どんな職業に転職をするにしても、志望動機は重要なポイントです。

自分の魅力を最大限に伝えるための志望動機を作成していきましょう。

今回は、企画営業の転職にスポットを当てて解説していきます。

企業経営にも関わる重要な役割の企画営業。志望動機の書き方や適性についても紹介します。

転職を成功に導く企画営業の志望動機

履歴書

転職を成功へと導くのは志望動機です。

採用側の企業は応募者が「なぜこの会社を選んだのか」を知りたいから志望動機を確認します。

志望動機は企業に対する熱意を伝える場であるため、ここで手を抜いてしまうと転職への道は遠くなってしまうでしょう。

また、企画営業は提案型営業ともいわれており、相手の心を掴むことが必要となる職種です。

採用者の心を掴める志望動機を書けない人は採用しても結果を出すことはできないだろうと判断されてしまいます。

仕事で大切なことやこだわりを明確にする

重要

志望動機を書く時に重要なのが、仕事で大切にしていることこだわり明確にすることです。

企画職は様々な提案をする職種であり、何を大切にしているかは重要なポイントです。

自分のやりたいことや大切にしたいことが明確でない人は、企画営業として採用しても会社にメリットをもたらさないと判断されることでしょう。

反対に自分の仕事に対するこだわりを明確にアピールできる人は、企画営業として会社に貢献してくれると判断されるのです。

企業研究をしよう

企画

採用者の心を掴むためには魅力的な志望動機を作らなくてはなりません。そのために必要となってくるのが企業研究です。

自分が応募する企業がどんなことを大切に会社を運営していて、社会にどう貢献しているのか。

企業の目指すところを知る必要があるでしょう。また、経営理念など会社の目標を知るだけではいけません。

その経営理念を決めた人がどういった心情を持っていたのかなど、深く知ろうとすることが重要となってくるでしょう。

 

ワンポイント
明確な志望動機を書くためには企業研究が重要

企業と自分のこだわりが同一であると述べる

同一

志望動機の中では、企業と自分のこだわりが同一であると述べるようにしましょう。

企業研究をすることによって、その企業のこだわりを知ることができます。

そして、そのこだわりと自分のこだわりが同一であれば同じ気持ちで同じ場所を目指していくことができるのです。

企業側からは、会社を成長させてくれる有力な人材と見えることでしょう。

こだわりを明確に掲載していない企業もあるため、深く企業研究をしていくことが魅力的な志望動機を作ることに繋がります。

業界や商品への興味を言葉でしっかり述べられるようにする

回答

志望動機の中で「企画職に興味を持ちました」「貴社のこの商品に興味を持ちました」など興味を持っていることを書くことがあります。

しかし、「興味を持ちました」という言葉だけでは採用者の心を掴むことはできません。

この業界のどのような部分に惹かれたのか。

また、自分の能力を発揮できるような業界なのか。など詳しく説明できないといけません。

応募する企業の商品についてもしっかりと下調べをし、企業がこだわっていることを知りましょう。

 

ワンポイント
企業に対して深く興味を持とう

志望動機の書き方

志望動機

志望動機を書くための準備が整ったら早速書き始めていきましょう。

しかし、ペンを手にとって書きたいことがあっても何から書いていいのか分からない人は意外と多いもの。

ここでは、志望動機の書き方を紹介していきます。ポイントをしっかりと把握して魅力的な志望動機を書いていきましょう。

スキルを伝える

スキル

まず、転職の場合は今までに身につけたスキルがあるでしょう。

自分がどういったスキルを持っているのかは、企業側に伝えておかなくてはなりません。

そして、そのスキルがその会社でどのように活かせるのかというのも重要なポイントです。

どんなに素晴らしいスキルを持った人でも、そのスキルを活かすことができなければ意味がありません。

例えば、簿記などの事務的な資格をたくさん持った人が、運転手になりたい場合そのスキルを活かすことはできないでしょう。

「事務的なスキルを活かしたいのならそういった職種がいいのでは?」と採用者は感じてしまいます。

自分の持ったスキルが貴社の役に立つといったニュアンスで志望動機を書いていきましょう。

企業を選んだ理由を明確にする

なぜ

採用者が一番気になるのが「なぜこの会社を選んだのか」ということです。似たような業務をしている会社はたくさんあります。

その中でなぜこの会社を選んだのか、明確にできることが説得力のある志望動機へと繋がります。

当然、企業のことをよく知らない人が明確な志望動機を持つことはできないでしょう。

企業研究をしてしっかりとした理由があることで、納得できる志望動機が完成します。

また、他社にはない魅力が何であるのかも企業を選ぶ理由としては重要です。

「この会社でなければいけない理由」を明確に書くことができれば、仕事に対する熱意を伝えることができるでしょう。

将来性を感じさせる志望動機にする

女性の転職で気をつけなくてはならないのが将来性についてです。

中には、将来結婚することを考えて転職する人もいるでしょう。

産休・育休制度などの福利厚生に惹かれて会社を選んだとしても、志望動機でそれを伝えるのはよくありません。

企業が知りたいのはあなたの将来ではなく、企業の将来にあなたがどう役に立つかです。

「貴社に入ってから自分がどう成長し、どういった利益をもたらすのか」など前向きで将来性を感じさせる志望動機を作っていきましょう。

 

ワンポイント
志望動機の書き方3ステップ
・自己スキルを伝える
・志望動機を明確にする
・将来性を感じさせる

志望動機の例文

志望動機

志望動機を書くときのポイントや書き方が分かっても、なかなか書けないという人は多いです。

ここからは、企画営業の経験者と未経験者の2つに分けて例文を紹介していきます。

例文を参考にすれば志望動機も書きやすくなるでしょう。

また、例文のような志望動機が上手く書けないという方は転職エージェントの手を借りてみるのもおすすめです。

企画営業経験者向け例文(広告代理店で企画営業)

広告

私は、現職の○○という広告代理店の営業企画部門に○年勤務しております。

雑誌やWEBメディアへ掲載するための広告の作成、クライアントの情報管理や広告企画・提案、予算管理を担当おりました。

以前は新規開拓をメインに担当しており、人1人お客様と向き合いお客様の理想の広告を提案して最高で月に○件の契約をいただきました。

現在は新規開拓を後輩へと引き継ぎ、広告掲載前の添削・最終確認を主に担当しております。

お客様の広告内容を見ているうちに、自分も商品開発に携わりたいと思うようになりました。

貴社は多くの商品を取り扱っている会社であり、その商品1つ1つが誰かのことを思って作られたものです。

特に、○○という商品は多くの働く女性と助ける商品であり、私自身、いつも助けられています。

誰かの役に立つ商品を企画・提案し、貴社に貢献したいと考えています。

経験者のアピールポイント

前職で営業企画として担当していた業務の実績が分かる内容になっています。

また、広告代理店で企画営業をしたことによって、新たな目標を持つことができたことも明確に述べられています。

転職理由が前向きであることを感じ取ることができるでしょう。

応募企業の商品についてもよく調べていて、企業が大切にしていることについても着目しています。

即戦力で活躍できることをアピールしつつ、仕事に対する前向きな姿勢が感じられる内容です。

企画営業未経験者向け例文(アパレルショップ店長)

アパレル

私はアパレルショップで○年間店長として勤めており、お客様1人1人にあった商品を提案してきました。

店舗での接客の他に既存顧客へ新商品のお知らせなどを行いお客様に満足いただけるとともに、売上アップにも努めています。

お客様の声を聞きながら商品の提案をしていく中で「もっとこうしたい」といった気持ちを持つようになりました。

貴社のアパレル商品を制作するまでの工程を拝見し、お客様のニーズに合わせた商品の企画提案ができる点に魅力を感じています。

現場との連携を大切にした商品の企画・提案をして貴社に貢献したいと考えています。

未経験者のアピールポイント

業務内容が明確であり、コミュニケーションスキルだけでなく提案力もあることが分かります。

また、そのスキルは転職後も役に立つことが述べられています。

転職を希望する理由が明確であり、高い意識を持っていることが分かるため、企業側も納得できるでしょう。

未経験であることをデメリットだと感じさせないよう工夫していて、企業とともに成長していける人材だと感じます。

企画営業の仕事内容

重要

企画営業に転職する際の志望理由について詳しく説明してきましたが、忘れてはいけないのが仕事内容です。

志望動機を書く前に今一度企画営業の仕事内容について知っていきましょう。

では、企画営業の仕事を「新規開拓」と「企業訪問」の2つに分けて紹介していきます。

新規開拓

新しい顧客を獲得するのが新規開拓です。

既にある自社の商品を販売したり提供したりするだけでなく、クライアントの課題を聞き出すことが重要となってきます。

通常の営業の新規開拓では、自社の商品についてアピールすることがほとんどです。

しかし、企画営業では自社商品をアピールしつつクライアントにあった商品を提案していくことが求められます。

そのため、クライアントのニーズを聞き出すことが、営業企画の新規開拓では必要となってくるでしょう。

企業訪問

企業訪問

企画営業のもう一つの仕事が企業訪問です。

既存の顧客に対して、現在抱えている悩みはないか。「もっとこうしたい」などの要望がないかを調査します。

時代の変化とともに企業が求める商品も変化します。新たな提案ができないとクライアントは別の会社へと流れてしまうのです。

契約を取ったら終了ではなく、契約をしてもらい企業のニーズを聞いて新たな提案をしていくのが企画営業の仕事です。

 

ワンポイント
企画営業の仕事内容は主に新規開拓と企業訪問である

企画営業に求められる適性

適正

企画営業に必要な資格などはありません。しかし、企画営業は誰にでもできる仕事ではないでしょう。

仕事には向き不向きがあり、それは企画営業に限ったことではありません。

ここからは、企画営業に求められる適正について紹介していきます。

マーケティングのセンス

商品を売り込んだり顧客に合わせて提案したりするためにマーケティングスキルは必須です。

市場調査や競合分析をし、数値として分析していく必要があります。

また、数値を元に自社にしかない強みや自社だからこそできることを提案していく力が求められるでしょう。

市場調査は闇雲に手をつけても意味はなく、的確なポイントを押さえることが重要でありセンスが必要となります。

コミュニケーションスキル

コミュニケーション

企画営業に必要なスキルはなんと言ってもコミュニケーションスキルです。

顧客の求めていることを明確にすることができ、良い商品を作ることができてもそれを売り込む力がなければ意味がありません。

また、顧客だけではなくチームの仲間と連携を取ることも必要となるため、コミュニケーションスキルは重要となります。

企画営業という名前の通り、営業に必要なコミュニケーションスキルが求められるのです。

課題解決能力

企画・営業の両方において課題を持つことは必要です。

企画では顧客のニーズにあった商品を提案することが目標となるでしょう。

また、営業では売り上げを伸ばすために何が欠けているのかを把握して解決策を見つけなければなりません。

課題一つ一つに向き合い解決することが、営業企画を成功させることへと繋がります。

何か問題が起きた時に自分自身の力で解決できるかどうかが企画営業に向いているかチェックするポイントとなります。

発想力

ひらめき

企画営業の仕事の中には提案するといった業務があります。

提案内容が既にある他社の商品アイディアと似ていたり、新鮮味がないとクライアントの心は動きません。

反対に、新鮮味があって実現するためのビジョンが既にできているような企画であれば、クライアントはワクワクするのです。

物事を一つの方向からではなく、様々な方向から見て柔軟な考えを持っている人は発想力が高いでしょう。

まとめ

転職

どんな職種であっても志望動機に何を書けばいいか迷ってしまうものです。

企画営業は業務内容も多く、どの部分をメインに書いていけば分からなくなる人も多いでしょう。

また、自分で考えた志望動機が本当に採用者の心を掴むことができるのかどうか不安になることもあります。

しかし、プロのアドバイスをもらうことによって不安は自信へと変化していきます。

転職のプロである転職エージェントをうまく利用して不安を自信に変えていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら