幸せな結婚を果たし、それと同時に勤めていた会社を辞める女性も多いです。

他方、近年では景気の低迷やシングルマザーの増加などにより、子育てしながら働く女性は大幅な増加傾向にあります。

つまり、女性の社会復帰が増えているということです。

そのような状況の中、結婚と同時に退職し、落ち着いたところでもう一度社会復帰をしようと考える時、転職活動におけるハードルに気づかされます。

ここでは、そのハードルをいかにクリアして理想の転職先を手に入れるかについて紹介いたします。

どうすれば家庭と職場を両立させられるかを確認しておきましょう。

Contents

結婚後の女性が転職を成功させる方法

子供を抱く主婦、ノートパソコン

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、日本の大企業は相変わらず新卒志向が強いのが現実です。

いったん会社を辞めた女性を採用する企業は多くありません。

特に結婚後の再就職は、女性側に様々な制約があることを企業は知っています。

しかし、この考え方をひっくり返すと、その制約が逆に企業にとってのメリットになることがあるのも事実です。

このように考える女性や企業はまだ少ないかも知れませんが、このメリットに気づくことが日本の雇用問題を解決する糸口になるはずです。

どうすればそのメリットを整理して企業にアピールできるでしょうか。チェックしていきましょう。

結婚後に転職するメリットをチェック

料理をする女性

 

女性側には、家庭がある、相談できる伴侶がいるということで、転職先を探す時に焦る必要がないというメリットがあります。

自分が納得できる転職先をじっくり探せるということです。

さらに一度社会に出た経験から、自分に何が出来るか、何がやりたいかも考えられるでしょう。

時間を有効活用すれば、改めて資格を取るなどキャリアアップの準備をすることも可能です。

一方企業側は再就職の女性については一般的に嘱託や年間契約にするなど人事をフレキシブルな状態にしておきたいという考えがあります。

女性側も夫の転勤や妊娠、出産など様々な人生における変化が考えられますので、フレキシブルな状態はある意味メリットと捉えられます。

最近は日本でも、社会的要因やインターネットの進化によりテレワーク、リモートワークが一般化してきました。

働き方が変化してきたことによってパソコンやインターネットに強い女性であれば、場合によってはアドバンテージが取れるようになったといえます。

社会環境の変化に伴い、仕事と家庭の両立が可能になってきました。

企業に家庭の事情を理解してもらいやすい

子供を抱く女性、頭を抱える女性

結婚後に転職活動を行うことによる1つのメリットは、企業に「家庭の事情」を理解してもらいやすいということです。

家庭の事情というのは人それぞれ、家庭によって異なります。

しかし、結婚後であるという情報があれば事細かに説明するまでもなく、企業側が意図や事情を汲んでくれることでしょう。

家庭の事情を理解してもらいやすいのはメリットだといえます。

妊娠や出産を経験してから転職できる

妊娠や出産を経験してから転職するということは、企業・転職者双方にとってメリットとなります。

結婚して辞めてしまうという事態を避けられ、一定以上の期間働けるからです。

転職者としても、妊娠や出産に伴って前職を辞めてから転職活動を始めるまでの期間で、新しい資格取得などの勉強時間も確保できます。

ワンポイント
自分のキャリアを見直したり、自己分析、転職先候補の調査などもできるでしょう。

結婚後に転職するデメリットは?

赤ん坊のおしめを変える女性

結婚後に転職するデメリットは、採用する側の企業が女性の業務が妊娠や出産という事情に阻害されることを恐れているということです。

さらに女性は家庭優先となり、残業や休日出勤といった会社側の要望に応えるのが困難になることも挙げられます。

職場でもチームワークが取りづらくなるのではないかと考えるのは自然なことです。

子育て中の女性は転職活動の時間が取りにくい?

確かに、子育て中の女性の転職活動には困難が付きまといます。

幼い子供がいれば、長時間家を空けることになる転職活動は非常に難しいでしょう。

しかし、近頃の就職情報はかなりの割合でデジタル化されてきています。

むしろ自分の能力や好み、また勤務条件にあった企業をこちらが選択できるようになりました。

採用活動をほとんどネットで完結させる企業も増えています。

決して時間が取りにくいとはいえない環境へとシフトしつつある状況にあるといえるでしょう。

育児中や出産を控えていると採用される可能性が低くなる

もちろん募集する企業側にとっては一般的に採用の決断をしづらくなります

どうしても、企業にとってはリスクと捉えてしまうのが現実。

だからこそ、自分の強みや採用することによって企業にどんな恩恵がもたらさられるかを明確にしておくことが大切です。

ワンポイント
育児・出産を控えている自身を採用するメリットをはっきりと伝えられるように整えておきましょう。

結婚後の女性が転職を成功させるために意識すること

白衣、女性

 

結婚後の女性には業務遂行上の制約が多数想定されます。

その制約はもちろんのこと、自分の能力やキャラクターをしっかりと把握・整理しておくことが重要です。

さらに、自分の適性を考えた資格取得にもチャレンジすることです。

もちろん資格がすべてではありません。とはいえ、やはり人生を戦う武器のひとつとなることは間違いありません。

優先順位を考えよう

転職活動するにも、家庭と仕事をどう優先させるか、夫とよく話し合いましょう。

家事の分担など身近な部分を含め、仕事と家庭のバランス、子供の面倒をどう見るかなど細かな優先順位をつけておくことが大切です。

就職後のストレスを未然に軽減することができます。

長く働く意思や仕事への意欲を伝えよう

パートで働く女性

当然ですが、企業はすぐ辞めそうな人や働く意欲の薄い人を採用したくありません。

だからこそ、企業に「長く働く意思」「仕事の意欲」を伝えることは非常に重要です。

応募に際しての記入要項に、なぜ仕事をしたいのか、なぜこの会社に入りたいのかなどを明確に伝わりやすいよう記入しましょう。

自分は転職後、この仕事を通してどうなりたいのかなどの意思・意欲をしっかりとアピールしてください。

結婚後の女性が転職する時の企業選びのポイント

女性

実は女性の雇用に関しては、大企業より中小企業の方がはるかに女性を正しく評価しており、戦力として前向きに活用しています。

もちろん中途採用も活発で、中には男性社員と入れ替えてしまうケースもあります。

いったんその女性を戦力として評価した場合には、産休、育休にも理解を示し、職場復帰にも好意的です。

大企業と違って中小企業は、家族的な雰囲気や人間関係の職場が多く、むしろ女性にとっては働きやすい環境の会社が少なくありません。

とはいえ、企業規模にかかわらず、何を意識しながら企業選びを行うことが大切なのでしょうか。

2つのポイントをチェックしていきましょう。

既婚女性や子育て中の女性が活躍している会社か

最近は既婚女性や子育て中の女性に理解のある企業が増えてきました。

しかし後悔しないように、どういう職場なのか、実際に女性がどのように活躍しているのかを調査してください。

状況が許せば、ぜひ会社を訪問し、女子社員に直接確認すると良いでしょう。

産休や育休などの取得実績がある会社か

ハローワークの2次情報も大切です。

しかし、大切なのはやはり直接相手先企業に確認すること。

産休・育休のほか、子育て中の女性は子供の急な発熱や参観日などで会社を休まなくてはならないことが頻繁におこります。

保育園のお迎えなどで毎日早退しなければならないこともあり、そのような状況に理解がある職場なのかをしっかりと確認しておく必要があります。

事前に産休や育休などの取得実績を確かめておくことは非常に大切であることが分かります。

残業や休日出勤の有無を確認しよう

残業や休日出勤が無い会社は多くありません。

そのため家庭持ちや子育て中の女性にはなかなか難しい問題です。

面接時に会社や職場の仲間の理解や協力が得られるか否かを事前に確認しておくことが非常に重要となってきます。

企業の福利厚生や待遇を、相手の印象を悪くしないで聞く質問例

相談

まだ採用されるかどうかわからない面接時に、福利厚生などの問題を聞くのは気まずいものです。

非常にデリケートな問題なので、どういうタイミングで切り出せばよいのかわからないまま面接が終わってしまったということがよくあります。

そのため、質問する内容を予め準備しておくことが大切です。

自分が聞きたいことをしっかりと明確にし、単刀直入に質問しましょう。

残業有無や時間について

残業の有無や時間について質問するのは非常に難しいかもしれません。

一般的には避けた方が良いともされている分野の質問になります。

しかし、結婚後である、出産後で子育て中であるなど状況がしっかりと伝わっていれば、決してNGとは言い切れないでしょう。

その際には「前職では〇時間ほど残業しておりましたが、御社ではどれほどでしょうか」などといった聞き方ができるかもしれません。

どちらにせよ、自分を取り巻く環境や状況をはっきりと伝えておくことが大切です。

産休や育休の制度の取得実績について

産休や育休等制度の取得実績について質問する際にも注意が必要です。

マイナスなイメージを与えないよう、慎重に質問しましょう。

「将来的に出産をしたいと考えており、出産後も御社に貢献したい」ということを伝え「御社の育休や産休の取得実績」を尋ねることができます。

結婚後の女性が転職をスムーズにするために

書く画像

転職をスムーズに行うには、事前にしっかりとした準備が必要です。

自分のリクルート写真の撮影からはじまり、履歴書の準備、面接衣装の選定など新卒生以上に注意する必要があるかもしれません。

さらに、モラトリアム期間があるならば何らかの資格を取っておくこともできます。

キャリアプランや転職スケジュールは逆算で考えよう

メモ帳,チェックリスト,赤ペン

キャリアプランの組み立てや転職スケジュールは逆算で考えることが必要です。

転職をスムーズにおこなうために役立つのがタイムテーブルや行動チェックリストです。

いつ、何をやるべきかを作る時点で把握できるので役立ちます。

また、作ったからにはそのリストに沿って行動することがポイントです。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントは転職コーディネートのプロフェッショナルです。

エージェントは単に転職先を選定するのではありません。

依頼者の適性を見極め、さらに諸々の制約条件などを踏まえたうえで、最適な企業を紹介してくれるのです。

そのためには、依頼者側がエージェントに考えや条件などの情報を出来るだけ詳しく伝えておくことが大切になってきます。

自己分析に時間をかけることが重要です

結婚後の女性の転職は不利だと考えず挑戦しよう

女性,スーツ,鏡,笑顔,身だしなみ

人生100年の時代になりました。

結婚は確かに大きな出来事ですが、この時代から見ればあなたの人生は始まったばかりといえます。

これからの人生設計を考えればまだリタイアするのはもったいないですね。

しかも近年は女性の能力を正しく評価する企業や、ITの普及でテレワーク、リモートワークを活用する企業も増えてきました。

ある企業によると、テレワークの欠点は新人教育が充分にできないということにあるそうです。

リモート教育では限界があり、例えばOJTなどの実地教育ができないので新人育成が難しいといわれているようです。

こういった状況を考えると、既婚者でもキャリア・社会経験を積んだ女性にチャンスが巡ってくる時代といえるかもしれません。

既婚者は不利だという時代は過去のものになりつつあります。

むしろこれまでのキャリアの蓄積に価値が出てくる可能性が大いにあります。

ワンポイント
結婚後の転職は不利だという考えを捨てて、積極的にチャレンジしてみてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビルの前の女性

先にも書きましたが転職エージェントは転職事業のプロフェッショナルです。

あなたが転職についての悩みを相談する時、目や耳などの五感を総動員してあなたの悩みに向き合ってくれるはずです。

あなたの性格、隠れた才能、これからの可能性、結婚したことにより与えられた制約、制限など、全ての問題を考慮してくれます。

そのうえで、マッチするだろうと判断した企業を紹介してくれるでしょう。

そして、自己分析や面接攻略法のみならず、モチベーションの向上にも力を貸してくれるはずです。

ワンポイント
このような理由からもぜひ転職エージェントに相談することをおすすめします。

まとめ

女性,パソコン,自宅

情報通信の急速なIT化によりテレワーク、リモートワークが当たり前になり、既婚女性の社会復帰、社会参加もしやすくなった現代社会。

グローバル化も進んでおり、バイリンガルのニーズも高まっています。

パソコンや外国語など、様々なスキルが求められています。

決して結婚後だからといって、転職活動が不利ではない社会になってきました。

今回紹介してきた記事の内容を参考にしたうえで、ぜひ転職にトライしてみてください。

そのチャンスをつかむためにも、日々狙う業界のリサーチをするとともに転職エージェントにまずは相談だけでもしてはいかがでしょうか。

自己分析や企業研究を行い、転職活動を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら