医療秘書は女性に人気の職業のひとつです。

未経験からでも医療業界の仕事に就くことができ、診療所やクリニックから総合病院まで幅広く仕事の需要があります。

そんな気になる医療秘書の仕事ですが、具体的な仕事内容はどんなものなのでしょう。

医療秘書に求められるスキルや資格など、転職に成功するコツと併せて解説していきます。

医療秘書の仕事内容を解説

秘書

まずは医療秘書の仕事内容ですが、担当業務は多岐にわたります。

そのため医療スタッフが活躍できるのは裏方作業をする医療秘書のおかげ、と言われることもある職業です。

そんなマルチタスクな医療秘書の仕事内容ですが、大きくカテゴライズすると下記の4つになるでしょう。

電話や来客対応

病院では患者さんからの電話や、関係各所からの電話や来客があります。

それぞれの病院やクリニックによっても異なりますが、病院秘書は患者さんへの電話対応は行いません。

対応するのは、製薬会社などからの来訪打診の電話を受けた場合や他医局からの問い合わせです。

電話対応の後は医師に相談し、来客スケジュールのセッティングをしたり当日の来訪時の接客対応をしたりします。

そのほかにもマスメディアからの取材相談や行政からの電話応対の仕事などもあるかもしれません。

また大学病院や総合病院などの大きな病院では、提携関係にあるほかの病院からの連絡が入ることもしばしばあるのではないでしょうか。

院長や医師の出張の手配

スケジュール

一般的な秘書業務同様に、院長や医師のスケジュール管理も医療秘書の仕事です。

日々の打合せ調整のほかにも院長や医師は学会や視察、会議や講演などで出張が多いため、出張手配も重要な業務内容となります。

宿泊先やチケットの手配を漏れがないように行うほか、ダブルブッキングがないようスケジュール管理に気を配ることになります。

また持参する資料や配布物がある場合は、その手配や当日の忘れ物チェックなど細やかなサポートも求められるでしょう。

場合によっては、医師に同行することも医療秘書の仕事となるのです。

資料整理

資料整理に関しても一般企業の秘書業務とほぼ同様の仕事内容といえます。

例えば、郵便物の整理やファイリングなど。

規模の大きな病院では、郵便物も大量に届くので仕分けて各所に届けます。

通常は患者のカルテなどの管理は医師事務作業補助者が行うものですが、医師事務作業補助者=医療秘書という場所もあります。

学会資料の作成

学会資料の作成は、医療秘書ならではの仕事といえるでしょう。

当然のことながら、医療秘書がひとりで学会資料を準備することはありません。

学会用の資料は医師が研究してきたことなどをまとめ上げ、発表する研究論文や資料などの作成をサポートする業務です。

学会資料の作成と聞くと、敷居が高く感じる方もいるかもしれません。

しかし医師と同程度に専門知識が必要なわけではありません。

内容的には依頼される資料のデータ入力、参考文献の貸出や返却、検索などの作業のウェイトが大きくなるでしょう。

とはいえ、医療に関しての基礎的な知識は必要となってきます。

仕事を通して学ぶ姿勢が大切といえるのではないでしょうか。

 

無料転職相談をして医療秘書を詳しく理解しよう

 

医療秘書と医療事務の関連性

医療事務

医療秘書のほかに、医療事務という業種があります。

場所によっては、医療秘書が医療事務の仕事も兼任している場合もあり線引きが難しい時もありますが、基本的には仕事の内容が異なってきます。

それぞれどういった仕事内容で、どのような違いがあるのか確認しておきましょう。

「医療秘書」

主な仕事は医療従事者のサポートであり、秘書的な仕事内容がメインとなっています。

医療秘書は、医師や看護師など医療機関に従事する人が円滑に仕事ができるようにサポートをする仕事といえるでしょう。

医療スタッフとの連携が主な仕事のため、ある程度の医療知識と高いコミュニケーション能力が求められます。

また医療機関によっては、医療事務の領域にあたる仕事を担当する場合もあります。

「医療事務」

医療事務の仕事は患者さんへのサポートとなります。

病院の受付窓口として、電話や受付対応をしたり診察券の発行などをしたり事務的な仕事がメインです。

そして診療費の受け取りや診療報酬明細書の発行作成も担当します。

いずれにしても患者さんに直接対応する仕事で、病院の事務職というとこの医療事務を指すことになるでしょう。

 

ワンポイント
 医療秘書も医療事務もサポートする対象は異なりますが、高いコミュニケーション能力が必要とされています。

医療秘書になるには資格は必要?

勉強

医療秘書になるために特別な資格は必要ありません。

医療秘書は、医師や看護師のような国家資格を取得する義務がないため、未経験から募集をかけている病院やクリニックも多く見受けられます。

そのため、資格を持ってなくても医療秘書の求人に応募することは可能です。

しかし、転職者の場合は即戦力として求められるので同業同種からの転職でない場合は資格を取得しておく方が有利といえるでしょう。

採用の判断材料になるばかりか、就業後も仕事に慣れやすく昇給のチャンスが増える可能性が高いです。

 

ワンポイント
同業同種からの転職でなければ、有利となる資格を取っておきましょう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


医療秘書におすすめの資格

専門知識

医療秘書に転職するために有利な資格とはどのような資格でしょう。

おすすめの資格は2つありますが、それぞれ資格取得の条件や発行している団体が異なります。

それぞれの資格の特徴を比較し、自分に合ったものを検討してはいかがでしょう。

医療秘書技能検定

医療秘書技能検定は、医療秘書教育全国協議会が発行認定している最も一般的な医療秘書の資格になります。

誰でも受験することができ、年に2回試験があるので挑戦しやすいのではないでしょうか。

1級から準1級、2級そして3級と4段階にレベルが分かれており自分の実力にあった級を受験することができます。

取得した級により差はあるものの、自身の医療秘書としてのスキルを証明することが可能です。

日本医師会認定医療秘書資格

案内する女性

こちらは名称の通り、日本医師会が発行認定している資格になります。

日本医師会認定医療秘書資格の取得には2つ条件があり、日本医師会が認定する養成機関でカリキュラムを修了することがひとつ目です。

更に認定試験に合格したのちに、日本医師会が定める秘書技能課目を3課目取得することがふたつ目になります。

試験は年に1回行われ、時間はかかりますが合格率の高い試験といえるでしょう。

即戦力となる人材育成を目指す資格のため、医療秘書技能検定よりも受験資格を得るのに長期戦となるのが特徴です。

 

ワンポイント
 医療秘書転職に有利な資格は、自分に合ったものを選択しましょう。

医療秘書に求められるスキル

電話をする女性

医療秘書にはどのようなスキルが求められるのでしょうか?

大きく分類すると秘書業務に必要な基礎知識、医療機関従事者としての基礎知識といえます。

「秘書」の基礎知識

業務の内容上、秘書としての基礎知識は必須といえるのではないでしょうか。

来客への礼儀作法やスケジュール管理、医師の出張時の手配などの秘書業務がメインの業務です。

ビジネスマナーにそった電話対応なども大変重要になってきます。

秘書業務の一環としてパソコンでExcelやWordがある程度使えることも大事です。

秘書としての経験がない、という人は秘書検定などを受けてみるのもいいかもしれません。

「医学」や「医療」の知識

医学知識

医師の学会資料作りを手伝うことがある医療秘書。

職場では医学や医療の専門用語を多く扱うことになります。

そのため、最低限度の医療知識は持っておきたいものです。

仕事と並行し学習する努力も必要なのではないでしょうか。

医療の知識は学んで損はありません、効率よく仕事ができるように基礎知識を身につけておきたいものです。

「医療業界」の事務知識

医療秘書は他医局と連絡を取ったり、製薬会社との窓口になったりします。

医療業界に通じていることも大切な要素なのです。

総合病院や大学病院など、他機関との相互連携が多い職場ほど医療業界についての広い知識を求められる傾向があります。

医療業界についての知識を増やすことで、業務を効率的に行うことができるようになるでしょう。

 

無料転職相談をして医療秘書を詳しく理解しよう

 

医療秘書の1日の流れ

時計

医療秘書は勤務先によって、仕事の内容が異なってきますが大学病院の場合をモデルケースとして見ていきましょう。

出社後は掃除やデスクの整理、業務の確認などを行い医療スタッフが気持ちよく業務にむかえる環境を作り出します。

郵便物の回収やメールチェックなども医療秘書の仕事に入ってきます。

その後、医師や医療事務スタッフとスケジュールの確認をし、変更があった場合は臨機応変に対象者のスケジュールを再調整することになるのです。

日によっては来客や電話対応、学会の確認と出張手配なども入ってくるでしょう。

実際に転職希望している病院やクリニックがあったら、転職エージェントを利用し詳しい仕事内容を把握することをおすすめします。

 

無料転職相談をして医療秘書を詳しく理解しよう

 

医療秘書に向いている人は?

ビジネスウーマン

医療秘書に向いているのはどんな性格や適性のある人でしょうか。

秘書としての基礎力として事務処理能力が高い人が向いているといえます。

医療秘書の仕事は、事務作業の幅が広く同時進行で数個の仕事を処理していくこともあります。

そのため、マルチタスクで事務作業ができる人が求められているのです。

そしてコミュニケーションスキルが高いことも大切な要素といえるでしょう

医師をはじめ、多くの医療関係者と連携を取りながら作業を進める仕事です。

円滑なコミュニケーションをとることは、非常に重要になってくるのです。

気配りができ、どんな時も笑顔で対応できるメンタルの強さも求められます。

もっとも大切な要素といえるのは、医療への関心です。

医療秘書の仕事を通して、医療の知識を得たいという向上心を持っていることが大切です。

 

ワンポイント
 医療秘書に向いている人は、気配りができ医療への関心が高い人が向いています。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


医療秘書に転職するには

時計の前でガッツポーズをする女性

医療秘書に転職するにはどんな方法があるのでしょうか。

直接自分で求人案件を探したり、転職エージェントの専門的な情報を活用したりその方法は様々です。

病院やクリニックの求人に応募しよう

求人サイトを調べて、自分の条件にあった医療機関へ問い合わせをしてみるのもいいのではないでしょうか。

希望する医療機関があれば、HPをリサーチして求人があれば応募することも可能です。

HP上に募集の旨が記載されていなくても、直接問い合わせることで面接を受けさせてもらえるケースもあります。

募集していないからといって、すぐにあきらめずに問い合わせてみましょう。

転職エージェントを活用しよう

求人を探す際に転職エージェントを活用するという方法もあります。

転職エージェントを活用するメリットは、なんといっても自分に合った転職先を提示してもらえることです。

転職希望者の職歴やスキル、性格や長所などをエージェントが把握した上で希望条件に合う転職先を紹介してくれます。

また自分の希望する病院やクリニックについての情報を知りたい時も、転職エージェントを上手く利用できるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
 医療秘書に転職したいときは、転職エージェントを上手く活用してみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オペレーター

転職活動をしていると、不安や悩みごとを抱える場合もあるはずです。

そういう時はひとりで抱え込まずに転職エージェントに相談してみましょう。

医療秘書になりたいけれど自分に本当に適正があるのだろうか、と悩む時も転職エージェントは力になってくれます。

また、転職の際の履歴書記入や志望動機の確認、企業研究も力強くサポートしてくれます。

転職エージェントは専門的な知識を持ち的確な助言をして、理想の転職先へと導いてくれるのではないでしょうか。

 

無料転職相談をして医療秘書を詳しく理解しよう

 

まとめ

女性

医療秘書は非常にやりがいがあり、多くの医療従事者を支えている重要な仕事です。

近年は、医師や看護師と同様に医療秘書の必要性も高まっています。

また、経験があれば育児での離職期間があっても再度働きやすい点などから、女性のライフスタイルに合った仕事ともいえるでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!