結婚や妊娠などのライフイベントをきっかけに退職を余儀なくされる女性が多い傾向にある日系企業。

職場の体制が整っていないことから産休・育休からの復帰が難しいという問題に悩まされています。

そのため、近年キャリアアップを目指して外資系企業の営業職に転職を考える女性が増えています。

仕事と家庭の両立が難しく、キャリアアップを諦めてしまう女性も少なくありません。

一方で外資系企業では、出産や子育てに理解がありサポート体制が整っている企業が多いのが特徴。

家庭を大事にしながらキャリアアップを目指す女性にぴったりの職場であるといえます。

Contents

外資系の営業に転職する方法を解説

外回り

外資系企業への転職は、キャリアアップを希望する女性にとって非常に魅力的な企業であるといえます。

もちろん「外資系」というワード自体はよく耳にしたことがあっても、どんな企業なのかまでは知らない方も少なくないでしょう。

また、高学歴でハイレベルなスキルが必須というイメージが強いという方もいるかもしれません。

この記事では、外資系の営業職に関する情報と転職方法について解説していきます。

外資系企業に少しでも関心がある方はぜひチェックしてみてください。

外資系の営業ならではの特徴

引き止め

日系企業と外資系企業では、企業の風土や評価方法など、大きく異なる点がいくつかあります。

日系企業から外資系企業に転職した際に、その違いに驚く人もいるとか。

まずは外資系企業ならではの特徴に注目していきましょう。

個人の専門性を重視している

日系企業は、どの部署でも通用するように総合職として従業員を雇用することが多いです。

定期的にジョブローテーションを行うのも特徴です。

そのため、前所属部署での専門知識を得られないまま次の部署に変わってしまった、という事例も少なくありません。

一方外資系企業は、配属された職種での専門性を高めることを重視しています。

そのため、他部署に異動させられることはなく同じ部署で着実にキャリアを積むことが可能なのです。

成果主義が基本!

日系企業に未だに根強く残っている「年功序列」の風習

しかし、外資系企業は完全成果主義であり、年功序列はありません。

成果さえ出せば年齢や経歴は評価に影響しないため、目標達成・成果を出すことが直ちに評価につながります。

順調に成果を出せば出すほど高く評価されるということになります。

反面、目標を達成できなければ厳しい評価が下されることになることを念頭に置きましょう。

降格や減給処分になってしまうこともあるので注意が必要です。

スケジュールは自分で管理

外資系企業は個人主義であるため、勤務時間やスケジュール調整は個人の裁量に任せている傾向にあります。

自由に仕事のスケジュールが組めるのはメリットのように感じられますね。

しかし、取引先への訪問や社内ミーティング参加など、営業の仕事は多岐に渡ります。

綿密なスケジュール管理が必要不可欠なので、苦手な方にとっては非常に難しい部分といえるかもしれません。

社内決裁が複雑になりやすい

東京のビル群

外資系企業は本社を海外に置いていることから、日系企業のルールと異なるものが多くなりがちです。

場合によっては海外本社の指示を仰ぐ必要もあります。

ワンポイント
社内決済は複雑になりやすいのは外資系ならではの特徴でしょう。

外資系の営業の待遇

電話を手に悩む女性

外資系企業と聞いて思い浮かぶのが「給料が高そう」、「激務すぎてブラック企業?」といったイメージ。

実際にはどうなのでしょうか。そういったイメージが抱かれている根拠とともに確認していきましょう。

一般的に給料は高め

外資系企業の給料は、やはり高いです。

外資系企業の給料が高いとされている理由はいくつかあります。

一番大きな理由としては、優秀な人材を確保するためだと考えられます。

外資系企業では海外本社とのやり取りは欠かせません。

円滑なコミュニケーションをするために日本語以外の言語を話せる人材を確保することは非常に重要です。

国内において、珍しいまではいかないまでも英語を習得している人は「優秀な人材」です。

優秀な人材を長くつなぎ止めておくためには、高い給料を払うことを余儀なくされるといえます。

また、外資系企業は海外から日本に進出してきた企業であるため、当然ながら事業規模がかなり大きいといえます。

金銭面において余裕がある企業が多いことも、給料が高水準である理由の一つといえます。

激務とされている

パンフレットの画像

では、激務とされる理由・根拠にはどういったものがあるでしょうか。

既にお伝えした通り、外資系企業においては仕事の成果が直接的に給料につながります。

多くの仕事をこなす人ほど、高い給料が得られるのです。

反面、仕事に勤しみ過ぎるあまり激務となってしまうこともあるでしょう。

とはいえ、その分まとまった休暇を取得できるような仕組みが作られていることも珍しくありません。

ワークライフバランスをきちんと取っている企業が多く、必ずしも激務であるとは断定できないでしょう。

評価が給料に直結しやすい

外資系企業が従業員を評価する際には、目標に対する成果の達成度を重視します。

特に営業職では、顧客の新規開拓や売上向上などが数字で明らかになるため、その傾向は顕著です。

達成度が直接給料により反映されやすい職種だといえます。

日系企業のような年功序列体質ではないため、年齢・経験などに関わらず全て成果次第

ワンポイント
公平性があり、正当な評価を得やすいのです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

外資系の営業に向いているのはどんな女性?

秘書の仕事内容を解説①  

ここまで、外資系企業の特徴についてお伝えしてきました。

なんとなくイメージが湧いてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日系企業に比べてキャリアアップが狙いやすいとはいえ、外資系の営業には向き不向きがあります。

では、どんな女性が外資系営業に向いているといえるのでしょうか。

ここからは、外資系の営業に向いている女性について紹介いたします。

自主的に行動できる人

外資系企業は成果を重要視しています。そのため、実際の仕事内容に関してはある程度個人の裁量に任せています。

自由に仕事ができるからといって、きちんとスケジュールを立てて動かないと当然成果にはつながりません。

スケジュール管理・調整が自分でしっかりと行えなければ、難しいでしょう。

また、仕事を獲得するスピード感も非常に重要です。

日系企業のように上司の許可を得ずとも営業が可能であるため、チャンスがあれば逃さず掴みましょう。

素早く自分のものにする行動力も重要となります。

プレッシャーに強い人

ビジネスウーマン

成果を求められる分、仕事に対するプレッシャーも生半可なものではありません。

仕事をしていれば大きな失敗をしたり、商談がうまくいかなくて落ち込む時もあるでしょう。

しかし、いつまでも落ち込んでいたら成果を得ることは難しくなってしまいます。

落ち込んでも気持ちをすぐに切り替える、失敗をバネに気持ちを奮い立たせることができるかがカギになります。

こういった特質を持っている方は、外資系の営業職に向いているといえます。

目標達成へのこだわりが強い人

時にはコツコツと、時には大胆に動くなど、目標に向かって貪欲かつ一直線に進んでいける人は外資系企業に向いています。

人事評価においては成果が大きな基準ですから、自分の成果を謙遜することなくしっかりとアピールする力も必要です。

直接関わりがなくとも、社内の人間関係を良好に保つことも重要です。

他部署の人と親しくすることで営業に関する重要な情報が得られるかもしれません。

上司と日頃からコミュニケーションを取って関係を良好に築き上げることで、人事評価の際に成果を認めてもらいやすくなることもあるでしょう。

いずれにしろ、自分の目標達成・成果を上げることに貪欲になれる、そのために行動できる方は外資系の営業に向いています。

外資系営業への転職に有利な資格やスキルをチェック

ガッツポーズする女性

外資系企業への転職活動の際、何よりも重要視される英語力。

そんな英語力をアピールするのに有利な資格・スキルをチェックしていきましょう。

また、自分の英語力はこのレベルに達しているかどうかを合わせて確認してみてください。

TOEIC

外資系企業では、海外本社とのやり取りや資料に外国語を用いることがほとんどです。

企業によっては社内公用語が英語であるところも少なくないでしょう。

上記を踏まえて、外資系企業で働くための目安はTOEIC700点以上は必要になります。

700点台は、ビジネスで通用する英語力としての最低限レベル。

読み書きや英会話も不自由することはありませんが、専門的な会話内容となると少し不安に感じる点数でとされます。

800点以上あればビジネス英会話はもちろん、複雑な英会話においても問題なく意思疎通が取れるといえます。

企業からも即戦力と判断されやすい800点以上の高得点を目指しましょう。

自ずと採用率は高くなるでしょう。

米国公認会計士

国際的にも非常に有名な資格である米国公認会計士。

米国公認会計士を取得していると採用選考時に高評価してもらえる可能性が高いです。

米国公認会計士の資格は、会計実務・財務用語などを全て英語で学ばなければなりません。高度な英語力が必要になります。

さらに、英語で自分の考えを表現する能力も求められるのもポイント。

資格を持っていることが同時に英会話能力にも長けているという証明になるのです。

外資系営業に転職をする前に確認しておこう

やりがい

外資系企業に転職するための必要スキルについても知ることができたかと思います。

今一度自分が本当に外資系営業に向いているのかどうか、再度おさらいしてみましょう。

成果を上げることが第一!

外資系企業では仕事は自分で獲りにいく必要があり、成果を上げることが大前提となります。

仕事を獲得するための行動力はもちろん、営業のチャンスを確実に掴むために社内・社外問わず情報収集を欠かしてはいけません。

自身のスケジュールを完璧に管理しm取引先や顧客との信頼関係を着実に築いていくことが重要です。

外資系企業では、入社してすぐに即戦力として勤務することになります。

先へ先へと進んでいけるハングリー精神を持つことが成功するために大切なことだといえます。

実績を残せないと減収や降格の可能性も

目標未達成の状態が続いたり、会社が期待する成果を上げられなかったりした場合は、入社から間もない段階でも減収・降格されるかもしれません。

更にいえば解雇の可能性もあります。それだけ目標達成・成果についてシビアな世界なのです。

外資系企業は成果主義。成果を上げられなかった者に対して厳しい評価を下すのは珍しいことではありません。

もちろん、いったん評価が下がったとしても努力と行動次第で成果を上げれば評価も元に戻ります

下がってしまった評価に心を折られることなく、次を見据えられる強いメンタルが必要になることを覚えておいてください。

外資系営業への転職で志望動機はどう書く?

外資系へのPRは「なぜ外資系を希望しているのか」、「選んだ理由」を相手にわかりやすくロジカルに伝えることが求められます。

さらに採用側にアピールするために、「自分がどのように貢献できるのか」を明確に伝えることが重要です。

また、外資系企業はキャリアを自ら開拓できる人材を採用する傾向があります。

将来の自分像やキャリアビジョンを伝えることも大切です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

外資系営業の求人探しのコツ

秘書に向いている女性の特徴をチェック

外資系企業の求人を探すには、外資系企業やグローバル企業の求人を取り扱う転職サイトをチェックしましょう。

外資系企業の求人を多数紹介しているサイトであれば、条件を比較しながら自分に合った企業を見つけることができます。

企業のWebページを直接検索するのも1つの手段。募集要項、採用情報が掲載されているかを確認するのも一つの方法です。

ただし、海外サイトでしか募集がない場合は日本での採用は行っていない可能性があります。

日本が採用対象になっているかどうかの確認をお忘れなく。

海外で一般的に使用されているビジネス特化型SNS「Linkedln」を利用してみるのも良いでしょう。

外資系企業の中には、このツールを使用して採用活動を行っている企業も少なくありません。積極的に活用してみましょう。

ワンポイント
ただ、一番おすすめしたい方法は転職エージェントの活用です。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

パソコンで作業する女性

外資系企業の情報を自分だけで探すには限界があるでしょう。

転職エージェントに登録すれば、多くの求人情報を簡単に比較可能。無料でキャリアアドバイザーに転職相談ができます。

また外資系企業は非公開で求人を出すことも少なくありません。

転職エージェントに登録しておくと、非公開求人情報をエージェント経由で教えてくれることも。

ワンポイント
自分の理想的な企業を見つけるためにも、登録しておくことをおすすめします。

まとめ

外を歩く女性

外資系企業は求められるスキルが非常に高いです。

転職活動の際も企業に合ったスキルを持っていることを自己アピールできる人が採用されやすいといえます。

採用されてゴールではありません。成果を上げるための自主的な行動と目標達成への強いこだわりが必要です。

そして、大きなプレッシャーを跳ね除けられるメンタルを持ち合わせていないと、外資系企業で働き続けるのは難しいでしょう。

逆にいえば、上記をクリアしていれば外資系企業に採用された後もきちんと結果を出すことができるはずです。

更なるキャリアアップの道も開けてくるでしょう。

転職エージェントを活用しながら、キャリアアップへの第一歩を踏み出してみてくださいね。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら