ストレス社会といわれる現代では仕事をする上で強いストレスを抱える人が増えています。

そんな労働者の心の健康管理を目的としたのが「メンタルヘルスマネジメント」です。

メンタルヘルスマネジメント資格は自分や部下の心の状態を正しく理解するための資格になります。

しかし、その資格の活かし方がわからないという人もいることでしょう。

そこで資格を活かせる仕事や向いている人、また検定の内容についても解説します。

Contents

メンタルヘルスマネジメント資格を仕事に活かす方法

胸に手をあてる女性
従業員の感じる強い不安や心の不調はその能力を妨げるばかりか離職にもつながる問題です。

そのため心の不調を未然に防ぐための取り組みや「心」のケアが企業でも注目を集めています。

それではメンタルヘルスマネジメント資格を活かすにはどうすればよいのでしょうか?

まず資格取得者は自身をはじめ部下の心の状態を明確に把握できるメリットがあります。

またメンタルの問題から起こるトラブルを未然に防ぐ、または軽減するための知識を得られるでしょう。

つまり普段の仕事や特に管理職でメンタルヘルスの資格も十分に活かせるのです。

メンタルヘルスの資格は転職に必要か

メンタルヘルスマネジメント資格は転職に影響するのでしょうか?

資格が転職に必要かどうかを下記でご説明しましょう。

企業で注目されている分野

頭を抱える女性
仕事をする上で感じる不安やストレスが強いと働き手「本来の力」が発揮できなくなります。

さらに悪化した場合深刻な“心の病”である「うつ病」を患うこともあるのです。

そうなれば労働者の能率が著しく低下するばかりか退職、更に最悪のケースになることも…。

そこで外見上ではわからない心の病に対して正しい理解と対処法が企業でも求められています。

民間資格は挑戦しやすい

たくさんの時計

メンタルヘルスの資格はいわゆる‟心理系”と呼ばれる資格になります。

「心理カウンセラー」や「メンタルケア心理士」などが代表的でしょう。

専門性の強い心理系資格の取得には本来、大学や大学院で技術と知識を学ぶ必要があります。

そのため資格を取得するまでに膨大な時間がかかるでのです。

しかし、メンタルヘルスの資格取得には国家資格と民間資格の2つの方法があります。

比較的短期間で取得できる「民間資格」は時間に限りがある社会人にとって挑戦しやすい資格です。

ただし民間資格には数えきれないほど多くの資格が存在しています。

十分な知識を得られないばかりか資格商法と呼ばれる悪徳ビジネスもあるため注意が必要です。

 

ワンポイント
企業も注目する人気資格、短期間で取得するなら「民間資格」がベスト!

代表的なメンタルヘルス資格

星の数ほどあるメンタルヘルスの資格は選び方にも注意が必要です。

そこでメンタルヘルス資格で最も代表的な2つの資格をご紹介しましょう。

メンタルヘルスマネジメント検定試験

厚生労働省

「メンタルヘルスマネジメント検定試験」は大阪商工会議所による民間検定試験です。

心理系民間資格のなかでも知名度が高く‟代表的”といえる存在でしょう。

厚生労働省の策定を基にした3つのコースで構成され法令改正にも対応した内容となっています。

職位や職種で分けられた各コースは以下の通りです。

  • Ⅲ種(セルフケアコース)一般社員向けの初歩レベル
  • Ⅱ種(ラインケアコース)管理職レベル向け
  • Ⅰ種(マスターコース)人事や経営幹部レベル

セルフケアコースでは自己啓発や基本的な知識と軽減方法などを学びます。

またラインケアコースから部下など他者とのかかわり方も学ぶ内容です。

さらにマスターコースになると専門機関との連携による計画的なケアの実施もできるようになります。

ケアストレスカウンセラー認定試験

内閣府

「ケアストレスカウンセラー認定試験」は内閣府認可の職業技能振興会による民間検定試験です。

受験資格の内容は基本となる「ケアストレスカウンセラー」。

さらに専門性を追求した「青少年」や「高齢者」、「企業中間管理職」に分かれています。

それぞれの専門分野を受験するには基本となるケアストレスカウンセラー資格が必要です。

メンタルヘルスマネジメント検定

メンタルヘルスマネジメント検定に合格するにはどうすればよいのでしょうか?

試験の情報や合格する方法、資格の将来性などを見ていきましょう。

将来性を知ろう

オフィス

メンタルヘルスマネジメント検定についてその将来性から説明します。

まずメンタルヘルスマネジメント検定はカウンセラー(相談員)になるための資格ではありません。

‟心の健康管理”を行うことで不調を未然に防止し、活気ある職場環境づくりを目指す主旨のものです。

さまざまなデータから社員のモチベーションが業務成果や退職率に影響することがわかっています。

またストレス社会の現代では精神障害による労災認定件数も年々増加しているのです。

そのため心の健康管理は以前から日本企業にとって大きな「経営課題」となっていました。

少子高齢化が進み人的資源が限られてきたからこそ更に重要視されるようになった分野といえます。

今や企業が組織的に取り組む最重要課題が「メンタルヘルスマネジメント」なのです。

合格するには

合格ハチマキ

メンタルヘルスマネジメント検定はセルフケアから職場環境全体の改善も視野に入れた検定です。

Ⅲ種のセルフケアコースとⅡ種のラインケアコースは共に選択問題形式で出題。

2時間の試験時間内に100点中70点以上の合格ラインを目指します。

またⅠ種のマスターコースでは選択問題(100点)に加えて論述問題(50点)も出題されるでしょう。

マスターコースの合格基準は論述問題が25点以上でトータル105点以上で合格になります。

基本的には書店で購入可能な「公式過去問集」や通信講座などで勉強することになるでしょう。

なお試験内容は厚生労働省の策定を基にしているため「法令改正」には注意して勉強してください。

試験情報

試験会場

メンタルヘルスマネジメント検定に受験資格は無いため誰でも受けることができます。

公式試験は3月と11月の年2回、Ⅰ種のマスターコースのみ11月だけの開催です。

セルフケアとラインケア、またラインケアとマスターというように同時受験することができます。

また受験者が10人以上であればⅡ種とⅢ種のみ団体での特別試験を実施してもらうことも可能です。

 

ワンポイント
将来性は◎で誰でも受験できるが「法令改正」だけには要注意!

メンタルヘルスマネジメントの仕事とは

オフィスにいる女性

メンタルヘルスマネジメント検定はⅡ種の受験者数だけでも10,343人です。(2020年度公式試験)

この受験者数でけでも注目度や将来性の高さが伺えます。

ではメンタルヘルスマネジメント資格を取得した人はその後どんな仕事をしているのでしょうか?

上記でも紹介したようにまずメンタルヘルスケアの種類は大きく分けると3つあります。

自分自身で行う「セルフケア」と上司と部下間で行う「ラインケア」、組織で行う「マスターケア」です。

これらはメンタルヘルスマネジメントの仕事にも関りがあります。

すなわちセルフケアで予防し未然に防ぐこと、ラインケアでは早期発見と対処を。

またマスターケアは治療や職場復帰の手助けに加え再発防止に務めます。

メンタルヘルスマネジメントの仕事に向いている人

メンタルヘルスマネジメントにもやはり「向き不向き」があります。

そこでメンタルヘルスマネジメントに向いている人の特徴をそれぞれご紹介しましょう。

セルフケアに向いている人

ヘルプ

「セルフケア」では早期発見につながる迅速なストレスの状況判断が不可欠です。

そのため普段から些細なシグナルにも敏感な、いわゆる‟繊細な人”が向いているでしょう。

ただし繊細であっても1人で我慢してしまう人は不向きです。

日本社会では何でも自己責任や精神論で片付けるところがあります。

しかし、職種や仕事環境によっては1人で対処できないこともあるのです。

自分ができることをしっかりと自覚して必要な時には周囲に助けを求められる人が向いています。

ラインケアに向いている人

規約、意味

「ラインケア」では習得した知識を他人にも活用することが求められます。

つまり普段から自分だけでなく周囲にも目を向けられる‟気配りができる人”が向いています。

また的確に対処するためにも高いヒューマンスキルや状況判断力が必要です。

組織の仕組みや規定について詳しい人なら、その社員が置かれている状況把握もしやすいでしょう。

マスターケアに向いている人

アップデート

「マスターケア」ではラインケア以上の役割が求められます。

社内の規定をアップデートし組織の中心となってメンタルヘルスを推進するのです。

まずは基本となる知識がなければ会社の規定をアップデートできません。

そのため基準となる労働法や法令に詳しい人がマスターケアに向いています。

また推進企画の一環として外部の専門機関と連携することもあるでしょう。

つまり経営者としての目線と社員の幸せや満足度にも配慮できる人が適任です。

 

ワンポイント
メンタルヘルスマネジメントでは自分の「できること」と「できないこと」を知ることが重要。

メンタルヘルスマネジメントの仕事の利点

メンタルヘルスマネジメントによって得られるメリットとは?

仕事をする上でのさまざまな「利点」をご紹介しましょう。

人の感情について知ることができる点

ハートマークを作る手

メンタルヘルスマネジメントの利点の1つが「人の感情」を知ることができる点でしょう。

職場の人間関係の悩みはストレスの原因であると共に離職率のトップでもあります。

つまり上司や同僚など職場内の人の感情を誤解することが原因といえるのです。

メンタルヘルスマネジメントで学んだ知識や対処法は普段の仕事でも活かすことができます。

法令知識を身に付けられる点

法律と本

会社内のトラブルや離職理由の上位にあるのが法令に関わる問題です。

たとえば時間外労働や給与などの待遇面や仕事上の安全に関わるものになります。

これらは「労働基準法」や「労働者災害補償保険法」などそれぞれ国が定める基準があるのです。

ブラック企業など就労に関するトラブルが絶えない昨今。

この基準となる法令知識を身に付けられるのは転職でも大きなメリットになります。

ヒューマンスキルを身に付けられる点

スキル

メンタルヘルスマネジメントを学ぶことで対人スキルが上達し職場での円滑な人間関係が構築できます。

これは別名「ヒューマンスキル」とも呼ばれ幅広い領域で求められる普遍的なスキルです。

ヒューマンスキルには主に以下のようなものがあります。

  • ネゴシエーション(交渉力)
  • ヒアリング(聞く力)
  • リーダーシップ(指導・統率力)
  • プレゼンテーション(表現力)
  • コーチング(問題解決の気付き)
  • コミュニケーション(伝達能力)
  • ファシリテーション(進行力)

このようにビジネスパーソンに必要とされるスキルが身につけられるのは大きな利点です。

 

ワンポイント
「心理」「法令知識」「ヒューマンスキル」で最強のビジネスパーソンに!

検定試験のその後のキャリア

キャリアアップ,成長,積み木

メンタルヘルスマネジメント検定試験に挑む人の多くが「キャリアアップ」を目指しています。

それは公式試験でⅡ種(ラインケアコース)の受験者数が最も多いことからも明確です。

そのため検定試験後は現職での管理職や人事部などへキャリアアップする人が多いでしょう。

また法的知識やヒューマンスキルを身につけたい事務職にも人気があります。

メンタルヘルスマネジメントで身につくスキルはどの分野にも通用するのが魅力です。

実際に面接時にヒューマンスキルの高い人や管理職の経験を重視する企業は多数あります。

このことから転職によるキャリアアップで選択肢を広げるのも資格は有利に働くでしょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

相談する女性

せっかく資格を取得したのですからそれを活かし評価される仕事に就きたいことでしょう。

自分の力を最大限に発揮するにはそれに見合ったフィールドが必要です。

メンタルヘルスマネジメントで習得したスキルはさまざまな職種や業種で求められています。

あなたが望むなら転職エージェントが最適なフィールド探しを全力でサポートしましょう。

まとめ

ビルの前の女性

「メンタルヘルスマネジメント」は今後も企業ニーズが高まります。

現代のストレス社会を上手に生き抜く上で必要な‟必須スキル”だからです。

あなたの知識や経験は自身の望むキャリアパスだけでなく多くの人の助けになることでしょう。

希望する企業であなたが活躍できる日を心から応援しています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら