「あなたは今の職場に満足していますか?」と聞かれ、「はい」と即答できる方はあまり多くないかもしれません。

また、この記事を読んでいる方で今の仕事に満足している人は尚更少ないでしょう。

自分が今の仕事に満足できず、漠然と転職について調べているという方もいらっしゃるかもしれません。

今回は女性の転職について、体験談などをもとに良かった点、後悔したことなど様々な面をご紹介いたします。

Contents

転職してよかったと思うことをご紹介

笑顔の女性

女性だけでなく誰にでも言えることですが、転職することはとても勇気がいることです。

しかし、思い切って転職したことで、今の職場で楽しく仕事ができている人が多いのが事実です。

転職した女性がよかったと感じていることをまずは確認していきましょう。

「やりたい仕事に転職できた」

就職活動は時に残酷なもので、卒業までに内定をもらわないといけないという焦りが感情を支配します。

自分の志望など関係なく、とにかく就職先を見つけようと頑張ってしまうものです。

しかし、やっとの思いで就職先が決まった時、ふと我に返るとそれが本当にやりたかった仕事ではないことに気が付きます。

そのまま妥協という形で就職しても、いずれは行き詰まりを感じてしまいやすいです。

いずれその感情は「転職したい」へと変化していくのです。

転職することで本当にやりたかった仕事に就けたという話は珍しいものではありません。

やりたい仕事に転職することで、人生までもが明るく楽しいものに変わります。

「仕事の幅が広くなった」

転職することは、今までと違う環境に身を置くことになります。

新しい環境で仕事をすることで、たとえ同じような職種であっても行う業務内容が変わってくるため新しいことを覚えなければなりません。

最初は大変かもしれませんが、慣れてくれば自ずと仕事の幅が広がります

違う職種に転職した人だと、さらに仕事の幅が広がりますよね。

例えば事務職から販売職に転職した場合で考えてみましょう。

前職で培った事務的な仕事はもちろん、お客様対応や販売のノウハウも学ぶことができます。

更なる転職を考えたとき、転職先の選択肢が大幅に広がるのは明らかです。

自信にもつながります。

「給料が上がった」

お金を見せる女性

転職することで、給料が上がった人もいます。

今までと同じ職種だけど、就職先の地域を変えるだけでもらえる基本給が高くなることもあるということです。

また、今までの職場では能力に対する昇給がなかったのに、転職先では能力給が加算されるというパターンも。

今までの何倍もの収入を得られるようになったという話もあります。

「能力を評価されるようになった」

仕事面で正当な評価を与えられず苦労していた人にとっても、転職は契機になる可能性があります。

今までの職場では新しい提案を通してもらえなかったり、もっと自分はできるのになかなか評価してもらえないという方も少なくないでしょう。

新人にどんどん提案させて実行させるアクティブな企業へ転職すれば、自分の能力を正当に評価してもらえるようになります。

職場環境は自分の力だけではどうしようもない時もあるので仕方がありません。

だからこそ、思い切って転職することは人生の転換点にもなり得るのです。

転職先でやりがいのある仕事を任され、隠されていた自分の実力を存分に発揮できることもあります。

「将来性のある仕事につけた」

前職は安定していたけれど、全く成長しようとしない会社のやり方に嫌気が差して転職した人もいます。

転職先がとても小さな企業でも、従業員が一丸となって会社を盛り上げようと頑張っている企業だった。

将来的には大きな企業になると期待をもって仕事に取り組めるので、仕事へのモチベーションも自ずと高まります。

 

ワンポイント
将来性に期待できる企業で仕事ができることは、自分のやりがいにもつながるでしょう。

転職して後悔したことは?

悩む女性

せっかく勇気をもって転職したのに、しなければ良かったと思うこともあるようです。

転職して後悔したことについても確認しておきましょう。

「給料が下がった」

転職したことによって、給料が下がったという人は多いです。

これまで築き上げた地位を捨てて転職した人や、別の職種に就職することで給料が下がってしまった人もいます。

とはいえ、給料が下がったとしても仕事にやりがいをもって取り組めるようになった方は、後悔しない傾向にあります。

大切なのは、転職先をしっかりと厳選することだということが分かりますね。

ただ闇雲に職を変えれば良いというわけではありません。

「残業が増えた」

転職サイト

 

転職先が残業の多いところだったということもあります。

残業に対する意識の薄さが原因なら、残業を減らす方向に業務改善を求めていくという対策も取れるかもしれません。

しかし、業務量と従業員の比率に問題があるときは残業から抜け出すことは難しいでしょう。

こちらも同様で、転職前にしっかりと候補企業について調査を行う必要があります。

「成長できない環境だった」

せっかく転職したのに、転職先の職場では与えられた仕事しかさせてもらえないというケースもあります。

自分から率先して提案することすら認められない環境に置かれ、後悔している人もいます。

もっと新しいことにチャレンジしたいと思っているのに、それを上司が許してくれなければ自分は成長することができません。

とはいえ、企業によっては、人材を育成するために積極的に研修や資格取得をさせるところもあります。

 

ワンポイント
 ぜひ転職前に制度なども入念に確認するとを推奨します。

転職してよかったと思う人はどれくらいいるの?

ビジネスウーマン

転職してよかったと思う人もいれば、失敗したという人もいます。

実際、どの程度の人が転職してよかったと感じているのでしょうか。

調査によると、約90%の女性が転職してよかったと感じているようです。

つまり、10人いたら9人は転職してよかったと思っているということ。

これだけ高い比率で転職して良かったと思う方がいるのであれば、やはり転職するかどうかで迷うぐらいなら、した方がいいといえるでしょう。

転職前に候補企業を入念に調査すれば、後悔しない転職をすることができるのも大きなポイントです。

転職してよかった女性の共通点は?

医療事務を担当する女性

転職してよかったと感じている女性に共通していることは、「自分の目的を実現させている」というポイントです。

転職したいと思う理由は人それぞれ。転職先に求めていることもそれぞれ違います。

自分が何を目的に転職活動をしているかが非常に重要になのです。

例えば給料がもっと高いところに転職したいのであれば、それを叶えられる転職先であればよかったと満足できるでしょう。

やりがいのある仕事を求めているのであれば、新しいプロジェクトをどんどん立ち上げて若者を育成しているような企業ならやりがいをもって仕事ができます。

転職先に満足している人は、自分が目的としていることを叶えてくれる職場だということです。

転職してよかった人の体験談をチェック

チェック項目を指さす女性

転職してよかった人たちの、転職体験談をご紹介していきます。

実際の体験談を確認しておくことで、より転職におけるメリットなどを自分に落とし込むことができます。

事例

保育士になるのが夢だったけど、事務員になったというケースをまずはチェックしてみましょう。

その方は大学在籍中に保育士の資格を取得していたものの、特に就職活動をせず事務員になりました。

夢の保育士にはなれなかったものの、待遇などが良かったため業務に励んでいたそうです。

しかし夢をあきらめきることができず、友人らに相談した結果ついに転職を決意。

結果、保育士の大変さを痛感することになりました。

収入は大幅に下がり、休みも簡単に取れなくなってしまったのです。

しかし、後悔はしていませんでした。子供がかわいいこと、やりがいのある仕事、夢・憧れだった仕事に生き生きと取り組めたのです。

転職して良かったと感じているそう。

やはり「仕事に対する情熱や熱意」そして「やりがい」は非常に重要なポイントであることが分かりますね。

事例

事務職としてある企業に勤めていた方は、上司からちょっとした失敗をするたびにひどく怒られていたそうです。

環境を変えたいと転職を決意し、同じ事務職ではありますが、別の企業へ転職。

転職後はそれまでされていた評価が一変

とても有能な社員だと評価してくれる上司に恵まれ、同僚にも助けられながらいい環境で仕事ができるようになったというケースもあります。

新しいプロジェクトにも参加させてもらえるようになり、やりがいをもって仕事に専念できている方もいるのです。

本当は才能・仕事ができるのに、身を置いている環境のせいで埋もれてしまっている可能性があります。

ぜひ転職を機に、新たな自分のキャリアを歩みだしてください。

転職に後悔した失敗の体験談

緊張

もちろん成功例ばかりではありません。転職したけれど、失敗してしまった体験談もあります。

転職が必ずしもうまくいくとは限らないことも、ここでお伝えしておきます。

アパレル業界でバリバリ働き、店長にまで昇格するほど全力で働いていたある方が結婚し、出産しました。

その方は子供のために土日に休めて比較的休暇が取りやすい事務職に転職を決意。

転職先が決まった当初は喜んでいたそうです。

しかし、結果的には給料が大幅に下がってしまい、生活が苦しくなてしまいました。

このケースから決して、別業種への転職が正解だというわけではないことが分かります。

同業種の、女性の働きやすい職場環境を目指せば、慣れない仕事に戸惑うこともありません。

これまでに培ってきた自身のスキルや経験を存分に発揮できるでしょう。

そして、事前に転職先候補企業を入念に調査しておくことが大切です。

 

ワンポイント

収入面や残業について予め明確にしておくことができ、後悔しない転職ができます。

転職してよかったと思うための転職活動でやっておきたいこと

準備

転職を考えたときに、むやみに転職情報誌や転職サイトで検索しても決して転職先を見つけることはできません。

転職活動をスムーズに行うためにしておきたいことを確認しておきましょう。

企業の情報収集を徹底してやろう

せっかく転職したのに、その企業がすぐに倒産したり買収されたりすると自分も大変な環境に巻き込まれてしまいます。

転職活動をするときには、自分が応募したいと思った企業の情報をしっかりと収集しておきましょう。

資本金や現在の経営状況、どのような企業理念を持っているのかを知っておくが大切です。

その企業は今後成長が見込めるものなのかそうでないかを見極める材料にもなります。

転職の目的をちゃんと決めよう

つり革を掴む女性

転職をするときに「なぜ転職をするのか」、「転職してどうなりたいのか」という明確な目的を決めておきましょう。

なんとなく転職活動をしていると、今と同じような環境や職種を無意識に探していることがあります。

ほかの業種に転職したいという希望があるなら、自分が転職したい業種に絞って検索できます。

環境だけを変えたいのであれば、今の職場よりも良い環境の職場を探すという目的をもってください。

目的を明確にしてから、転職活動に臨みましょう。

仕事内容や社内環境を比較して検討しよう

転職サイトや転職情報誌で情報を集める中で、すぐ1社に絞れれば苦労はありません。

どうしてもいくつか候補が上がってきます。

その際確認しておきたいのが、待遇や給料だけでなく「仕事内容や職場の環境」です。

給料や待遇がいいからとその企業にすぐ決めて転職しても、転職後の職場は残業続きで後悔というケースもあります。

上司も厳しく周りも全然協力してくれないとなると、長く続けていくことは難しいでしょう。

いくつか候補の転職先が決まったら、仕事内容や職場の環境を比較して自分に合ったところを選びましょう。

紙面上ではわからないことも多いので、候補に挙がった企業に応募して面接を受けるのがおすすめです。

面接の雰囲気で社内環境は大体つかめますし、仕事内容は面接の場で質問しておくといいです。

仮に内定をもらっても辞退することができます。

よかったと思える転職をするためには

NG

転職が必ずしもいいものになるとは限りませんが、転職するからにはよかったと思える転職をしたいものです。

良かった思える転職を実現するために、まずはなぜ転職をしたいと思っているのか、今の職場にどんな不満があるのかを明確にしましょう。

何を仕事に求めているのかを明確にすることが重要です。

目的が明確にならないまま転職をすれば、新しい職場で同じような不満を感じてまた転職活動をしないといけないことになるでしょう。

目的が定まれば、自ずとどのような仕事を探せばいいか絞ることができます。結果、転職活動もしやすくなるはずです。

 

ワンポイント
今までの自分を振り返り、自分と職場を見直してみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスパーソンのチーム

転職は人生の中でも一つの一大イベントです。

一人だけでは決められないこと、誰かにアドバイスをもらいたい、背中を押してほしいという気持ちもあるでしょう。

そういったときには、転職エージェントに相談することをおすすめいたします。

友人や家族に相談するのも一つの方法です。

しかし、あまり身近過ぎる人の意見はその人の主観が入りやすいため、必ずしも正しいとは限らないからです。

転職エージェントは、あなたの今の職場の悩みをしっかりと受け止めてくれます。

どのような転職がしたいのか、希望や目的を聞いてくれたうえで的確にアドバイスをしてくれるでしょう。

内面に秘めた自分の実力を存分に発揮できる転職先を見つけてください。

まとめ

ファイルを持つスーツの女性

 

女性の転職について、よかったことや失敗したことなどを体験談も交えてご紹介してきました。

転職する上で大切なのは目的を明確にするということです。

今の職場で不満を抱えながら続けていく必要はありません。

転職をしたいと悩んだときは、ぜひ転職エージェントにまずは相談だけでもしてみてください。

もっと輝ける人生を歩むためにも、転職を検討してみてくださいね。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら