今回は未経験でカスタマーサクセスへ転職を検討している方は必見の記事です。

カスタマーサクセスはその重要度も認知されつつあり、さらに需要が増すことが期待される職種です。

業務内容向いている人の特徴、平均年収のほか必要なスキルや転職例もしっかり解説していきます。

ぜひ最後までお読みいただき転職活動の参考にしてください!

カスタマーサクセスに未経験で転職する方法を解説

ノートパソコンを操作する女性

カスタマーサクセスは「お客様に成功体験をしてもらいサービスの継続利用を促す仕事」です。

サブスクやソフトウェアを扱う企業を中心にカスタマーサクセスは大切なポジションになっています。

すでに自社のサービスや商品を利用しているお客様へ継続的なアプローチを行う点が大きな特徴です。

需要があるものの、まだまだ経験者が少ないため未経験でも転職できる可能性が充分にあります。

さっそくカスタマーサクセスに未経験で転職するために必要なことを見ていきましょう。

カスタマーサクセスの仕事内容は?

資料作成をする女性

カスタマーサクセスは新しい職種のため、企業によって詳しい仕事内容は異なる可能性があります。

一般的には以下のような仕事が担当範囲です。

  • サービス利用の支援
  • サービスの継続利用への働きかけ
  • アップセル・クロスセル

サービス利用中のお客様の「うまくいった!」体験を積極的に引き出すことが重要な役割になります。

お客様の成功体験を増やすことでサービス利用を継続してもらったりリピートに繋げるのです。

そのためまずは認知度アップ等のお客様がサービスの利用を開始するような施策を実行します。

その後お客様の好みに合わせた機能の提案などを積極的に行って継続利用を促すという流れです。

顧客単価の向上を狙い、お客様にサービスのアップグレード(アップセル)も提案することもあります。

またお客様に別サービスの利用を併せて促す(クロスセル)ということも業務の担当範囲です。

さらに必要に応じて社外でのイベント開催などイレギュラーな仕事も任せられることもあるでしょう。

 

ワンポイント
カスタマーサクセスの仕事はお客様の成功体験を支援しアップセルやクロスセルに繋げること

カスタマーサクセスの年収

年収イメージ

カスタマーサクセスの年収は企業や扱う商品・サービスによってばらつきがあります。

平均的な年収は300~500万円くらいで一般的なサラリーマンの収入のイメージです。

管理職やマネジメント職となれば800~1,000万円超も狙うことができます。

営業活動のひとつに含まれますので企業によってはインセンティブが付くケースもあるのです。

そうしたケースでは成果を出せば収入アップも狙えるため条件面はしっかりチェックしましょう。

カスタマーサクセスはカスタマーサポートと同じ?

ヘッドセットをつけた女性

カスタマーサクセスの仕事はカスタマーサポートとよく比較されます。

カスタマーサクセスとカスタマーサポートの違いとはどのようなポイントなのでしょうか。

この2つの職種は「目的」と「評価軸」が決定的に異なるのです。詳しく見ていきましょう。

目的が違う

既存のお客様の成功体験を作り出し、売り上げアップに繋げることがカスタマーサクセスの目的です。

カスタマーサクセスは営業部門に属することが多く、能動的にお客様とコミュニケーションをとります。

一方カスタマーサポートはお客様の不満や疑問を適切かつ迅速に解決することが主な目的になるのです。

お客様から問い合わせを受けてスタートする仕事のため、受動的なコミュニケーションになります。

2つの職種はサービス利用中のお客様を支援する点は共通しているといえるでしょう。

評価軸が違う

カスタマーサクセスの評価軸はお客様の満足度の高さと売り上げに繋がる数値が測れるものです。

たとえば「サービスの利用継続率」や「サービスの使用頻度の推移」などが挙げられます。

一方でカスタマーサポートでは「お客様への適切かつ迅速な対応」を測ることが必要です。

そのため、お客様への対応時間や対応件数などが指標として使われます。

 

ワンポイント
カスタマーサポートとカスタマーサクセスはお客様のストレスを解決するという点で共通しているが、コミュニケーションの取り方や成果を測る指標が異なる。

他の職種との違い

打ち合わせを行う女性

カスタマーサクセスは営業部門における他の職種とも比較されることがあるのです。

フィールドセールス(外勤営業)とインサイドセールス(内勤営業)がよく比べられます。

どのような違いがあるのかチェックしてみましょう。

フィールドセールスとの違い

フィールドセールス(外勤営業)は外回りを行う営業職で一般的にイメージしやすい営業スタイルです。

サービス利用検討段階のお客様を訪問して提案やクロージングを担当します。

すでにサービス利用中のお客様を担当するカスタマーサクセスとは、この点で大きく異なるのです。

カスタマーサクセスは取引のあるお客様にプランの充実やサービス追加を提案するポジションになります。

インサイドセールスとの違い

インサイドセールス(内勤営業)は基本的に外回りをしない営業職です。

一般的にはまだ検討段階に至っていない新規見込み客へのアプローチを担当します。

電話やメール等でサービスへの関心度を上げて検討段階へと誘導するのが主なミッションです。

取引のあるお客様への提案などを担当するカスタマーサクセスとは、やはり役割が異なるといえます。

カスタマーサクセスに向いている人

オフィスで働く女性

カスタマーサクセスの主な役割について、ここまでお話ししてきました。

ではどのようなタイプの人がカスタマーサクセスに向いているといえるのでしょうか。

共感性が強い人

カスタマーサクセスの仕事ではお客様に成功体験をしてもらうために必要な事を捉えることが大切です。

相手が困っている事や望む事を理解して行動に移せるタイプの人はカスタマーサクセスに向いています。

お客様の気持ちに心から共感して役に立つ提案をしたいという熱さもこの職種の適性といえるのです。

データを見て意思決定できる人

仕事をする女性、横顔

カスタマーサクセスの仕事では感情面だけでなく、データで判断する場面もたくさんあります。

より多くのお客様に成功体験をしてもらうためにはデータに基づく戦略が必要なためです。

そのためデータから論理的な意思決定をできる人もカスタマーサクセスへの適性が高いでしょう。

感情のみに流され過ぎてしまうのではなく、冷静な面もあわせ持つ事が求められるともいえます。

地味なことを粘り強くできる人

カスタマーサクセスという仕事は華やかで目立つ職種とはいえません。

どちらかといえばサービス利用中のお客様に地道に寄り添い満足度を高めていくことが使命です。

仕事の成果も「サービス利用継続率」などでだんだんと数値に現れてくるものになります。

そのため地味にコツコツと仕事を積み上げて成果を出すことにやりがいを感じる人に向いているのです。

 

ワンポイント
カスタマーサクセスはお客様への共感をしたうえで積極的な提案力と地道なサポートができる人に向いている。
【無料】dodaに転職相談する

カスタマーサクセスに必要なスキル

パソコン、女性の手

カスタマーサクセスの仕事では、どのようなスキルが必要なのでしょうか。

様々なスキルが役立つ可能性はありますが、主に必要とされるスキルを3つご紹介していきます。

忍耐力

お客様との会話などを通じ「何が成功体験となるか」を引き出すのがメイン業務になります。

またお客様から得た情報やデータを深く分析してサービスの追加などを行って売り上げに繋げるのです。

こうした背景からいきなり大きな成果が出ることは多くないため、腰をすえて取り組む力が役立ちます。

積極性

資料で説明する女性

カスタマーサクセスは既存のお客様がサービスをストレスなく使い続けられるような施策をする仕事です。

サービスの利用継続のためにサービス追加などを提案することもとても重要になります。

こちらからお客様にプレゼンテーションを行う積極的な姿勢も必要なのです。

前述の忍耐力と併せて、お客様を成功体験へ導いていくパワーも求められるスキルになります。

相手の立場になって考える力

カスタマーサクセスは徹底的お客様の立場で考えることが求められる仕事です。

お客様が成功体験をすることでアップセルやクロスセルに繋がるため双方の利益に貢献できます。

一方向で営業するのではなく、お客様に合わせてアプローチを変える点が面白さともいえるでしょう。

 

ワンポイント
カスタマーサクセスでは徹底的なお客様本位の思考とお客様を積極的に支援する力強さが必要となる。

カスタマーサクセスへの転職事例

ビジネスウーマン

カスタマーサクセスは、ここまでお伝えしたように多岐にわたるスキルや適性が求められます。

しかしカスタマーサクセスは比較的新しい職種なため経験者が少ないのが現状です。

そのため的確なアピールができれば未経験でもカスタマーサクセスへの転職が充分実現できます。

カスタマーサクセスはお客様と継続的コミュニケーションをとって遂行する仕事です。

そのためフィールドセールスやインサイドセールスなどの営業職から転職することが考えられます。

カスタマーサクセスと見込み客への営業職は密接に関係していることも多く経験が活きるでしょう。

転職先での業務でもお客様を獲得するプロセスに詳しいことは非常に役立つものです。

またカスタマーサクセスで必要とされる積極性やデータからの分析力が加われば魅力的な人材といえます。

転職するにあたっては成果だけでなく「お客様の立場で評価された事」をアピールすると効果的です。

ファイルを持つ女性

カスタマーサクセスはお客様にサービスを知ってもらい利用開始支援することもミッションになります。

この時点でお客様から信頼を得られることは、その後のアプローチにも大きく関係があるのです。

そうしたことから、システム等の導入支援経験した後にカスタマーサクセスへ転職する道もあります。

カスタマーサクセスは導入支援がお客様との最初の接触機会となり継続してやり取りを重ねる仕事です。

導入支援だけでなく継続してお客様のサポートをしていく思いが伝われば、企業にも好印象でしょう。

ユーザーとしてサービス利用していた場合もカスタマーサクセス転職する選択肢があります。

実際にサービスを利用した経験を通じて、お客様に説得力のある提案が可能です。

また、自身も感じていた課題がお客様から察知できれば共感もしやすいでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツの女性

転職を検討し始めた時は、まず転職エージェントへの相談をするのがおすすめです。

転職エージェントでは非公開求人も扱っており、自力では出会えない優良求人にも応募可能です。

また書類や面接対策のほか、内定後の条件交渉もしてもらえて基本的に無料で利用できます。

転職の検討段階であっても、キャリアアドバイザーが親身に相談にのってくれて希望の整理にも有効です。

転職エージェントによって扱っている求人や得意な業界が異なりますので複数利用をおすすめします。

転職活動は周りには相談しにくく段階ごとに悩みも変わるため、プロのサポートがあると心強いです。

さらにプロの目から見たアドバイスがあることで自分では気付いていない強みや選択肢も見つかります。

転職は現在の仕事と両立して進める必要がありますので、時間も効率的に使うことが重要です。

転職活動の成功に向けてまずは気軽に相談することからスタートしてみてはいかがでしょうか。

【無料】dodaに転職相談する

まとめ

パソコン、マウス、コーヒー

カスタマーサクセスという職種は名前は聞いたことはあるが詳しく知らなかった方も多いかもしれません。

この職種はサブスクや試用から本利用へ移行するビジネスモデルの登場から注目され始めました。

カスタマーサクセスはお客様が実現したいことを支援して成功体験をしてもらうことがミッションです。

お客様がしたいことができるサービスを積極的に提案してアップセルやクロスセルに繋げるのです。

お客様の不満や疑問の解決をミッションとするカスタマーサポートとは目的や評価軸が異なります。

また同じ営業部門でもフィールドセールスやインサイドセールスとはターゲットのお客様が異なります。

フィールドセールスやインサイドセールスはサービス利用前のお客様の獲得がメインです。

一方カスタマーサクセスは既存のお客様にサービスを継続して利用してもらうことがメインになります。

企業の収益確保への貢献という点は共通していますがアプローチの方向に違いがあるのです。

カスタマーサクセスはサービス利用中のお客様が持つストレスを解決する方法を積極的に提案します。

お客様の満足自社の利益確保同時に実現するポジションともいえるでしょう。

共感力やデータに基づく論理的な判断力を強みとする方はカスタマーサクセスに向いているといえます。

またお客様ごとに寄り添いぴったりの解決法を見つけ出す地道さも必要です。

コツコツと取り組みを積み上げていくような仕事にやりがいを感じる方も活躍できます。

カスタマーサクセスは比較的新しい職種なため経験者がまだまだ少ないのが現状です。

未経験であっても転職できる可能性が充分ありますので一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら