営業職と聞くと男性をイメージする人も多いです。

女性には向いていない仕事なのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、化学メーカーの営業は女性でも活躍できる職種で、やりがいも感じられるおすすめの仕事です。

また、年収も安定している企業が大半なのもポイント。

とはいえ、化学メーカー営業に興味はあるけれど、仕事内容や転職活動の方法がわからないという人が多いのが現実です。

今回は女性が化学メーカー営業に転職する方法を解説いたします。ぜひ参考にしてみてください。

Contents

女性が化学メーカー営業に転職する方法

オフィスにいる女性

化学メーカー営業は、女性でも活躍することができる職種です。

とはいえ、どうすれば化学メーカーの営業に転職することができるのでしょうか。

その方法として挙げられるのが、転職求人サイトや転職エージェントに相談するというものです。

自らアンテナを張り行動しなければ、化学メーカーに限らず転職は難しいものになってしまいます。

自分の性格や能力を十分に理解した上で、自分に合った化学メーカーを探しましょう。

事前に必要な資格やスキルがわかっているのであれば、積極的に資格やスキルを取得していきましょう。

また、面接のときに資格取得見込みであることを伝えるのもポイントです。

化学メーカー営業の主な仕事内容

ファイルを持つ女性

化学メーカー営業が会社にいることはほとんどありません。主にルート営業や新規開拓営業を進めることになります。

もちろん、デスクワークや会議が全くないわけではありません。

比重は少ないものの、直接営業する以外の業務も発生することがあると認識しておきましょう。

では、化学メーカー営業の主な仕事内容である「ルート営業」と「新規開拓営業」、そして時折発生する「デスクワーク」についてそれぞれ確認しましょう。

ルート営業

ルート営業は、化学メーカー営業の主な仕事です。

大半の時間をルート営業に費やします。

既に取引をしている企業や顧客に対する業務で、良好な関係を保つ目的と商品の価格交渉クレーム処理が目的です。

ルート営業では、情報収集も行ういます。

いかに情報を多く集めることができるか、企業や顧客と円滑なコミュニケーションが取れるかが重要です。

最もコミュニケーション能力が問われる業務であり、同時に化学メーカー営業で特にやりがいを感じられる業務でもあります。

新規開拓営業

新規開拓営業は、その名の通り新しい企業や顧客に自社の製品や商品の売り込みをする営業です。

業務全体の2割ほどが新規開拓営業の業務になるでしょう。

新規開拓と言うと新しい商品を売り込むイメージが強いですね。

しかし、化学メーカーは頻繁に新しい製品や商品を開発するわけではありません。

そのため、既存の商品を取引のない企業や顧客に売り込むことになります。

数年単位で製品や商品が開発されるため、既に存在する製品や商品を売り込むことが多くなるのです。

もちろん、新商品が開発された時にも営業を行います。

あくまで既存商品の営業が多く、稀に新商品を売り込むことになるというイメージです。

デスクワーク

パソコン作業をする女性

化学メーカー営業は、ルート営業や新規開拓営業が主な仕事内容です。

しかし、必要最低限のデスクワークもあることを認識しておきましょう。

会議や日報、月報の資料作成、予算の決定などをしなければなりません。

デスクワークでは、パソコンを使って資料を作成したり、データをまとめることになります。

そのため、WordやExcel、PowerPointなどを扱えれば仕事をスムーズに遂行できるでしょう。

情報系の資格を所有していると、転職活動にも有利です。

ワンポイント
スキル取得のための勉強ついでに資格の取得も目指すといいでしょう。

 

化学メーカー営業の特徴

お願いする女性

化学メーカーの営業は、ジャンルが多数あることもあり他の営業とは異なる特徴がいくつかあります。

化学メーカーの営業をより具体的に把握するために、化学メーカーの営業の特徴について確認しましょう。

少人数で構成されている

化学メーカーの営業は、大人数で行う場合は少なく、5人程度の少数で行うのが一般的です。

大半の化学メーカーの営業の特徴です。

化学メーカーの場合、個人に対し営業をするのではありません。

企業や法人に営業を行う場合がほとんどということから、少人数で構成されているのです。

しかし、人数に対する売り上げはとても大きいのも特徴。

営業職は売り上げの要です。少人数で大きな売り上げを上げているため、突出した能力やスキルを持っている人が多いです。

コミュニケーション能力が高い人、臨機応変に対応できる人、じっくりと企業や顧客に向き合えるなど様々な要素が重要になってきます。

実績になるまで時間がかかる

ガッツポーズをする女性

とにかく実績になるまでに時間がかかるのも化学メーカーの営業の特徴です。

短期間で実績に繋がる業務はほとんどありません。

というのも、化学メーカーで製品や商品の開発に時間がかかります。

新商品が開発された場合でも、その商品が市場に出回り、多くの人に認知されるまでには時間がかかるというのも要因です。

数年から数十年かけてようやく実績になります。

長い年月を経てようやく実績になったときには、相当なやりがいを感じることができる職種です。

裏を返せば、短気な人やコツコツと努力ができない人には向いていないともいえるかもしれません。

海外在中になる可能性も

化学メーカー以外の業界では、営業が海外で在中して仕事をするというのはあまり考えられません。

しかし、化学メーカーの営業の場合は、海外在中になる可能性も高いです。

化学メーカーは国内のみならず海外で顧客獲得をし、さらなる業績アップや収入アップに繋げたいという目的があります。

また、化学素材のメーカーなどが海外に多く、海外の売り上げも高いというのも海外在中を任される要因の1つ。

ある種化学メーカーならではの特徴だといえるでしょう。

スキルアップを目指したい人や英語のスキルを活かしたい人は、化学メーカーの営業に向いているといえます。

また、仮に化学メーカーの営業に転職した際には海外在中になる可能性を予め視野に入れておくのも大切。

日頃から英語の勉強や海外の知識や情報を取り入れておくと、普段の業務にも役に立つのでおすすめです。

ルート営業がメイン業務

面接

約6割程度の業務がルート営業です。主に法人の企業や顧客に対して行います。

既に取引があるため、相手先との関係を良好に保つことがルート営業の目的です。

また、相手先の情報収集も欠かすことができない業務です。

ルート営業では、製品や商品の価格の交渉や確認、クレームの受け入れなども重要な業務。

収集した情報から的確な提案をすることも大切です。

新規の企業や顧客の獲得や短期間で状況が大きく変化することは少ないのがポイント。

負担も少なく、安定してやりがいを感じることができる業務です。

化学メーカー営業は海外で何をするの?

夜間

さて、先ほどお伝えした通り、化学メーカーの営業は海外在中になる可能性があります。

国内と海外では業務に変化はあるのでしょうか。

実際には、海外在中になった場合も基本的には営業の業務がメインです。

しかし、国内での化学メーカーの営業とは少し異なる部分があります。

まずは、当然ですが言語が違います。

海外で仕事をするとなれば、当然英語などの外国語スキルが必要不可欠。

外国語を使いこなすことができないと、円滑なコミュニケーションを取ることができません。

また、文化や常識も異なります。

ワンポイント
赴任先の国の最低限のマナーをあらかじめ確認しておくのも大切な業務です。

 

化学メーカー営業に転職するメリットとやりがい

笑顔の女性

化学メーカーの営業に転職するメリットは大きくわけて2つあります。

未経験から目指せることと社外の人との接点が多く経験を積めることです。

チェックしていきましょう。

未経験から目指せる

化学メーカーの営業というと、化学の知識が無いと仕事ができないのではないかと考える人も多くいるのが現状です。

しかし、化学メーカーの営業はあくまでも営業。必ずしも化学の知識が必要というわけではありません。

前職が他の業界でも、問題なく仕事に就くことができます。

化学の知識が無い全く未経験の人でも、化学メーカーの営業の職種を目指せるのが強みです。

前職も営業職だった場合、これまでに培ってきた営業の経験を活かすこともできます。

とはいえ、仕事をしながら必要な化学知識や製品や商品の特徴を蓄えていくことは当然求められます。

顧客・取引先に商品などをしっかりと説明できるようにするのも大切です。

社外の人と接点が多く経験を積める

営業職は、基本的には会社で仕事をする時間が少なく、営業でさままざな企業や顧客と接することが多いです。

会社の外で多くの人と接することで、仕事のみならず多方面の知識・情報を多く吸収することもできるでしょう。

多くの人と接点を持つことにより、他の業界の職種よりも経験を積む機会が多いです。

社外の人と関わる機会が多く人脈を広げ、経験を積むことができるるのが化学メーカーの営業の大きなメリットであり、やりがいになります。

化学メーカー営業に転職するデメリット

電話を手に悩む女性

ここまで化学メーカーの営業のメリットに目を向けてきました。

しかし、化学メーカーの営業には当然ながらデメリットもあります。

転職後に後悔しないためにも、化学メーカーの営業のデメリットについてチェックしておきましょう。

納得いかない商品を売ることも

化学メーカーの営業の業務に限った話ではありませんが、時には自分の納得のいかない商品を売ることもあります。

化学メーカーには、非常に多くの製品や商品があります。

数ある製品や商品の中でも、全て売り上げが良いというわけではありません。

知名度が低い製品や商品や売り上げが悪いなどの理由で、納得のいかない商品を売らなければいけないこともあるのが事実です。

とはいえ、これはある意味営業の宿命ともいえるデメリットです。

営業職に就く以上は覚悟しなければならない要素だといえます。

顧客次第で激務になる可能性も

開発・販売されている製品や商品は、必ずしも安全と言い切ることはできないのも事実です。

長年安定して販売されてきた製品や商品でも、残念ながら問題が起きてしまうことがあります。

例えば、原材料の品質が変化した、製造過程にトラブルが生じたときなどでしょう。

こういった不測の事態・問題が発生したときは、休日出勤も考えられます。

また、クレームが多い場合や顧客次第では相手先から過度に注意を受ける場合もあります。

そのため、顧客次第では激務になる場合もあることを想定しておくといいでしょう。

化学メーカー営業の求人の探し方は?

秘書の仕事「社内的なサポート」④ 

求人の探し方はさまざまな方法がありますが、主に3つに絞られます。

転職求人サイト・転職エージェント・スカウトサービスを活用すると求人を探しやすいのでおすすめです。

求人サイトを探そう

最も一般的な求人の探し方が、求人サイトを活用する方法です。

自分が良いと思った求人に必要な書類や情報を用意して、企業と直接コンタクトを取ります。

面接や筆記試験などを通過して、採用されれば転職完了です。

求人サイトでは、豊富な求人情報から自ら選ぶことができるのが大きなメリットです。

転職エージェントを活用しよう

スーツを着た男女

転職エージェントは、あまり聞き慣れないワードかもしれません。

転職エージェントを活用する方法も有効な求人の探し方です。

転職エージェントを活用することで、登録者の経歴や資格などの情報とマッチする求人を紹介してもらえます。

また、求人を募集している企業とをエージェントが仲介してくれるという転職エージェントならではのメリットもあります。

転職エージェントは、業種や業界を決めている転職希望者におすすめです。

スカウトサービス

企業側からスカウトするという特徴を持つスカウトサービス。

転職希望者が情報を登録すると、登録した情報を参考に企業側からスカウトが送られてきます。

お互いに合意することで、転職を実現することができます。

確実に転職をしたい人や現状よりも好条件の企業へ転職を検討している人におすすめです。

ワンポイント
ただし、スカウトサービスは自ら行動・企業を選ぶことはできないので注意してください。

化学メーカー営業の特徴を押さえて転職活動をしよう

打ち合わせをする女性

既存顧客との関係性を良好に保ったり、変化が無いかなどの情報を収集するルート営業がメインの化学メーカーの営業。

そのため、化学メーカーの営業は他業界の営業よりも働きやすいといえます。

未経験でも経験を積んで活躍しやすい職種だともいえるかもしれません。

また、海外で仕事をする場合もあるのがポイント。

化学メーカーの営業を希望している人や興味がある人は、英語スキルを磨くといいでしょう。

今回紹介してきた化学メーカーの営業の特徴を押さえておき、転職活動を有利に進めてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

英文事務、女性、メリット

初めて転職をする人は、不安や焦りを感じている人が多いです。

そこで、活用したいのが転職エージェント。

転職を最初から最後までしっかりとサポートしてくれるでしょう。

転職エージェントに疑問点や不明な点を相談するだけでも、気持ちが楽になったり、悩みを解決することに繋がります。

ワンポイント
初めての転職や一人で転職活動をするのが不安な時は、転職エージェントを積極的に活用しましょう。

まとめ

女性

今回は、女性が化学メーカーの営業に転職する方法を解説しました。

一言に営業職とカテゴライズしていても、業界によって仕事内容や働き方が違います。

化学メーカーの営業には独自の特徴も多く、メリットややりがいも多い職種です。

今回注目してきた情報を基に、転職活動に活用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら