転職求人に掲載されているITサポートの求人は未経験者歓迎というもの多くあります。

ITという文字がつくだけで専門的な知識が必要なイメージを強く感じる人もいるでしょう。

ITサポートの仕事は実際、どのようなことをするのでしょうか。

転職先としてITサポートを検討している人のために詳細について解説します。

ITサポートの志望動機の基本的な書き方についても紹介しますので参考にしてください。

ITサポートの仕事内容

WEBの文字

ITサポートの仕事内容について解説します。

基本的には事務の仕事になるため一般事務との違いについても紹介しておきます。

一般的な事務職との違い

一般的な事務職は多くの場合、企業内の庶務課に所属して業務を担当します。

これに対してITサポートはシステム開発部などより現場に近い部署に配属される点が特徴です。

場合によっては出向することもあります。

クライアントのシステム開発現場に常駐して業務を担当するのがITサポートの仕事です。

出向先となるのはさまざまなメーカーや金融機関など多岐にわたります。

仕事内容を詳しく解説

より具体的に仕事の内容をみていきましょう。

ITサポートはデータ入力などの基本的な事務作業も行います。

それに加えてWebやアプリの開発などのプロジェクトに参加してIT関連の業務も担います。

事務をしながらエンジニアの仕事もすると考えるとわかりやすいでしょう。

未経験者にはハードルが高い仕事に感じるかもしれませんが、しっかりとした研修が受けられる企業も多くあります。

最初は基本的な事務作業からスタートして、徐々にエンジニアとしての業務を任されるという流れが一般的です。

一般的な事務職と比べて事務スキルと同時にIT技術が学べる点は魅力といえます。

スキルアップをしたら将来性はある?

NETWORKの文字

 

ITサポートはスキルアップ要因が多い職掌です。

スキルアップによってはキャリアアップなどの高い将来性を見込むことも可能です。

たとえばITインフラ系の技術を高めた場合を考えてみましょう。

ネットワークやサーバーの設計、運用についてのスキルを身につけて本格的なIT企業への転職も可能となります。

ビッグデータやクラウドなど企業の将来を構築するIT環境の整備技術を習得すればインフラエンジニアとしての活躍の場が広がります。

このようにITサポートから幅広くキャリアアップしていくことは可能です。

 

ワンポイント
ITサポートはさまざまな業界でIT関連の業務を担当する仕事です。

志望動機は自己分析をしてから

手のひらにパズルのピース

ITサポートに転職したい場合、まずは志望動機を考えましょう。

面接や履歴書において志望動機はとても重要なポイントとなります。

なぜこの業界を志望したのか、まぜこの企業でなければならないのかをしっかりと記載しましょう。

そのために必要なのが自己分析です。

自分のことを客観的に見つめ直すことで面接官の印象に残る志望動機を書くことができます。

単純に興味がある業界だから、これから将来性がありそうだからといった内容では印象が薄くなってしまいます。

自分の持つスキルやエピソードを交えながら志望した理由を強くアピールしましょう。

自己分析は自己アピールをする際にも必要となってきます。

転職活動のスタート時にはまず自己分析を行うことが重要です。

1人では難しい場合には第三者の力を借りることも大切でしょう。

家族や知人に自分の印象を聞いてみるのもひとつです。

これ以外では転職のプロである転職エージェントの活用もおすすめです。

将来のビジョンを伝える

キーボードを打つ人

志望動機で重要なのは将来のビジョンを伝えることです。

なぜ志望したのかという理由だけ述べていたのでは面接官の印象に残りにくい内容となってしまいます。

自分がこの仕事を通じて将来的にこのように成功していきたい。

そのような思いを盛り込んだ志望動機を作成しましょう。

具体的に将来像が見えている希望者は面接官の印象もよくなります。

とくに中長期的なビジョンを持っていることをアピールできるとプラスです。

業界が右肩上がりに成長しているなかでそれに合わせて自分もどう成長していくのかを考えてみましょう。

なぜこのような目標を持っているのか。

目標に対してどのような努力をしているのか。

この2点を抑えることができれば面接官の印象に残りやすい志望動機にすることができます。

 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


エビデンスをプラスしよう

スマホを持つ女性

エビデンスは「証拠、証言」という意味を持ちます。

たとえば何か交渉をする場合に自分が相手に対して何を発言したのか証拠を残すという場合に使われる言葉です。

志望動機でいうエビデンスとは結論に対する根拠のことです。

つまりなぜ志望したのかという理由に具体的なエピソードを盛り込むことが重要ということになります。

志望する理由に対してなぜそのように思ったのかをオリジナリティのある言葉で盛り込みましょう。

たとえば「自分のスキルを活かすことができると思ったから」が志望動機であった場合。

具体的にどのようなスキルがあるのかをしっかりアピールすることがポイントとなります。

 

無料転職相談をしてエビデンスを見つけよう

 

志望動機の基本的な書き方

パソコン作業をする人

志望動機の基本的な書き方について理解を深めておきましょう。

内容のよい志望動機でもダラダラと書いてしまうと結果的に相手の印象に残らないケースも多くあります。

簡潔に言いたいことをはっきりとまとめることが志望動機に求められる内容です。

書き出し

志望動機は結論から書き始めるのが基本です。

結論のわからない文章をダラダラと読まされることは採用担当者にとってもマイナスの印象を与えます。

求人には多くの履歴書が送られてくるため、そのなかで採用担当者が読みやすい文章を書くことがポイントです。

文頭になぜ自分がこの企業に応募したのかを書いておくことで採用担当者も理解しやすくなります。

本文

結論を書いたら次は本文に入ります。

本文では志望動機に対する根拠を示しましょう。

なぜ志望したのかという理由に具体的な根拠をプラスします。

オリジナルのエピソードやエビデンスを盛り込むことで質の高い文章を作成することができるでしょう。

根拠とは具体的に「どうしてそう思ったのか」を書くことです。

採用担当者の印象に残る具体的な根拠を示しましょう。

まとめ

女性の手とイメージ図

まとめの部分で欠かせないのは「どうしてこの会社でないといけないのか」という理由です。

同業他社ではなくこの会社を選んだ理由をしっかり採用担当者にアピールしましょう。

これを正確に書くには企業研究を行うことが不可欠です。

自分が提示したエビデンスと企業の強みがしっかりマッチすることが伝わる文章にすることを心がけましょう。

 

ワンポイント
まずは基本的な志望動機の書き方をマスターすることが重要です。

心をつかむ志望動機のポイント

手のひらにパソコンのイメージ図

志望動機で採用担当者の心をつかむことができたら転職面接でも有利です。

採用担当者の心をつかむ志望動機の書き方を具体的に解説します。

今までの経験をどう活かすか

転職では前職で身につけたスキルをアピールすることも大切です。

これまでの実績などもしっかり伝えましょう。

志望動機では企業の応募条件を確認してどの部分に自分のアピールポイントが乗せられるかを考えましょう。

企業研究を行うことで企業が求めている人物像をつかむことも大切です。

自分が持つ経験やスキル、実績をこの会社でどう活かしていけるかをしっかり記入しましょう。

独自に勉強していることを伝える

ノートとパソコン

すでにスキルがある人も未経験の人も現在進行形で勉強していることを伝えるのもポイントです。

こんなスキルがあります。

これだけを伝えるよりも、こうしたスキルがあるためさらに上を目指すためにこんな勉強をしていますと伝えましょう。

向上心を持った人材は企業にとっても必要とされる人物像です。

常に勉強する姿勢をアピールすることで新しい業務にも前向きに取り組みむことができる人という印象を与えることもできます。

入社後に具体的にこんな活躍をしてくれそうだとイメージしてもらえればプラス評価につながるでしょう。

まわりとの差別化

志望動機はほかの応募者と同じ内容になりがちです。

そこでまわりと差別化をはかることで採用担当者に自分を印象づける方法を知っておきましょう。

まわりと差別化をはかるためには語彙力が必要です。

ありきたりな言葉を選択するとほかの応募者と同じような内容になってしまいます。

むやみやたらにビジネス用語を用いることはマイナスですがポイントを抑えてキーワード的に使用すると効果的です。

さらに選んだキーワードを根拠を持たせて具体的に説明することで説得力を増すことができます。

 

無料転職相談をしてITサポートに転職しよう

 

志望動機例文

パソコンのキーボード

志望動機の書き方について解説してきました。

ここからはITサポートに転職するための志望動機の具体例について紹介します。

今までの経験の書き方

前職ではテレフォンアポイントの仕事をしていました。

前職では顔の見えないお客さまの不安やお悩みを解決することに徹するなかでコミュニケーションスキルを学びました。

顔が見えなくても笑顔でやわらかなお声がけをすることも心がけてきました。

また事務職のスキルも同時に身につけることができました。

ITサポートは未経験の分野ではありますが、コミュニケーションスキルと事務スキルを活かすことができると考えております。

クライアントさまに常に笑顔でわかりやすい説明とサポートをご提供できるよう尽力して参ります。

勉強していることを証明する書き方

前職では一般事務として働いておりました。

そのため事務スキルには自信があります。

事務職として働きながら以前より興味のあったプログラミングスクールに通い、ITパスポートの資格を取得しました。

資格を取得しいたことで事務業務をより効率的に進めることができるようになりました。

そこでこの資格を活かしてさらに専門的な分野にチャレンジしたいと思い貴社を志望いたしました。

現在は独自でアプリケーションの作成にも挑戦しています。

スクールで学んだことと独学で身につけたスキルを活かして貴社でも活躍できるよう頑張りたいと考えております。

差別化をはかるための書き方

私は多くの企業を支えているのはITであると考えています。

ITの先端技術を開発している貴社で自分のスキルを活かして活躍したいという思いから貴社を志望しました。

アルバイト時代も含めていくつかの企業で働いてきました。

業界はバラバラですが共通していたのがどの企業でも必ずデジタル作業があったという点です。

ネットトラブルが起これば仕事が中断するという事態に何度も遭遇したことが私がITに興味を持ったきっかけです。

ITを利用する側ではなくIT技術を提供する側になって多くの企業を支えたいという気持ちを強くもっています。

コミュニケーションスキルと知識を活かして多くの人をサポートするITの普及を目指したいと考えております。

 

ワンポイント
ITサポートの志望動機はほかの応募者と差別化をはかることも重要なポイントです。
 

スマホだけで』らくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう
求人選定から内定までをサポートします。


ITサポートの適性

パソコン作業をする女性

ITサポートに向いている人とはどのような人でしょうか。

自分がITサポートに向いているのかを確認してみましょう。

学習することに意欲がある

IT業界では常に新しい技術や情報が飛び交っています。

IT技術に関心があり新しいことを学び続けることに意欲がある人はITサポートに向いているといえるでしょう。

とくにサポート業務が多岐にわたるITサポートではクライアントの業界についても前向きに知ろうとする姿勢が大切です。

終業時間外でもIT関連の情報を収集したり技術についてスキルを高めたりする意欲があるかもチェックポイントになります。

論理的思考

物事を論理的に考えることができる人はITサポートに向いているといえます。

ITサポートでは緊急性のある問い合わせに対応することも少なくありません。

そのような場合にパニックにならず冷静に論理的に解決に向けて動ける人が求められます。

理不尽なクレームなどに対しても相手の求めていることの本質を見抜く力が必要です。

相手の感情に流されず論理的に対応できることがITサポートに求められる能力になります。

新しいことに挑戦するのが好きである

パソコンなどの機器類は年々バージョンアップのスピードが早くなっています。

それだけではなくITに関連した新しい技術も次々と誕生しています。

そこで重要となるのが新しいことに挑戦することが好きであるというポテンシャルです。

自分で新しいアプリを開発したりすることが好きな人もITサポートに向いているでしょう。

 

ワンポイント
ITサポートに向いている人は常に向上心を持って学ぶ姿勢がある人です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコンで作業する女性

ITサポートに転職する際の志望動機の書き方について解説してきました。

転職活動を行う上で志望動機は重要なアピールポイントです。

多くの履歴書のなかから印象に残る志望動機を書くことで次のステップに進むことができるでしょう。

志望動機の作成には企業研究や自己分析が重要になります。

自力で行うことが難しい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職のプロである転職エージェントであれば、求人検索から履歴書作成までしっかりとサポートしてくれます。

 

無料転職相談をして転職エージェントを活用しよう

 

まとめ

ガッツポーズをする女性

ITサポートはさまざまな業界でITに関連したサポートを行う仕事です。

IT技術だけでなく業界について知ろうとする姿勢、コミュニケーションスキルが求められる仕事でもあります。

常に新しいことを学ぼうとする姿勢を持つ人が業界でも求められる人材です。

ITサポートに転職したい場合には自分だけで活動するよりも転職エージェントを活用することをおすすめします。

さまざまな企業のなかから自分にあった求人を探すことからスタートしてみましょう。

『スマホだけで』らくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職ができるよう求人選定から内定までをサポートしています。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • 質問や相談はLINEで気軽に
  • スマホでのやりとりだけで転職をサポート
  • スマホ面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書の作成代行
  • スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介
  • データはクラウド管理でセキュリティも万全

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

 

質問や相談はLINEで気軽に

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

スマホでのやりとりだけで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

スマホ面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

『スマホだけで』
らくらく転職する!

履歴書や職務経歴書の作成代行

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

スマホでの相談からオーダーメイドで求人紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウド管理でセキュリティも万全

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。