転職を考えたとき現在の職場に「退職をどう切り出すか」は多くの女性を悩ませる問題です。

上司への声のかけ方や切り出すタイミング、退職理由に至るまで悩みの種は尽きません。

もし誤った伝え方をすれば退社日までの日々が‟針のむしろ”になることも!?

退職理由は人それぞれですが誰もが角が立たない方法で円満退職したいと望むことでしょう。

そこで退職を直属の上司に伝えるときの注意点について詳しく解説します。

退職を直属の上司に伝える時の注意点を解説

退職願

転職へのファーストステップといえるのが現職への「退職の意思表示」です。

退職の意思表示にはきちんとした伝え方やマナーがあります。

まず法的には遅くとも2週間前には退職の意思を伝えるよう定められています。

しかし、引継ぎ業務もあることから社会人のマナーとしては「1カ月前の申告」が一般的です。

また直属の上司に伝える時も場所やタイミングなどに配慮しなくてはいけません。

直属の上司に退職を切り出すときの具体的な注意点を下記で説明していきましょう。

退職の言い方:いつ誰に?

実際に退職を切り出すときの「言い方」やシチュエーションについて解説します。

声のかけ方

秘書

まずは退職を切り出す相手への「声のかけ方」です。

この時、退職の意思を伝えるときの気まずい雰囲気を嫌って手早く済ませようとしてはいけません。

「退職」の話はあなたはもちろん上司にとっても重要な話になります。

落ち着いて話せる機会をもらうためにも、まずは上司の都合を聞いた方が良いでしょう。

その際はできるだけ他の人が居合わせないタイミングを狙い周囲に悟られないようにます。

もし、直接伝える前に周囲から漏れるようなことになれば上司の心象を悪くしかねません。

声のかけ方も「お話があるので後ほどお時間を頂けますか?」と都合を確かめる程度に留めます。

業務時間外に人気のない場所で

会議室

事前に上司のアポを取ることで同僚の目を気にせずに落ち着いて「退職」を切り出すことができます。

上司によってはアポを取った時に「話の内容」を悟り場所やタイミングを配慮してくれることもあります。

ここで気をつけたいのが会社都合であなたの退社をしばらく伏せるという可能性です。

この時、あなたは基本的に上司の指示に従う必要があります。

そのため勝手に退職を公表したり、同僚に悟られるようなことがあってはいけません。

場所は大勢の人がいるオフィスを避けた人気のない場所がベストです。

また業務時間外なら仕事のことで“呼び出される”リスクも回避できるでしょう。

直属の上司に

お願いする女性

会議室など静かに話せる場所に異動したらいよいよ直属の上司に退職を切り出す瞬間です。

まずは突然のアポへの謝罪や忙しい中、対話の機会をくれたことにお礼を述べましょう。

その次に本題となる「退職の意思」を切り出すようにします。

この時、「○月で辞めます」と一方的な言い方にならないように気をつけてください。

会社に迷惑がかかることを自覚していないと思われ上司の反感をかってしまいます。

まずは「突然のことで申し訳ありませんが…」と本題前にクッション用語を挟みましょう。

また退職の切り出すとき「検討」や「考えている」など誤解を招きやすい言葉を避けます。

悩み相談と勘違いされたり、交渉の余地があると引き留められる原因になるからです。

上司に伝える時はあなたが‟退職を決意している”ことをはっきり伝えましょう。

 

ワンポイント
まずは上司にアポを取って二人だけの時に本題(退職)を切り出す。

直属の上司に切り出す

あなたが「退職の意思」を最初に伝えるのは直属の上司です。

この「直属」とは普段の業務であなたが報告や連絡をする相手を指します。

直属の上司に対してどのように退職を切り出すのか説明しましょう。

まずは退職願

退職願

組織内ではどんな情報もまずは直属の上司を通すのが通常の手順です。

このプロセスを無視して人事部などに直接退職を願い出るのはマナー違反になります。

またTVドラマのようにいきなり「退職届」を突きつけるのもいけません。

いくら退職を決意していてもまずは「退職願」であなたの退職意思を伝えましょう。

なお、近年では口頭で退職の意思を伝えれば「退職願」として扱われるケースがほとんどです。

そのため必ずしも書面で退職願を出す必要はありません。

余裕を持って転職先をみつける

手帳、カレンダー、スケジュール

転職活動中の人は上司に退職を切り出すタイミングが難しいと感じることでしょう。

実際に退職から新しい会社の入社まで、あまり間を開けたくないという人がほとんどです。

そのため「過密スケジュール」になりやすく精神的にも余裕がなくなる人がいます。

転職活動と退職を同時に進めたり入社日が確定してから退職を切り出すと時間的にも追われがちです。

退職するまで不慮の出来事や引継ぎが進まないなどのトラブルが起きないとはいえません。

円満退職を目指すならできるだけ余裕を持って転職先を見つるようにしましょう。

 

無料転職相談をして理想の会社で働こう

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


円満に退職するための伝え方

晴れ晴れとした気持ちで転職するためにも「円満退職」が一番です。

そこで円満に退職するための正しい伝え方をマスターしましょう。

やってみたいことがある

目標

「円満退職」の秘訣は何といってもポジティブな理由で退職することです。

たとえばずっと憧れてきた仕事に就くため本格的に資格取得に励みたい。

また長年温めてきた夢など「やってみたいこと」があるから退職すると伝えます。

将来の目標に向かって頑張る人は印象も良く、水を差すような人もあまりいません。

上司や同僚の人からも「頑張ってね」と背中を押してもらえるでしょう。

家庭の事情

車いす,親,介護

もし、上司に伝えにくい理由で辞めるなら「家庭の事情」で退職すると伝えても良いでしょう。

こどもの看病や親の介護など女性は家庭でも多くの役割を担うことがほとんどです。

そのため会社側としても納得しやすい退職理由になります。

また家庭に関わるプライベートな内容なので根掘り葉掘り聞かれる心配もありません。

ただし家が近所だったり退社後も同僚と付き合いがある場合は「事情の内容」に気をつけましょう。

すぐにウソだとわかるような“事情”では後々のフォローも大変になります。

 

ワンポイント
退職の理由はポジティブな内容を心がけ辻褄にも気をつけよう。

退職を切り出すときの態度

意外と盲点になってしまうのが退職を切り出すときの「態度」です。

退職理由を語るあなたの態度によって上司の受け取る印象も異なります。

円満退職に欠かせない「態度」について以下で解説しましょう。

落ち着いた態度

考える人と注意マーク

上司に退職を話すときは何よりも落ち着いた態度が一番です。

妙にソワソワしていたり落ち着きのない様子ではあなたの話を聞く上司も不安になります。

もしや退職をまだ迷っているのでは?と心配されるかもしれません。

あなたの退職意志に迷いがないことを伝えるためにも落ち着いた態度を心がけてください。

ポジティブに

笑顔の女性の口元

退職理由を話すときはポジティブな態度の方が相手にも受け入れられやすいでしょう。

問題は「やりたいこと」よりも「家庭の事情」で退社する場合です。

女性の退職理由でも特に多いのが「家庭の事情」になります。

しかし、この家庭の事情の中には看護や病気の家族の看病など重い内容も含まれるのです。

そのため退職理由を伝える時にどうしても暗いムードになってしまいます。

家庭の事情を理由として切り出す際はネガティブにならないように特に注意しましょう。

意思が伝わるように

女性,胸に手をあてる,笑顔,スーツ

退職の申告ではあなたの退職意志を上司にはっきりと伝える必要があります。

それには考え抜いたうえでの揺るぎない結果だという意思が伝わるように話しましょう。

上司に切り出すときになって、どう答えようか考えていては曖昧な対応になります。

事前に話す内容や予想される質問をある程度まとめておくと慌てることもありません。

またどの分野でも「人手不足」が叫ばれている昨今、引き止められることも十分あり得ます。

その場合にはどう答えるか、対処法も考えておいた方が良いでしょう。

 

無料転職相談をして希望する企業で働こう

 

伝えていいこと、伝えないほうがいいこと

○✕の札を持つ女性

なぜ退職しようと決めたのかその理由については上司から必ず質問されます。

退職理由を聞くのは、自己都合か会社都合なのかを手続き上必要になるからです。

また、理由次第では退職ではなく‟異動”で対処できないか判断するためでもあります。

退職理由には「伝えていいこと」と「伝えないほうがいいこと」があるので注意も必要です。

実際には職場の人間関係に疲れたり評価や待遇に不満があって退職を決意することが殆どでしょう。

しかし、正直に退職理由を伝えたために退職を切り出せないことや反感をかうことだってあるのです。

現職を「円満退職」するには禍根を残さずいかにキレイに去れるかがポイントになります。

伝えない方がいいこととは

お世話になった上司には本来なら正直な退職理由を告げたいところです。

しかし、「円満退職」することがあなたの望みだということを思い出してください。

たとえ真実とは異なることでも上司が受け入れやすい理由の方が退職もスムーズに進みます。

主な「伝えない方がいいこと」について以下にまとめてみましょう。

会社の不満と批判

ビルディング

円満退職を望むなら会社の不満や批判を上司に伝えてはいけません。

たとえ評価基準や待遇に関して不満があってもそれらは「伝えないほうがいいこと」です。

なぜなら会社への不満や批判は同僚や上司たちをも‟否定”しているように聞こえます。

仮に事実だとしても今までお世話になった会社に対しての悪口はあなたの評価を下げてしまうでしょう。

人間関係の不満

不安

職場の「人間関係の不満」は、じつは退職理由の中でも上位を占めています。

それほど多くの女性を悩ませている退職の‟大きな原因の1つ”なのです。

しかし、それを理由に退職しようとしても「円満退職」にはつながりません。

上司に悩み相談だと勘違いされやすいことや部署異動で片付けられることもあるからです。

また仮に退職が認められたとしてもあなたの退職理由が漏れる可能性もあります。

そうなれば「退職日」まで気まずい雰囲気の中、働くことになってしまいます。

今の仕事が合わない

バツを出す女性

「今の仕事が合わないので…」という内容は退職理由としては弱いといえます。

同様に「好きな仕事じゃないから」も一時的に気が弱くなっていると勘違いされやすいでしょう。

その場合、もう少し続けてみるように激励され「退職」を強く言い出せなくなるかもしれません。

あるいは相談だと勘違いされ他の部署へ異動させるという流れになることもあり得ます。

このように曖昧な理由は上司にも誤解されやすいことを覚えておきましょう。

 

ワンポイント
会社や人間関係の不満や批判、曖昧な発言はNGなので要注意!
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


退職時に知っておきたいこと

雇用契約書

退職は決してあなただけの問題ではありません。

あなたから退職の申告を受けた会社側も引継ぎや手続きなどの作業が発生します。

そのため退職すると決めたら、まずは「就業規則」の退職に関わる記載をチェックしましょう。

いつまでに退職の申告をするように定めているかをしっかりと確認します。

また、「健康保険」や「失業保険」についてもそれぞれのケースで手続きが違います。

スマートに退職するためにも自分の退職手続きについて事前に調べておきましょう。

 

ワンポイント
必要な手続きなど事前に調べておくと退職もスムーズです。

引き止められた場合の対処法

引き止め

あなたの現職でのポジションによっては上司から引き止められることもあるでしょう。

しかし、下手に譲歩ばかりしていては「未練がある」と勘違いされます。

そうなればズルズルと退社日が伸びていき転職活動にも響きかねません。

もし内定をもらっているなら入社日まで余裕のある退職日をあらかじめ決めておきましょう。

それをもとに自分が「どこまでなら譲歩できるか」を明確に上司に伝えます。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

女性エージェント

退職から新しい会社に転職するまで、あなたにはたくさんの「やるべきこと」があります。

なかには法的な手続きであったり専門的な知識を必要とすることもあるでしょう。

円満退職するためにはこれらの手続きもスムーズに進める必要があります。

もし転職でお困りのときには専門家である「転職エージェント」に相談してみましょう。

転職に関わるどんな悩みも転職エージェントならすぐに解決し、あなたの助けとなります。

 

無料転職相談をして素敵な企業で働こう

 

まとめ

ジャンプする女性

これまで働いてきた会社を去ると決めたものの「退職」を切り出すのは勇気がいります。

しかし、退職を決意したならあなたの心はすでに前を向いているはずです。

清々しい気持ちで転職するためにもスマートな円満退社を心がけましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!