女性の社会進出は進む一方。これまで男性社会と言われていた自動車業界にも女性の姿が目立つようになってきました。

今回取り上げる自動車ディーラーとは、メーカーの名を冠して自動車の販売やメンテナンスなどのサービスを行う業者のこと。

自動車ディーラーへの転職を目指す方に向けて志望動機の書き方やその注意点を紹介します。

志望動機の好例やNG例、面接でよく聞かれることなども解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

自動車ディーラーの志望動機の書き方を解説

転職活動

自動車ディーラーへの転職を希望するなら、志望動機にはそれに相応しい内容を書かなければなりません。

営業職、整備、事務職と自動車ディーラーの仕事は様々。当然それぞれにマッチした書き方をすべきだと心得ましょう。

また、数ある自動車ディーラーの中からなぜそのメーカーのそのディーラーを選んだか、はっきり説明できなければなりません。

さらに重要なのは、ディーラーに勤めるまでをゴールとせず、転職後にどのような展望を抱いているか。

これらを上手く言葉にできるなら、競争率の高い自動車ディーラーの面接も怖くはないでしょう。

自動車ディーラーの主な仕事内容を知ろう

車と女性

自動車ディーラーの仕事には大きく分けて3種類あります。営業職・整備職・事務職です。

営業職の主な仕事はショールームにやって来たお客様に接客し、ニーズに合ったグレードの車種をおすすめすること。

整備職はその名の通り車の整備が主な仕事。お客様からお預かりした車の修理やメンテナンスに携わります。

事務職は全体の潤滑油的な役割を担う仕事。受付ではお客様に対する窓口として、社内では他の職種の間に立って動きます。

これら自動車ディーラーにおける3つの職種の中で、最も女性の割合が多いのはやはり事務職。

しかし近年、自動車業界でも女性の活躍が強く求められており、営業職や整備職で力を発揮する女性も増えつつあります。

 

ワンポイント
・自動車ディーラーには営業職・整備職・事務職がある

自動車ディーラーに求められる人物像をチェック

ファイルを持つ女性

どんな人にも向き不向きがあって、その人の個性に合った仕事に就いた方が輝けるものです。

自動車ディーラーの仕事に向いているのは、ではどのような人なのでしょうか?業界で求められている人材とは?

この項目では、自動車ディーラーに求められる人物像として2つの特徴をピックアップし、それぞれ掘り下げて紹介します。

向上心のある人

自動車ディーラーに求められる人物像、1つ目は向上心のある人です。

整備職に高い向上心が求められることは言うまでもないでしょう。自動車に使われる技術は日々進歩しているからです。

自分のテクニックを常にバージョンアップさせていこうという気概がなければ、整備士として活躍し続けることはできません。

営業職や事務職においても向上心が必要なことは同じです。

自動車に関する様々な情報を積極的に収集して、それをお客様へのサービスや他の職種のサポートに活かそうとする意識。

そんな意識を持った人こそ自動車ディーラーに相応しいといえます。

コミュニケーション能力が高い人

自動車ディーラーに求められる人物像、2つ目はコミュニケーション能力が高い人です。

自動車ディーラーの仕事は接客業。営業職は言うまでもなく、整備職にも事務職にも直にお客様と接する機会があります。

高いコミュニケーション能力を持つスタッフが接客すれば、お客様からの信頼が得られ、その後も贔屓にしてもらえるでしょう。

また、他の職種との連携が重要だという意味で、コミュニケーション能力の高さは社内においても非常に大切です。

総じて、他者とのやり取りに長けた人は多くの場合とても歓迎されます。

 

ワンポイント
・向上心があってコミュニケーション能力の高い人は有利

自動車ディーラーの志望動機を書く時のポイント

車と女性

面接の手前、書類選考の段階で自分を強くアピールするためには、相手にこれはと思わせる志望動機を書かなければなりません。

しかも的外れな内容ではかえって逆効果。業界への強い興味や仕事に対する意欲を正しく表明する必要があります。

そこでこの項目では、自動車ディーラーの志望動機を書く時のポイントを3つに絞って詳しく紹介しましょう。

なぜ自動車ディーラーなのか明確にしよう

志望動機を書く時には、転職先に選んだのがどうして自動車ディーラーなのかを明確に記さなければなりません。

高い専門性が求められる整備職は別として、営業職や事務職は他の職種でもたくさんの求人があるものです。

なぜそれら他の職種ではなく自動車ディーラーなのか。その点を分かりやすく書いてあると高い評価が得られるでしょう。

どんな仕事でも良かったのではないかと誤解を受けそうな、どうとでも取れる曖昧な書き方はNGです。

なぜその企業なのか具体的に説明しよう

志望動機を書く時には、転職先に選んだのがどうしてその企業なのかを具体的に記しておくことも肝心です。

数ある自動車ディーラーの中からなぜうちを選んだのだろう。人事担当者の多くはそんな視点からも履歴書を眺めます。

その際、その企業のどのような点に魅力を感じたのかが具体的に書いてあれば好印象。高い評価が得られることでしょう。

集客のため、自動車ディーラーの多くは店舗ごとに様々な取り組みをしているもの。それらをぜひチェックしておきましょう。

入社後どう活躍したいかをアピールしよう

志望動機を書く時には、入社後にどう活躍したいのかをアピールすることも欠かせません。

入社は転職活動のゴールに違いありませんが、そこはむしろスタートラインに立つという意味合いで捉えていたいもの。

入社後は先輩社員たちと一緒に知恵を出し合い、協力して会社を盛り上げていかなければならないからです。

そのため、どれほどクルマ愛と仕事への意欲に満ちた履歴書でも、入社後の展望に何一つ言及しないのでは片手落ちもいい所。

入社したらゆくゆくはこうしたい、という将来のビジョンまで漏らさず書いて高評価に繋げましょう。

自動車ディーラーの志望動機の例文をご紹介

履歴書

なぜ転職先に自動車ディーラーを選び、またなぜその企業を選んだのか。そして入社した後はどのように働いていきたいのか。

人事担当者に強くアピールするため、自動車ディーラーの志望動機にぜひ書いておきたいのが上記の3点です。

これらを踏まえて、この項目では自動車ディーラーを目指すにあたって履歴書に書くべき志望動機の例文を紹介します。

営業職の場合

笑顔

「車好きな父の影響で私も自然と車が好きになりました。家族で作ったどんな思い出も必ずと言っていいくらい車と一緒です。

点検のために車を持ち込むと営業の方がいつもにこやかに接してくれました。私はいつしかその姿に憧れを抱いていました。

貴社を志望させていただいたのも、その素敵な営業さんがいらっしゃったから、という理由が一番大きいです。

将来的には、あの憧れの営業さんに引けを取らないくらい魅力的な、お客様から信頼される存在になりたいと思っています」

整備職の場合

整備女性

「私の実家は自動車の整備工場です。幼い頃から大きく開いたボンネットの中の複雑な配管や機械部品を眺めるのが好きでした。

工業系の高校を出て整備士学校に進んだのも好きが高じたからで、私にとってはとても自然なことでした。

貴社を志望させていただいた理由は、女性をターゲットにした自動車販売に他社よりも積極的だとお見受けしたからです。

女性の目線に立ったきめ細やかな整備を通じて、会社とお客様に貢献できる整備士を目指したいと考えています」

事務職の場合

パソコン作業をする女性

「私が車に興味を持ったのはごく最近で、親の勧めで免許を取ってからです。実家の車を自分で運転して愛着を新たにしました。

そのこともあって、一般事務としての勤務経験を車関係の仕事で活かしたいと思い、自動車ディーラーの事務職を志しました。

貴社を志望させていただいたのは、受付の方の接客に魅力を感じたことと、スタッフの皆様同士の連携を素敵に思ったからです。

貴社の一員として、よりスムーズでスピーディな業務に貢献できる優秀な事務員を目指したい所存です」

自動車ディーラーの志望動機を書く時の注意点

マルバツ

なぜ自動車ディーラーを選んだか。またどうしてその企業を選んだか。そして入社後の展望は。

そんな自動車ディーラーの志望動機を書く際に重要な3つのポイントの他にも、注意すべき点がいくつかあります。

この項目では特に会社選びに深く関わる注意点を3つ取り上げ、それぞれ詳しく解説します。

これら注意点にも考慮した書き方をすることで、人事担当者からいっそうの好評価が得られるでしょう。

漠然とした理由は「他社でもいい」と思われる

自動車ディーラーの志望動機を書く際、漠然とした理由を書いては「他社でもいいのだな」と担当者に思われてしまいます。

志望動機の記述は曖昧を避け、可能ならば数字などを交えて具体的に記述することが鉄則です。

また、分かりやすいエピソードを交えて書くことも非常に有効。より強く相手に印象づけられること請け合いです。

数ある自動車ディーラーの中でも特別ここでなければいけない。そんな理由を見つけ出して添えるようにしましょう。

「経営理念に共感しました」は詳細を伝えよう

自動車ディーラー各社にはそれぞれ独自の経営理念や企業理念があるものです。

志望動機でそれら理念のことに触れるなら、どのような点に共感・賛同したかをできるだけ詳しく書くようにしましょう。

ここでもまた具体的なエピソードに落とし込むことが有効です。

経営理念や企業理念の実現を通して会社と自分が将来どうなって行くことを目指すか、イメージを膨らませて記述しましょう。

競合他社との差別化を図るために企業研究をしよう

同じ業界であることもあり、自動車ディーラー各社が掲げる経営理念や企業理念には似通った部分も多くあります。

志望動機で理念に触れるなら、可能な限りのリサーチを行い、他社との差別化を意識して十分な企業研究をしておきましょう。

研究の成果は必ず文章に表われます。それが人事担当者の目にとまれば、よく調べていると好感を持ってもらえるでしょう。

人も会社も同じで、自分のことをもっとよく知りたいと思ってもらえるのは喜ばしいこと。

積極性を強くアピールして好評価に繋げましょう。

 

ワンポイント
・志望動機は具体性が大事

自動車ディーラーの志望動機のNG例

バツをする女性

自動車ディーラーの志望動機を書く際、押さえておきたいポイントは3つありました。

なぜ自動車ディーラーになりたいか、どうしてその会社を選ぶのか、そして将来的にどのように活躍したいかです。

それでは、逆にNGとされる志望動機にはどのようなものがあるでしょうか?

この項目では、できれば避けた方が良い志望動機の書き方の例を2つ紹介します。

うっかり同じ失敗をしてしまわないよう、ぜひ参考にしてください。

「車に関わる仕事がしたい」だけしかない

「私は小さい頃からすぐ上の兄の影響で車のプラモデルが大好きでした。自分でもコレクションを持っているくらいです。

そんな私なので、今後はぜひ車に関わる仕事がしたいと思い、貴社を志望させていただきました」

この志望動機の場合、車に関わる仕事であれば何でも良いしどこでも良いのかな、と思われかねません。

転職するなら自動車ディーラーでなければならない理由、その会社でなければならない理由を見つけて書くようにしましょう。

「車に対する思い入れ」が見えない

「貴社には車検などでたびたびお世話になっております。初めて車を買わせていただいたのもこちらでした。

何度も足を運ばせていただいて、ここならば私の一般事務のスキルを活かせるだろうと思い、志望させていただいた次第です」

こちらの例では、車への愛着や思い入れに触れてさえいません。これでは好評価は得られないでしょう。

自動車ディーラーで働く人の多くは車好きです。志望動機はそんな方々の心に響くように書くものだと心がけましょう。

自動車ディーラーの面接でよく聞かれること

英文事務、女性、業務

自動車ディーラーの面接でよく聞かれる質問を押さえておきましょう。質問にはたとえば次のようなものがあります。

  • あなたの強みと弱みを端的に教えて下さい
  • 弊社が取り扱う車にどのような印象をお持ちですか
  • 前職で得たスキルを弊社でどのように活かせると思いますか
  • 数ある自動車ディーラーの中からここを選んだ最大の理由をどうぞ
  • これまで取り組んだ仕事の中で最も過酷だと感じたものを教えてください
  • 就職したらどんなことを成し遂げたいかできるだけ具体的に教えてください

自動車ディーラーの面接だからといって、自動車に関することばかり尋ねられるとはかぎりません。

自動車について学んでおくに越したことはありませんが、大事なのはむしろ自分自身をよく知っておくことでしょう。

 

ワンポイント
・自動車関連の知識だけでなく自分自身をよく知ることも大切

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

説明する女性

自動車ディーラーという仕事を詳しく知っている訳ではない。けれどとても興味があって、できれば転職にチャレンジしたい。

もしもそう考えているのであれば、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントは様々な業界や職種の知識に精通した転職のプロ。

転職に関することでエージェントに聞いて分からないことはありません。

不安や疑問があれば、迷わず転職エージェントに連絡してみてください。必ず力になってくれます。

まとめ

車と女性

いかがだったでしょうか。今回の記事では自動車ディーラーの志望動機の書き方や注意点を中心に紹介してきました。

自動車ディーラー、とりわけその営業職は華のある仕事で、挑戦したいという女性も増えています。

もしも自動車ディーラーへの転職に挑戦したいと思ったら、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

転職にまつわるあらゆる疑問に的確な答えを出してくれること間違いなしです。

今回の記事が理想的な転職の一助になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら