転職活動でほぼ必須となる履歴書には、サイズが二種類あります。

そのため会社側から特にサイズの指定がない場合、どちらを選ぶか悩んでしまう方が多いです。

そこでこの記事では、履歴書のサイズを選ぶ基準について解説していきます。

合わせて履歴書の購入場所や、手書きとパソコン作成のメリット・デメリットもまとめました。

これから履歴書を作成する方は、ぜひ参考にしてみてください。

女性が履歴書のサイズを選ぶ基準を解説

就職活動開始

市販の履歴書は、基本的に二つ折りの形式になっています。

ただし自分のパソコンで印刷して作成するときには、必ずしも二つ折りの形式にするというルールはありません。

また会社によってはサイズを指定してくる場合もありますが、大抵は明確にしていないことが多いです。

そのためサイズを選ぶ際は、応募する状況記入する内容によって自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

ここからは、まず履歴書のサイズを選ぶ基準について解説していきます。

 

ワンポイント
 履歴書の基本は二つ折り

履歴書のサイズはB5とA4の二通り

履歴書A4とB5

履歴書のサイズは、A3用紙を二つ折りしたA4サイズB4用紙を二つ折りしたB5サイズの二通りです。

A4はA3またはA版、B5はB4またはB版とも呼ばれています。

市販のものは他にサイズがないので、会社側から指定されたときはAかBかで判断しましょう。

たとえA4と指定されても、A4用紙を二つ折りして用意するのは間違いです。

市販のものを使わず自分で作成する場合は、特に注意してください。

サイズの選び方

履歴書とボールペン

履歴書のサイズは、求人会社から指定がない限りどちらでもよいといわれています。

まずはサイズを決める前に、自分がどんな内容を書きたいのか考えてみることが大切です。

その内容によって重視したい項目が変わってくるので、自分に合った履歴書を選びやすくなります。

大体記入する内容のイメージが出来上がったら、今度は記入するボリュームを考えてみましょう。

そうすることで、自分らしい履歴書が作成できます。

基本はどちらでもOK

履歴書のアップ

基本はどちらのサイズを選んだとしても、会社側からの評価に影響はありません。

指定がない限りは使いやすい方を選びましょう。

市販の履歴書でも両方のサイズ普及しています。

ちなみに1980年代まではB5が一般的でしたが、近年はパソコンで作成する方も増えてきたことからA4を使う方も多いです。

そのため世代によってはB5が慣習的だと考える方もいますが、特に気にする必要はないでしょう。

サイズよりも項目で選ぶ

履歴書の書き方

サイズを決める前に、まずは項目で選ぶことが大切です。

サイズは二通りしかありませんが、項目はそれぞれのメーカーによって構成が異なります。

たとえば自己PRをしっかりと記入したい方は、自己PR欄が広めに取っているものを選ぶのがベストです。

ものによっては書きたい項目がない場合もあるので、購入前にしっかり確認してください。

履歴書はなんといってもサイズより内容が重要なので、自分を効果的にアピールできるような構成を選びましょう。

書くことが多い人はA4

履歴書

履歴書に書くことが多い方は、A4サイズを選ぶのがおすすめです。

単純にA4サイズはB5サイズより用紙が一回り大きいので、書けるスペースも広くなります。

転職回数が多い場合は職歴で広いスペースが必要となるので、A4サイズを選ぶと他の項目内容も充実させられるでしょう。

あるいは自己PRをしっかり書いてアピールしたい方にもA4サイズがおすすめです。

逆に書くべき項目が少なかったり、シンプルにまとめたい場合はバランスの取れるB5サイズを選びましょう。

 

ワンポイント
 サイズの選び方は書く内容によって決まる

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

状況別サイズ

キャリアとお金

履歴書のサイズを選ぶ際は、応募する状況によって変えるのもひとつの方法です。

大きく分けて、就職活動・転職・アルバイトやパートの場合の3パターンが想定されます。

状況別に分けると、全体的にどちらのサイズが使用されているか傾向を掴むことができるでしょう。

もちろんどちらが正解ということではありませんし、多く使われている方が有利とも限りません。

あくまでも参考程度に考えてみてください。

就職活動の場合

春のビジネスウーマン

新卒の就職活動では、全体の約6割程度の方がA4サイズを使用しています。

なぜなら大学で使えるフォーマットや、就活サイト・書籍などでA4サイズを採用・推奨しているケースが多いからです。

ちなみに新卒は、当然のことながら職歴欄をはじめ記入する内容は少なくなります。

そのため今後の意欲をアピールするため自己PR欄のスペースを多めに取っているタイプがおすすめです。

逆に職歴欄は少なめでも問題ないので、JIS規格(日本工業規格)よりは一般の様式を選んだ方が書きやすいでしょう。

転職(中途採用)の場合

ガッツポーズの女性

転職または中途採用の場合は、全体の約6割B5サイズを使用しています。

理由は30代以上の方が、当時の就職活動で使い慣れていたものを選択しているからです。

一方で現在は自分でパソコン作成する方も多く、今後は印刷しやすいA4サイズが増えてくると予想されています。

とはいえ、採用担当者によってはB5サイズが見慣れていると感じる方も少なくありません。

どちらにせよ選考に影響はないので、転職回数やアピールしたい項目など内容面を考慮した方がいいでしょう。

アルバイト・パートの場合

ガッツポーズの女性店員

アルバイト・パートの場合は、全体の約8割程度の方がB5サイズを使用しています。

結婚退職後しばらく専業主婦だったケースのように働いていない期間が長い方は、書く内容が少ない傾向にあるからです。

また市販のパート・アルバイト用は、B5サイズで販売していることが多いのも理由のひとつと見られています。

B5サイズであれば書くことが少なくても、全体的にバランスを取れるので見た目の印象が良いです。

特にやりたい仕事でしっかりアピールしたい場合を除き、パート・アルバイトでの応募はB5サイズが一般的でしょう。

サイズの選び方とマナー

履歴書とハート

履歴書のサイズ選びでは、基本的なマナーを守ることが重要です。

特に自分でパソコン作成する場合は、印刷方法フォントなどに気をつけた方がいいでしょう。

採用担当者は多くの履歴書に目を通すので、見やすく取り扱いやすいよう配慮してください。

印刷方法

印刷する

パソコンで作成する場合、家庭用プリンターを使うとA4サイズしか選択できないケースが想定されます。

基本的には見開き形式ですが、A4サイズを片面印刷で2枚作成してクリップ留めする方法も可能です。

このときホッチキス止めしたり縮小印刷するのは、採用担当者が扱いにくいため避けましょう。

おすすめなのは、パソコンで作成したデータをコンビニエンスストアの複合機で印刷する方法です。

複合機であればA3・B4サイズに対応しており、1枚10~100円で印刷できます。

ちなみに作成したデータは、USBメモリのような記録メディアに保存して持っていくのが便利です。

記録メディアがない場合は、対応するコンビニのネットワーク・プリントサービスを活用しましょう。

フォントや文字のサイズ

デザインルーム

パソコンで作成する履歴書には、フォントや文字のサイズに基本的なマナーがあります。

まずフォントは、日本で多く採用されている明朝体を使いましょう。

ゴシック体のような癖のあるフォントは悪目立ちするリスクがあり、採用担当者が読みにくく感じてしまいます。

また文字のサイズは、10.5~11.0にするのがおすすめです。

小さい文字は読みにくく、逆に大きい文字では内容の少なさを誤魔化しているような印象を与えます。

自分にあったサイズとは

履歴書作成

自分に合ったサイズを選ぶには、まず何を重点的にアピールしたいか考えることから始めましょう。

アピールポイントは自己PRで表現しやすい意欲面や、資格欄・スキル取得状況など人によって様々です。

まずは自身の強みを知ったうえで、必要なスペースがあるサイズを選ぶと効率的です。

または就職活動時に使ったサイズの方が使い慣れている、という選択方法もあります。

どちらのサイズでもマイナスの影響になるリスクは少ないので、自分の使いやすいサイズを選びましょう。

企業から指定がある場合

履歴書

企業側から履歴書のサイズを指定された場合は、必ずそのサイズを使用しましょう。

サイズを指定してきたということは、会社でのデータ管理や保存するときを考慮しているなどの理由があるからです。

指定されたサイズでない方を使って応募してしまうと、最悪の場合書類選考の段階で落とされる可能性があります。

せっかく内容が充実していても水の泡になってしまうので注意してください。

まずは履歴書のサイズに関して指定がないか、しっかりチェックしましょう。

その他の応募書類がある場合

履歴書

履歴書の他に応募書類があるときは、サイズを合わせるのもひとつの方法です。

例えば同封する書類として、職務経歴書・送付状があげられます。

職務経歴書はA4サイズなので、履歴書もA4にすると見た目がきれいです。

また郵送する際は、角形2号か角形A4号と表示されたサイズを選びましょう。

一般的な定型サイズの封筒だと書類を折りたたむことになり、採用担当者が扱いにくく失礼にあたります。

 

ワンポイント
 大切なのは採用担当者の気持ちを配慮したマナー

品薄なA4サイズを買える場所

パソコンを操作する女性

履歴書はコンビニ・文房具店・書店などで購入できますが、A4サイズは品薄なことがあります。

店頭で好みのものが見つからない場合は、ネット通販を利用するのがおすすめです。

ネット通販は種類が豊富なので、選択肢の幅が一気に広がります。

ただし自宅まで届く日数を考慮して、できるだけ早めに購入するようにしましょう。

3~4日は余裕があると安心です。

履歴書はなぜ2通りある?

就活の履歴書

基本的にどちらでも使用可能な履歴書ですが、それではなぜそもそもサイズが二通りあるのでしょうか。

理由は紙の規格サイズに関する歴史があるからです。

時代は遡って江戸幕府の頃、当時公式な書類で使用されていた美濃紙がルーツとなり日本独自の規格が採用されてきました。

日本規格のB版は昭和までの長い期間、公式書類で使われてきたのです。

しかし19世紀末に国際規格のA版が提案され、1990年代からは行政文書のA版化によって一気に普及しました。

 

ワンポイント
 サイズが二通りあるのは日本独自の歴史にあり

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

手書きとパソコン、どちらにする?

履歴書

 

いざサイズを決めて履歴書を作成する際、手書きパソコンどちらにするか迷うという方も多いです。

実際サイズと同様、企業側から指示がない限りはどちらを選択しても問題ありません

採用担当者の印象が変化する可能性はありますが、選考に大きな影響を及ぼすリスクは低いでしょう。

ただし、手書き・パソコン両方にメリットとデメリットがあります。

比較してみて自分に合ったものを選びましょう。

手書きのメリット・デメリット

履歴書

手書きで作成するメリットは、応募会社に対する熱意が伝わりやすいことです。

丁寧な字は採用担当者から見て、丁寧な仕事をする印象にも繋がります。

特に事務員や秘書など筆記する仕事が多い方は、有利になる可能性もあるでしょう。

一方デメリットは、修正ができないため誤記入した場合はじめからやり直しになることです。

また書いた字が雑だと読みにくいため印象が悪くなり、時間をかけた意味が薄れてしまいます。

パソコンのメリット・デメリット

資料を作成する女性

パソコンで作成するメリットは、パソコンスキルをアピールできることと作成時間を短縮できることがあげられます。

手書きと違って随時修正できるので、やり直す手間がかかりません。

また転職活動中は複数の企業へ応募することも多いので、転用しやすいのもメリットといえるでしょう。

一方デメリットは、手書きを重視する採用担当者も一部いるということです。

また手書きならではの熱意が伝わりにくく、文章によっては淡白な印象を与える可能性も考えられます。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

オンライン面接

履歴書のサイズに関する悩みをはじめ、転職相談は転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは個別相談で対応してくれるので、転職活動中いつでも頼りになります。

求人企業から日々様々な情報を得ている転職エージェントならではのアドバイスをもらえるでしょう。

そして入社まで転職者に寄り添ったサポートが受けられるため、転職活動を効率的に進められます。

転職を成功させたい方は、ぜひ活用を検討してみてください。

まとめ

PCを持つ女性

履歴書のサイズは、企業側からの指定がなければA4・B5どちらのサイズを使用しても大丈夫です。

また市販のものだけではなく、パソコンで作成する方も年々増えてきています。

ただし基本的なマナーを守り、採用担当者が取り扱いしやすいよう配慮して作成しましょう。

基本的に形式は二つ折りですが、家庭用プリンターの場合A4サイズ2枚での片面印刷が可能です。

そして何より履歴書の内容を充実させることを考え、ぜひ転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら