転職活動で目にする機会もある適性検査ですが、どんなものかご存知でしょうか?

どのような内容で、どれくらい採用に影響があるのでしょうか。

今回は転職活動における適性検査について詳しくご説明します。

転職の際のSPIと玉手箱の対策方法を解説

考える女性

採用試験の内容に適性検査とあった場合、どのように対策したらよいのでしょうか。

試験対策と言っても、転職者にとっては勉強時間を確保するのも一苦労です。

まずは、適性検査が採用試験においてどのような役割を持つのかを詳しく見てみましょう。

それを踏まえ、どのような対策をしたらよいか確認していきましょう。

適性検査の意味は?

受験者を客観的に見極める手段

グラフ

企業が採用試験の一環として適性検査を課す際の一番大きなメリットは、客観的に受験者の能力が把握できるという点です。

筆記試験を課すことにより、面接者によって評価のばらつきが出ることを防ぐことができます。

適性検査は受験者の能力がそれぞれの分野ごとに数値化されるため、客観的に比較しやすいのです。

特に中途採用の場合は、新卒採用に比べ、応募から内定までのスパンが短く、じっくりと履歴書の情報を吟味する時間がありません。

その点適性検査の場合は、考え方や将来性まで、短時間で効率よくある程度の予測をすることができるのです。

求める人材かどうかの判断材料

状況判断

適性検査では、知識の量や正確さを問うだけの筆記試験とは違い、受験者の考え方や特性も知ることができます。

企業が求める人材に必要な素質が受験者に備わっているかどうかは、筆記試験や面接だけで見極めるのは難しいものです。

適性検査では、短時間でも自社の業界や仕事内容に適した人材かどうか的確に評価することができます。

履歴書ではわからないその人の能力や特性を知ることができるため、入社後のミスマッチを防ぐためにも有効です。

適性検査を自己分析に使える

自己分析,長所,短所

企業にとってのメリットはここまで述べた通りですが、受験者自身にとってもメリットはあります。

適性検査は自分自身を客観的に判断することができるため、自己分析に役立ちます。

自分でも知らなかった自分の一面や特性を知ることができ、その特徴を生かしてキャリアを考えることができるのです。

ただし、選考の際に受けるテストでは受験者は結果を教えてもらえないことが多いです。

自分で受けられる職業適性検査もあるので、探して受検してみるとよいでしょう。

 

ワンポイント
適性検査は、履歴書や面接だけではわからない受験者の能力や特性を判断するために活用されています。

 

適性検査の種類と特徴

能力(学力)検査

グラフデータ

能力検査はその名の通り、仕事をする上で必要になる基礎的な知的能力がどの程度あるかを測る検査です。

問題は「言語分野」と「非言語分野」に分かれているものが多いです。

「言語分野」の問題では、言葉の意味や話の要旨を理解する力を測ることができます。

「非言語分野」の問題では、数的な処理や論理的思考力を測ることができます。

入社後に必要とされるコミュニケーション力や、新しい知識や技能を習得するために十分な能力があるかどうかの検査です。

性格検査

オフィス、女性

性格検査は正解や不正解があるわけではなく、応募者の人となりを把握するための検査です。

受験者がどんな人なのか、どのような仕事や組織に向いているのかを客観的に数値で判断します。

選択肢の中で自分の考えに一番近いものを選び、その傾向によって性格や特質を判断します。

正直にありのままを答えれば自分の性格がそのまま反映されますが、企業の求める人材像に近づけることも可能です。

しかしあまりにも自分を良く見せようとして嘘の回答をしてしまうと、嘘をついたことも結果に出てしまい悪印象を与えかねません。

あくまでも自分の考えに反しない範囲で、企業の求める人物像に近づけるよう意識するとよいでしょう。

適性検査をいつどこで受ける?

スマホと電卓

適性検査はいつ、どこで受けたらよいのでしょうか。

転職の採用試験の中で適性検査を受ける場合は、一般的には一次面接の前か一次面接と同じ日に受験することが多いようです。

しかし、企業によっては面接後など他のタイミングで行うこともあり、一概には言えません。

場所は自宅などのインターネット環境のある場所か、応募先企業などに出向いて受けることになります。

自宅などで受ける場合は、決められた期限までに都合のいい時間を選んで自分で受検します。

応募先企業やテスト会場に出向いて受ける場合は、日時や場所が指定されていますのでよく確認しておきましょう。

 

ワンポイント
適性検査には「能力検査」と「性格検査」があります。時間や場所は受ける試験によるので、よく確認しましょう。

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職でよく使われる試験

疑問

転職でよく使われる試験にはどんな種類があるのでしょうか。

一般的なものでは、SPI」「玉手箱」「クレペリン検査」などが挙げられます。

それぞれ、どのような試験なのか詳しく見ていきましょう。

 

無料転職相談をして試験のことを詳しく知ろう

 

それぞれの試験の概要

ポイント

SPI WEBテスティング

「SPIテスト」は採用試験のための適性検査としてもっとも一般的と言えるテストです。

40年以上の実績があり、年間13,600社、204万人(2019年実績)が受験しており、高いシェアを有しています。

書店などにずらりと並んだ参考書を目にしたことのある人も多いでしょう。

WEBテスティングはその名の通り、インターネットを使って受検するテストです。

決められた受検期間内の都合の良いときに、自宅などインターネット環境のあるパソコンから受検することができます。

ただし、1度しか受けられない上、通信回線やPCの不調はすべて自己責任となってしまうので注意が必要です。

自宅の環境が不安な場合は、インターネットカフェなどを活用するのもよいでしょう。

SPIペーパーテスティング

SPIテストにはペーパーテストで行う筆記試験方式もあります。

WEBテスティングとの違いは、決められた会場でマークシート方式で受検するという点です。

1問ずつ解き進めていくWEBテスティングと異なり、試験開始時に問題量や時間配分を把握しやすい傾向があります。

また、ペーパーテスティングの場合は採点の手間があるため、結果が出るまでに時間がかかります。

テスト後に結果を待つ際には留意しておくとよいでしょう。

玉手箱

「玉手箱」はWEBテストの一種で、SPIテストと似ていますが、科目に英語が含まれているのが特徴です。

多少難易度が高いですが、対策をして問題の傾向をつかめばある程度点数を取ることができるでしょう。

能力検査は「言語」と「計数」で各3種類、英語には2種類の問題形式があり、企業によって組み合わせは異なります。

「言語」は長文読解能力と要旨把握能力、「計数」は四則計算、図表の読み取り、空欄補充などの問題が出題されます。

クレペリン検査

「クレペリン検査」は性格検査としてオーソドックスなテストです。

検査用紙に並んだ1桁の数字を順番に足し算していき、各行の最後に計算された数字を15個ずつ線で結んでいく形式です。

この「作業曲線」の傾向から、処理能力の高さ、性格・行動の特徴を測ることができます。

全体の計算量が多ければ多いほど、処理能力が高いと言えます。

また、途中での計算量の変化や誤答の増減によって、作業時のクセを測ることができるのも特徴的です。

テスト対策本の勉強方法

ノートと単語帳

適性検査を受けるにあたり、何の準備もなく受検するのは非常にもったいないことです。

これらのテストには特徴的な形式があり、対策をすればスコアが上がる可能性がとても高いからです。

対策と言っても、書店やインターネットで適性検査の対策本を1冊買って一通りやるだけでもかまいません。

そもそも転職の場合は長い時間かけての対策が難しいため、効率よく進める必要があります。

問題集を1周解いて、できなかった問題だけ復習するのが一番の近道です。

1日30分~2時間など、自分で時間を決めて集中的に取り組むとよいでしょう。

適性検査の問題は難易度が難しいわけではありませんが、とにかく数が多いので早く正確に解けるよう対策することが重要です。

合格ラインは応募先企業によって水準が違うため、一概にどの程度できればよいというラインはありません。

8割以上正解できるようになれば安心ですが、企業によっては3割程度でも合格にしているところもあります。

とにかくテスト当日までに形式に慣れて、本番で自分の能力をしっかりと発揮できるように練習することが最優先になります。

 

ワンポイント
テスト対策は短時間で効率的に行う必要があります。試験の形式に慣れ、苦手分野を復習しておきましょう。

 

問題が解けるか不安な場合はどうする

悩み

どんなに対策しても、わからない問題が出てきた場合や本番の緊張で、問題が解けるかどうか不安になることもあります。

まずできることとしては、出題傾向と解答のパターンを頭に入れ、1問でも多く解くことを意識しましょう。

そして、必要以上に心配しすぎるのも良くありません。

よほど応募者の多い企業なら別ですが、そうでなければ適性検査の結果は参考程度であることも多いです。

あまり心配しすぎたり自分を良く見せようと気負ったりする必要はありません。

不安で緊張して実力を発揮できないよりは、余計なことを考えず目の前の問題に集中したほうが結果的には内定に近づきます。

転職者の場合は、十分にテスト対策ができたと感じる人のほうが珍しいと言えます。

準備期間でやるべきことはやったと割り切って試験を受けましょう。

 

無料転職相談をして適性検査の情報をゲットしよう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


WEB適性検査について

仕事

検査の特徴

ここまで取り上げてきたように、適性検査にはインターネット上で行うWEBテストと筆記式で行うペーパーテストがあります。

しかし、近年はWEB形式の方が主流になっています。

特に中途採用においては、転職者が在職中でも受験しやすくするためにWEBテストを採用している企業も多いです。

また、WEBテストの方が集計結果が早く出るため、企業にとって活用しやすい面もあるのです。

どのくらい重視されているか

中途採用においては、募集した職種に適した力や企業が求める力があるかどうかを見られています。

応募者の能力については、履歴書や職務経歴書などでも過去の実績から読み取れる部分があります。

しかし、性格や特性についてはそういった書類でも面接をしてもなかなか把握しきるのが難しいことが多いでしょう。

そのため、どちらかと言えば性格検査の結果の方がより重視されると言えます。

ただし、あくまでも書類審査や面接の裏付けとして検査を行うことが多いです。

あまり対策に注力しすぎて過信してしまったり、面接練習がおろそかになってしまったりすることがないように注意しましょう。

よくある失敗

WEB適性検査のよくある失敗としては、違う形式の対策をしてしまったというケースが挙げられます。

例えばSPIテストには新卒採用向けのSPI-U、中途採用向けのSPI-G、高卒採用向けのSPI-Hの3種類があります。

形式にはそれほど大きな違いはありませんが、中途採用向けのSPI-Gは他よりも出題範囲が広いので注意が必要です。

同じテストでもWEB特有の問題やペーパー特有の問題もあるので、対策本を購入する際にはきちんとテストの名前を確認しましょう。

それ以外にもよくある失敗として、性格検査で嘘の回答をしてしまうことが挙げられます。

回答内容で嘘とばれることもありますし、そうでなくても、面接での印象とあまりにも違う場合は嘘の回答を疑われます。

性格検査ではあくまでも自分の判断基準に基づいて回答するよう心がけましょう。

 

ワンポイント
WEBでの適性検査は今後主流になってきます。できる限り情報を集め、早めに対策しておきましょう。

 

適性検査を対策して内定に繋げるために

転職

適性検査を味方につけるためには、まずは受験方法と問題形式に十分慣れておく必要があります。

しっかりと下調べを行い、自分の受けるテストの形式に合った対策を行って本番までに慣れておきましょう。

能力検査は付け焼刃の一夜漬けでなんとかしようとせず、正確に自分の力を出せるようにすることが第一と考えることが重要です。

性格検査は自分を良く見せようと嘘の回答をせず、自分の考えに反しない範囲で答えるように心がけましょう。

 

無料転職相談をして適性検査の対策をしよう

 

まとめ

転職

適性検査はいろいろと種類があり、とっつきにくそうな印象を受けますが、一度取り組んでみれば慣れるのは難しくありません。

不安があればまずは問題集を手に取ってみて、一通りやってみましょう

本番までにしっかりと形式に慣れておき、自信をもってテストを受けて内定に一歩近づきましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!