結婚と同時に退職する女性は多いですが、その後出産し子育て時期を過ごして職場復帰を考える人もまた多いのです。

出産後どのタイミングで転職を考えればよいのかは、子育て中の女性の共通した悩みです。

こちらでは産後の女性の転職について、転職の時期や転職を成功させるためのポイントを交えてお話ししています。

どのような職種を選ぶべきなのかについても詳しく解説しています。ぜひ参考にして下さい。

出産後の転職を成功させるポイント

履歴書

子育て中はどうしても子ども中心の生活となり、外の社会へ目を向けることが難しくなります。

自分自身の転職を考えられるようになるのは、子どもが幼稚園や保育園または小学校に入園入学する時でしょう。

保育園に入園することができれば、すぐにでも職場へ復帰したい転職したいと考える女性も多いです。

ただ、小さな子どもを抱える主婦の転職となると、どうしても職種や企業側によって制約されがちです。

どのような職種を選ぶべきか、どのような手順で転職を決めていけばよいのか悩む人も多いでしょう。

転職のタイミングも企業の求める状況に応じて変わってきます。

転職を成功させるにはどのようなことが必要なのでしょうか。

出産後の転職をスムーズに行うために必要なことについて解説していきましょう。

優先順位を考える

自分がどのような仕事をしたいのか、また一番大切にしたいのは何なのかを考えてみましょう。

子どもが小さいのでまずは子どもが第一、もちろん仕事も一生懸命したいけれど保育園の急な呼び出しにも素早く応えたい。

子どもや家庭を優先する場合には、残業のない比較的柔軟に対応してもらえる企業を選ぶとスムーズです。

子どもも大切だけど目いっぱい仕事をしたい。家庭の事情を仕事に持ち込みたくない。

それなら第一線で活躍できる男女の差なく働ける企業を選ぶことも可能です。

転職を考える前に自分の中での優先順位を考えてみましょう。それに応じた仕事をピックアップすることが大切です。

子育ての経験を活かす

 

女性と園児

今の自分には何が出来るのかを考えるのも、転職を成功させるうえで大事なことです。

子育てを一段落したからこそわかることも多いです。その知識や経験を活かす仕事を探すのもひとつの方法ではないでしょうか。

子育てで得た知識を活かして、企業の研究部門で活躍している女性がいます。これなどは転職に成功の事例といえます。

両立に理解のある企業を選ぶ

出産後の女性にとって、仕事に就くということは育児や家事をこなしながら働く、両立が求められるということです。

残業が多い企業や土日が休めない企業では両立すること自体が難しくなってしまいます。

子どもの急病や行事などで休暇を取りやすい企業かどうかも、転職選びのポイントの一つです。

両親と同居しているので、いざとなったら子どもを預ける事も可能という場合ならともかく、通常はそんな訳にはいきません。

主婦の転職には両立に理解のある企業であることが不可欠です。子育て世代の主婦として、働きやすい企業を選ぶ事が重要です。

経験のある職種に就く

結婚子育てと少しの間第一線から退いていた女性も、退職までの間さまざまな企業で仕事をしてきたはずです。

その経験を活かせる職種を転職先とするのもよいですよ。仕事を両立させる主婦にとって経験は大きな力になります。

特別にスキルが必要な職種でなくても大丈夫です。経理や総務、人事部にいたことも経験となるのです。

 

無料転職相談をして経験を活かそう

 

女性の転職での悩み

鍵、不安解消の文字

男女雇用均等法により、女性の仕事への取組み方も変わってきました。結婚や出産のために退職しない人も増えています。

それでも結婚を機に退職し専業主婦になる女性は多いです。理由はやはり仕事と家事の両立の難しさからでしょうか。

ところが子育ても一段落する頃になると、改めて転職先を探し社会復帰を目指す女性が多くなります。

女性の転職では、この退社から出産後のブランクの期間が長いほど、なかなか思ったような職種が見つからず悩む人が多いのです。

結婚

結婚と同時に退社した女性の場合には子育てを終えて復帰しようと考えるまでに5年以上のブランクがあります。

その期間を埋めるのは大変なのではないかと企業側は考えます。

長い期間専業主婦だったとしても、しっかりと準備をして充分に仕事をする意欲のあることを企業側に伝えましょう。

結婚後すぐに転職を希望した場合、妊娠する可能性もある事を頭に入れておく必要があります。

出産後も勤務を続けたいことを企業側にはっきりと伝えることですぐに辞めてしまうのではという不信感は回避できます。

出産・育児

結婚と同様に出産のために退社する女性は多いです。

周りへの遠慮や企業側の理解が得られないこともあるでしょう。

出産後に職場復帰しても育児との両立が難しく退社してしまう人も大勢います。

出産や育児が一段落してすぐに次の仕事をと考えがちですが小さな子どもを持つ母親が仕事に集中するのは大変です。

出産後は身体のことや環境を考慮して無理のないタイミングでの転職を考えるようにしてください。

 

ワンポイント
 結婚後や出産後の転職には無理のないタイミングで自分に合う職種を選びましょう。

女性の中途採用には企業も慎重

働き方改革

結婚退職して出産そしてやっと子どもから少し手が離れたこの時期に転職を希望する人は急に増えます。

企業側は女性の採用には意欲的なのですが、特にこの時期の女性の中途採用にはやや慎重になってしまいます。

採用してもすぐに辞めてしまうのではないか、土壇場での休みや早退が多くなるのではないかというのが理由です。 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


年代別女性向け転職のコツ

女性の転職では年齢によって企業側の対応も多少違ってきます。

若さを求める企業もあれば、スキルを重視する企業もあります。

ここで女性の転職ではどのようなことに気を付けるとよいのか、それぞれ年代別での転職のコツについて解説しましょう。

直接出産後の転職とは関係のないことではありますが、企業がどのような点を転職者に求めているのかの確認にもなります。

20代前半

20代前半での転職は結婚前の女性なら結婚が近いのではないか、結婚後であれば妊娠の可能性を企業は考えます。

前職を数年でなぜ退職したのかも企業としては気にかかるところです。

20代前半の女性の転職活動では、前職を辞めた理由転職の強い意志を企業に伝えることが重要になります。

前職を数年もしくは1年未満で退職した場合には、特にその理由を理解しやすいように纏めておきましょう。

20代後半

20代後半の女性には結婚を機に退職し、転職を希望する人も含まれるでしょう。

年代的には妊娠出産の可能性も高い年代となります。

転職においては出産後も勤続したいという意思表示が大切です。

20代であるというのは若さという点では企業も注目する年代です。

企業側としてはもちろん長く勤務して欲しいと考えます。

前半後半を通して20代の女性はフレッシュさを前面に出し、結婚出産後も勤続したい旨はっきり伝える必要があります。

30代以降の女性の転職は得意な分野や続けてきた職種で培ったスキルを前面に打ち出すことが転職のコツといえるでしょう。

 

無料転職相談をして転職のコツを知ろう

 

転職した方がいいのか

 

矢印、ターニングポイントの文字

特にこういう職業に就きたいと希望し就職した人と違い、何となく受かった会社への就職を決めた人は退職も早くなりがちです。

こんなはずではなかった、こういう仕事がしたい訳ではなかったと現実の仕事に不満を持って辞めたくなる人が多いのです。

それでは希望する仕事に就いた人はどうでしょうか。

仕事自体には不満はなく長く勤続したい人が多いです。

ただ希望職種の企業であっても、出産や育児中の女性に最適の勤務条件を満たしているかというと、そうとばかりはいえません。

しっかりとそのあたりを確認して、出産後も今の企業で勤務を続けるか転職を決意するかを決めましょう。

出産前後数年は勤務条件は悪い

条件

通常出産後や育児中は、女性に手厚い制度に則り育児と勤務を両立し易いように考慮されています。

この制度はもちろんどの企業でも適応されるものですが、産休育休についての企業としての考え方はさまざまです。

産休の間に今までの部署ではなく別の部署への移動を余儀なくされたり、勤務条件が変更される場合もあります。

できるだけ早く出勤して欲しいとあからさまに言われる場合もあり、子育て主婦にとって気持ちの負担も大きくなります。

あってはいけない事なのですが、産後の女性に対しての気遣いを感じられない企業は、今もまだあるのが実情です。

その為に、出産前後の女性への配慮や理解を示してもらえる企業への転職を希望する女性はやはり多いのです。

出産後ワンオペ育児は厳しい

出産後実家に帰る人も多いでしょうが、育休を終え職場復帰する頃には育児は自分が主体で行うことになります。

夫が充分に手助けしてくれる場合は良いのですが、どうしても孤軍奮闘となりがちなのです。

運よく保育園に入れたとしても小さな子どもの事です。急に熱を出したり怪我をしたり、そのたびに会社に気を遣うのは辛いです。

思い切って転職したことで、新しい環境ではゆとりを持って子育てとの両立ができるようになる場合もありますよ。

 

ワンポイント
 出産後の復帰で悩むなら配慮や理解のある企業への転職も考えてみましょう。

産休・育休は転職直後でも取得できる?

子育て女性

出産前に転職した場合、気になるのは産休育休が転職直後であっても所得できるかどうかです。

結論をいうと産休は所得できます。産休は働く女性ならば勤務形態や勤続年数にかかわらず取得できるのです。

育休の場合にはいくつかの制約があり、育休を申請できるのは就業期間が1年以上の人となります。

産休明けの1ヵ月前には育休の申請を行う必要があるため、産休明け1ヵ月前が就業1年以上を満たすかどうかが問題です。

そこで重要になるのが転職のタイミングです。妊娠が判明してからの転職では、産休は申請できても育休は不可となります。

 

ワンポイント
 出産前後の転職のタイミングは育休申請の可否にかかわります。

転職のタイミング

チェックリスト

転職のタイミングは結婚・出産に関わることも多いのですが、家庭環境や今後の状況を見越して考える為にも大切です。

出産前に転職するなら、産前産後の産休やその後の育休のことまで考えた上で転職をすべきかどうかを考える必要もあります。

結婚前後そして出産前後で環境は変わります。それぞれどのタイミングで転職を考えるべきなのか解説していきましょう。

結婚前に転職

まず結婚前のタイミングで転職する場合ですが、結婚直前なのか結婚を考え始めてからなのかで多少違ってきます。

結婚を前提のお付き合いを始めた頃の転職なら、異動も含めて結婚後も勤務し易い企業を選ぶことが可能です。

結婚して落ち着くまでは少し日にちもかかるでしょう。結婚前ならできれば早い時点での転職をお奨めしたいです。

結婚後に転職

スケジュール

結婚後もできるだけ早いタイミングでの転職がお奨めです。結婚後はしばらくゆっくりしたいと誰しも思います。

でもそう思っているうちに、妊娠し出産という可能性もありますよ。

出産前後には産休も利用できますが、やはり慣れないままに休暇に入りそのまま退社してしまう人も少なくありません。

新婚旅行から帰って少し落ち着いたころに夫婦で話し合い、夫の了解が得られてから転職先を探すようにしましょう。

出産前に転職する注意点

出産前に転職する場合は、タイミングを逃すと育休申請ができなくなることがあるので要注意です。

出産前後の産休は、転職したばかりの女性でも当然申請が可能です。出産前の42日間と出産後の56日間は産休できるのです。

ただ産休に続いての育休は申請時に勤務年数1年を満たす必要があるので、妊娠が分かって転職したのでは申請できません。

なかなか計画的にという訳にもいきませんが、出産予定日より1年くらい前には転職していると申請がスムーズです。

ちょうど仕事にも慣れる時期での出産とはなりますが、企業としてもこれからまだまだ勤めて欲しい人材です。

産休・育休を終えて職場復帰する時にも、企業に気後れすることなく復帰しやすいのではないでしょうか。

 

無料転職相談をして転職のタイミングをつかもう!

 

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


結婚・出産のタイミングで不利にならないために

握手

結婚や出産の前後で転職を考えるのなら、そのタイミングが重要だとおわかり頂けたでしょうか。

結婚後も出産後も同じ企業で勤務することももちろん大切です。

ただ企業側に、結婚や出産する女性に対しての配慮や理解に欠ける場合があると感じたなら、転職を考えることも必要です。

お話ししてきたように、転職にもここというタイミングがあります。タイミングを逃して不利にならないように気を付けましょう。

結婚も出産も女性にとっては何ものにも代えがたい問題です。それと同時によい企業と巡り合うことも大切なことです。

 

ワンポイント
 女性にとっての転職はよい企業と巡り合うタイミングが大切です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

OKサイン

女性の転職はいつの場合も大変ですが、結婚後や出産後の転職のタイミングは特に難しいのです。

転職で困ったら、どんなことでも転職エージェントに相談しましょう。

特に出産後の女性の転職はタイミングが大切です。転職エージェントならきっと問題を解決してくれますよ。

どうしよう…と一人で悩んでいないで、気軽にぜひ活用してください。

まとめ

女性の転職はタイミングが大切です。特に結婚・出産後の転職を成功させるためには転職活動の時期が重要なのです。

女性が働き易い職場を選ぶ必要もあります。出産後の転職でも会社によっては働き方を考えてくれる企業もあります。

特別なキャリアやスキルが無くても経験を活かせる職種を探す。子育てや家事との両立に理解を示す会社を選ぶ。

さまざまな職種から自分に合う会社を選ぶことができるかどうかも、転職を成功させるためには大切なことです。

転職のタイミングなど、迷ったら転職エージェントに相談!転職でしっかり成功を掴みましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!