転職活動を行う上で難しいのは在職中における転職面接の日程調節です。

転職を試みても、現職の会社が繁忙期で時間が取れず平日が無理な方も多いでしょう。

しかし、そのような応募者の都合は応募する企業にとって関係のないことです。

そこで今回は転職面接を土日に受けたい時にどうすべきか解説します。

在職中に転職面接を受ける際の注意点や対策の方法もチェックしましょう。

平日面接が難しい時は日程調整ができる?

日程

在職中の転職活動で苦労することの1つは面接の日程調整ではないでしょうか。

応募先の企業が土日休みの完全週休二日制だった場合は平日の業務時間内に面接が行われます。

また、選考が進んで最終面接になると役員の方も面接に参加するため調整が厳しくなるでしょう。

しかし方法次第では決して不可能ではなく、方法はいくつかあります。

  • 業務時間外で日程調整をお願いする
  • 半休を取得する
  • 有給休暇を利用する
  • 転職エージェントを活用する

後述しますが、これらの方法を用いれば日程調整は可能です。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを実現しよう

 

土日を希望してもいい?

休日

平日が難しい場合土日や休日を希望することは決して不可能ではありません

しかし、その場合面接官からの評価が下がることは覚悟しておきましょう。

土日を希望した場合に面接官が抱く印象は以下の通りです。

  • 仕事を効率よくこなせない人
  • スケジュール管理がきちんとできない人
  • あまり自社に対する志望度が高くない人

多くの場合はマイナスの印象で捉えられてしまうので気をつけてください。

現職が忙しいから平日は不可能というのは応募者の完全な個人的事情です。

忙しいのは面接官も同じことであり、貴重な時間を応募者の為に割いてくれています。

それを応募者の個人的事情で変更するのは思いやり・配慮に欠ける行動です。

現職も転職先も応募者の個人的事情で動いているわけではないことを自覚しましょう。

 

無料転職相談をして憧れの企業に転職しよう

 

平日しか面接しない会社を受けたい場合はどうするか

それでは平日しか面接しない会社を受けたい場合はどうすればいいのでしょうか?

夜間の面接を希望する

夜

まず1つ目が平日の営業時間を避けて夜間の面接を希望することです。

激務で夜遅くまで残業がある仕事を除けば、遅くとも18時〜19時までには業務を終えるでしょう。

その後の業務時間外であれば面接可能であるということを伝えてみてください。

ただしこの際に大事なのは「大変申し訳ございません」と謝罪の気持ちを込めることです。

また、なぜ平日の営業時間外では無理なのかという理由もしっかり添えましょう。

あくまでも面接官の貴重な時間を自分の為に割いてもらっているという意識が大事です。

そういう思いやり・配慮のある言動・行動が求められています。

外回り中に受ける

外回り

2つ目に営業職などの場合は外回り中に受けることも可能です。

特に直行直帰で予定を出している場合は時間の調節ができます。

このような選択の場合、もしかすると現職に対する後ろめたさがあるかもしれません。

しかし仕事はあくまでも業務をしっかりこなして成果を出すことが目的です。

その為その日のノルマを早く終わらせれば、面接を受けても大丈夫でしょう。

面接を早く受けられるように段取りを組んでおくことをお勧めします。

家庭の事情を理由に早退

あまり有効な手段ではありませんが、家庭の事情を理由に早退する手もあります。

例えば冠婚葬祭などは仕事よりも優先度が高いので早退が可能です。

ただし、嘘をついてしまうことになるのでそう何度も使えません。

またそういう事情であっても会社によっては受け入れられない場合があります。

その時は別の手段を考える必要がありますが、1つの方法としてお勧めです。

日中に面接を組む

日中

これが最も難易度が高いですが、有給休暇を用いて日中に面接を組むという方法です。

実は中途採用の場合、日中に面接が組まれる可能性はあまり高くありません。

その為仕事が繁忙期ではない場合は有給を用いて日中に面接を組んでください。

外回りの時同様にそんなことをすると会社の業績に響くのではと思う人もいるでしょう。

しかし会社はよくできたもので、1人休んだところで仕事が回らないことは滅多にありません。

応募者がいなければ仕事が回らない場合その会社の業務管理に問題があります。

そういう手段を利用することもまた転職活動においては大事です。

半休を使う

有給休暇を利用して半休を使って午前中か午後のどちらかを面接に使いましょう。

基本的に仕事は社員1人が居なくても業務がスムーズに進行するように組み込まれています。

しかし、応募者が責任の重い立場だったり繁忙期だったりした場合は別です。

重要なプロジェクトが進行している場合、1日抜けただけでも周囲に迷惑をかけます。

そういう場合は予め半休の有給休暇を組んでおいて積極的に活用してください。

選考が進めば進むほど平日の日中に面接が来ることも少なからずあります。

忙しい場合は1日のうち半日を面接として用いることも可能なのです。

 

ワンポイント
要はスケジュール調整さえうまくやれば平日でも面接可能である
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


在職中の面接の注意点

面接

それでは在職中に面接を受ける際の注意点を開設します。

平日夜に行う場合

平日夜に面接を行う場合の注意点は面接時間に遅れないように調整することです。

仕事が定時で早めに終わる会社であれば遅刻の心配はないでしょう。

しかし毎日残業で夜遅くまで会社を出られない場合は調整が非常に難しくなります。

また想定外の仕事が急に入って面接に遅刻してしまうケースもあるので気をつけてください。

遅くなりそうな場合は事前に連絡を入れてやや遅めに設定してもらうか別の日にしてもらいましょう。

とにかく無断キャンセルだけは信用に関わってしまうのでしないことが大切です。

有給休暇を使う場合

上記した有給休暇を使う場合大変なのが簡単に使えないところです。

少数精鋭の中小企業は勿論大企業でも有給休暇はなかなか認められません。

特に20代女性の場合は「仕事もできないくせに」と評価されるリスクがあるのです。

また地方から東京、東京から地方に転職する場合は面接だけで最低1泊2日はかかります。

その為有給休暇を用いる場合はタイミングや時期の調整を上手く行ってください。

またどうしても難しい場合は上記したようにWeb面接を使うのも1つの手段です。

現職を辞めてから転職する場合

そして最も注意しなければならないのは現職を辞めてから転職する場合です。

退職してからの転職の場合忙しさはなくなるので日程調整には困りません。

しかしその一方で内定が出にくくなるというリスクがあるので注意してください。

仕事を先に辞めてしまうと忙しさを会社のせいにする人だと思われてしまいます。

また失業期間が長くなってしまうと定着性や働く姿勢という点で面接官に不安を与えるでしょう。

上記していますが、忙しいのは応募者も相手の企業も同じです。

その忙しい中でいかに上手く工夫して時間を捻出するかがポイントではないでしょうか。

 

ワンポイント
忙しい中でのスケジュール管理こそ社会人に求められる能力である

夜の時間帯の面接はOK?

夜間

上記したように、平日の日中も土日も無理な場合は夜間の面接しかないでしょう。

しかし夜間の面接自体は可能ではありますが、面接官を残業させることになります。

その為、夜間がOKとはいってもなるべく早い時間帯で組んでもらうようにしましょう。

具体的には17時〜19時くらいの間であれば問題ないのではないでしょうか。

しかし20時以降開始になると流石に非常識な人だと思われてしまいます。

その場合は残念ながら別の日の夜間早めの時間帯で組んでもらうのがベストです。

 

無料転職相談をして自分の夢を実現しよう

 

土日しか面接に行けない場合は

どうしても平日が無理で土日しか面接に行けない場合はどうすればいいのでしょうか?

評価が下がるのを覚悟でお願いする

お願い

まず1つ目が上記したように評価が下がるのを覚悟でお願いすることです。

中途採用において時間がないのはどの転職者も変わりません。

その為日中に行けないとなると「志望度が低い」と思われてしまうリスクはあります。

ただ、長期出張など止むに止まれぬ事情があった場合は別です。

基本的に土日に面接をお願いするのは失礼に当たる行為だと考えてください。

メールでお願いする時は採用担当者の心を傷つけないよう丁寧かつ慎重な文面にしましょう。

土日に面接がある会社を受ける

会社

2つ目の方法として土日に面接がある会社を探して受けるという方法があります。

具体的に土日に面接を受けられる企業・業界は以下の通りです。

  • コンサルティング業界
  • ベンチャー企業
  • 不動産会社
  • サービス業
  • アパレル業界

特にコンサルティング業界アパレル業界は土日営業が当たり前です。

また不動産会社も大体休みは土日ではなく火水のような平日に設定されています。

人手不足の業界や土日が稼ぎ時の業界は土日に面接を組んでもらって受けてください。

その代わりそういう業界では土日出勤が当たり前で残業も多いことが大半です。

激務になることは覚悟の上で面接に臨むようにしましょう。

退職してから転職活動する

3つ目に退職してから転職活動するという方法があり、この場合だと平日でも受けられます。

しかし、この方法だとまず面接はおろか書類審査の段階で落とされるリスクが高いです。

離職期間が長いと「この人は真面目に働いてくれるのだろうか?」と懸念されます。

また、在職中だとスケジュールが噛み合わないから仕事を辞めたとも取られかねません。

まず短期離職による転職面接は落とされるリスクがあることを承知してください。

会社都合での退職だったなど止むを得ない事情がある場合は別です。

その為自己都合による退職と転職活動は辞めた方がいいでしょう。

 

ワンポイント
・土日の面接は基本評価が下がるのを覚悟する
・土日に営業している面接を受ける際には激務になることを覚悟する
・退職してからの転職は会社都合以外ではしないほうが吉

土日に面接してもらうには

このように土日の面接は基本的に転職者に不利であることがわかりました。

それでは土日に面接をしてもらうにはどうすればいいのでしょうか?

転職エージェントに相談する

エージェント

1番安全な方法は転職エージェントに相談して土日に面接してもらうことです。

数は少ないものの土日に面接が組める求人をピックアップしてくれるでしょう。

また転職エージェントの場合いわゆる「非公開求人」もあります。

すなわち表には出回っていないお得な案件を持ってきてくれるのです。

また、土日に面接を組んでくれる会社でも怪しいところは紹介しません。

大手企業の場合は難しいものの、採用難に苦しむ中小企業の場合は別です。

また企業に直接交渉してくれて土日に面接してくれるよう調整もしてもらえます。

転職者の事情も組んだ上でのプランを組んでくれるので幾分楽ではないでしょうか。

応募者が直接企業に交渉するよりも遥かに成功率が上がります。

転職エージェントに相談するメリットは?

メリット

転職エージェントに相談するメリットは日程調整や非公開求人だけではありません。

何よりも「情報収集」という点で大きくアピールすることができるのです。

現代は情報化社会といわれ、インターネットで沢山の情報を収集できるようになりました。

しかし、本当に大切な情報は表には出回っておらず、裏で密かに共有されるものです。

それは転職活動においても同じことで、企業が本当に欲しい人材の情報は表に出回っていません。

それはあくまでも極秘情報であって、それを表に出すと戦略が露見してしまう可能性があります。

そのため非公開求人という形で転職エージェントにその大事な情報を預けているのです。

つまり情報の「」という点で大きな差をつけることができるというメリットがあります。

その他にも様々な転職活動の戦略などを提供してくれますので、是非有効活用してください。

 

ワンポイント
・転職エージェントに相談すれば無理なく企業との面接を組んでもらえる
・転職エージェントは情報の「質」において他の応募者と差をつけることができる
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


土日に面接する会社は実はブラック?

ブラック上司

上記していますが、土日に面接する会社はブラックなのではないかという不安もあるでしょう。

結論からいうと土日に面接を組んでくれる企業はブラックだけではありません。

土日が休みの会社でも企業が何としても欲しい人材の場合土日返上で面接をする会社もあります。

また業界によっては平日に休みを取り土日に働くのが当たり前という業界もあるのです。

しかし、企業側が最初から当然のように土日の面接を指定してきた場合はブラックの可能性があります。

転職者と同様に企業としても貴重な休みの時間に面接を行うのは気がひけるものです。

そういう企業の場合大体は「お休みのところ大変申し訳ありませんが・・・」という文面があるでしょう。

その断りの文面すらなく当たり前のように休日面接を指定してきた場合は注意してください。

そういう会社は残業や休日出勤が当たり前という体質の会社である可能性が高いです。

転職エージェントに相談すればそういう案件を除外してくれるので是非登録しましょう。

まとめ

日程

いかがでしたか?

今回は転職面接を土日に受けたい時にどうすべきか解説してきました。

在職中の転職面接は確かに大変ですが、それは企業側も同じことです。

忙しい中でいかにスケジュール管理を行うかが大切ではないでしょうか。

万が一厳しくて土日になりそうという方は転職エージェントに登録・相談してください。

表には出回っていない鮮度の高い情報や求人を沢山得ることができます。

本稿が少しでも転職面接でのスケジュールを組む方法の参考になれば幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!