夫の転勤や子育てにあわせて退職した主婦が、再就職を目指すことは珍しくありません。

今回は、そんな主婦の再就職に関わる転職タイミングや注意点についてお話します。

また、主婦の転職に必要な手続きについても解説していきます。

主婦が転職するタイミングを解説

悩む主婦

主婦の仕事はどうしても夫の転勤や子育てといった家庭の事情に左右されてしまいます。

そういった事情で仕事を退職した主婦が、再就職を目指すのはどんなタイミングなのでしょうか。

子育てが落ち着いてきた、家計や学費の足しに収入が欲しいといったタイミングが多いようです。

また、現在の会社での働き方が生活スタイルに合わない場合も、転職を目指すタイミングです。

家事と育児、そして仕事を両立するための再就職の選択肢は主に正社員とパートにわかれます。

パートは時短勤務が可能ですが収入面に不安があるでしょう。

再就職を目指すなら、安定した収入がある正社員雇用を目指すことをおすすめします。

主婦が転職前に考えるべきこと

チェック項目を指さす女性

現在働いている会社を退職して転職を目指す主婦にはいくつか考えるべきことがあります。

主に考えるべき3つの点について解説します。

タイミング

大事なのは退職を伝えるタイミングです。

社会保険に加入しているのなら、月初よりも月末に退職するようにしましょう。

健康保険証などが使えなくなるので、タイミングが悪いと莫大な医療費がかかる可能性があります。

また、転勤時期が決まっているのなら、引っ越し作業の時間を確保できるように退職を考えます。

職場の繁忙期にいきなり退職すると伝えても、受け入れられないケースがあるので注意が必要です。

退職時期を明確に設定し、遅くてもその1か月前までには伝えるようにしましょう。

どんな仕事でも業務の引き継ぎ作業が発生します。

ぎりぎりに伝えてしまうと引き継ぎ作業が間に合わず、周りに迷惑がかかります。

辞める時の伝え方

退職を伝える時も、不満や愚痴を伝えないように気を付けましょう。

伝えるのはあくまで前向きな理由や、退職せざるを得ない事情のみです。

また、上司に伝える際も朝一番の忙しい時間帯は避けるようにします。

間違っても周囲の人に聞こえるような場所で、雑な伝え方をしないようにしましょう。

伝え方ひとつで円満な退職ができるかどうかが決まります。

有給休暇

勤務年数が長ければ有給休暇が残っている可能性があります。

この有給休暇を消化してから退職したいと考えるケースが多く見受けられます。

退職時期と職場の状況をあわせてどのくらい消化できるかを上司と相談して調整しましょう。

職場が忙しいのに無理やり有給消化をするような方法は取らないように注意してください。

業務の引き継ぎ作業に支障がない程度に調整するのが理想的です。

また、買い上げ制度があるのならそちらを利用するのかも考えておきましょう。

 

ワンポイント
主婦が転職する前には、退職を伝えるタイミングと伝え方、有給休暇について考えましょう。

主婦が仕事を辞めるとき

書類を見る女性

主婦が現在働いている職場をどうしても退職しなければならないのはどんな時なのでしょうか。

その要因と、辞めるかどうか迷った時の解決策を紹介します。

また、退職を決めた場合、その伝え方についてもお話します。

主婦が退職を考える要因

主な要因として、夫の転勤などの家庭の事情や、生活スタイルに合わない働き方が挙げられます。

特に働き方については、子育て中のママさんに多い理由となります。

子供の急病に対応できない、融通が利かない働き方を強要されるのも要因となるでしょう。

毎日何時間も残業を強要される場合も、家事や育児に影響が出てしまいます。

様々な融通が利く職場を求めて退職を決意する主婦は少なくありません。

それ以外にも、職場での人間関係も要因の一つとして挙げられます。

人間関係が良くないと、子育てで急遽欠勤をした際のフォローなどもして貰えません。

同じように子育て中で事情を汲み取れる人が居ない職場でそういったことが起きやすいようです。

迷ったときはどうするべきか

相談しあう女性

働き方に不満があっても、退職するかどうかを迷ってしまう主婦の方もいらっしゃるでしょう。

迷う原因として大きいのが、退職しても次の転職先が見つかるかどうか、という心配です。

そういった心配を抱えて退職を決意できない場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントなら、現在の生活スタイルにマッチングする条件の求人情報を提示してくれます。

それまでの経験やスキルを求めている企業を探してくれるので、内定を貰える可能性が上がります。

応募書類の添削や、面接対策も行ってくれる万全のサポート体制が整っているので安心です。

子育てや家事で忙しくて転職活動をする時間がないママさんにはおすすめの方法です。

退職時の伝え方

転職先が見つかったり、家庭の事情で退職をする時の伝え方にはポイントがあります。

それは、どんな状況でも前向きな退職理由を伝えることです。

愚痴や不満をすべて伝えて退職しても、残る人たちにいやな思いをさせるだけです。

また、上司には出来る限り早めに退職を伝えるようにしましょう。

上司に早めに話を通しておくことで、有給消化や退職時期の相談ができます。

周囲に退職を伝えるタイミングについても、上司と相談して決めておくといいでしょう。

主婦が転職するメリット・デメリットは?

メリットとデメリットの文字

主婦が転職することで生まれるメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

正社員とパートごとに紹介します。

主婦が転職するメリット

主婦が正社員に転職することで生まれるメリットとしては

  • 収入が安定しており、家計が助かる
  • 正社員で共働きをすることで、子供の養育費が稼げる
  • 子持ちのママでもキャリアアップを目指せる
  • 社会保険が完備されている
  • ローン審査などの社会的信用度が上がる

といった点があります。主に金銭面でのメリットが大きいのが正社員の特徴です。

パートの場合はどうでしょうか。

パートで働く主婦が得られるメリットとしては、以下の通りです。

  • 求人数が多く、働く場所を選びやすい
  • ブランクが長かったり、特別な経験やスキルがなくても仕事ができる
  • シフト制で時間や曜日に融通がききやすい
  • 急な欠勤でも責任が発生しにくい
  • 扶養範囲内での勤務が可能

このように、パートのメリットは生活スタイルに合った時間で働けることが大きいでしょう。

主婦が転職するデメリット

では、逆に転職することで生まれるデメリットにはどんなものがあるかご存知でしょうか。

まずは正社員のデメリットからご紹介します。

  • 時間の融通がきかない
  • 会社によっては転勤が発生する
  • 業務によっては残業や休日出勤が発生する
  • 責任のある仕事が多く、休暇がとりにくい
  • 成果を出せなければ降格や解雇の可能性がある

金銭面のメリットが大きい分、担う仕事の責任も大きくなるのが正社員です。

時間の融通がきかないことに加え、子育てや家事で早退・欠勤が多くなれば降格も免れません。

パートで働く場合のデメリットもあわせて紹介します。

  • 時給や日給なので手取りが少ない
  • 欠勤や早退をした分、給料が少なくなる
  • 賞与や昇進がないことが多く、年収が少ない

やはりパートで働くデメリットは金銭面に多いようです。

しかし、フルタイム勤務をすると扶養から外れてしまい、所得税や社会保険料が天引きされます。

そうなると、扶養範囲内での勤務をしていた時よりも手取りが少なくなることもあるのです。

デメリットがあるとはいえ、正社員に転職した方が生活が安定することがわかります。

 

ワンポイント
主婦が転職するメリット・デメリットには様々なものがありますが、転職をするなら正社員がおすすめです。

子供の年齢別主婦の転職タイミング

子供を抱える3人の女性

子育てをするママさんが転職をするのはどういったタイミングが良いのでしょうか。

ここでは、子供の年代別にそのタイミングを解説します。

幼児期前半(0〜3歳)

赤ん坊のおしめを変える女性

この時期は育休から復帰した職場で、休暇前の働き方とのギャップに戸惑うことが多くなります。

時短勤務になることで、それほど重要な仕事を任せてもらえないケースもあるようです。

子供の免疫力が低く、病気にかかりやすい時期なので早退や欠勤が増えることもあるでしょう。

この時期の子育てがママさんにとっては一番時間をとられて大変なのです。

育児と家事、そして仕事で疲弊してしまって転職を考えることが多い時期でもあります。

家庭と仕事のバランスををうまく保てる仕事を探すことが出来るタイミングです。

退職をしてブランクがある場合は、子育てを重視した働き方の希望条件が見つけられます。

希望条件を元に転職活動をしていくことで、自分が疲れにくい環境を作ることができるでしょう。

ただし、小さい子供を育てながらの転職活動は困難を極めます。

そんな時は転職をあきらめず、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

働きながら子育てをしたいママさんの希望に合う求人を転職エージェントが紹介してくれます。

子育ての隙間時間に面談をしたり、応募書類の添削をしてくれたりとサポートも充実しています。

保育園・幼稚園

遊具で遊ぶ子供と女性

この時期は子供を保育園や幼稚園に預けておくことができるので、少し余裕が生まれます。

現在の職場の待遇や働き方が希望に沿わない場合は転職活動をするチャンスともいえます。

保育園や幼稚園に通っている子供の将来的なことも考えなければなりません。

具体的にいうと、子供の小学校以降の学費やママさん自身の将来についてです。

また、「小1の壁」と呼ばれる小学校に上がったタイミングで起こる問題もあるのです。

保育園には、仕事の都合に合わせて利用時間を調整できる延長保育制度があります。

しかし、小学校に上がると子供を預けるのは学童保育になります。

学童保育には延長制度がなく、仕事の都合に合わせて長時間預けることができません。

主婦が働き方を変えなければならず、退職や転職を迫られること「小1の壁」といいます。

この「小1の壁」を見越した働き方ができていなければできる仕事を探して転職活動をしましょう。

小学生

ランドセルと机

小学校に上がった子供とは出来る限り一緒にいる時間を作りたいものです。

しかし、正社員に与えられる時短勤務の権利は小学校に上がった時点でなくなってしまいます。

その結果、仕事の負担ばかりが増えて子育てがないがしろになってしまう可能性が高くなります。

フレックスタイム制がある企業や、子育てへの支援がある企業を探すタイミングといえるでしょう。

幼児期、保育園や幼稚園に通う年代よりも転職活動をする余裕がある時期です。

しかし、希望条件に合う求人が見つかりにくい時期でもあります。

そんな時も役立つのが転職エージェントの存在です。

転職エージェントの強みは、求人サイトでは見つからない非公開求人の情報も持っていることです。

希望条件に合う求人が見つからなくて悩んでいる場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

子育て中の主婦が転職で気を付けるべきこと

子供を抱く女性、頭を抱える女性

現在子育てをしながら転職活動をしている主婦には、何点か気を付けるべきことがあります。

  • 2人目、3人目を考えている場合は応募企業に産休制度があるかどうかを確認する
  • 子育てに理解のある社員の存在、もしくは制度や風習があるかをチェックする
  • 勤務地が遠い場合は、子育てをサポートしてくれるサービスが利用できるか調べておく
  • 子育てに関する希望だけではなく、自分がやりたいこともはっきりとさせておく

子育てをしながら働く場合、子育てに理解のある会社でなければ続けることが難しくなります。

まずは希望条件に合う会社にそういった理解や制度があるのかをしっかり確認しましょう。

焦って転職してしまうと、聞いていた条件と違うことに後から気づいて後悔する可能性があります。

また、自分のやりたいことを見失ってしまうと、企業に働きたいという熱意が伝わりません。

あくまでも、その企業で働きたい自分なりの理由や目的をもって転職活動をするようにしましょう。

 

ワンポイント
子育て中の主婦が転職をする際は、子育てをサポートする制度がある企業か確かめましょう。

主婦が転職してよかったことや転職を後悔したことをチェック

〇と×を見比べる女性

主婦が正社員に転職をして良かったことや後悔したことにはどんなことがあるのでしょうか。

転職してよかったこと

正社員に転職をしてよかったこととしては、以下の点が挙げられます。

  • 自分のやりたい仕事をしながら子育てが出来る
  • 収入が安定するので生活や子供の将来の心配が少ない
  • キャリアアップが出来る
  • 福利厚生がしっかりしているので社会保険に関する心配がない

やはり金銭面や生活面での安定が得られるのが大きいようです。

また、キャリアアップが可能なので仕事に対するモチベーションが上がることも良い点です。

転職して後悔したこと

反対に、転職をしなければよかったと後悔したことを紹介します。

  • 「子育てしながら働ける」という話を信じて調べずに転職したら残業や休日出勤が多い
  • 時短勤務だからといって成果が評価されない
  • 時間の融通が利かず、子供との時間が作れない
  • 希望条件には合っているが、仕事内容が自分に合わない

正社員の特徴である時間の融通に関する後悔が多いようです。

また、子育てを主軸にした希望条件に合わせすぎるのは危険です。

やりたいことや出来ることとのミスマッチが生まれるケースがあります。

主婦の転職時に必要な手続きは

雇用保険の書類とペン

主婦が転職をする際に必要な手続きとして、まずやっておきたいのが雇用保険受給の申請です。

退職後に働く企業が決まっていないのなら雇用保険の受給手続きをしましょう。

専業主婦は雇用保険の受給資格はありません。

しかし、転職活動をしている主婦には受給資格があります。

退職後にすぐ転職先に勤務する際は、住民税の天引きを転職先の人事担当者に依頼しましょう。

退職をしたタイミングで住民税は普通徴収に切り替わります。

そうなると手間が増えてしまうので注意しましょう。

年金に関しても、手続きが必要なケースがあります。

転職先が決まっていない場合は配偶者の扶養に入るか、国民年金への切り替えが必要になります。

健康保険も年金と同じように転職先が決まっていない場合は手続きが必要です。

これまでの健康保険を任意継続するか、配偶者の扶養に入るか、国民健康保険に切り替えるかです。

この手続きを怠ると、二重請求が来ることもあるので気を付けましょう。

 

ワンポイント
主婦の転職時には、雇用保険の受給手続きや住民税、年金、健康保険の手続きが必要となります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツの女性、赤ん坊

子育てをする主婦の転職活動には困難がつきものです。

転職活動がうまくいかない時は、転職エージェントの力を借りましょう。

転職エージェントに相談すれば、希望条件に沿う非公開求人を紹介してくれることもあります。

応募書類の作成や面接での対策についてもアドバイスを貰えます。

子育てに奮闘しながら転職を目指すママさんにとって心強い存在です。

まとめ

子供を抱く二人の女性、公園

ここまで、子育て中の主婦の転職について様々な情報を紹介してきました。

希望条件に合う職場を探す場合も、再就職を目指す場合も、諦める必要はありません。

子育て中の主婦でも転職は可能です。

転職エージェントを利用しながら、子供の成長に合わせたタイミングで転職活動をしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら