「広報」という言葉は耳にしたことがあっても、実際にどんな仕事をしているか分からない人も多いのではないでしょうか。

一見華やかな印象がある広報ですが実際の業務は多岐に渡ります。

具体的な仕事内容を詳しく紹介するとともに、どのような能力が求められていて、どのような人が向いているのかについて解説します。

会社が求めている能力を身に付けて、広報の仕事を通してやりがいのあるキャリアアップを目指しましょう。

広報の仕事内容を解説

ボードを指さす女性

そもそも広報とは何をする人なのでしょうか。

広報は「PR(パブリックリレーションズ)」という言葉でも表現されますが、要するに社会と自社とをつなぐ役割を担う仕事です。

企業活動をより円滑に遂行するためには、自社の活動内容を広く社会に認識してもらう必要があります。

広報を通して企業のブランド力を上げることができるのです。

次に具体的な広報の仕事について具体的に解説していきましょう。

社会や業界動向の情報収集

1つ目は、社会や業界の動向を知ることです。

広くアンテナを張って社会の流行や人々の意識を把握したり、業界の動きや流れを敏感にキャッチアップしたりします。

そうすることで、広報戦略の方針を常に良い方向に修正することが可能になるのです。

一般的なニュースのチェックだけでなく、時代を先取りする動きも把握すしなければなりません。

そのため広報はメディア関係者や同業者との横のつながりも活用して、的確な情報収集を行います。

プレリリースの作成や配信

イノベーション

2つ目は、プレリリースの作成と配信を行うことです。

情報発信の基本的ツールとして、プレスリリースは重要なアイテム。

企業の経営や新サービス・新製品に関する公式発表などの情報をメディアで効果的に取り上げられるように内容を吟味します。

広報を通じて企業イメージの向上やブランド化戦略などを発信する重要な仕事です。

自社サービスや求人情報の広報チェック

3つ目は、自社サービスや求人情報のチェックを行うことです。

広報担当者は自社のサービスサイトや求人情報の内容について不備がないか、公開してはいけない情報が含まれていないか。

さらに法律や社会モラルに触れていないかなどを厳しくチェックして、ブランドイメージを壊さないようにします。

会社の名前で発信する情報について、経営やサービスおよび商品への悪影響を与えないように検閲する大切な仕事です。

自社メディアやSNSでの情報発信

4つ目は、自社メディアやSNSを活用した情報発信をすることになります。

インターネットやSNSは人々の暮らしに密着しており、起業も自社メディアやSNSを活用して情報発信をする時代です。

TwitterやInstagramなどは気軽に始めることができる半面、炎上しないように特に注意を払う必要があります。

逆に上手に活用すれば知名度アップやブランド力を高める武器になる大事なアイテムになるでしょう。

幅広い年代層に会社を知ってもらうことも広報の重要な仕事です。

 

ワンポイント
広報は会社の発展のために、情報発信と情報収集の両方を行う重要な仕事です。

広報の分類

タイピングをする女性

広報の仕事を大きく分類すると社外広報社内広報に分けることができます。

社外広報は社外に向けて自社の情報を発信して商品や製品、更には企業イメージをアップする仕事です。

社内広報は社内の情報共有や社員間のコミュニケーションを活発にし、一種の社員教育の役割も果たします。

それぞれの内容について詳しく解説していきましょう。

社外広報

社外に向けた広報活動としては大きく4つの仕事があります。

1つ目は自社の活動内容を発信するためのプレスリリースを作成することです。

自社のどのような情報が社会に発信できる内容か吟味して作成します。

企業経営や商品・サービス・調査レポート・危機対応など様々な内容が発信項目です。

2つ目はプレスリリースを発信するために各メディアとの関係構築を促進すること。

情報発信して欲しいメディアを選定してメディア担当者と連絡を取り合い、良好な関係を維持します。

3つ目はメディアからの取材対応をすることです。

よくテレビ番組や雑誌で企業や商品を紹介する際、広報を務める人が紹介しているのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

新進気鋭のベンチャー企業なら会社の存在自体を世の中に浸透させなくてはなりません。

常に新しい情報を社会に発信するのが取材対応です。

メディアが取り上げたくなるプレスリリースの内容を常に準備する必要があり、各種問合せには迅速な対応が求められます。

最後に重要な仕事として挙げられるのが危機管理対応です。

情報漏洩や不祥事などに対する迅速で適切な対応をすることで企業ブランドへの悪影響を最小限に抑える重要な仕事といえます。

社内広報

社内に向けた広報活動は、自社の情報を社内に向けて発信することです。

社員と情報を共有することや企業としての一体感を作り出す役割を担っています。

社員1人1人が広報意識を高めることも企業のイメージアップにつながるでしょう。

特に最近はSNSの活用が定着して個人が発信する情報の影響力も以前に比べて大きくなっています。

社員が一丸となって情報発信して認知度を上げ、社員のコンプライアンス向上にもなるのです。

社内広報のツールとしては社内報の作成と配布、その他社内イベントの計画と開催などが代表的な仕事になります。

広報に求められる能力

カジュアルな雰囲気の社内

広報の仕事をする時に求められる能力やスキルはどのようなものでしょうか。

まずは様々な人とコミュニケーションを円滑に図れる力が必要です。

広報は情報を的確に社内外に伝えるのが仕事なので、自社の責任者から担当者まで多くの人と情報共有をしなければなりません。

そのため社外のマスコミ関係者などと日頃から良好な関係作りをしておく必要があります。

更に社内広報誌やプレスリリースなどの配信をするためには文章作成能力も大切です。

読み手を意識した内容や自社のイメージアップに直結するため文章作成スキルを持っていると大きな武器になるでしょう。

最後に危機管理対応に必要な問題解決能力も、広報に求められる大きな能力の一つです。

トラブル発生に対して適切かつ臨機応変に対応して円滑に事態が収束するように最善を尽くさなければいけません。

周りの意見を取り入れながら最善策を判断し、問題解決する柔軟性も求められる職種といえます。

 

ワンポイント
広報は人と話すのが好きなだけでなく、相応のコミュニケーション能力が必須。
さらに人と人がかかわる仕事が好きな人にぴったりな職業といえるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

広報の仕事のやりがい

握手をする女性

広報の仕事はこれまで紹介したように多岐に渡るものです。

多種多様な人を対象に日々コミュニケーションを図ったり、情報収集と発信の準備などを行なったりする大変な仕事でもあります。

しかしだからこそやりがいも大きいものです。それがモチベーションとなって会社のイメージアップや成長につながります。

広報の仕事を通じてやりがいを感じる代表的な次の2点について紹介しましょう。

人脈が広がる

広報は情報提供する立場なので、毎日社内外の様々な人と接する機会が多い職種といえます。

社内の各部門の人との交流は勿論、情報発信のためにマスコミ関係者と接する機会も増えるのです。

記者や編集者など、様々な分野に人脈が広がります

企業イメージを好意的に広めるためには、日頃からの良好なコミュニケーション力が必要です。

日々の積み重ねがベースになって、良い結果につながるでしょう。

会社の顔になれるような仕事ができる

マスコミを通じた会社の宣伝・PRを行う場合は、広報の活動次第で商品や会社の宣伝のされ方が大きく変わります。

製品やサービスの認知度がどれだけ上がるか、印象が良くなるかどうかも宣伝の内容によって大きく左右され売上に反映されるのです。

広報担当者は会社の顔として、地道な取り組みとマスコミ担当者への的確な指示を行います。

企業活動を正しく理解してもらえるのもまたやりがいではないでしょうか。

広報の仕事で身に付くスキル

様々なニュース

広報の仕事は営業やマーケティング・経営企画の考え方とも近い部分があります。

広報部門に配置転換する会社も少なくありません。

広報が他の部署と大きく違う点は、マスメディアとの関わりです。

広報を長く務めるとマスコミ対応のスキルが身に付き記者やメディア関係の人脈ができるメリットがあります。

堂々と人前で会社の代表として情報発信をすることでプレゼンテーション力が高まり、ビジネスマナーも身に付くでしょう。

広報に向いている女性の特徴

オフィスワークの女性

一昔前にはキラキラ輝く美人秘書のようなイメージの広報がもてはやされた時代がありました。

しかし実際は顔だけで売れるような甘いものではなく、かといって誰でも簡単に務まる仕事でもありません。

どのような特徴の女性が広報の仕事に向いているのか、大きく3つに絞って説明します。

当然これだけ備えていれば良いというわけではなく、地道な努力と成長によって広報に欠かせない人物となれるよう上を目指すことが大切です。

人当たりが良い人

多くの人と接して仕事をする広報には、人当たりが良くコミュニケーション能力が高い人が向いています。

社内の各部署の人とやり取りしたり情報交換をしたりすると共に、社外の人とも会社の代表として接して関係を深める仕事だからです。

第一印象で好感を持たれるタイプの人や誰とでもすぐに仲良くなれる能力がある人は向いているといえるでしょう。

広報の仕事をする際に苦労せず相手の懐に飛び込むことができるので、効果的な情報発信やメディア発信を有利に進めることができます。

リスクを予測できる人

考える人と注意マーク

危機管理能力がある人も向いているといえるでしょう。広報の仕事は常にリスクと背中合わせです。

いくら面白いイベントを企画しても、準備途中で必要な資材が間に合わないなど突然の不具合が起こることはよくあります。

そんな時に予めリスクを想定して代替案を事前に準備したり、漏れがないように念入りにチェックをしたりしなければなりません。

逆にいえば、そうしたことできる人がいれば何事も成功させることができます。

また客観的な物の見方ができる人は「このような話をしたらこんな指摘を受けるかも知れない」と先を読んだ事前の対応が可能です。

リスクを回避することで、会社のブランドイメージが下がることを回避できます。

情報収集が得意な人

広報は常にアンテナを張り巡らせて時代を読み取り、そこに自社製品がどのように関われるのか情報を分析して提案しなければなりません。

柔軟な発想で様々な分野に関心を持って情報収集できる力と、好奇心を持った人が広報に向いているといえます。

社内の動きや単なる情報収集だけでなく、同業者や全く別の業界にも目を向けて客観的に情報を整理できる能力も重要です。

 

ワンポイント
広報の仕事はコミュニケーション能力だけではなく、臨機応変に対応できる柔軟性が必要です。

広報の仕事に活かせる経験

マスクを付けてオフィスで営業をする

広報以外の仕事をしてきた人が、今後広報として働く場合に活かせるかどうかチェックしてみましょう。

広報の仕事はある種オールラウンドな総合職です。そのためこれまでの経験は何でも役に立ちます。

ただ、その中でも採用にあたって特に評価されやすい経験について紹介します。

営業

営業の仕事は特にコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を培う仕事です。

広報の仕事においても十分に活かせる経験といえます。

フットワークの軽さや社内の情報収集能力、さらには商品やサービスの理解度も営業職で高められているはずです。

仕事の多くの部分で重なる面もありますが、広報の場合は会社の顔として影響力が大きくなります。

その点において営業よりも慎重な対応を心がけることが大切です。

経理

計算機とノート

広報の役割にIRの仕事が含まれる場合には、実は経理の経験が非常に役立ちます。

IRとは株主総会に向けて情報収集を行ない整理して資料作成する仕事です。

そのため経理経験や簿記の知識があると理解が早く即戦力となるでしょう。

銀行や株主に対して情報のメリットとデメリットを把握していることは広報として強みになります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

未経験から広報を目指す方法

履歴書

未経験者が広報を目指す場合、PR会社メディア関連の会社で経験を積むことがとても有効です。

情報発信の方法や各種メディア関連の人脈を作った経験は、転職の際にも即戦力として高い評価を得て採用されやすくなります。

広い意味での広報関連の仕事をして経験を積んでおいてください。

そうすることこそ、自分が目指す会社への転職に向けたステップアップになります。

 

ワンポイント
広報はかなり責任のある仕事なので、未経験から一発で就くのは難しい場合も多いです。
その場合はいきなり広報になろうとするのではなく、経験を積みながら広報を目指しましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職を考える場合は転職エージェントを上手に利用することが多くのメリットがあり有効です。

転職エージェントしか保有していない求人を紹介してもらったり、無料で書類や選考対策をしてもらったりすることもできます。

転職を効率的にできることや、条件交渉を優位に進めることができることなども大きなメリットです。

特に一般求人サイトに上がらない非公開求人の情報を持っていることが最大の利点といえるでしょう。

経験と実力で自分の能力を最大限引き出せる転職を実現してくれます。

転職に悩んだらまずは転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントの能力を最大限利用することが転職を成功させる秘訣といえます。

まとめ

会社

広報の仕事は華やかな部分だけでなく、会社を代表して社外に情報発信したり交渉したりする責任とやりがいのある仕事です。

必要なスキルを身に付け、これまでの経験を活かしてプロフェッショナルな広報を目指しましょう。

自分が目指す広報部門のある会社に転職するためには、転職エージェントに相談することも1つの方法といえます。

自分の能力を活かしてより高いレベルで働ける環境を求めて、転職エージェントの経験と実力を上手に活用してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら