在職中に転職活動をする女性は多いのではないでしょうか。

しかし、転職活動は書類作成・面接などやることが多く、仕事との両立に悩むことも少なくありません。

そして特に悩みの種となるのが、平日に面接が行われるときの休む理由です。

今回は、そんな在職中の転職活動で休む理由や平日に面接が行われるときの対応について詳しくご紹介します。

在職中の面接が受けづらいという悩み

悩む女性

在職中に転職活動をしているという女性にとってネックとなるのが、スケジュールの調整です。

転職希望の企業が土日休みの場合、選考の面接はほとんど平日に行われます。

そして、現職が同じく土日休みであれば、平日の面接は受けづらいと悩むのではないでしょうか。

こうした悩みは在職中に転職活動をしている多くの女性が抱えるものです。

しかし平日に面接を受けづらいという理由で、転職を諦める必要はありません。

今回の記事では面接を受けづらいという悩みをどのように解消すればいいのか解説します。

自分自身にあった方法を見つけて、理想の転職を実現させてください。

面接で会社を休みたいときはどうする?

悩む女性

先ほどお伝えしたように、平日に選考の面接が行われることが多いです。

そのため、現職が平日出勤であれば出勤日と面接日が重なることになるでしょう。

しかし、転職の面接のために仕事を休んでもいいのか悩む女性もいるのではないでしょうか。

平日に面接が行われることが多いということは、これまで転職活動をしてきた多くの人が同じことを経験しています。

そして中には仕事を休んで面接を受けたという人も少なくありません。

仕事のスケジュールや忙しさにもよりますが、有給休暇を取得して面接に行くという方法があります。

有給休暇は労働基準法で定められた制度のため、基本的に会社側は引き止めることはできません。

こうした制度を活用し、転職の面接に臨むといいでしょう。

面接で会社を休んだり、仕事を抜けたりする人は多い

○を持つ女性

在職中に転職活動を行っている方の多くは面接で会社を休んだり、仕事を抜けたりした経験があるようです。

例えば以下のようなパターンがあります。

  • 有給休暇
  • 半日休暇(午前半休・午後半休)
  • 急用のため仕事を抜ける

面接は事前に分かっていることですが、子どもの体調不良など急用のため仕事を抜けるパターンもあるようです。

この場合でも有休扱いにしてくれる会社もあるため、交渉してみるといいでしょう。

無断で仕事を休むのはいけませんが、しっかりと会社側に休暇を取ることを伝えれば特に問題にはなりません。

ただし、できるだけ会社に迷惑をかけない日に休むといった配慮は必要です。

例えば、忙しいと分かっている時期や、大切な打ち合わせがある日に休むのは避けた方がいいでしょう。

その方が、気兼ねなく休みを取って面接に望むことができます。

 

ワンポイント
在職中の転職活動のために休んだり仕事を抜けたりする人は多いです。

転職面接は基本的に平日

手帳

転職面接は基本的に平日に行われることが多いため、スケジュール調整が必要になることも少なくありません。

1対1の面接なら調整しやすいかもしれませんが、集団面接は他の応募者との兼ね合いもあるため調整は難しいでしょう。

そのため、必然的に自分が応募先の企業の日程に合わせる形となるのです。

応募先の企業が遠方であれば、移動時間や場合によっては宿泊も検討しなければなりません

転職活動を始めるときは、面接が平日に行われることを考慮してスケジュールを確認しておきましょう。

平日の面接に行くポイント

転職面接は基本的に平日に行われますが、行くためにはどうすればいいか悩む女性も多いでしょう。

ここでは、平日の面接に行くポイントをご紹介します。

どうすれば、スムーズにスケジュールを調整して面接に臨むことができるのでしょうか。

平日は休めない人が多い

頭を抱える女性
平日は仕事が忙しく、なかなか休めないという人は多くいます。

しかし、それは応募先の企業にも同じことで、限られた時間の中で面接の時間を作ってくれているのです。

できるだけ提示された日程で面接を受けられるよう、スケジュールを調整するのが望ましいでしょう。

平日に時間を作る方法とは

考える女性

平日に転職の面接に行くためには、時間を作らなければなりません。

それでは、どのようにすれば平日に時間を作ることができるのでしょうか。

平日に面接に行くためには、先述したように有給休暇や半日休暇を取得するのが一般的です。

面接の準備や移動時間を考慮して有給休暇を使って1日休むのもいいでしょう。

あるいは、午前中に面接がある場合、午前半休を使って面接に行き午後から出勤という方法もあります。

半休を使って面接に行くのであれば、どちらにも迷惑をかけないように時間管理が必要です。

仕事が長引いて午後からの面接に遅刻してしまった…というのは避けましょう。

半日休暇を取る場合、その休みは有給休暇扱いのこともあれば無給扱いということもあります。

無給扱いとはいっても欠勤ではないため、査定に響くわけではありません。

有給休暇扱いにする会社も多いため、あらかじめ申請しておくといいでしょう。

企業に日程調整を打診する方法

もし仕事の関係でなかなか時間が合わないという場合には、日程調整を打診するという方法もあります。

例えば、平日の時間外に調整してもらい、終業後に面接に行くという方法です。

またどうしても平日が難しいようなら、面接を土日に変更してもらえないか打診しましょう。

ただし、土日休みの企業であると面接担当者に休日出勤してもらうということになります。

土日への変更を打診する際は、そこを考慮して「申し訳ない」という気持ちが伝わるようにするのがポイントです。

転職エージェントに頼む

面接の日程調整を行うと選考に影響するのではないか、どう伝えればいいか分からないと不安に思う女性もいるでしょう。

そんなとき、転職エージェントなら企業との日程調整を取りもつことができます。

例えば土日の面接を希望しているとしても、土日休みの企業だと分かっていたら打診に躊躇するのではないでしょうか。

また、火曜日ならいいけど水曜日は休めないなど、平日の中でも休みにくい曜日がある会社もあります。

しかし転職エージェントはそのような場面に遭遇することも多く、企業側への伝え方を心得ているのです。

もちろん必ずしも希望通りの日程になる訳ではありません。

しかし、その場合でもなるべく双方の希望に沿った形で調整することができるのです。

面接日時の交渉によって、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

 

ワンポイント
平日の面接の日程調整で悩んだら転職エージェントに依頼するという方法があります。

転職活動のために仕事を休みますということはない

内緒,女性

転職活動のために仕事を休むことはできますが、理由を正直に伝えるか悩む人もいるでしょう。

後ろめたい気持ちになるかもしれませんが、転職活動で仕事を休むことを会社に対して正直に伝える必要はありません。

転職活動のために休むということは、つまり退職の意思があると伝えるようなものです。

会社にとってはいい気がしないことですし、トラブルの原因にもなりかねません。

ここでは転職活動で仕事を休むときの心構えを押さえておきましょう。

上司から妨害を受ける可能性

もし転職活動をするからという理由を正直に伝えて仕事を休んだ場合、上司から転職活動の妨害を受ける可能性があります。

例えば、有給休暇を申請した日に重要な会議を組んで休みにくくするというパターンです。

特にあなたが会社にとって大きな戦力だと考えられている場合には、こうした妨害が発生する可能性が高くなるでしょう。

平日に面接を行えなくなるとスムーズに転職活動を行っていくことが難しくなります。

妨害を受けるリスクを減らすためにも、転職活動をしていることは伝えないようにしましょう。

罪悪感を感じなくていい

笑顔な女性

転職活動について隠して休暇を取ることに対して罪悪感を感じてしまうという方もいるのではないでしょうか。

しかしながら多くの企業が面接を平日に設定しているため、平日に休暇を取って面接に行くことは避けられません。

隠れて転職活動をしていることに対して罪悪感を感じる必要はないのです。

また、多くの転職希望者が同じように休暇を取りながら転職活動を行っています。

休暇制度は法律で認められているため、問題となることもありません。

あなただけが平日に転職活動をしている訳ではないので、自分を責める必要はないのです。

転職活動ではなく「プライベートの用事」だと思って休みを取ってみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
会社には転職活動だと伝えずに休むようにしましょう。

特に理由は伝えず有給休暇を取得するのが無難

有給
転職活動だと伝えなくていいとはいっても、有給休暇を取得するときの理由はどうすればいいのでしょうか。

平日に有給休暇を取得する際に、その理由は伝えない方が無難です。

基本的に理由について詳しく伝える義務はないため、「私用」や「家庭の都合」などとだけ伝えておくだけで問題ありません。

まれに「私用」や「家庭の都合」と伝えても、具体的な内容を聞いてくる上司もいるでしょう。

この場合も、先述したように具体的な内容を伝える必要はありませんが、トラブルを避けるために何らかの理由を提示した方がいいです。

しかし、正直に転職活動と伝えるのではなく別の理由をあげることをおすすめします。

「嘘も方便」といいますが、できるだけトラブルを回避して万全の対策で転職活動ができるようにしてください。

もし同僚などに理由を聞かれた場合にも、転職活動については話さないようにしましょう。

 

ワンポイント
転職活動のために有給休暇を取る場合も理由を伝える必要はありません。

有給休暇を使う理由

有給休暇を使う理由について聞かれた際には、転職活動ではなく他の理由を伝えるようにした方がいいでしょう。

会社から不審がられるのを避けるために使える、一般的な有給休暇の理由をご紹介します。

回線工事などの立ち会い

男性と女性
インターネットの回線工事などの立ち会いは1人暮らしの場合に有効です。

他にも水道工事やエアコンの工事の立ち会いも理由として使うことができるでしょう。

こうした理由は会社からもやむを得ない理由として考えてもらうことができるため、休みを取りやすくなります。

役所などに行く

平日しか行けない役所で必要な手続きがある場合、休みを取るしかありません。

そのため、役所に行くことは有給休暇を使う理由にすることができます。

しかしながら役所に行ってくるという理由で丸1日休暇を取るのは難しいでしょう。

役所に行くことを理由にする場合は、半休にする方が怪しまれずにすみます。

病気を理由にする

病気を理由にするのは、有給休暇を取る一般的な方法の1つです。

直前に面接が決まった場合などは、体調不良を理由にして仕事を休むのもいいでしょう。

ただし、病気を理由に休むと稀に診断書の提出を求められることがあるので注意が必要です。

短期間で何度も病気を理由に休むと、怪しまれたり、反対に心配され過ぎたりします。

不自然さを出さないためにも、頻繁に使うのは避けてください。

家庭の事情

自分の病気や用事を理由に休みにくい場合、家庭の事情を理由にするという方法もあります。

家庭の事情として使える理由の例がこちらです。

  • 実家の親の受診の付き添い
  • 夫の親の介護を頼まれた
  • 子どもの体調不良

家庭の事情は会社側からすると、詮索しにくいだけでなく休みを認めない訳にもいきません。

もし仕事を休むのが難しい場合には家庭の事情という理由を使ってみてはいかがでしょうか。

しかし、こちらも自身の病気同様あまり頻繁に使うと会社側から怪しまれてしまう可能性があるので注意が必要です。

身内や友人の結婚式やお葬式など

身内や友達、親戚の結婚式やお葬式に出席するためという理由も有給休暇を取る際によくある理由の1つです。

結婚式を平日に行うこともあるので、理由としては不自然ではありません。

ただし、お葬式と違って前もって日程が分かっていることなので、早めに有給休暇を申請した方がいいでしょう。

冠婚葬祭は自分の都合ではどうすることもできないですし、会社側も「行くな」と言うわけにはいきません。

結婚式やお葬式を理由にする場合も、同じ理由を何度も使わないように注意が必要です。

もし本当に身内のお葬式で急な休みを取る場合、「ついこの前もお葬式で休んだけど…」と怪しまれてしまいます。

身内のお葬式を理由にするのであれば、両親や祖父母などの近い親類は避けた方がいいでしょう。

歯科医院通院

女性
歯科医院への通院は半日休暇を取りやすい理由の1つです。

「虫歯ができたみたいで痛い」「歯の詰め物が取れてしまった」という理由なら、納得してもらうことができるでしょう。

しかし会社によってはどこの歯医者に通院しているのかなどを聞かれる可能性もあるため注意が必要です。

詳しく申告する必要がないと考えられる場合に通用する手段だといえます。

子どもの行事など

子どもの行事に出席するという理由も休みが取りやすくなります。

子どもがいる場合にはこうした休みの理由は一般的であるため、会社から不審がられることもないでしょう。

ただし、運動会や学芸会のような1年に1回しかない行事を理由にしないのが無難です。

もし平日に運動会や学芸会が行われる場合、実際の行事のときに怪しまれてしまいます。

同じ生活圏内に同僚が住んでいる場合、バレるリスクもあるので注意しましょう。

そのためあまり怪しまれない授業参観・個人面談・保護者会のような理由が無難です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

転職
在職中の転職活動は、平日の面接といった悩みを抱える女性も少なくありません。

もし転職活動で悩みがある場合には転職エージェントに相談することをおすすめします。

在職中の転職活動をスムーズに進めていきたいという方は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

笑顔な女性

今回は、在職中の転職活動で仕事を休む理由の伝え方や、有給休暇を取るときの理由などについて解説しました。

転職面接は基本的に平日行われることが多いため、仕事と重なり悩むケースは少なくありません。

だからといって諦める必要はなく、有給休暇を使って休んだり、日程調整を打診したりする方法があります。

有給休暇を取るときに転職活動のためと伝える必要はありませんが、もし具体的な内容を聞かれたら今回ご紹介した理由を活用してください。

日程調整の打診や転職活動のお悩みは、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントをうまく活用して、在職中の転職活動を効率よく進めましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら