出産や子育てなど私生活の変化による影響を最も受けやすいのが女性のキャリアでしょう。

転職したい女性にとって「生活と仕事の調和(ワークライフバランス)」はとても重要です。

2018年には「働き方改革」を推進する法律整備が公布されたことで今や企業課題でもあります。

そんな「ワークライフバランス」を志望動機に入れても大丈夫なのでしょうか?

面接官に好印象を与える伝え方や重視している企業の探し方もご紹介します。

Contents

志望動機にワークライフバランスを入れるべき?

企業も取り組む「ワークライフバランス」ですが果たして志望動機に取り入れても良いのでしょうか?

さまざまな企業から見たワークライフバランスについての意見を見てみましょう。

仕事をする上で必要だという意見

まるを出す女性

このワークライフバランスは女性や男性に限ったことではありません。

日本では「改革」が必要になるほどワークライフバランスが極端に偏った状態の人が多いのです。

だからこそワークライフバランスは仕事をする上で‟必要”だという意見があります。

これは双方のバランスを保つことでやりがいを感じ生産性も向上するという定義によるものです。

また近年、企業導入が進む雇用形態に「ジョブ型雇用」があります。

ある特定の仕事に特化したエキスパートの育成やキャリア形成を目的とした考えです。

このジョブ型では勤続年数や勤務時間よりも「成果」そのものを重視します。

企業の評価基準が変化してきたこともワークライフバランスを求める動きに影響しています。

仕事のやる気がないと見なす意見

指を指すビジネスマン

女性は出産を機に退職する割合が最も高くおよそ5割近くに及びます。

その一方で一度離職するとなかなか元の仕事には復職できない。

また時間的な制約が増えることから女性はパートや派遣などの労働形態を選ぶようになります。

特に小さなこどもがいる場合、こどもの急病で保育園から呼び出されることもあるでしょう。

女性がワークライフバランスを保つにはこの「時間」と「アクシデント」が問題になるのです。

公私混同を嫌う企業ではこのようなワークライフバランスのスタイルは敬遠されます。

フルタイムで働けず仕事に穴を開ける人は仕事のやる気がない人だと見なされるのです。

扱いは難しい

比較,悩む,条件,人形

このように政府が推進する「ワークライフバランス」も企業によって意見が異なります。

ワークライフバランスに関する法律も整備されてきましたがその扱いは難しいテーマです。

しかし、面接時に子供の有無や結婚の時期を確認する企業も増えています。

仕事と生活のバランスを上手にコントロールできることをアピールすれば企業も好印象をもつでしょう。

 

ワンポイント
ワークライフバランスの企業意見は分かれるため伝え方に要注意!

志望動機にワークライフバランスを入れる方法

二つの紙の船

もし志望動機として取り入れるならマイナス評価にならないように注意する必要があるでしょう。

ワークライフバランス推進が公布されましたが企業によってその取り組みや考えは異なるからです。

積極的に取り組みを行い女性従業員数が多い企業ならそれなりに理解力は高いでしょう。

しかし、志望動機がワークライフバランスだけでは企業や仕事への熱意が感じられません。

上記でも紹介したように「働きたくない=やる気がない人」と受け取れるからです。

面接官が「なぜ自社を選んだのか?」と聞くのはあなたの志望度を量るために他なりません。

志望動機にワークライフバランスを入れるなら「働きたい」という熱意を明確に伝えることです。

志望動機でワークライフバランスを伝える例文

白紙のノートとペン

私が御社を志望した理由はセミナーの開催や研修など積極的に学べる環境を整えているためです。

ライフワークバランスを重視した環境は働きながらスキルアップを図れると考えました。

またライフスタイルの変化もコントロールしやすいため、仕事の経験と知識を着実に積めるのも魅力です。

もし採用されましたら○○や○○などマネジメントの資格も取得しようと考えています。

向上心を忘れずに学び続けることでゆくゆくは御社を引っ張っていく人材を目指したいと思います。

志望動機でワークライフバランスを伝えるコツ

ワークライフバランスを志望動機にするなら適切な伝え方があります。

あなたの熱意が伝わる適切な伝え方のコツをご紹介しましょう。

ワークバランスが整っていることを主張

解決

ワークライフバランスは企業にとっても扱いが難しいテーマといえます。

このワークライフバランスを重視する人は企業への「貢献度が低く扱いづらい」と感じるからです。

つまり、企業が感じるそれらの不安を取り除けば好印象のアピールにもなります。

自分のワークライフバランスは整っているから仕事のモチベーションも維持できると主張しましょう。

子育て中の人なら「こどもの急病時には家族の○○が対処する」など具体的に示します。

企業の不安も解消するとともに、志望度と問題解決力の高さをアピールできるでしょう。

企業に貢献する意思を主張

面接

ワークライフバランスに配慮する人はプライベート重視だと勘違いされやすい傾向があります。

つまりプライベート重視だから「仕事を軽視」していると思われやすいのです。

確かに家族や友達との予定や思わぬアクシデントで残業ができない人もいるでしょう。

しかし、職場に迷惑をかけるのはそもそもワークライフバランスが崩れているからなのです。

出産や育児、介護などによって女性の生活とキャリアは大きく変化していきます。

どのようなライフステージの変化も自分はコントロールできることをアピールしましょう。

私生活の態勢も万全だからこそ安定した「企業貢献」ができることを主張するのです。

NGワードは言わない

うっかりしてた女性

もともと志望動機には言わない方がいい「NGワード」が存在します。

ワークライフバランスという扱いが難しいテーマはNGワードにも一層注意するべきです。

主なNGワードを以下にまとめてみましょう。

  • 給料や待遇が良いから
  • プライベートを優先したい
  • 残業や休出をしたくない
  • 将来性が高いから
  • 教えてなどの受け身発言

 

ワンポイント
仕事と私生活のバランスが取れていることで「企業が得られるメリット」を強調する。

内定につながる志望動機とは

希望する企業から内定をもらいたい!

しかし、どんな志望動機なら内定につながるのでしょうか?

以下で詳しく解説していきましょう。

業界・企業の課題を提案する

指と青空

内定につながる志望動機に業界や企業の「課題提案」があります。

この課題提案は企業や業界への高い関心と深い知識がなければできません。

つまりワークライフバランスに重きを置く応募者でも仕事への意欲が高いと評価されるのです。

やる気と向上心があれば企業は未経験者でも積極採用する傾向が高いことを覚えておきましょう。

企業研究はしっかりと

笑顔の女性

プライベートを優先する人は「すぐに辞めてしまうのでは?」と面接官は不安です。

そのためワークライフバランスを志望動機にするなら何よりも「志望度」をアピールします。

また採用担当者は応募者の志望度とともに「自社との相性」も見ています。

志望度と相性のアピールには希望する会社についてしっかりと企業研究することです。

会社が掲げるビジョンや理念など、企業の目指す方向性を明確に把握しましょう。

たとえ応募者がワークライフバランスを重視しても志望度が高い人の方が好印象です。

さらに自社の目指すものを理解し方向性がマッチしている人なら企業にとって申し分がありません。

志望動機と退職理由はつながっている

面接

面接時の質問で志望動機と並んで多いものに「退職理由」があります。

一見、特につながりもなさそうに思える質問ですが面接官にとって重要な意味を持つ質問なのです。

それは志望度の高い人ほど志望動機と退職理由がつながっているというもの。

なぜ前職を離職したのかで面接官はその応募者の軸となる考えや人柄までがわかるのです。

もし双方のつながりが薄かったり不自然に感じたら、あなたの話す志望動機の信憑性がなくなります。

 

ワンポイント
入念に企業研究して「企業が求めること」をはっきりと把握しよう。

好印象な志望動機の考え方

考える女性

では面接官にとって好印象な志望動機の考え方とは一体何でしょうか?

たとえば最も多い退職理由に「人間関係の悩み」があります。

営業職なら上司のプレッシャーや同僚と実績を競い合う関係に疲れることもあるでしょう。

退職まで追い込まれた「原因」は誰しもネガティブなイメージがあります。

しかし深く掘り下げれば「協力して目標を達成したい」というあなたの願いがあるのです。

このようにネガティブもポジティブに変換する考え方が好印象につながります。

ワークライフバランスの取りやすい企業の特徴

2018年に法整備されたことで「ワークライフバランス」に取り組む企業も増えました。

しかし、ワークライフバランスに関する企業の考えは二極化しています。

果たしてワークライフバランスの取りやすい企業とはどんな企業でしょうか?

双方を見分ける特徴を下記でまとめてみましょう。

社内制度や福利厚生をチェック

働き方改革

ワークライフバランスに重きを置く企業は社内の「グローバル化」に成功しているといえます。

グローバルには多国籍なイメージがありますが社会的な垣根を越えた統合の意味もあるのです。

このグローバル化に成功した企業は多様化したライフスタイルに対応できる職場環境を整えています。

つまり社内制度や福利厚生が充実しているかをチェックすることで見分けることが可能です。

厚生労働省の認定企業か

手の上の星

国を挙げて推進するワークライフバランスは企業によって取り組みが異なります。

しかし、推進法の一定の要件を満たす優良企業は厚生労働省から「認定企業」として認められます。

認定企業になるには育児休業取得率や有給取得日数の平均が70%以上。

また月の平均所定外労働時間(残業時間)が20時間未満で60時間オーバー0人などの条件があります。

つまり厚生労働省の認定企業であればワークライフバランスが取りやすい企業なのです。

認定企業かどうかは転職活動で企業を選ぶ際のよい目安になるでしょう。

なお複数の認定システムがあり、その内容や基準が多少異なることに注意してください。

 

ワンポイント
見分け方のポイントは「社内制度」「福利厚生」「認定企業」の3つ。

ワークライフバランスで転職する際に気をつけること

最後にワークライフバランスで転職する人へ気をつけて欲しいポイントをご紹介します。

転職理由や志望動機で誤解されないように

疑問符

ワークライフバランスで転職する際には転職理由や志望動機を誤解されないように要注意です。

たとえば面接時に待遇面の話ばかりでは「待遇がよければどこでもいい」と聞こえます。

転職理由で前職の待遇に関する不満を話しても同様の反応を面接官はするでしょう。

そのような応募者に対して面接官は「すぐに辞めるかもしれない」と考えるのです。

扱いの難しい「ワークライフバランス」は特に面接官の誤解を生まないように注意しましょう。

公表データを活用する

グラフ、統計データ

求人票や企業の採用ページには勤務時間が公表されていることがあります。

しかし、この「公表データ」はあくまで企業全体での‟平均値”です。

同じ組織内であっても年中忙しい部署や繁忙に差のある部署もあるでしょう。

また職種や業務の展開規模によっても勤務時間は左右されます。

入社後に「こんなはずでは…」と不満をつのらせるようではせっかくの転職も台無しです。

公表データと比較して希望部署の勤務時間はどうなのか面接時に確認してみましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

気になる企業を見つけたけど「認定企業」なのかがわからないこともあるでしょう。

ワークライフバランスに関する情報が求人票や企業HPに記載されてない場合もあるからです。

そんな時は転職の専門家である「転職エージェント」を活用するといいでしょう。

あなたの気になる企業に転職者をサポートした経験があるかもしれません。

その場合、通常では入手困難なリアルな口コミも入手できます。

転職に関わるさまざまな手続きや不安も転職エージェントなら解決してくれるでしょう。

まとめ

海辺でヨガをする人

ワークライフバランスのとれたライフスタイルはあらゆる女性の理想です。

働きやすい職場環境が整えられた会社ならライフステージの変化も上手にコントロールできます。

経験やスキルを継続して長い目で自分のキャリアを見つめることができるのです。

ワークライフバランスを重視した企業への転職はあなたの人生を豊かにしてくれるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら