転職求人に掲載されているITサポートの求人は未経験者歓迎というもの多くあります。

ITという文字がつくだけで専門的な知識が必要なイメージを強く感じる人もいるでしょう。

ITサポートの仕事は実際、どのようなことをするのでしょうか。

転職先としてITサポートを検討している人のために詳細について解説します。

ITサポートの志望動機の基本的な書き方についても紹介しますので参考にしてください。

ITサポートの仕事内容

志望動機を考えるにはITサポートの仕事内容を理解していなければなりません。

まずはITサポートの仕事内容を解説します。

一般的な事務職との違い

WEBの文字

一般的な事務職は多くの場合、企業内の庶務課に所属して業務を担当します。

これに対してITサポートはシステム開発部などより現場に近い部署に配属される職種です。

場合によっては通信会社や金融機関などへ出向することもあるでしょう。

クライアントのシステム開発現場に常駐して業務を担当するのがITサポートの仕事なのです。

具体的な仕事内容

続いて具体的に仕事の内容をみていきましょう。

ITサポートは一般事務と同じようにデータ入力などの基本的な事務作業も行います。

それに加えてWebやアプリの開発などのプロジェクトに参加してIT関連の業務を担う職種です。

事務をしながらエンジニアの仕事もすると考えるとわかりやすいでしょう。

未経験者にはハードルが高い仕事に感じるかもしれません。

しかし、入社直後から現場に携わるというよりは、研修制度などを設けている企業も多くあります。

最初は基本的な事務作業からスタートして、徐々にエンジニアとしての業務を任されるという流れが一般的です。

事務スキルとともにITスキルも働きながら伸ばすことができるでしょう。

スキルアップをしたら将来性はある?

将来を考える女性

ITサポートはITに関する幅広い知識を身につけることができるため、スキルアップ要因が多い職種です。

スキルアップによってはキャリアアップなどの高い将来性を見込むことも可能です。

たとえばITインフラ系の技術を高めた場合を考えてみましょう。

ネットワークやサーバーの設計・運用についてのスキルを身につけて本格的なIT企業への転職も可能となります。

ビッグデータやクラウドなど、IT環境の整備技術を習得すればインフラエンジニアとしての活躍の場を広げることができるでしょう。

このようにITサポートから幅広くキャリアアップしていくことは可能です。

 

ワンポイント
ITサポートはさまざまな業界でIT関連の業務を担当する仕事です。

志望動機は自己分析をしてから

手のひらにパズルのピース

志望動機を考える前に、まずは自己分析をしましょう。

自分のことを見つめ直し客観的に把握することで面接官の印象に残る志望動機を書くことができます。

単純に興味がある業界だから、これから将来性がありそうだからといった内容では印象が薄くなってしまいます。

自分の持つスキルやエピソードを交えながらITサポートという職種や応募企業を志望した理由を強くアピールしましょう。

自己分析は自己アピールをする際にも必要となるものです。

1人では難しい場合には第三者の力を借りることも大切でしょう。

家族や知人に自分の印象を聞いてみたり、転職のプロである転職エージェントに相談したりするのもおすすめです。

将来のビジョンを伝える

将来のビジョンを話す女性

志望動機で重要なのは将来のビジョンを伝えることです。

志望した理由だけで、将来どのようになりたいのかを伝えなければ面接官の印象に残りにくい内容となってしまいます。

「自分がこの仕事を通じて将来的にどう成功していきたいのか」という思いを盛り込んだ志望動機を作成しましょう。

具体的に将来像を伝えることで、仕事への意欲も高いということを印象づけることができます。

特に中長期的なビジョンをアピールできると、長く働くことを想定していることが伝わるのでより良い印象を持ってもらえるでしょう。

また、目標を書く際には以下の2点を意識してみてください。

  • なぜこのような目標を持っているのか
  • 目標に対してどのような努力をしているのか

この2点を意識することで、面接官の印象に残りやすい志望動機になります。

エビデンスをプラスしよう

スマホを持つ女性

エビデンスは「証拠・証言」という意味を持ちます。

たとえば何か交渉をする場合に自分が相手に対して何を発言したのか証拠を残すという場合に使われる言葉です。

志望動機でいうエビデンスとは結論に対する根拠のことです。

つまり志望理由の根拠となる具体的なエピソードを盛り込むことが重要ということになります。

志望する理由に対してなぜそのように思ったのかをオリジナリティのある言葉で盛り込みましょう。

たとえば志望動機が「自分のスキルを活かすことができると思ったから」であった場合で考えてみます。

この場合は具体的にどのようなスキルがあるのかをしっかりアピールすることがポイントとなります。

また、そのスキルを入社後にどのように活かせるのかも盛り込みましょう。

志望動機の基本的な書き方

志望動機の基本的な書き方について理解を深めておきましょう。

内容のよい志望動機でもダラダラと書いてしまうと結果的に相手の印象に残らないケースも多くあります。

簡潔に言いたいことをすっきりとまとめましょう。

書き出し

志望動機を書く女性
志望動機は結論から書き始めるのが基本です。

結論のわからない文章をダラダラと読まされる書類では、採用担当者にマイナスな印象を与えてしまうでしょう。

求人には多くの履歴書が送られてくるため、そのなかで目にとまるには採用担当者が読みやすい文章を書く必要があります。

文頭になぜ自分がこの企業に応募したのかを書いておくことで、採用担当者も理解しやすくなるでしょう。

本文

結論を書いたら次は本文に入ります。

本文では志望動機に対する根拠を示しましょう。

なぜ志望したのかという理由に対し、具体的な根拠をプラスします。

根拠とは具体的に「どうしてそう思ったのか」を書くことです。

志望理由や自分のスキルの証明になるエピソードを盛り込むことで、質の高い文章を作成することができるでしょう。

ただし、エピソードを長々と書いてしまっては印象が悪くなってしまいます。

エピソードの要点をまとめつつ、スキルなどのアピールにつながるように心がけましょう。

まとめ

女性の手とイメージ図

まとめの部分で欠かせないのは「なぜこの会社でなければならないのか」という理由です。

ITサポートとして活躍できる企業は他にもあることでしょう。

そうした同業他社ではなく応募企業を選んだ理由をしっかり採用担当者にアピールしましょう。

これを正確に書くには企業研究が不可欠です。

企業理念や事業内容、応募企業におけるITサポートの業務内容などをできる限り把握しましょう。

その上で自分の強みやスキルが企業としっかりマッチすることが伝わる文章にすることを心がけましょう。

 

ワンポイント
まずは基本的な志望動機の書き方をマスターすることが重要です。

心をつかむ志望動機のポイント

志望動機で採用担当者の心をつかむことができたら転職面接でも有利です。

採用担当者の心をつかむ志望動機の書き方を具体的に解説します。

今までの経験をどう活かすか

手のひらにパソコンのイメージ図

転職では前職で身につけたスキルをアピールすることも大切です。

ITサポートの経験がなかったとしても、事務スキルやコミュニケーション能力など、他職種で身につくスキルを転職後に活かすこともできます。

ITサポートに求められているスキルは企業によって様々です。

企業の応募条件を確認してどの部分に自分のアピールポイントがマッチさせられるかを考えましょう。

ITサポートの経験者であればこれまでの実績などもしっかり伝えましょう。

自分が持つ経験やスキル、実績をこの会社でどう活かしていけるかを示すことが大切です。

独自に勉強していることを伝える

ノートとパソコン

すでにスキルがある人も未経験の人も現在進行形で勉強していることを伝えるのもポイントです。

スキルだけを伝えるのではなく、どういったスキルがあってさらに上を目指すためにどんな勉強をしているのか伝えましょう。

向上心のある人は、企業にとっても必要とされる人材です。

常に勉強する姿勢をアピールすることで新しい業務にも前向きに取り組むことができる人という印象を与えることもできます。

入社後に具体的にこんな活躍をしてくれそうだとイメージしてもらえればプラス評価につながるでしょう。

まわりとの差別化

志望動機はほかの応募者と同じ内容になりがちです。

そこでまわりと差別化をはかることで採用担当者に自分を印象づける方法を知っておきましょう。

差別化するために効果的なのは、自分の体験をもとにしたエピソードです。

もしエピソードも他の応募者と被りそうな場合は、自分の思いや考えなどでオリジナリティを示しましょう。

また、まわりと差別化をはかるためには語彙力が必要です。

ありきたりな言葉を選択してしまえば、どうしても他の応募者と同じような内容になってしまいます。

むやみやたらにビジネス用語を用いることはマイナスですが、ポイントをおさえてキーワード的に使用すると効果的です。

さらに選んだキーワードに根拠を持たせて具体的に説明することで説得力を増すことができます。

志望動機例文

ここまで、志望動機の書き方について解説してきました。

ここからはITサポートに転職するための志望動機の具体例について紹介します。

今までの経験の書き方

パソコンのキーボード

前職ではテレフォンアポイントの仕事をしていました。

顔の見えないお客さまの不安やお悩みを解決することに徹するなかでコミュニケーションスキルを学びました。

顔が見えない電話では、声音でお客様の気持ちを汲み取り、丁寧なヒアリングを行う必要があります。

言葉だけでなく声音にも注意して、お客様のお気持ちや要望を正確に聞き出すことを心がけてきました。

また書類作成なども担当していたことで事務スキルも同時に習得いたしました。

ITサポートは未経験の分野ではありますが、前職で培ったコミュニケーションスキルと事務スキルを活かすことができると考えております。

クライアントさまに常にわかりやすい説明とサポートを提供できるよう尽力して参ります。

勉強していることを証明する書き方

前職では一般事務として働いておりました。

そのため事務スキルには自信があります。

事務職としてより多くの業務ができるようになりたいと思い、事務職に関わる資格の勉強を続けています。

そのなかで、以前より興味のあったプログラミングスクールに通い、ITパスポートの資格を取得しました。

この資格を取得したことでPCスキルの向上にもつながり、事務業務をより効率的に進めることができるようになりました。

この資格を活かしてさらに専門的な分野にチャレンジしたいと思い貴社を志望いたしました。

現在は独自にアプリケーションの作成にも挑戦しています。

スクールで学んだことと独学で身につけたスキルを活かして、貴社に貢献していきたいと考えております。

差別化をはかるための書き方

私は多くの企業を支えているのはITであると考えています。

ITの先端技術を開発している貴社で自分のスキルを活かして活躍したいという思いから貴社を志望しました。

私はこれまでにアルバイト時代も含めていくつかの企業で働いてきました。

業界はバラバラですが、共通しているのがどの企業でも必ずデジタル作業があったという点です。

インターネットにトラブルが起これば仕事が中断するという事態に何度も遭遇したことで、ITに興味を持つようになりました。

また、こうしたトラブルに何度も遭遇したことで、IT技術を提供する側になって多くの企業を支えたいという気持ちを抱くようになったのです。

そこでIT技術に関する勉強をはじめ、独学でITパスポートも取得し、現在はプログラミングに関する勉強を行っています。

これまで学んできた知識を活かして多くの人をサポートするITの普及を目指したいと考えております。

 

ワンポイント
ITサポートの志望動機はほかの応募者と差別化をはかることも重要なポイントです。

ITサポートの適性

ITサポートに向いている人とはどのような人でしょうか。

自分がITサポートに向いているのかを確認してみましょう。

学習することに意欲がある

パソコン作業をする女性

IT業界では常に新しい技術や情報が飛び交っています。

そうした情報の変化にも対応できるほどIT技術への関心が高く、新しいことを学び続けることに意欲がある人は向いているといえるでしょう。

特にサポート業務が多岐にわたるITサポートではクライアントの業界についても前向きに知ろうとする姿勢が大切です。

終業時間外でもIT関連の情報を収集したり技術についてスキルを高めたりする意欲があるかもチェックポイントになります。

論理的思考

物事を論理的に考えることができる人はITサポートに向いています。

ITサポートでは緊急性のある問い合わせに対応することも少なくありません。

そのような場合にパニックにならず冷静に論理的に解決に向けて動ける人が求められます。

また、クライアントの課題を解決する際に、問題点を正確に把握し、適切な提案をするには論理的な思考が欠かせません。

確かな根拠を元にした提案であればクライアントも納得して任せることができるでしょう。

ITサポートは、時には理不尽なクレームなどの対応をしなければならないこともあります。

その際、感情的になっている相手にも冷静に対処し、相手の求めていることの本質を見抜く力が必要です。

相手の感情に流されず論理的に対応できることが求められます。

新しいことに挑戦するのが好きである

IT技術の進歩にあわせ、パソコンなどの機器類は年々バージョンアップのスピードが早くなっています。

それだけではなくITに関連した新しい技術も次々と誕生しています。

そこで重要となるのが新しいことに挑戦することが好きであるというポテンシャルです。

ITサポートとして取り組む業務のなかにも、新しい技術はどんどん取り入れられる可能性があります。

それらに対して苦手意識を持っていては、ITサポートとしてのスキルを伸ばすことは難しくなってしまうでしょう。

IT技術そのものへの関心も高く、自分で新しいアプリを開発したりプログラミングしたりすることが好きな人もITサポートに向いているでしょう。

 

ワンポイント
ITサポートに向いている人は常に向上心を持って学ぶ姿勢がある人です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

パソコンで作業する女性

ITサポートに転職する際の志望動機の書き方について解説してきました。

転職活動を行う上で、志望動機は重要なアピールポイントです。

多くの履歴書のなかから印象に残る志望動機を書くことで次のステップに進むことができるでしょう。

志望動機の作成には企業研究や自己分析が重要になります。

自力で行うことが難しい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職のプロである転職エージェントであれば、求人検索から履歴書作成までしっかりとサポートしてくれます。

まとめ

ガッツポーズをする女性

ITサポートはさまざまな業界でITに関連したサポートを行う仕事です。

IT技術だけでなく業界について知ろうとする姿勢、コミュニケーションスキルが求められる仕事でもあります。

また、常に新しいことを学ぼうとする姿勢を持つ人が業界でも求められる人材です。

ITサポートに転職したい場合には自分だけで活動するよりも転職エージェントを活用することをおすすめします。

さまざまな企業のなかから自分にあった求人を探すことからスタートしてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら