今の仕事がいやになってしまい、転職を考えている女性は少なくありません。

ただ、漠然とした事務職への転職というだけでは、希望する企業への転職は難しいでしょう。

そこで重要となるのが転職時にほとんどの企業で実施される一般常識問題の対策です。試験会場で行われる筆記試験です。

試験結果によって、あなたの将来が決まるかもしれません。

ただ、心配する必要はありません。事前に出題傾向の内容を知り、しっかりと対策しておけばいいだけです。

筆記試験ではどのような対策が必要でしょうか。具体的な出題傾向を踏まえて内容を説明していきましょう。

Contents

転職時の一般常識テストの問題の対策方法を解説

勉強をする女性
転職時に行われる一般常識のテスト問題の対策は、過去問の傾向を知ることが大切です。

大学受験のように時間をかけて解かなければならない問題ではなく、社会人として知っておくべき内容に限定していいでしょう。

もちろん、一般常識問題ですから性別年齢職歴による出題の違いはありません。

世の中の動きやテレビのニュースなどをどれくらい意識しているかがポイントになります。

問題集で過去の出題傾向をチェック

書籍

一般常識問題は書籍でも販売されていますが、インターネットでも傾向問題を掲載しているサイトがあります。

それらをうまく活用してください。

もちろん、まったく同じ問題は出題されませんが、どんな出題傾向なのかを知ることができます。

過去の出題傾向がわかれば、そこから具体的な勉強法がわかります。

企業によって違いはありますが、高校で習う5教科の問題をイメージすればいいでしょう。国語、数学、社会、理科、英語です。

転職時に行われる一般常識問題で重要なのは、試験結果が採用判断にどの程度影響するかでしょう。

試験結果で応募者の順位を決める時に利用されます。

これは企業の内部の選考基準の一つとなります。一般的には、極端に点数が悪い人を振るい落とすための試験とみていいでしょう。

現代においては転職サイトがたくさんあることからわかるように、女性の転職応募者は少なくありません。

求人に応募する人が多いため、一般常識問題を一次試験として面接する人数を減らす目的で実施します。

満点を取る必要はなく、7割から8割程度の正答率で十分でしょう。

また、一般常識問題は企業が違っても出題傾向はほとんど変わりません。

希望する企業とは関係なく、過去の問題例をたくさん解いておけばいいでしょう。

学校の受験と同じようにたくさん勉強した人が高得点を取ることができるのが一般常識問題です。

スマホのアプリを使ってみよう

オッケー

ほとんどの企業の筆記試験のテストでは一般常識問題とSPIの2種類が出題されます。

SPIは適性検査と呼ばれる試験であり、事前に対策をしておく必要はありません。

したがって、テスト対策は一般常識問題だけで十分です。

自宅で机に向かって勉強するスタイルよりも、スマホのアプリを使った対策がおすすめです。

過去の例題をベースにした問題集がアプリとして提供されています。

ユーザー登録をするだけで無料で利用できるアプリは、多くの転職希望者が活用しています。

ニュースをこまめにチェックしよう

市場動向

筆記試験では一般常識が問われる出題が多いため、ニュースなどで話題となっている時事問題にはある程度目を通しておきましょう。

もちろん、ニュースをスマホで読むだけでも十分です。

時事問題は政治、経済など新聞のトップに掲載されているレベルの内容をチェックしておきましょう。

筆記試験の対策だけではなく面接対策も重要です。企業によっては筆記試験よりも面接を重要な判断材料にする場合もあります。

 

ワンポイント
 企業の選考基準を知ろう。

企業は一般常識テストで何を見ているの?

〇と×を見比べる女性

筆記試験に出ている一般常識問題で企業は応募者の何を見ているのでしょうか。

あまり簡単な問題であれば、誰もが高得点を取ってしまいますから順位をつけることは難しいでしょう。

企業によって筆記試験の取り扱い方は異なります。応募者が多い場合は、人数を絞り込むための選考となるケースもあります。

筆記試験で高得点を取らなければ面接に進めませんから、問題例や問題集を勉強するだけで十分なのか不安になる人もいるでしょう。

一般常識問題の内容は高校生レベルですから、極端な差は出ないと考えられます。

しかし、しっかりと問題集を解いている人と何も対策をしていない人では試験の得点は大きな開きとなります。

また、企業や職種によって必要とされる知識は異なりますから、専門試験が実施されることもあります。

この場合は一般常識問題よりも専門知識を問う問題が重要視されますし、一般常識問題は行わない企業もあります。

一般常識問題は5教科にわたっていますが、学校の試験のように5教科の試験が行われるわけではなく、1回のテストだけです。

数学の問題でも計算力と同時に問題の読解力を問われていると考えなければなりません。

文章を読む力は国語力であり、試験問題に慣れておくことは非常に重要となります。

問題集を活用する場合でも、問題の背景を意識することが大切です。

出題者はどのようなことを考えて問題を作ったのか、自分に何を考えさせようとしているのかを見極めることです。

単なる問題の表面的な文章を見るのではなく、その裏にある時代背景や現代企業の考え方をイメージしてください。

過去の問題集では時代の違いを知ることが難しいですが、複数年度の問題集をチェックしてみると、出題傾向の違いがわかります。

ハラスメントやLGBTなど、この数年で広まった考え方も知識として知っておかなければなりません。

また、企業の採用試験では筆記試験を一般常識問題とSPIテストに分けるケースもあります。

SPIテストとはいわゆる適性検査です。社会人として取るべき行動や考え方を調べる試験です。

出題される問題には正解はありませんから、自分の社会性や適応能力が問われる問題と考えてください。

自分の感性で答えることになりますが、普通の人であれば選考時に不採用の要因とはなりません。

ただ、SPIテストについても多くの問題集が出版されており、転職を考える人は何らかの対策をしておくことが普通になっています。

SPIテストの結果から、本人のやる気や企業内でのどのような作業に適しているかを知ることができます。

採用前にクリエイティブな人、地道に努力する人などを判断できれば、仕事の与え方を変えることができるからです。

もちろん、これですべてがわかるわけではありません。

過去の問題集を解いておけば得点が高くなりますから、応募者のある一面だけを評価しているだけです。

しかし、企業が求めている人材にふさわしいかどうかを評価する材料として使われているのが現実です。

また、筆記試験の後は面接になることが多いですが、筆記試験と面接のどちらを重視するかは企業によって異なります。

一般的には筆記試験で一定人数に絞り込み、その後の面接で採用決定の流れになるでしょう。

したがって、まずは筆記試験でふるい落とされないようにしなければなりません。

企業によって一般常識問題、SPIテスト、面接のどれを重要視するかは違います。

すべてを実施するわけではありませんから、希望の転職先がどのような選考をするかを事前にチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
 国語力は社会人としての基本

一般常識テスト「国語」の問題

ノートと単語帳

一般常識問題として必ずテストに出されるのは国語です。国語の問題例を調べておくことをおすすめします。

国語はどんな問題が出題されるの?

ことわざ

具体的にはどのような問題が出題されるのでしょうか。漢字の読み書き、ことわざ、慣用句などです。

テストの形式は穴埋め、記述などいろいろなパターンが考えられます。しっかりと対策をしておかなければなりません。

ただ、大学の受験ではありませんから、満点を取るのではなく、簡単な漢字を間違えないようにしておくレベルでいいでしょう。

例題をチェック

開いたノートと本

例題はインターネットやスマホアプリでチェックすればいいですが、確実な対策は時事問題に絡む言葉や漢字です。

2020年であればコロナウイルスの影響が少なくありませんでした。例題としては3密の意味を選ぶ問題が考えられるでしょう。

一般常識テスト「数学」の問題

計算機とノート

事務職の採用テストでは、数学の問題は高校生の入学レベルと考えていいでしょう。理系の知識が必要なテストではありません。

数学はどんな問題が出題されるの?

女性,ビジネス,スーツ,書類,確認

四則演算ができるなら、解ける問題がほとんどですが、文章を理解しないと答えられない出題も少なくありません。

つまり、数学のテストでありながら国語力をチェックしているのです。対策は過去の問題集に目を通しておくことです。

例題をチェック

人差し指を立てる女性

三角形の内角の和、確率問題、組み合わせ問題は中学校で学んでいますが、実際に会社で活用することはほとんどありません。

比較的簡単な問題例をたくさん解いておけば十分な対策となります。

一般常識テスト「社会」の問題

カジュアルな雰囲気の社内

社会の問題は高校の学科の現代社会に限定していいでしょう。

社会はどんな問題が出題されるの?

日本国憲法や司法、行政の仕組みなどは過去に出題された問題例がたくさんあるはずです。

ただ、近年の企業を取り巻く環境の変化に敏感な問題が出る傾向が高いと思ってください。

例えば、男女雇用機会均等法ハラスメントLGBTなどがテストとして出題しやすいはずです。

例題をチェック

男女雇用機会均等法の考え方やハラスメントの考え方を説明させるテストが考えられます。

詳細な内容を記述することは難しいですから、〇×式や選択問題です。インターネットで言葉の意味を調べておきましょう。

 

ワンポイント
 問題をよく読み意味を考えましょう。

一般常識テスト「理科」の問題

開いたノートとペン

普通の人は社会人になってから理科の知識をどの程度活用しているでしょうか。

職種として理系の人材を求めている企業でなければ、理科の筆記試験が選考の判断材料になることはほとんどありません。

誰にでもわかる問題がほとんどです。ただ、問題の意味を間違わないように問題例で対策しておくことが大切です。

企業は知識の有無を問うのではなく、問題をよく読んでいるかを判断します。

理科はどんな問題が出題されるの?

勉強する高校生

問題をよく読めばわかるのですが、理系ではなくても常識として知っておかなければならないことはあります。

例えば、夏と冬での気温の変化の違いや南向きと北向きなど、中学校でも学んだはずの問題が出題されます。

例題をチェック

チェック項目を指さす女性

高校生レベルであれば、元素記号を答えさせる例題もありますが、現役の高校生でなければ難しいでしょう。

例題として多いのは気温と湿度の関係を計算させる問題です。もちろん、答えは選択式です。

一般常識テスト「英語」の問題

英語

現代はたくさんのカタカナ言葉が飛び交っていますから、英語の問題を重要視する企業が少なくありません。

ただ、一般常識問題として出題される場合には、専門用語のような難しい言葉の意味を答えさせることはありません。

ちょっとした会話のフレーズの意味を答えさせるパターンでしょう。

英語はどんな問題が出題されるの?

英語の文章が書かれており、正解の日本語を選択させる問題が数多く出題されています。

例題をチェック

名刺交換

一般常識の問題集で多いのは、外国人があなたに話しかけるシーンで登場する言葉です。いわゆる5Wでの問いかけです。

問題集でしっかりと対策しておけば難しくありません。

その他にも「時事」や「ビジネスマナー」の問題

様々なニュース

時事問題やビジネスマナーに関する問題も一般常識問題として出題されています。

時事問題の対策としてはニュースに出てくる言葉の意味を調べることが一番です。特にキーワードとなるカタカナ言葉でしょう。

よく聞く言葉で自分も使っていながら、その意味を知らないケースも少なくありません。

しっかりと頭に入れて、対策しておかなければなりません。

ビジネスマナーについては、社会人として知っておくべき常識のレベルです。これも問題例を読んでおけば心配ありません。

ワンポイント
 一人で悩むよりも相談しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性弁護士

一般常識問題の出題範囲は幅広く、取り組み方がわからないと悩んでいませんか。

そんな時は、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントとは転職希望者へのアドバイスや転職先紹介をする企業です。オンラインでの相談受付もできます。

全国規模で展開している企業もありますから、自分がどのような仕事をしたいのかを明確にして相談してみてください。

今の仕事を辞めたいと思い、一人で悩むことは大きなストレスです。特に若い人は悩みから抜け出せず、うつ状態になる人もいます。

一般常識問題の対策も転職エージェントが問題例を提供してくれるでしょう。

まとめ

これから転職を考えているなら、事前に対策をしておくことが大切です。一般常識問題は対策さえしておけば、安心です。

過去の問題集を数多く解いておけば、予想と違った問題が出てきても、柔軟に対応できるはずです。

企業は一般常識問題だけで選考を判断しているわけではなく、SPIテストや面接で総合的に判断しています。

ただ、一般常識問題を軽く見ることだけは避けなければなりません。一定レベルの得点が選考基準となる可能性が高いからです。

備えあれば患いなしのことわざ通り、自分の夢に向かって努力した人はきっと報われます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら