転職活動において、多くの人は同時に複数社を応募して選考を進めていくでしょう。

転職を早くしたい場合は特に、企業の合否を待って一企業ずつ応募なんて時間の無駄になってしいます。

しかし、転職活動が進むと面接という大事な試験があります。

そこで複数社を受けている場合の受け答えはどうしたらいいのかが転職が成功するか、しないかの鍵となるのです。

今回はそんな複数社を同時に活動進めているからこそ悩む面接の受け答えを解説していきます。

Contents

面接で併願している時の答え方を解説

面接
転職活動を行うにあたって面接は必ず突破しなければならない壁です。

面接官は転職活動している人が、同時に複数社に応募し活動を進めていることを理解しています。

理解しているからこそ活動の様子を質問してくる面接官がいるのです。

そんな面接で面接官から「他に面接を受けている会社はありますか?」と面接官に聞かれた場合

素直にそれを言ってもいいのか?第一志望じゃない場合どのように答えれば良いのか?

面接試験を多く経験していても何を答えたら正解なのかは不安になるものです。

聞かれて不安になる質問の答えは事前に準備をして回答できるようにしていきましょう。

準備段階で不安に感じたら面接の練習に転職エージェントを利用しましょう!!

「ほかに受けている企業は?」と聞かれる理由

複数のビル

面接を受けてるにあたって答えることに対して不安な質問はできるだけ出してほしくないと思います。

では面接官はなぜ、わざわざ答えにくい「他に受けている企業は?」と質問をしてくるのでしょう?

その理由は3つあります。

  1. 転職の際に何を重視しているのかを知りたい
  2. 自社の位置づけを知りたい
  3. 応募者の状況を知りたい

この3つの理由から面接官は質問してきます。

企業側からしたら何人もの候補者の中から決めているため、辞退されては困る。

いい人材であれば他社に決められる前に採用したいなど、会社側に不利にならないようにしたいという理由があります。

 

ワンポイント
 面接官が複数社受けているか知りたい理由は3つ!!!

転職の際に何を重視しているのかを知りたい

ポイント

面接官は面接を通してその人を知りたいと思っています。

他の企業を受けている場合は、その人がどのような理由で転職するのかということを答えの中から見つけるのです。

答えの中から他の企業を見た場合、同じ職種の会社なのかどうかで希望している職種がわかります。

職種に一貫性が見えない場合は自社でなければならない理由が見えてきません。

その理由が見えないとなると採用しても途中で辞めるのではないか、それであれば他の人を採用しようと考えになります。

回答する場合は、職種に一貫しているかどうか確認し転職活動の軸があるということを答えましょう。

自社の位置づけを知りたい

順番

転職活動では、同時に複数社に応募していることが多くあります。

それについては面接官も想定しており、理解しているものです。

しかし、複数社の企業を応募している会社のなかで自社はどれくらいの志望度なのか?がすごく気になるところです。

第一志望でなかった場合は、内定を出しても断られるのではないか?と懸念してしまいます。

そういった理由から他に何社受けているか、自社は何番目なのかと自社の位置づけを知りたく併願しているかと質問してくるでしょう。

質問された場合は、しっかりと答えることが大事になってきます。

応募者の状況を知りたい

内定通知書

面接官の質問の意図には応募者の状況が知りたいという思いがあります。

複数社応募しているからといって不採用になるということはありません。

他社から内定が出ていると自社に対してどのように思っているかすごく気になります。

また、逆に面接でいい人材だから採用したいと感じた場合は早く選考結果を出し、他社よりも先に採用したいと考えるでしょう。

このように他社の選考状況によって自社の採用スケジュールの調整を行いたいという理由が含まれるのです。

準備段階で面接に支障がないよう選考状況を答えられる準備をしましょう。

回答するために知っておくべきこととは

Q&A

面接官がわざわざ併願しているかどうか聞いてくる理由は紹介した通りになります。

では、その質問に対してどこまで答えたらいいのか?

答えることで不利になるのではないかと不安に思うことの方が多いでしょう。

不安に思ったらまずは転職エージェントに相談をしてどこまでどのように回答したらいいかを準備していきましょう。

正直に回答する

光

「他に併願して応募している企業はありますか?」と聞かれた場合、正直にいうと不採用になるのではないかと不安になります。

だからといって嘘を答えていいのか?

答えは嘘はついてはいけません。全て正直に回答しましょう。

併願して他社にも応募をしていてもなんの問題もありません。

面接官は何社か応募していることを理解した上で質問しています。

そ子であえて嘘の解答をしてしまうと不誠実になり不信感が生まれるでしょう。

面接では、答えられる範囲で正直に回答することが望まれるでしょう。

全てを答えなくてもいい

不採用

正直に答えることは面接で大切になってきます。

しかし、不採用になったことなど自分に不利になるなと思うようなことは言わなくても大丈夫です。

何社も応募しているが、全て不採用だということは、能力がないと自分で伝えることになってしまいます。

また併願している企業数が多すぎる場合は、どこでもいいから入社したいという気持ちが現れ、いい印象を与えることができません。

正直に話すことが大前提ですが、全て話す必要はないので何を話すか決めてから面接に臨みましょう。

業界・業種は一貫して答える

ビル

面接では話の中身がまとまっていないと良い印象を与えることができず、マイナス評価につながります。

複数社に応募をだしている場合は、企業に一貫性を持たせて応募するとると答えやすくなるでしょう。

また、他社へ応募した理由などを説明すると、仕事に対する姿勢や考えが見えてきます。

一貫性を持たせ、他社への志望理由を伝えることで転職理由が明確に伝わる。

それは入社後にどのように活躍してくれるかなども面接官にイメージを掴んでもらえてアピールにつながることもあるでしょう。

重要なのは「御社で働きたい」ということ

話をする女性

複数社同時に転職活動を進めると、第一志望ではない会社にも面接へ行くことになります。

しかし第一志望でない会社への面接で「第一志望ではありません」と伝えてしまうとマイナス印象です。

会社側は採用しても断られるのではないか。入社しても続かないのではないかと懸念してしまいます。

そこで重要になってくるのは、「御社で働きたい」ということをしっかりと伝えることです。

その会社でしかできないことその会社だからこそやりたい事を伝えるとアピールすることができるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

他社の選考状況を質問された時の答え方

履歴書

他社の選考状況を聞かれるとどのようにどこまで答えるのが正解?と思い悩むでしょう。

面接官が他社の選考状況を気にするのには理由があります。

やはり内定を出すからには入社をしてもらいたいと思っているため入社意欲を面接で知りたい。

他社は応募者にたいしてどのような評価をしているのか知りたい。

応募者に対して知りたいと思うからこそあえて質問する。

だからこそよく考えて質問に答えなければなりません。

「企業選びの軸」が感じ取れない回答はだめ

転職

転職活動では「企業選びの軸」を作り業種に一貫性をもたせることが高評価につながります。

転職理由が明確であれば将来へのイメージができるので応募理由や志望動機もはっきりと言えアピールにも繋がるでしょう。

また、業種に一貫性があると自社に必要な人材かどうかも判断することができ期待もできます。

一方で、一貫性がない転職活動は転職理由が明確ではないため、入社してもすぐに辞めてしまうのでは?

このような印象を面接官に与えてしまうと採用には繋がらないです。

バラバラな業種で複数者応募している場合は、関連性の高い企業を伝えるなどして「企業選びの軸」があるように見せましょう。

受けている全ての企業を言わなくてもいい

メモ帳,チェックリスト,赤ペン

他社の選考状況を伝える際には、受けている全ての企業がをいう必要はありません。

企業名をいくつか伝えることで、採用しても来てもらえないのではないかと懸念材料になりマイナス評価につながります。

もし他社の選考状況を伝えるのであれば、同じ業種だけ伝えましょう。

落ちた企業は言わなくてOK

選考結果

面接で不採用の結果を伝えることは必要ありません。

今後、自社の名前を背負って働く人が外部からどのように評価されているのかは気になるところです。

不採用になった理由や、他社からの評価は自社で採用するときのチェックポイントになるでしょう。

せっかく良い印象を与えていても、他社で不採用になったと伝えることで悪い印象へ変わることもあります。

不採用になったことは伝えずに選考状況は伝えられる範囲で伝えていきましょう。

嘘は言わない

YESにチェック

面接において嘘は絶対につかないでください。

複数者同時に活動を行なっていることは、面接官も理解しており、そのことがマイナス評価につながることはありません。

マイナス評価になるかもしれないと嘘をついても面接官は何人もの人を面接してきているので、嘘をついているかどうかすぐわかります。

嘘をついていると分かった時点で信頼はなくなり、採用もなくなるでしょう。

これから仕事を一緒にしていく人を選ぶ面接で、信頼が無いと今後仕事上でも信頼はしてもらえません。

面接では嘘をつかずに誠実に答えることが高評価へとつながります。

 

ワンポイント
 面接官は入社意欲や他社の評価が知りたい!!!

企業はなぜ第一志望かどうかにこだわるのか

面接

面接では会社へ入社してくれる人を選考しています。

第一志望ではないと分かったら、本当に来てくれるのか?と採用への判断をしかねます。

内定を出しても本人から断られては、会社側としたらなんの利益にもつながりません。

また第一志望で応募してくれる人というのは、自社や入社後に対しての熱量が違うのです。

なので会社側としては第一志望かどうか知りたく今後少しでも会社に貢献してくれる人を採用したいと考えます。

企業が第一志望にこだわる理由を理解し、回答に繋げましょう。

第一志望ではない企業にも第一志望と伝えるべき?

はてなマークをもつ女性

複数社同時に活動を行なっていると第一志望の会社ではないところも出てきます。

第一志望かどうかということは自分から伝えることは避けましょう。

質問をされた場合には、「御社が第一志望です。」と答えても問題はありません。

第一志望と答えるだけで熱意が伝わります。

面接で大切になってくるものは、「御社で働きたい」という熱意を伝えることです。

第一志望ではない企業に第一志望と答えることは嘘をついているのでは無いかと思われます。

しかし、働きたいという気持ちに嘘はないので第一志望ということをはっきりと伝えましょう。

 

ワンポイント
 入社意欲が高いことをアピールする!

併願していることを答える時の回答例

面接

実際に「他の企業を応募しているか?」と聞かれたらどのように答えていけば良いのでしょうか?

例を参考にすることでわかるものがあります。

面接官にいい印象を与えるための回答をみて今までのポイントを振り返りましょう。

何社か面接を受けた中で、1社内定をいただきました。

しかし、御社が第一志望と考えているので返事を保留にしている状況です。

こちらの選考結果で内定を頂けたら、他社の内定は辞退したいと考えております。

〇〇業界を中心に他にも面接を受けています。

どの企業も▲▲の仕事ができるということで応募しました。

現在2社の選考が進んでおり、1社は最終面接まで進んでおります。

 

ワンポイント
 転職活動の軸がわかる回答する!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

併願していることを答える時の NG例

ばつのポーズ

では、マイナスな印象を与えてしまうNG例はどのようなものか?

・御社の他に第一志望の会社の最終面接を受ける予定です。

・御社以外は考えていないので他は受けていません。

など第一志望でないことを伝える回答や他社を受けていないといった不自然な回答は採用には繋がりません。

面接での回答はしっかりと事前準備しておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントを活用しよう

転職活動において面接は必ずあるもので、質問の受け答えが採用に大きく影響するでしょう。

自分で準備をしていても何がいい回答なのか、どこを直せば良いのか悩むことが増えるばかりです。

転職に関しては、1人で悩まずに専門家に相談してみましょう。

転職エージェントは転職のプロですので、採用にあたるまで的確なアドバイスをくれ、サポートしてくれます。

転職エージェントを活用して万全な体制で面接に臨みましょう。

まとめ

面接

面接官は「複数社受けているかどうか」という質問であなたを知ろうとしています。

どのような理由で転職活動を行なっているのか、志望度や他社からの評価など。

限られた時間・質問の中であなたという人をみています。

面接官に良い印象を与えれるように嘘をつかず第一志望ということを伝えていくことが重要です。

回答によっては合否を大きく分けるので事前準備をしっかりと行い、採用につながる面接にしましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら