転職面接に伺った会社の控室にあるパンフレットは、そのまま手に取って見てもよいのでしょうか?

実は、その些細な行動によって、面接官へ好印象を与えることもできるのです。

今回は、女性の面接試験での企業パンフレットの意味や、控室での過ごし方などを中心に解説していきます。

面接で企業パンフレットの持つ意味を解説

面接室の画像

転職面接での控室に、もしその企業の作ったパンフレットが置かれていた場合にはどうすべきでしょうか?

パンフレットを手に取ることで面接試験自体が好転するのであれば、大いに活用すべきかもしれません。

そもそもなぜパンフレットが面接の控室に置いてあるのか、その理由を知っておくことで安心できるはずです。

今回は女性の転職面接にて、控室にパンフレットがある意味と面接後に渡される理由・控室での過ごし方などを解説をしていきましょう。

面接の控室でパンフレットがあったらどうすればいいの?

面接室の画像

企業によりけりですが、転職面接の控室にパンフレットが置かれているとしたら、どのような対応をするのが適切なのでしょう?

さり気なく中身を見てよいものか、それとも余計なことに気を向けないほうが無難なのかと、いろいろと考えてしまうはずです。

これは転職者にとって迷う課題かもしれません。もし実際に面接控室のパンフレットが置かれていた時に何をするべきかを解説します。

手にとって見ることで印象が良くなる

面接時の控室に置かれている企業パンフレットなどは、ぜひ手に取って読んでみましょう。

その企業のパンフレットが控室に置いてあるとしても、当日は緊張してそれどころではないかもしれません。

本番を目前にして、余計な事に気が回らない状態です。

面接官に会う直前では、あまり軽率な行動はできないので、あえて何も触れないようにするという方も多いでしょう。

しかし、せっかく置いてあるパンフレットに目も向けずにいるのはもったいないことなのです。

パンフレットを手に取ることで、その企業への関心度・熱意が、間接的に面接官へ伝わる可能性があります。

志望動機を質問されることも想定される中で、控室にわざわざ置いてあるのです。

直前にパンフレットに目を通すことで、何かのヒントが得られることも考えられるでしょう。

控室にパンフレットが置かれているということは、その企業としてもぜひ手に取ってほしいという気持ちが込められています。

面接直前だからこそ、落ち着いて手に取ってみてください。

控室のパンフレットを読んでマイナスになることはない

面接室の画像

結論を言ってしまえば、控室にある企業パンフレットは、できるだけ手にとって見るくらいの余裕を示すことです。

控室に置いてあるパンフレットを読んでマイナスになることは、原則としてあり得ません

常識的な企業であれば、自社のパンフレットはさまざまな人に読んでもらいたいと願っています。

面接を受けに来た応募者に対しても、同じ気持ちではないでしょうか?

興味を持って手に取ってくれる人に悪い気がしないのは当然な話です。

しかし中には、わざとパンフレット置いて、手に取った応募者を不採用にする悪質な企業もあると聞きます。

もしそのような企業であれば、姑息な判断基準を持った低レベルの企業です。

むしろ入社しなくて正解だったと割り切るほうがよいでしょう。

企業のパンフレットについて質問されたらどう答える?

控室の画像

女性の転職面接の際には、企業を下調べする意味で企業の公式サイトを閲覧するか、パンフレットを取り寄せるなどの行動をします。

公式サイトやパンフレットには、その企業の理念やエピソード・商品サービス詳細などの膨大な情報があるものです。

そこで、面接官がパンフレットの感想を聞くことは自然な流れでしょう。

聞かれることを想定して、あらかじめ取り寄せることが望ましいです。

では、もし企業のパンフレットについての質問をされた場合について解説していきましょう。

面接官の質問の意図は?

面接官がパンフレットに関しての質問をする意図は、どれだけ自社について興味を示してくれているのかを確かめたいからです。

お互いに始めて同士なわけですから、少しでも自分を理解してほしいと思うことは普通のことでしょう。

興味や関心が湧いているのであれば、どこまで自社のことを詳しく知ろうとしているのかは気になるはずです。

パンフレットには自社の概要が載っています。それを見てくれているのなら、どう感じたのかを率直に聞いてみたいからです。

この時点だけで採用の判断をすることは、おそらくないはずです。面接を一通り行った上でのトータルな判断になるでしょう。

面接官は何を知りたい?

控室の画像

面接官がパンフレットの感想を聞くのは、企業イメージと経営理念が正しく伝わっているのかを知りたいからです。

いくら過去のキャリアやスキルが優秀な人材だとしても、必ずしも採用するとは限りません。

最も重要なのはその人が社風に合っていそうで、会社のやり方に共感してくれそうかという点です。

その判断をするバロメーターになるのがパンフレットではないでしょうか?

何が書いてあるのかを自分なりに理解してくれているかを感想として確かめています。

ワンポイント
パンフレットの感想にはその企業に共感した内容を盛り込むこと

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

質問の回答例を紹介

テーブルの上のパンフの画像

もし面接時の控室などに置いてあるパンフレットについての感想を聞かれた場合には、どのような回答を用意すれば良いでしょうか?

なるべくなら面接官へ好印象を与えることができる回答を示したいものです。

より具体的で前向きな内容でまとめておくことがポイントになります。

では、パンフレットの質問に関する主な回答例を紹介しましょう。

パンフレットに記載されている内容で印象に残ったことは、スタッフの方のメッセージ欄です。

中でも、女性スタッフが管理職として活躍しているコラムが好きです。

プライベートでは家庭もあって子育てを併行しているという文章を読み、自分にとってとても励みになりました。

仕事と家庭の両立は、女性にとっても大切な部分です。

自分もこの方のように両立できるスタッフになれればと憧れています。

私が御社のパンフレットを拝見して思ったことは、将来的な展開が楽しみになったという点です。

学生時代にはアメリカへ留学経験があったことから、英語の使える部署で活躍したいと考えています。

英語のスキルについては、現在でも勉強を重ねていて多少は自信があるのです。

御社の海外支局などへの出張や配属があれば、前向きに取り組んでいきたいと考えています。

控室の待ち時間を有効に使おう

パンフレットの画像

転職面接の直前は緊張しているのが普通です。控室での待ち時間はとても長く感じるでしょう。

緊張をする待ち時間にどう過ごすかが、その後の面接をスムーズにさせてくれることもあります。

では、転職面接での待ち時間をどのように有効化すればよいのかについて解説していきましょう。

心を整える時間

時計の画像

控室に入ったら、とにかく落ち着いて静かに待つようにしましょう。

面接直前のわずかな時間になるので、今から何か新しいことをしようと思わないことです。

控室に入った時点からすでに採用試験の一環であると自覚しておきましょう。

言い換えれば、覚悟を決めてその後の行方を流れに任せるつもりでいてください。

パンフレットがあれば手にとってみる

もし控室に企業のパンフレットが置かれていれば、読みながら自分の出番を待つことは問題ないはずです。

面接の場合、予定通りにならず時間が長くなってしまうことも考えられます。

もちろん会社の概要やさまざまな情報は、既に勉強や研究をした上で面接に臨んでいることでしょう。

事前に確認するという意味でも、ぜひパンフレットを有効に利用してみることです。

ワンポイント
控室では落ち着いた態度でパンフレットを眺めながら待つこと

控室でのNG行動

待合室の画像

控室に入ると面接直前の隙間時間にもなります。緊張するのは自然なことなので問題ありません。

しかし、入室して以降にやってしまうとNGになるという行動があります。

転職面接を成功させるためにも、些細な行動にも注意しておきましょう。

ここでは、控室での主なNG行動について解説していきます。

読書をする

控室にあるパンフレットではなく、持参した本や雑誌を読む行動はNGです。

本来は読書に良いイメージがあるものです。しかし面接試験での控室は全く別物だと思っておきましょう。

転職面接の大事なイベントで、プライベートなことを持ち込むのは誤解を招くことになるからです。

しかもパンフレットが近くにあるにもかかわらず見向きもしないとなったら、面接官はあまり良い気分がしないかもしれません。

ちょっとした盲点でもあるので気をつけてください。

スマホを使う

当然ですが、控室でスマホを使用しないよう気をつけましょう。

ポイントとしては、使用しないときっぱり決めて踏ん切りをつけることです。

面接本番でスマホの使用をする人はいないものですが、控室では無意識にスマホを取り出す癖がある人が目立つようです。

現代人のスマホによる弊害に本人が全く気づいていません。

転職するかどうかの大事な時に、スマホに心を持っていかれるようでは失格とされて当然です。

事前に気持ちをしっかり整えておくことです。その会社の建物内に入る直前に電源を切っておくのがマナーといえます。

灰皿は使用しない

控室に灰皿が置かれていてもタバコは絶対に吸わないようにしましょう。

プライベートで喫煙するかどうかは本人の趣味嗜好です。

しかし、このご時世での喫煙はマイナスイメージでもあります。

タバコを吸う姿は、どうしても悪い印象しか植え付けないからです。面接前はとにかく我慢をしましょう。

控室でどうしてもスマホを使用する場合

スマホを使う画像

スマホは事前に電源を切っておくかマナーモードにしておくことがベターです。

しかし控室などでどうしても使用しなくてはならないのであれば、速やかに済ませることが大切です。

また、どうしてもやむを得ない事情で使用したいのであれば、一言断っておくしかありません。

今やスマホでいろいろな管理をする世の中です。スケジュールを管理することや確認することも想定できます。

使わざるを得ない事情であれば使用しても構わないでしょう。

ここでいうスマホのNGというのは、無意識にだらだらと暇を持て余す道具として使用する態度のことを指します。

無駄なスマホ使用はNGでしかありません。

ワンポイント
面接の控室ではスマホの存在は忘れること

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接後にパンフレットを渡される意味は?

マガジンラックの画像

面接が終了して帰り際にパンフレットを渡されることもあり得ます。

後から差し出すことに何か意味があるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

では、企業側が面接終了後にパンフレットを渡すことに、どのような意味があるのかを解説していきましょう。

企業への理解を深めて欲しい

面接後にパンフレットを渡してくれるというのは、ある意味で希望を込められているとも解釈できます。

さらに自社への理解を深めてもらいたいというプラスの思いがあるからです。今の時代では、いくらでも公式サイトに目を通せます。

ところがそこに逆行するような行動をとっているのです。

次に会う時にまで、さらなる具体的なポイントを確認しておいて欲しいというメッセージとして受け取ることができます。

つまりその後も見込みがあると前向きに判断してくれている証拠です。

不安な点があればエージェントに相談を

面接後に渡されるパンフレットには期待値が込められている場合もあります。

その一方で、特に大した意味はなく来てもらった記念というだけの場合もあるでしょう。

真意はその時の面接官や企業側にしか分かり得ないことです。

あまり深く考え込む必要はありません。

それでも転職での不安があるというのであれば、迷わず転職エージェントの利用を検討してみましょう。

ワンポイント
面接後にパンフレットを渡されても深く気にしないこと

転職での疑問は転職エージェントに相談しよう

面接室の画像

もし転職活動での悩み事や不安があり解消できないというのであれば、転職エージェントに登録して活用してみましょう。

転職エージェントは転職についての専門性があるので、理想的な企業選びに役立つはずです。

担当アドバイザーからの直接的な指示も期待できるのでおすすめです。

まとめ

パソコンを持つ女性の画像

基本的に企業が作るパンフレットは自社のPR用として広く配布する用途があります。

転職希望者だけではなく顧客にも配られていると思ってよいでしょう。

それだけ一般的に広く自社の考え方や規模などを知ってもらいたいという目的があります。

つまり、見てもらいたいから作っているものなのです。

もし面接前の控室にさりげなく置いてあるとしたら、ぜひ手にとって眺めながら自分の本番がくるまで静かに待機していましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら