皆さんはインサイドセールスという仕事をご存知でしょうか。

なんとなく聞いたことはある方もいるかもしれませんが、具体的に説明できない方も多いと思います。

しかし、このインサイドセールスは現在とても注目されている仕事でもあるのです。

本項では、そのインサイドセールスについて、仕事内容からその実態まで解説します。

インサイドセールスの仕事内容を解説!

外回りの女性

ではまずインサイドセールスとはどのような仕事なのかについて説明します。

インサイドセールスとは従来の営業活動とは大きく違う点があります。

一般的な営業活動というと、直接客先に出向き売り込みをかける手法がメジャーとされています。

しかし、インサイドセールスは主に電話やメールを活用し遠隔で行う営業活動のことを指します。

従来の営業スタイルを「外勤型」とするならば、「内勤型」としていつでもどこでも効率的に活動できる営業スタイルとして注目されています。

ワンポイント
インサイドセールスとは遠隔で行う内勤型の営業のこと

インサイドセールスは楽なの?

うっかりしてた女性

直接顧客先へ訪問する必要がない。対面でのやり取りがないことからインサイドセールスを楽な仕事であると勘違いされる方も多いでしょう。

また、ただ用意された顧客にマニュアル通りのメールや電話でやり取りをする、単調な仕事であると思われている方も多いです。

しかし、実態はそんなことありません。

今まで客先で対面にて行っていた営業活動を、顔の見えない相手に行うことは決して楽なことではありません。

また、遠隔にて自社のサービスを売り込むためにはマニュアル通りにはもちろんいきません。

マーケテイング部門が獲得した見込み客に対して、戦略的に顧客にアプローチをかける必要があります。

様々なデータを基に戦略を構築しながら自分の実力を試し、向上させることができる仕事なのです。

このようなことからインサイドセールスとは決して楽ではなく、そしてやりがいのある仕事です。

インサイドセールスの年収

悩む女性

インサイドセールスの年収は企業によって異なりますが、約300万〜600万円の間で収まることが多いと言われています。

しかし、このインサイドセールスはインセンティブ制度を導入する企業が多く、自分の成果次第で更に年収を上げることが可能です。

「自分の実力を試したい」と志の高い方に向いている仕事でもあるでしょう。

インサイドセールスはテレアポと同じ?

コールセンター

遠隔で行う営業と聞くとテレアポをイメージされる方も多いでしょう。

テレアポとは一体なにが違うのかを記載していきます。

目的が違う

まず、テレアポの目的は顧客との面談の約束を取り付けることです。

あくまで約束を取り付けるだけでよいので、サービスの説明を詳細に行う必要はありません。

一方インサイドセールスの仕事は見込み顧客の契約締結を目的としています。

対面式の営業活動を遠隔で行うので、当然お客様へ自社の商品の詳細な説明をする必要があります。

それだけではなく、顧客との会話の中からニーズや課題などを引き出し、サービスに付加価値を追加して提供したりと重要な役割を担います。

評価軸が違う

パソコン作業をする女性

テレアポとインサイドセールスでは評価軸も異なります。

テレアポとは顧客リストをみてどれだけ多くの顧客に電話をかけることができるかが評価のポイントとなります。

話す内容はマニュアルに記されているため、形式的な業務になるでしょう。

つまり質より量を重視した業務といえます。

一方インサイドセールスとは、電話での会話の中で顧客の必要な情報を引き出し、最適なサービスの提案を行う必要があります。

対面式営業活動を遠隔で行っているため、評価方法もいかに顧客を契約締結までに結びつけることができるのかが評価されるポイントです。

当然マニュアルは通り話せば良いわけではなく自らその顧客に対する最適なアプローチを考える必要があります。

そのため、インサイドセールスは量より質を重視した働き方といえるでしょう。

ワンポイント
インサイドセールスとテレアポの違い
・インサイドセールスは量より質を重視した営業スタイル
・契約締結数が評価のポイントとなる

他の職種との違い

PC 女性

それではその他の職種と比較した際について記載します。

フィールドセールスとの違い

交渉

インサイドセールスとフィールドサービスの2つには営業スタイルの違いがあります。

その違いとは、営業活動を直接行うか遠隔で行うかです。

インサイドセールスとは、前述したとおり電話やメール、WEB会議を活用し遠隔で顧客へアプローチをかける方法です。

それに対してフィールドセールスとは直接顧客や見込み客を訪問し、直接対話を通じて商品やサービスをアプローチする方法になります。

おそらく一般的に営業と聞くとフィールドセールスを思い浮かべる方も多いでしょう。

フィールドセールスとは、今までの日本の主流である営業スタイルのことなのです。

ワンポイント
・フィールドセールス:客先へ訪問する対面型営業
・インサイドセールス:電話・WEB会議による遠隔型営業

カスタマーサクセスとの違い

インサイドセールスとカスタマーサクセスの違いはサービス提供のタイミングに違いがあります。

前述したとおり、インサイドセールスとは契約締結を目指し、遠隔で見込み顧客に売り込みをかけていくスタイルです。

一方カスタマーサクセスとは、契約締結後、継続した取引を目指し顧客の深層にあるニーズを引き出すために提案をしていくスタイルです。

このように契約締結を目標にした活動か、リピーターをつくるため活動かといったサービス提供のタイミングに違いがあります。

インサイドセールスへの転職事例

仕事中の女性

本項では様々な職種からインサイドセールスへ転職した事例をご紹介します。

フィールドセールス(営業)

フィールドセールスとインサイドセールスの違いは客先に出向いて対面で行うか遠隔で実施するかです。

そのため、核となる活動として重複する部分も多いため、経験を大きく活かせることが可能です。

自社のサービスを売り込むセールススキルを活かし更に向上させることができます。

カスタマーサポート

インサイドセールスのメイン業務は電話やメール、WEB会議等を利用した顧客とのやり取りです。

その際、顧客からの問い合わせ対応がメインの業務となるカスタマーサポートの能力はインサイドセールスでも活かすことができるでしょう。

ただし、カスタマーサポートとインサイドセールスの大きな違いは能動的か受動的になるか業務に対する姿勢です。

インサイドセールスでは自ら顧客へ売り込みをする必要があるため、待ちの姿勢ではなく積極的な姿勢を目指しましょう。

事務

事務職として社内の様々な問題を解決するスキルは顧客の課題解決を行うインサイドセールスに繋がります。

特に営業のサポートをする営業事務であれば営業の実情も理解しているため更に転職に有利となるでしょう。

また、インサイドセールスはクラウド型サービスを提供しているスタートアップ企業でも多く採用されています。

そのような企業では新サービスを提供しているため、型にハマったやり方を好まず、営業経験がなくても問題ない企業もあります。

コミュニケーション能力さえ高ければ、入社後に成長してくれればよいという考え方です。

このように企業によっても求める能力は様々ですので、転職する際には企業の求めている人物像も確認しましょう。

インサイドセールスに求められるもの

話し合い

本項ではインサイドセールスに求められる能力について記載いたします。

インサイドセールスに興味のある方は参考に御覧ください。

継続力

インサイドセールスで成果を上げるためには継続力が必要です。

直接顧客に訪問する必要がないため、より多くアプローチをする企業を増やすことができます。

その分、以下に根気強く顧客先にアプローチをかけることができるかが重要となります。

遠隔で行う営業活動なので、難しさも感じることもあるでしょう。

しかしその状況下でも諦めずに継続して活動を行うことでスキルが蓄積され、より顧客に最適な提案をすることができるでしょう。

情報収集力と分析力

インサイドセールスでは前述したとおり、顧客との会話の中からニーズや課題を引き出す必要があります。

また、対面式の営業活動と違い得られる情報が会話の中でしかないため、商談前にその企業についてどれだけ情報収集できるかが重要となります。

その中で得た情報を分析し、顧客にとって最適なアプローチ方法を導き出す必要があるのです。

そのためインサイドセールスにとって情報収集力とその情報を扱う分析力は非常に重要な能力となります。

徹底した情報管理力

インサイドセールスに求められるもう一つの能力として、情報管理力があります。

インサイドセールスの役割として、顧客リストの中から顧客を見つけ出し、最適なタイミングでアプローチをかける必要があります。

この働き方の強みとして見込みのある顧客だけに焦点を当てることで、効率的に営業活動をすることができることが可能です。

そのためにも数ある顧客データの中から見込み顧客を見定め、最適な商談タイミングを見逃さないように顧客情報を管理する必要があります。

そのため、インサイドセールスには多くの情報を管理する能力が求められます。

インサイドセールスの将来性やキャリアパスは

それではインサイドセールスのキャリアパスについて記載します。

皆さんの中でも初めて聞いた方も多いであろうこのインサイドセールスですが、一体どのようなキャリアを形成できるのでしょうか。

インサイドセールスで身に付くことは?

インサイドセールスでは情報収集能力や分析力、情報管理力など様々な能力が身に付きますが、一番大きなものはコミュニケーション能力です。

対面営業とは違い、非言語による干渉がほとんどなく、声や文字といったものだけを頼りに顧客に対応しなければいけません。

伝えたいことを正確に伝えることができるように、声のトーンや会話のスピード等様々な面で気を使いながら対応をする必要があります。

また、契約締結後はフィールドセールスに顧客情報を正確に引き継がなければ、あらぬトラブルを引き起こし会社の評価を落としかねません。

そのためインサイドセールスとは社内外のあらゆる場面でコミュニケーションを取ることが常に求められます。

その環境下であれば、高いコミュニケーション能力を身に付けることができるでしょう。

インサイドセールスの将来性

ポイント

インサイドセールスの将来性は非常に高いです。

その理由は、現在の効率性と生産性を求める働き方改革の時代にとてもマッチした働き方だからです。

現在、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方で、いかに効率的に成果を上げることが求められています。

その中でインサイドセールスでは客先に出向く必要がなくありません。

その移動時間を使って、多くのお客様にアプローチをかける時間を捻出することが可能です。

特に営業は目標は売上、利益の目標達成を強く求められています。

移動時間を削減し、その分を売上に直結する商談等に時間を費やすことで、経験を多く得ることができるためスキルアップに繋がります。

そしてどのような場所でも働くことができ、業績向上にも繋がるこの働き方は企業側からも注目されています。

更に現在では新型コロナウイルスの影響で更にこの傾向も強まるでしょう。

そのため、インサイドセールスは今後ますます需要の高まる仕事となるでしょう。

事実として現在アメリカでは対面型営業の数を上回るほど増加しています。

ワンポイント
働き方改革にマッチした仕事だからこそ今後更なる需要増加が予想されている。

インサイドセールスのキャリアパス

本項ではインサイドセールスのキャリアパスについてご紹介いたします。

まず有名なのが、インサイドセールスマネージャーです。

インサイドセールスとして実績とスキルを高めたのち、インサイドセールスチームをまとめ上げるマネージャーとしての道があるでしょう。

次にご紹介するのが、カスタマーサクセスです。

カスタマーサクセスとは契約締結後も、顧客の課題を引き出し、その解決策を提案し実現することで継続顧客化することを目標としています。

基本的にカスタマーサクセスも顧客とのやりとりは電話やメールがメインとなるため、次のキャリアの選択肢にすることが可能です。

この他にも多くの選択肢があります。インサイドセールスとして身に付けたスキルによって更に選択肢の幅も広がるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう!

ビジネス女性

今回、インサイドセールスについて解説させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

中には興味を持ち転職を視野に入れられる方もいるでしょう。その際は是非転職エージェントで無料相談をオススメします。

今のご自身の経歴でインサイドセールスへの転職は可能なのか。どのような面接対策が必要なのか。

気になることは沢山ありますよね。

その際に皆さんの力になるのが転職エージェントです。

当然インサイドセールス以外の職種に対しても同様の相談が可能です。

希望の職種に転職するためにはどのような努力が必要なのか、心がけることはなにか等様々なことを解決に導いてくれるでしょう。

まとめ

ビジネスパーソン

今回はインサイドセールスの実態について解説させていただきました。

客先に出向く必要もなく効率的に成果を上げることができる、まさに現代で求められる理想的な働き方です。

まだまだ発展途上な仕事のため、会社によっては未認識であったり組織として未完成な企業もあると思います。

しかし、人が少ない職種だからこそ、その分野のエキスパートになることで将来的に企業に求められる人材になることが可能です。

是非、本記事をみて興味を持った方は目指してみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら