英語のスキルを活かした仕事に就きたい人におすすめの職種が「英文事務」です。

最近ではグローバル化を進めている企業も多く、英語力を持った人材の確保が課題となっています。

したがって、英語のスキルを磨き経験を積めば高収入も期待できるのも魅力です。

しかし、英文事務の仕事内容やメリットは意外と知られていません。

本記事では、英文事務への転職に興味をもつ女性向けに仕事内容やメリット、必要なスキルなどを解説します。

英文事務の仕事内容を解説

英文事務、女性

英文事務の仕事内容といえば、「翻訳や通訳」を真っ先に思い浮かべる方が大半ではないでしょうか?

もちろん間違いではありませんが、実際には様々な仕事内容を担っています。

英文事務の仕事に就いた後で「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、事前に仕事内容を把握しておくことはとても大切です。

ここでは、英文事務の仕事内容について具体的に解説します。

海外企業との電話やメール対応

海外企業との電話やメール対応は、英文事務の中でも大きな割合を占める仕事内容です。

経験が浅い段階では、簡単な英文メールや海外の取引先との電話の取り次ぎからスタートします。

次第に経験を積んでいけば、海外企業や現地スタッフとの英語でのやり取りを任されるようになるでしょう。

さらにスキルを磨いていけば海外取引先との商談や交渉、クレーム対応など難易度の高い仕事を任されることも少なくありません。

したがって、英語の高いスキルは当然として、高いコミュニケーション能力や柔軟性が必要です。

資料作成

資料作成

社内資料を英文で作成することも、英文事務では大切な仕事です。

英文の資料には、海外クライアント向けのプレゼン資料や商品企画書など様々な種類があります。

しかし、単に資料を英文で作れば良い訳ではありません。場合によっては構成やレイアウトを任されることもあります。

したがって、資料作りのセンス・迅速性が求められるといえるでしょう。

さらに、多くの専門用語を用いることから、業界の動向に精通していることも不可欠です。

また、海外貿易における通関手続きにかかる資料や見積書、納品書の作成も英文事務の仕事となることから、幅広い知識が必要となります。

翻訳や通訳

英文事務の仕事内容において、一般的にイメージしやすいのが翻訳や通訳です。

海外から送付された資料や契約書、マニュアルなどの翻訳は迅速性に加え正確性が求められます。

単に日本語に翻訳するだけでなく、「日本人がわかりやすい表現」に翻訳するスキルとセンスが必要です。

通訳においては会話のテンポを壊さないためにも、瞬時の判断が求められることが多々あるでしょう。

さらに、双方の発する言葉のニュアンスや感情の微妙な機微を伝えることも大切です。

いずれにしても、高い英語力と豊富な経験が必要とされる仕事だといえるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

英文事務は未経験でも目指せる?

面接

英文事務の転職を考えたくとも「未経験」だと躊躇してしまうものです。

とりわけ、英語のスキルに不安があると、英文事務への転職を諦める方も少なくありません。

英文事務への転職に必要となる英語のスキルや資格については後述しますが、結論から言えば未経験であっても英文事務を目指すことは可能です。

もちろん、最低限の英語のスキルは必要ですが、何より英語が好きで向上心を持っている方であれば問題ありません。

英文事務の1日の流れをチェック

英文事務、女性、1日

英文事務の1日は一般事務と同様に9:00始業開始、18:00勤務終了といったスタイルが一般的です。

仕事内容によっても異なりますが、始業開始直後は「メールのチェック」「1日のスケジュール確認」「優先順位付け」を行います。

その後「電話・メール対応」「資料作成」などの業務に取り組むのが午前中の流れです。

ランチを挟んで午後からは、午前中の仕事内容に加え「作成した資料のチェック」「ミーティング」などを行い18:00に退社となります。

企業によっては時差出勤や短時間雇用を導入していますので、ライフスタイルにマッチした求人を選ぶと良いでしょう。

 

ワンポイント
 自身のライフスタイルに合わせた求人に応募しましょう

 

英文事務の業務で身につくことは

教える女性

英文事務の業務に従事していると、意識しなくとも様々なスキルが身につきます。最初は誰もが初心者です。

しかし、経験を積めば積むだけスキルアップにつながり、さらに好条件が提示される企業に転職する方も少なくありません。

将来を見据えるなら、英文事務で身につくことを事前に把握しておくことが大切です。

業務で身につくことを意識して取り組めば、成長のスピードは確実にアップするでしょう。

ここでは英文事務の業務で身につくことについて解説します。

「英語力」が身につく

英文事務の業務で努力を重ねていくと、真にビジネスで役立つ「英語力」が身につきます。

大学や専門学校、英語教室で学ぶ英語は基礎力を養う点ではとても有効です。

しかし、それだけではビジネスシーンで自由に英語を扱うことはできません。

日々のビジネスシーンで飛び交う活きた英語に接して吸収することが大切です。

英文事務では、まさに活きた英語を日々吸収することが可能ですから、自ずと真の英語力が身につくでしょう。

「業界の専門知識」が身につく

英文事務に限らず企業に入社して働き始めると、その業界の専門知識が自ずと身につきます。

その点、英文事務の業務に携わっていると、英語で業界の専門知識が身につくことが大きなポイントです。

ただし、漫然と業務に従事しているだけでは、十分な専門知識を身につけることはできません。

業界の高い専門知識を身につけるには、日々の業務を大切にし、常に情報に対するアンテナを高くしておくことが大切です。

「コミュニケーション能力」が身につく

コミュニケーション

一般事務と同様に英文事務においても、高いコミュニケーション能力が求められます。

とりわけ、英文事務では仕事相手が国内だけでなく海外にも多くいます。

生活習慣や文化が異なる相手と円滑なコミュニケーションを図ることは、並大抵なことではありません。

しかし、真剣に海外の仕事相手と向き合うことで、互いのことを理解できるようになり、自ずとコミュニケーション力がついてきます。

海外の方々とのコミュニケーション力が身についてくれば、企業内においても高く評価されるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

英文事務になるために役立つ資格やスキル

スキル

ここまで英文事務の仕事内容や身につくスキルなどを解説してきました。

しかし、実際に転職するとなれば、「自分にできるのか?」と不安になる方も少なくありません。

特に未経験の場合だと、どのような資格やスキルが必要なのか気になるのも当然だといえるでしょう。

採用担当者にアピールするのには客観的に判断できるスキルや資格を持っておくことが大切です。

このことを踏まえた上で、英文事務の仕事に転職するために役立つ資格やスキルを紹介します。

TOEIC600以上の英語力

英語力を計る上でとても重要なのがTOEICもしくは英語検定です。

英文事務では書類選考の段階でTOEICであれば600点以上、英語検定であれば2級以上の英語力が目安となります。

とりわけ、外資系の企業や海外との取引を頻繁に行っている企業の求人であればTOEIC700点以上が求められることも少なくありません。

TOEICで600点以上といえば、一般的な英文の読み書きやヒアリングが可能なレベルです。

したがって、英文事務への転職を目指すなら、就活を始める前に少なくともTOEICで600点以上もしくは英検2級以上を取得しておきましょう。

一般事務としてのスキル

一般事務

英文事務において、意外と見落としがちなのが一般事務のスキルです。

先に解説したとおり、英文事務のお仕事は翻訳や通訳だけではなく、資料作成や海外との様々な対応を担います。

つまり、一般事務で必要なスキルも求められることになるといえるでしょう。

パソコンであればエクセルやワード、パワーポイントのスキルは必須になります。

さらに、基本的な電話応対やビジネスマナーはしっかりと身につけておくことが不可欠です。

したがって、英語力に加えてMOSや秘書検定、文書情報管理士資格を取得しておくと、説得力のある自己PRが書けるでしょう。

海外の留学経験

海外の留学経験は英文事務への転職を目指す上で、大きなアドバンテージです。

中には求人広告に「海外留学経験者は優遇します」などの文言を入れている企業もあります。

英文事務への転職において、企業の採用担当者はTOEICや英検で計られる英語力も重視していますが、それだけで十分だとは考えていません。

企業の採用担当者が求めているのは、活きた英語を使える人材です。

したがって、海外の留学経験をアピールする際には、留学した国や期間に加え、どういった勉強をしていたのかを詳細に盛り込むと良いでしょう。

 

ワンポイント
TOEIC600点以上の英語力を持っておくとともに一般事務のスキルも磨きましょう

 

英文事務として働くメリット

働く女性

英文事務は専門性の高い職種であることから、比較的時給単価をはじめとする労働条件が良いことで知られています。

また英文事務に求人を出す企業の多くは良い意味でグローバル化が進んでおり、育休や産休制度など女性が働きやすい職場環境が整っているのも魅力です。

もちろん、この他にも英文事務でとして働くメリットは数多くあるといえるでしょう。

ここでは、英文事務ならではの働くメリットを解説します。

英語のスキルを活かせる

英文事務として働くメリットといえば、英語のスキルが如何なく活かせる点があげられます。

企業のグローバル化が進んでいるとはいえ、英語を自由に扱える方は多くありません。

それだけに、英語事務に従事する社員は、貴重な戦力として期待され、経験を積めば重要な仕事も任されます。

とりわけ学生時代に真剣に英語を勉強した人であれば、苦労した分だけ英語のスキルを活かせので、大きなやりがいを感じられるでしょう。

ビジネス英語が上達する

ビジネス英語が上達することも英文事務として働くメリットの一つです。

英文事務の仕事に就いていると、ビジネス特有の英単語や言い回しに出くわすことが多々あります。

それら一つ一つを身につけることで、ビジネスで使える英語力が確実に上達していくでしょう。

ビジネス英語が上達することは大きな自信になるとともに、キャリアアップにも非常に有効です。

企業内でのキャリアアップに加え、さらに好条件の企業への転職も選択肢になります。

 

ワンポイント
 英語のスキルが活かせるだけでなくビジネス英語も上達します

 

英文事務の大変なところは?

相談する女性

英文事務は専門性の高い職種であることから、労働条件が良いことに加え様々なメリットがあります。

また、経験を積むことでさらにスキルが磨かれ、キャリアアップや転職にも有利です。

まさに良いこと尽くめの職種に考えがちですが、良いことばかりではありません。専門性が高い職種である故の苦労も多くあるのが実態です。

ここでは、英文事務への転職にあたって知っておきたい「大変なところ」を解説します。

専門的な英単語を覚える必要がある

英語力がある方でも苦労するのが、専門的な英単語の習得です。

一般的にあまり使われない言葉は、日本語であっても覚えるのに一苦労します。

ましてや英語ともなると、一般的な辞書に掲載されていないことも少なくありません。

専門的な英単語をマスターするには、日頃から業界の動向に興味を持っておくことが大切です。

また、経験が浅いうちは先輩などにしっかり聞いて覚えていく姿勢も不可欠だといえます。

時差で残業が発生することも

海外のクライアントと英語でやり取りする場合、一般的には先方の勤務時間に合わせます。

そのため、日本では早朝や夜間でも海外ではデイタイムであることは少なくありません。

したがって、時差による残業が多いのも英文事務の特徴です。

とりわけ、育児や介護をしながら働く女性には厳しい状況となります。

しかし、最近では会社側に申し出れば考慮してくれる職場もありますから、求人を探す際にチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
 専門的な単語しっかりと覚え残業にも合わせましょう

 

あなたの英語力を活かして英文事務に転職しよう

働く女性たち

英文事務は「英語力がある方」もしくは「英語が好きな方」におすすめの職種です。

グローバル化を進める企業において、英語力をもった人材は貴重な戦力であり、様々な業界において多くの求人が募集されています。

未経験の方だと躊躇しがちですがTOEICで600点以上の実力があれば十分に対応可能です。

海外企業との電話・メール対応に加え、資料作成や通訳・翻訳といった仕事はとてもやりがいがあります。

また、職場環境が整っている企業も多いことから、女性が働きやすいのも魅力です。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

打ち合わせをする女性

転職をしたくとも、様々なことが頭をよぎり、どうすればよいかわからない方も少なくありません。

とりわけ、英文事務など専門性の高い職種に未経験の方がチャレンジするならなおさらだといえます。

転職で悩んでいる人におすすめなのが転職エージェントです。

同じ職種に転職するにしても、求める労働条件や職場環境は異なります。

転職エージェントでは、転職希望者の希望にマッチした企業を提案してくれるだけでなく、転職に関する様々な悩みに答えてくれるのが大きな魅力です。

まとめ

英文事務、女性、仕事

英文事務は海外企業との電話・メール対応や資料作成、通訳・翻訳などを担う専門性が高い職種です。

英語力や業界で必要な専門知識、コミュニケーション力を身に付けることができる、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

企業によって濃淡はあるものの、TOEIC600点、英検2級程度の英語力があれば未経験の方でも転職可能です。

ただし、業界における専門的な英単語を学ぶ必要があり、時差による残業が多いなど苦労が多いことも理解しておきましょう。

これらを理解し向上心をもって取り組めば、社内でのキャリアアップはもちろん、さらに好条件の転職も期待できるのが英文事務です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら