円※日払いOK

仕事内容:企業からの申請書類のチェックと入力、書類の仕分けやスキャニング

応募資格:未経験歓迎、PCでの文字入力ができればOK

派遣勤務ではありますが、時給が高く人気の求人です。

官公庁系の書類チェックであることから文書情報管理士の資格があれば採用の可能性が高くなります。

大手企業での営業サポート事務

ファイルの束

大手企業で営業担当の事務処理全般のサポートをするお仕事です。

勤務地:東京都

出勤日:月〜金

勤務時間:9時30分から18時

時給:月収28万円

仕事内容:営業部の事務処理全般のサポート業務で、売上情報の入力や請求書の発行など

応募資格:同企業での就業経験があること

大手企業での営業サポート業務であるため情報管理が重要視されます。

文書情報管理士の資格があればスキルの証明になるでしょう。

在宅勤務ありのWeb広告の運用アシスタント

Web広告制作会社でのアシスタント業務です。

勤務地:東京都

出勤日:月〜金

勤務時間:10時から19時 在宅勤務あり

時給:時給1900円

仕事内容:Web広告の運用作業(入稿、入札、予算管理)、Web広告の配信結果分析業務レポート作成

報告書作成クライアントへのメール送付業務など

応募資格:Web広告の運用に携わった経験

Web上に掲載する情報の作成、管理の仕事です。

Web上での情報管理はいつでも誰でも閲覧できるという点で慎重に行う必要があります。

そのため文書情報管理士の資格を保有していれば有利でしょう。

 

ワンポイント
文書情報管理士の求人を探すなら転職エージェントの活用がおすすめです。

文書情報管理士の求人状況は?

ファイルを持つ女性

文書情報管理士として働きたい場合、ネット上で求人を検索してもなかなかヒットしないでしょう。

文書情報管理士の求人状況の現状について解説します。

文書情報管理士としての募集は少ない

文書情報管理士として企業に採用される確率は非常い少ないと考えておきましょう。

見つかったとしても派遣や契約社員というケースも少なくありません。

企業において文書情報管理士という名称で人材を募集することが少ないからというのが理由です。

機密情報を扱う職種の付加価値として

辞書とノート

文書情報管理士はすでに機密情報などを取り扱う業務を行っている人が保有するとよい資格です。

この資格だけで就職をみつけることは個人ではかなり困難だと考えておきましょう。

大手企業や官公庁などでの事務職に転職を希望している場合に付加価値として取得しておくとよいといえます。

たとえば、多くの官公庁や自治体では書類を電子化する業務を民間企業に委託しているのが現状です。

その入札条件として文書情報管理士の有資格者が在籍していることがあげられています。

このような場合に資格を保有していれば、官公庁や各自治体からの業務を獲得できる可能性が高まるでしょう。

 

無料転職相談をして転職活動をスムーズに進めよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


文書情報管理士の特徴

パソコンとノート

文書情報管理士の特徴について解説します。

企業で取り扱う紙の文書全般をパソコンの画面などでみられる状態にするための技術を学ぶのがこの資格の特徴です。

書類保存に関連した法律や規格などの知識も身につけることができる民間資格となります。

2級・1級・上級の3種類

文書情報管理士は、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が2001年から実施している民間資格です。

試験区分は2級、1級、上級の3種類になります。

年間受験者はおおよそ700人と民間資格のなかでもマイナーな部類に入る資格です。

ただし年々、受験者が増加傾向にある点は注目点になります。

試験は年に2回開催されています。

7月中旬から8月中旬、12月中旬から1月上旬頃の開催です。

試験会場は全国に250カ所以上あります。

合否は試験が終了してすぐにわかるため試験会場を出る前に確認して帰るようにしましょう。

独学でも合格できる可能性がある

すべての級はマークシート形式が採用されてます。

2級の合格率は80%前後とされておりほぼ全員が合格できる難易度です。

2級では文書情報管理の基礎的な知識が問われます。

電子化文書関連、マイクロ写真関連の基礎知識および実技能力、文書情報マネジメントに関わるハードウェア

こうした内容が2級で問われます。

1級では2級の知識を有していることを前提により専門的で行動な知識や技術が求められます。

上級では最新の知識と技術が必要です。

それらの知識を活かして情報を分析し本質を捉える能力が必要となるでしょう。

取得後の有効期限は5年間

パソコン作業をする人

文書情報管理士の資格は5年ごとに更新が必要となります。

文書情報は常に新しくなり、それにともなう技術も次々と開発されているのが現状です。

これにともない法律や規格も変更されます。

そのため変化に対応できるスキルを保有していることを証明するために更新手続きを行話なくてはなりません。

有効期限までに更新手続きをしなければ資格が失効されるため注意が必要です。

 

ワンポイント
民間資格で5年ごとに更新が必要なのが文書情報管理士の資格です。

文書情報管理士の求人を探すには転職エージェントを活用する

会社の書庫

文書情報管理士の求人は自分で探してもなかなかヒットしないのが現状です。

ではどのようにして求人を探せばよいのでしょうか。

文書情報管理士として働きたい場合には、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは転職のプロです。

探したい求人条件を提示することで豊富な情報の中から自分にあった求人を紹介してもらうことも可能です。

求人紹介だけでなく履歴書の書き方や面接の練習などにもアドバイスをもらうことができる点が魅力です。

 

無料転職相談をして文書情報管理士の求人を見つけよう

 

この資格の活かし方は?

パソコンとメガネ

文書情報管理士の資格はどのような場合に活かすことができるのでしょうか。

転職をするにあたり、資格の活かし方もしっかりと理解しておくことが大切です。

文書情報管理士の資格の活かし方について解説します。

資格手当がある会社がある

文書を電子化すること自体はさほど難しい技術は必要とされません。

問題となるのは、電子化する際に発生する法令です。

企業内で取り扱う文書は多岐にわたり企業内では法制度とも密接に関わる資料もあるでしょう。

書類を破棄する場合にもどの資料を破棄してもよいのかを判断するには法制度の知識が求められるケースもあります。

このような場合に文書情報管理士の資格を保有していると企業内で優遇されることもあるでしょう。

企業によっては資格手当を支給しているところもあります。

転職先にこうした手当があるかどうかを事前に確認することも大切です。

文書処理能力検定と併せて活用する

メガネとパソコン

文書情報管理士の資格と同時に取得しておきたい資格に文書処理能力検定があります。

文書処理能力検定は、ワープロや表計算の正確さとスピードを証明する検定です。

ワープロ部門表計算部門の2部門にわかれているため必要な検定から受験することも可能です。

文書情報を正確かつ迅速に処理できるスキルがあることを明示することができます。

文書情報管理士の資格と併せて保有することで文書管理、廃棄、作成も正確に行えることが証明されるでしょう。

 

ワンポイント
文書情報管理士と同時に取得したいのは文書処理能力検定です。

文書情報管理士を取得するメリットは?

シュレッダー

文書情報管理士の資格を取得することで得られるメリットはどこにあるのでしょうか。

資格を取得して得られるメリットについて詳しく解説します。

入札に参加できる

文章情報管理士の資格を取得することで得られる1番のメリットは官公庁や自治体などが行う入札に参加できる点です。

文書を電子化する業務の入札に参加するには文書情報管理士の資格保有者が在籍していることが条件になるケースが多くあります。

入札を行う企業に勤めている場合には資格の保有が有利になるでしょう。

企業内の文書をペーパーレス化できる

企業では多くの資料が作成されます。

すべてをペーパーで管理していると膨大なファイルがたまっていくでしょう。

これらを電子化することができれば企業内の文章をペーパーレス化することができます。

オフィスを整理するという点でも利便性の向上につながるでしょう。

さらに社員間で電子データを共有すれば情報の検索も効率化することができます。

文書情報管理士の資格を保有しておけばこうした作業を任せてもらえる点もメリットです。

名刺に肩書を付加できる

資格を保有することで得られるメリットのひとつが名刺に肩書きが付与できる点です。

文書情報管理士という肩書きを記載すれば、名刺交換の際に話の切り口になることもあるでしょう。

資格保有者であるというだけで社員としての格をあげることもできます。

 

ワンポイント
文書情報管理士wの資格を保有していると多くのメリットを得ることができます。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


文書情報管理士の将来性

決算書

時代を考えても今後、企業の書類がデジタル化されていくことは間違いないでしょう。

機密情報の管理や個人情報の管理など企業には多くの重要な情報が集まります。

こうした情報を電子化するには情報漏洩のリスクをできるだけ回避することが必要です。

こうしたときに文書情報管理士の資格を保有していれば文書管理の重要なポジションに就ける可能性もあるでしょう。

履歴書に記載することもできる資格であるため転職の際にもアピールポイントになります。

重要な情報を守るための知識を持ち、高い意識で業務にのぞんでくれる人材を企業は求めています。

これからの時代に文書情報管理士の資格は役立つといえるでしょう。

転職のことなら転職エージェントに相談しよう

ファイルの束

文書情報管理士はその資格だけで転職することは正直難しい資格です。

ただ、保有していることで自分のスキルに付加価値を付けることができます。

文書情報管理士として働きたいなら転職エージェントの利用をおすすめします。

求人数が圧倒的に少ない職種であるため転職のプロの力を借りることで希望の条件にあった求人を見つけることができるでしょう。

転職エージェントは転職のあらゆる困りごとを解決してくれます。

求人検索だけでなく自己分析や履歴書の作成などもサポートしてもらうことが可能です。

面接対策や面接の練習などもしてもらえるため転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

 

無料転職相談をして転職エージェントを活用しよう

 

まとめ

ファイル

文書情報管理士の資格はすでに保有している資格やスキルに付加価値を付けるのにおすすめです。

取得もさほど難しい資格ではないためスキルアップのためにもおすすめです。

文書情報管理士という名称で求人を出している企業は比較的少ないというのが現状です。

ただし、この資格を活かして働くことができる分野は多くあるため保有していて損のない資格ともいえます。

企業で取り扱う機密事項や個人情報などのデータを法的知識を持ってしっかり管理できるのが文書情報管理士です。

企業が入札などに参加する場合には必須とされる資格であるため職場で活躍できるチャンスにつながる資格でもあります。

転職を検討している場合は、転職エージェントを活用して資格を活かすことができる求人を探してみましょう。

自分だけで文書情報管理士の求人を探すことはなかなか難しいため、転職エージェントの活用はおすすめです。

資格を活かしてどのような働き方をすることができるのかアドバイスをもらうこともできます。

自分にあった企業で資格を活かしながらしっかりと働くことができればキャリアアップにもつながるでしょう。

転職エージェントの力を借りて転職活動をスムーズに進めましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!