「今働いている職場の環境が合わない」

「給料・人間関係に不満がある」

人は、いろいろな理由で転職をします。

周りの人に転職活動をしていることを言ってしまうと、気まずい雰囲気になってしまうことも。

転職活動を隠すべき理由と、バレてしまった時の対処法を解説します。

転職活動を言わない方がいい理由

口を隠す女性

転職活動をしていることを言ってしまうと、あなたにとって不利益が起こる可能性があります。

いったいどんな理由で、転職活動をしていることを隠すべきなのでしょうか。

上司が信頼できてもばれる可能性がある

一人で転職活動をしていると、つい不安で誰かに相談してしまいたくなる。

その気持ちは、よく分かります。

今、働いている会社にも関わることだからと、信頼できる上司には話してもいいかもと考えてしまうかもしれません。

転職活動をしていることを、リスクを考えずに話してしまった場合。

あなたが上司を信頼していも、上司がついうっかりしゃべってしまい、転職活動を行っていることがばれる可能性があります。

どれだけ誰にも言わないでほしいと伝えていても、上司が誰にも言わないという確証はありません。

あなたの信頼していた上司が、お酒の席でつい口を滑らせてしまうかもしれないのです。

転職活動がバレてしまうと、あなたがどうなってしまうのかというリスクを、自分以上に真剣に考えてくれる人はいません。

転職活動の妨害・反対の可能性

転職活動を行っていることが会社にバレてしまうと、妨害や反対を受ける可能性があります。

転職するためには、面接を受けに行かなければなりません。

面接日時指定が平日の場合、仕事を休んで面接を受けに行く必要があります。

面接を受けさせないため、有給休暇を認めてもらえないという妨害を受けてしまう可能性も。

仕事の量を今まで以上に増やし、残業を余儀なくされ、転職活動を妨害されることも考えられます。

また、妨害や嫌がらせ行為とは言えないけど転職を反対される場合もあるのです。

転職をしたこともない人が、

「転職はしない方がいい。」

「どうせ失敗する。」

など、勝手な反対意見を言ってきたりすることが考えられるのです。

とにかく、あなたの転職を阻止するために、妨害・反対し転職を諦めさせようとします。

すでに内定が決まっていれば、妨害や反対をやり過ごす気持ちも保つことができます。

しかし、内定が決まっていなければ長い期間妨害や反対に耐えなければなりません。

引き止めを受ける

引き止め

転職活動をしていることがバレてしまった場合、引き止めを受ける可能性があります。

転職先で採用が決まっている場合ならまだしも、決まっていない場合とても厄介です。

「まだ決まっていないのなら、そんなに焦る必要はない。」

「もう一度考え直してほしい。」

「辞めた後はどうするんだ。」

と、あなたの不安をあおるような言葉で引き止めようとします。

会社側から見ると、あなたが辞めてしまうことで、人手不足になってしまうかもしれません。

そうなると、新たな人材を採用するためお金と時間をかけて採用活動を行わなければなりません。

採用活動をして、新人教育をということを考えると、企業側には大きなメリットはないのです。

噂が広まる

聞き耳を立てる女性

社会人生活の中で、誰かが辞めるなんていう噂話を聞いたことは、あるのではないでしょうか。

人は噂話が大好きです。

誰かが会社を辞める、なんて噂は会社や部署中にすぐに広がってしまいます。

今まで、あまりしゃべったこともない人から

「会社、辞めるの?」

「どうして、なぜ?」

「次はどこに転職するの?」

など、うっとうしく感じてしまうほど、他人から転職理由を聞かれます。

転職先が決まらないケースも

転職活動をしていても、希望の転職先で内定が決まらないという可能性もあります。

条件の良い転職先がすぐなくても、転職活動がバレていなければ時間をかけることができ、タイミングを見計らうこともできます。

しかし、転職をしようとしていたということが、周りにバレてしまうとどうなるでしょうか。

きっと、気まずい雰囲気環境の中で働くことになってしまい、抵抗を感じてしまうでしょう。

また、辞めようと考えている人に、重要な仕事は任せてもらえなくなる可能性が高いです。

 

ワンポイント
 誰が、どこで繋がっているか分かりません。最新の注意を払いましょう。

転職活動は上司に言うべき?

悩む女性

結論を言うと、転職活動をしていることを例え上司であっても、伝える必要はありません。

しかし、誰かに相談をするということであれば、一番最初に話すのはあなたの直属の上司です。

直属の上司に相談する前に、更に上の立場の人に相談してしまうのはあまり得策とは言えません。

なぜなら、直属の上司があなたをちゃんと管理できていない監督不行き届きの烙印を押されてしまう可能性があるからです。

 

ワンポイント
 転職活動を報告するなら、直属の上司にしましょう。しかし、必ず転職活動を伝える必要はありません。

そもそも隠すべきなのはなぜ?

仕事、虫眼鏡

そもそも転職活動を隠すべきなのはなぜか。

法律・憲法においても、誰がどの職業を選択するのかは自由とされています。

しかし、法律や憲法でいくら自由と言っても社員が転職してしまうことに会社側からすると、大きなメリットはありません。

あなたの転職活動を、前向きに応援してくれるとは限らないのです。

転職活動が原因で、対立してしまったり関係性が悪くなってしまうことも考えられます。

そうなると、会社に居ることが気まずくなり、転職活動も焦ってしまいます。

その結果、納得できる転職先ではないのに転職をしてしまった。

と、後悔してしまうことに繋がりかねません。

在職中に、転職活動を行うメリットがなくなってしまいます。

そのため、転職活動を行っていることを周りに隠すべきなのです。

転職活動がバレたケース

スーツの女性

転職活動をしていることは、基本的に隠している方がメリットが多いということが分かりました。

しかし、注意していても転職活動がバレてしまうということがあります。

いったいどんな時に、バレてしまうのでしょうか。

バレてしまったケースを紹介します。

電話の対応

電話、女性

さすがに、会社のデスクで転職エージェントや転職を希望する企業との電話をする人はいません。

しかし、勤務時間内に、電話対応をしなければならない場面もあるでしょう。

社内で電話対応をする場合、たとえ人気のない場所で電話をしていても、近くに誰かがいて話している内容を聞かれてしまう可能性があります。

電話に出ざるを得ない状況では、細心の注意を払いましょう。

相談した上司・同僚からバレた

絶対に言わないでと、相談した上司・同僚に口止めをしたとしても、誰にもしゃべらないという確証はどこにもありません。

信頼している上司・同僚であっても、ふとした瞬間に口を滑らせてしまう可能性があります。

誰かにしゃべった瞬間、そこからバレてしまう可能性は0ではなくなります。

あなたほど、バレてしまった時のことを真剣に考えていなかったり、良かれと思ってしゃべってしまうこともあるからです。

面接の時に同僚に鉢合せ

街を歩いていると思わぬところで、会社の同僚に鉢合わせすることはありませんか。

仕事が休みの日に、面接のためスーツを着て歩いていたら同僚に目撃されてしまったり、偶然にも鉢合わせてしまったりしてバレてしまう。

なんてケースもあるのです。

休む頻度が増えた

有給をとることは、誰にでもあります。

しかし、今まで有給をあまり利用しなかった人が、急に何日も休むと周りの人たちから一体どうしたんだろう。

と疑問に思われます。

有給を取ることは問題ありませんが、急に頻度が増えると周りに気づかれてしまう可能性があります。

転職活動を公表した場合はどうなる

メリット、デメリット

周りに転職活動をしていることを隠すことに、ストレスを感じてしまう方もいるかもしれません。

そうなると、周りに公表した方がいいと考えてしまうかもしれません。

転職活動を公表した場合、どういったことが起こるのでしょうか。

引き止めにあったり、社内で噂になります。

周りの人から次の就職先について、根掘り葉掘り聞かれることでしょう。

それだけならまだいいのですが、ひどい場合だと転職先に連絡を入れるなんてことも考えられます。

そんなことをされてしまっては、間違いなく転職先の企業に悪い印象を与えてしまいます。

最悪の場合、せっかくの内定も取り消しになってしまうことも。

軽い気持ちで公表した結果、どんなことになってしまうかは誰にも分かりません。

 

ワンポイント
 転職活動を軽い気持ちで公表してしまうと、思わぬ結果に後悔してしまうことがあります。

転職活動がバレないためのポイント

ジョブチェンジ

転職活動がバレないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか。

バレないようにするための、ポイントを5つ紹介します。

職場で言わない

とにかく、職場で転職活動をしていることを言わないことが大切です。

いつ、誰が、どこで口を滑らせてしまうか分かりません。

上司は、上層部への報告義務が義務付けられていることも。

誰かにしゃべった以上、常にバレてしまう危険性があります。

職場で転職活動についてしゃべらないということは、鉄則です。

休日に活動

面接を平日ではなく、土日に行ってもらうよう応募した企業に相談することも一つの方法です。

面接の日時は、基本的に企業と話し合い決めるものです。

現在、平日での対応が難しいことを相談すれば、休日に対応してくれるケースもあります。

休みのとり方を工夫

有給を取得する時にも、工夫することが大切です。

旅行に行くという理由で、金曜や月曜を土日と合わせて休むのも一つの手です。

また、遠方の家族や親戚を理由にすると自分自身の理由ではないので、深い詮索を避けることができます。

普段どおりにする

自分では気づかないちょっとした発言や行動の変化も、周りの人には気づかれてしまうものです。

普段どおりにすることを、心がけましょう。

転職活動に疲れて、仕事のパフォーマンスが落ちてしまうと本末転倒です。

最後は、気持ちよく送り出してもらえるために、今の仕事にも手を抜かず全力で取り組みましょう。

着替えは社外で行う

キャリーバッグ

普段、スーツで出勤している人なら問題ありません。

しかし、今までスーツで出勤していない人が、いきなりスーツで出勤するのはやめましょう。

周りの人は、ビックリしてしまいますし、自分から話のタネをまいてしまいます。

しかし、どうしても面接に行くのには、スーツやきちんとした格好でなければなりません。

着替えは社外で行うなど、周りの人にバレない配慮をしましょう。

バレてしまった時の対処法

考える女性

誰にも転職活動のことは言わず、水面下で密かに転職活動をしていてもバレる可能性が0だとは言い切れません。

転職活動がバレてしまった時、対処法がなければとても焦ってしまいます。

そのため、対処法を頭の中に入れておくことが重要です。

転職活動がバレてしまったら、上司に呼び出され話し合いを設けることになります。

話し合いの時は、本音と建前を上手に使いわけましょう。

転職の理由が、人間関係や上司であった場合、そのままの理由を伝えてしまうと上司を刺激してしまいます。

そのため、前向きな理由で転職をすることを伝えるのがベストです。

  • キャリアアップしたい
  • 挑戦したいことがある

などです。

前向きな理由で転職活動をすることは、悪い事ではありません。

むしろ、前向きなあなたを応援してくれる立場になってくれる可能性もあります。

 

ワンポイント
 前向きな理由で転職活動をするあなたに、上司も悪い気持ちは抱きません。

転職活動をスムーズに進めるためにリスクは最小限に!

履歴書

転職活動をバレずに行うことで、

  • 妨害・反対されるリスク
  • 引き止めに合うリスク
  • 社内で噂になってしまうリスク
  • 納得できる企業に転職できないリスク

を最小限にすることができます。

自分自身の明るい将来のためにも、リスクを最小限にすることを心がけましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ジャンプする女性

転職活動を在職中の会社に隠して行っていると、誰にも相談できずに苦しくなってしまうかもしれません。

そうなると、思わず口が滑って転職活動をしていることを、誰かに話してしまう危険性があります。

そんな時は、一人で悩まずに転職エージェントを活用しましょう。

あなたの気づかなかった思わぬ適性を、見つけることができるかもしれません。

転職のプロがあなたの不安や悩みを、一緒に解決してくれ明るい未来が開けます。

まとめ

看板

今回は、転職活動を隠して行うべき理由や、バレてしまった時の対処法を紹介しました。

転職活動が周りの人にバレてしまう理由は、自分の気の緩みがほとんどです。

周りの人にバレてしまうと、妨害・反対を受けたり、社内の噂になってしまったりして、余計な労力を使う羽目になってしまいます。

自分自身が納得できる転職先を見つけるために、転職活動中は細部にまで注意を払いましょう。

円満に退職するためには、最後まで気を抜かず仕事に取り組む姿勢を大切にする必要があります。

そして、リスクを最小限に抑え、キャリアアップを目指し、明るい未来を手に入れましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら